トワイライト エクスプレス。 トワイライトの編成

トワイライトエクスプレスツアー(ロイヤル)体験談

トワイライト エクスプレス

7kmを22時間以上かけて結ぶ臨時寝台特急列車として、デビューから25年以上運転されてきた寝台特急トワイライトエクスプレス号。 2015年3月で通常運行は終了、その後「特別なトワイライトエクスプレス」としてツアー列車として運転され、山陽コース、山陰コース、大分までの運行もあったが、2016年3月の山陰コースをもってこちらも終了。 後に続く号への道筋を付けた格好で完全に引退した。 車両形式は24系のため、JR化後に新製されたと比較すると古さが感じられる部分はあるものの、内装を中心に大きくリニューアルされて誕生した専用車両なので高級感・豪華さはかなりのハイレベルの部屋が存在した。 その一方でB寝台開放型の部分もあり、気軽に乗ることができる一面もあり、それが多くの人に愛された理由でもあった。 豪華列車たちが林立するようになった今も、「あんな列車がまた走らないかな」と懐かしく思い出される列車の代表がこのトワイライトエクスプレスではないだろうか。 デビュー当時から変わらない構成となっている。 EF81については、トワイライトエクスプレス専用機には連結器の衝撃を和らげるための特殊装置がついている。 ディナータイムにはフルコースのフランス料理も楽しめたようだ。 (ディナーは事前予約制) 【廃止発表】2014年5月28日にJR西日本より、2015年春での廃止が発表された。 大半のファンやマスコミの間では北海道新幹線開業の2016年春での廃止が予想されていたが、車両の老朽化と北陸地区第三セクター鉄道との兼ね合い、また北海道新幹線の試験運転の時間確保を理由に廃止を前倒しすることになった。 【カウントダウン】廃止目前の数日間、日本海縦貫線と北海道は激しい強風に見舞われた。 オークションでB寝台個室を約19万円で落札した人もいたが乗車できなかったとして話題となった。 とはいえ、大阪、金沢、札幌などのターミナル駅のいずれも、罵声大会のような様相もなく、威厳ある列車のラストランにふさわしい最期を迎えた。 車両の点での違いのほかに興味深いのは乗務員さんたちの接し方。 大阪発着のトワイライトエクスプレスが関西風らしい「乗客との交流を深めるおもてなし」なのに対してカシオペアの方は関東風らしい 「あまり踏み込まないクールビューティーなおもてなし」という印象。 どちらが良いというわけではなく、それぞれの個性が感じられる点が興味深い。 波の形がのデザインとよく似ていることから、日本海号のグレードアップ版であることを示しているように見える。 テールマークの方は、ヘッドマークと比較すると細かく波立っている。 空が暗い時間帯になるとピンクに光輝くこのマークは他に類を見ない存在であり、ヘッドマークの重厚さとも異なる特別な雰囲気を醸し出していた。 ヘッドマークは細かいことを言うといくつかの違いがある。 縁の部分にリベットが目立つ重厚なタイプ、平面のプレートにプリントデザインが施されたタイプ、そして北海道のタイプは金属枠が目立つタイプ。 また、ヘッドマークにもテールマークの様に波が細かくなったタイプも初期に存在したという証言もある。 ・デビュー当初は深緑色の車体にピンク系の配色のトレインマークでしっくりくるのだろうか?と思ったりしたが、違和感はない様に思う。 これは見慣れただけなのか、よくマッチしているのかどちらだろう? トワイライトエクスプレスのグリーンのボディーに描かれたロゴマークも列車によくマッチした秀逸なデザインだった。 中心に書かれた文字には3種類あって、「Twilight Express」「Salon du Nord」「Diner Preiades」と書かれていた。 「Salon du Nord」はサロンカー、「Diner Preiades」は食堂車であり、ひとつひとつ作りこまれたものだと感じた。 (写真の無断使用厳禁) EF81・水鏡 の画像は「YONPAQ 様」のご厚意による掲載です。 (写真の無断使用厳禁) 【次のページは】データファイル・代走列車・派生列車.

次の

トワイライトエクスプレス

トワイライト エクスプレス

いつもありがとうございます! 最後までメッセージを頂いて、見守っていただいて本当にありがとうございます。 管理人は『寝台特急トワイライトエクスプレス』という列車に拘っています。 交通手段であり、客車であり、寝台車であり、夜行列車であること。 寝台特急以上であってはならないのです。 魅力的な列車はたくさんあるでしょう。 ただ、たまたま寝台特急トワイライトエクスプレスを知り、出会い、24時間を かけて日本海を走り日本最長の青函トンネルを抜け日本を縦断していく力強さと、 相反する繊細な空間に惹かれ魅せられてしまいました。 寝台券が取れれば「おめでとう」を交わし、自分が乗車するわけでもないのに天候 をチェックし心配し、ウヤの日はその方の残念さを誰よりも理解し、共に残念がって、 次へと繋げていきました。 いろんな事件もありました。 震災、地震で運休が続き、一人ではなく多くの方々と ハラハラしながら復旧を待ち、がんばれ、がんばれ、とエールを送り続けたあの時。 投稿して頂いたたくさんの素敵な画像、メッセージは大切に管理し、その軌跡を残 させていただきたいと思っております。 いつでも見に来てください! 掲示板を見つけてくれて、本当にありがとうございました!! そして、この掲示板を大いなる感動を与え続けてくれる 『寝台特急トワイライトエクスプレス』に捧げたいと思います。 たくさんのみなさまの思いを刻んだ寝台特急トワイライトエクスプレスは、 今もなを私たちの夢を乗せてどこかを走り続けているはずです。 さあ!荷造りをして! 明日もよいお天気に恵まれますように。 いってらっしゃい。 よい旅を! ありがとうございました。 くらり 投稿者: SONIC885 投稿日:2015年 3月31日 火 22時58分26秒 ありがとうトワイライト! ありがとうトワイライト!! さようならトワイライト・・・ そしてここでたくさんの情報をくださった方々。 私の書き込みに反応してくださった方々。 本当にありがとうございました。 そしてこの掲示板を作って、管理して、お返事をくれた くらりさん! 本当に本当にありがとうございました。 本家トワイライトのように、臨時もしくはくらり瑞風での復活を熱望いたしまする!! トワイライトを愛する皆様と語り合える、このような場所は是非とも存続を!! そう願っております。 くらり SONIC885さん、 こちらこそ、本当にありがとうございました! 最後のレポートは感激しました。 臨時… (ふむふむ。 いいアイディアです^^) 投稿者: tje 投稿日:2015年 3月31日 火 21時27分56秒 こんばんは。 たくさん乗りましたけど、写真3枚で思い出を語るのは難しいですね。 アニメーションGIFにしました。 前日夜に8002のロイヤルが取れて、大急ぎで銀河に乗り横浜で下車。 銀河はこの後に廃止決定がリリースされ、運が良かったです。 京浜急行で羽田に向かって朝一のBCに搭乗。 快速エアポートで札幌に向かい、8002で弾丸。 いろんな弾丸をしましたが、これもいい思い出です。 掲示板のおかげでたくさんの思い出ができました。 あの時くらりさんに乗車レポートを申し出なかったら…。 それを思うと感慨深いです。 おそらく今日が最後でしょうけど、皆様ありがとうございました。 また逢う日まで。 ごきげんよう。 トワイライトのラストランから幾日かたちました。 3月14日、自分が住むこの地に北陸新幹線がやってきました。 北陸新幹線のせいでトワイライトを失ったのかトワイライトの代わりに新幹線が来たのか。 本当は両立してくれればよかったのですが、時代の流れだと諦めました。 沿線を品のある深緑色の車体が駆け抜ける姿をもう見ることができないのが本当に残念です。 乗ってよし、見てよし、撮ってよし。 (笑) 「最後の撮ってよし」は、にわか撮り鉄な自分の感想です。 (笑) 投稿された素晴らしい写真を拝見し、皆様に愛された名列車だなと思いました。 自分は札幌発の2日目、目が覚めて朝食を食べてから大阪に着くまでのゆったりした流れるような時間が好きでした。 何もしなくてもいい自由な時間、敦賀で見る機関車交換も大好きで、このままどこまでも走ってほしいと思っていました。 (笑) くらり様、掲示板の皆様方、(1298H様)本当にお世話になりました。 また違う名前で掲示板が復活することを心より祈っております。 くらり うでぽんさん、ありがとうございます。 こちらこそ、レポートもありがとうございました。 私も1か月くらい走り続けて欲しいと思ってましたよ。 いやや、もう降ろして!というくらい乗ってみたかったです。 投稿者: 礼文島 投稿日:2015年 3月31日 火 18時59分55秒 心の整理がつきそうなので。 3月14日トワイライトエクスプレスと北斗星を乗り継いで家にたどり着いたとき。 年甲斐もなく、嫁さんの前で大声で泣いてしまいました。 思えば、トワイライトエクスプレスとは嫁さんと出会う前からの付き合いでした。 初めて乗ったときは1人。 新津からでした。 寂しく1人で乗ったつもりでしたが、列車にはとても暖かく迎えてくれた人達がいた。 「あ~!よかった!乗ってきた乗ってきた!」と2人連れの同室の方。 背が高いかたは、過去に奥さんとの新婚旅行で2号室スイートに乗ったそうで、その時にディナーを食べられなかった事が心残りだったとか。 今回の旅はその時のリベンジとのことで、僕に挨拶するや否や、3号車に消えて行きました。 もう1人の方とは列車の話で盛り上がりました。 何でもその日のトワイライトエクスプレスは大阪発車が遅れていたらしく、京都から乗る予定だった彼は一度大阪に行って最初から乗ろうと思い、大阪に向かっている途中に今乗車しているトワイライトエクスプレスとすれ違ってしまったとか。 「どうやって乗ったんですか??」と僕。 彼が見せたのは「サンダーバード」車内で買った特急券。 今なら当たり前のように分かる答えも、その時には衝撃でした。 その後、車掌さんとクルーの方のお出迎え。 「お弁当を買い忘れた」と伝えたところ、「パブタイムがあるから大丈夫ですよ」とのこと。 朝食の時間も聞かれました。 何もかもが新鮮な出来事で、今までに乗った寝台列車では経験したことの無いことばっかりでした。 そして車内での会話。 初めて会う人達と何となく昔からの知り合いのように話せるのも、トワイライトエクスプレスの雰囲気の為せる業ではないかと思います。 …それから何度もトワイライトエクスプレスに乗り、ツインに両親を招待して親孝行も出来、結婚をし、遂に子供達とスイートにも乗ることが出来ました。 そして、2015年の1月末、自分の中では「最後は気ままに1人旅にしよう」と思って取ったシングルツインとファイナルメニューのディナー。 しかしながら、2月12日のラストランも一応努力してみる、迷わずBコンを申し込みました。 僕のトワイライトエクスプレスとの付き合いはここから始まったんです。 Bコンの中で繰り広げられる出会いと別れ。 最後を飾るに相応しい寝台券が取れました。 そして3月12日、大阪から乗りました。 相席の若い男性は、お父上から「一度乗ってこい!」とチケットを手渡され、東北から飛行機で大阪まで来て右も左もわからないまま乗車したらしく、最初のうちは僕とずっと一緒に行動していました。 そこには昔の自分がいました。 トワイライトエクスプレスに何も分からず乗り、ただただ新鮮な感動を味わっていた自分が。 欲を言うならば、彼がご実家で待っておられる奥さんやお子さんとご一緒に、トワイライトエクスプレスに乗れるまで、列車に走り続けて欲しかったと言うことぐらいか。 でも、僕の中では思い出と共に、悔いのない最後を飾るに相応しい旅が出来ました。 ありがとう。 トワイライトエクスプレス。 私もここで素敵な出会いをさせていただきました。 ありがとうございます。 投稿者: くま 投稿日:2015年 3月31日 火 00時21分46秒 私にとっての唯一の楽しみ。 寝台特急で北海道へゆくことでした。 往路は北斗星で復路はトワイライトエクスプレス。 または、その逆なんてことをしました。 他のブルートレインで気を紛らわしたくてもそれすらない。 なんとも悲しい気持ちです。 初めてトワイライトエクスプレスに乗ったのは平成20年のお正月でした。 上りでしたが当時は実家を離れておりました。 関西出身の自分食堂車でスタッフの方の会話で聞こえてくる関西弁がなんか地元へ帰ったような。 そんな気持ちになりました。 この気持ちどこへぶつけよう。 ローレルをシャコタンにしようかな? くらり ローレルさん 往復寝台特急の旅は楽しいです。 ブルートレインっていう語感も好きです。 その気持ち、ここにぶつけちゃってください。 とりあえず、叫びましょうか。 「さみしーぞー」(ToT 投稿者: SONIC885 投稿日:2015年 3月29日 日 15時43分24秒 心の中でカニだらけのトワイライトエクスプレスが走っているような(意味不明。 笑) 虚脱感です。 自分にご褒美を与える時に、疲れた時に癒されたい時に、北に向かいたい時に トワイライトエクスプレスがなくなった事の重大さを理解するのでしょう・・・ 今はいっぱいのグッズに満たされて(それでもヤル気が起きない日々) 何とか生きていますが(笑)、 職場近くの鹿児島本線を走る電車を見ても全く何も感じなくなった自分がいます。 今、思うともっと早くから乗っておきたかったです。 これほどまでトワイライトエクスプレスという列車が素晴らしい列車とは思いませんでした。 皆さんの書き込みを見てもわかります。 無理しても走らして欲しかった。 3セク区間の料金が高くなっても良いので 良き思い出としてとっておきます。 カシオペアのツアー 40万~60万! 手が出ない。 トワイライトクルーズ もっと安くならないかな? 今週、梅小路機関区の写真展に行って来ます。 くらり 50オヤジさま ほんともっと乗っておけばよかったと思います^^。 私は「トワイライトの楽しみは何ですか?」と聞かれれば、 改めて分析してみると ・乗車の楽しみ:30% ・事前計画の楽しみ・チケット確保の嬉しさ・当日までのドキドキ:70% かなと思います。 ですので、私の判断からすれば、ウヤになった方でも 「それでも70%は楽しんだのでは?」ガッカリするのは当然だけど、 でもそれでもトワイライトには既にかなり楽しませてもらったことを無視しないほうがいいのでは?」 と思える列車でした。 勿論乗車の楽しみが素晴らしいからそれ以外の時間の楽しみが膨大に膨らむわけですが、 それが私たちの心の中で走り続ける「トワイライトエクスプレス」。 もはや乗車を楽しむだけの列車の域を遥かに超えています。 ですので「トワイライトエクスプレスって列車ですよね」と聞かれれば、 「そうだけどそうじゃないね」という論理矛盾が私の回答です。 くらり 礼文島さん、こんばんは。 私にとってトワイライトエクスプレスは、まだ現在進行形で、 憧れてやまない列車です。 線路の上だけを走っている列車だけでなく、4次元や5次元の 世界と現実を行き来しながら、また線路に戻って走っているん じゃないかと思える列車です。 当方も5年前、下りのカシオペアスイートで新婚旅行に行き、昨年上りのトワイライトのスイートに、2人増えた家族で乗ってきました。 当方はどちらも展望室だったので、展望室以外を知らないのですが、やはりトワイライトのほうがずっと良かったですね。 理由は、やはり車掌さんやクルーの方々の暖かさ、やる気、接し方でした。 トワイライトクルーズ、狙ってらっしゃるんですね。 我が家は最近家を買った身で、子育てもこれからというところなので到底手が出ません。 因みに、7月に行われる3泊4日のカシオペアクルーズのお値段は、ツインで42万、スイートで60万 1人分 です。 ご参考までに。 投稿者: 50オヤジ 投稿日:2015年 3月28日 土 00時15分58秒 くらり様 掲示板 いつも拝見させて頂いております。 50過ぎの親父ですが初めて投稿させていただきます。 寝台特急に乗り始めたのは今から4年前からです。 (やっと子育てが終わったので) 4年前には、下りのトワイライトが10時打ちで取れました。 それもスイート(2号車だけど) 帰りは カシオペアで帰ろうと妻が言っていたので、同じ駅でお願いしたら、又、スイートが取れました。 (メゾネットだけど) 両方 乗ったけどトワイライトエクスプレスの方が良かったです。 日本海の夕日も見れました。 何といってもクルーの方の接し方が全然違った。 暖かみがありました。 それ以来、トワイライトエクスプレスの虜になってしまいました。 しかし上りの方は ゲット(又 2号車のスイート)できました。 乗車する2日前に北海道へ行ったら何と大雨。 しかも函館線はすべて運休。 前日も運休。 無論トワイライトエクスプレスも2日続けて運休。 乗車当日、JR北海道に朝から連絡したら、今日は動くとの事。 急いで札幌駅へ向かいました。 しかし、運転はするけど大阪到着時間は大幅に遅れる との事。 案の定、洞爺湖駅で2時間待機。 次の日起きたら京ヶ瀬駅で4時間待機。 羽越本線の徐行運転等で大阪に着いたのが21時過ぎ。 しかし、妻はスイートで8時間も長く乗れたので喜んでいました。 去年、廃止の噂があったので、又、乗ろうということで、10時打ちを何度かお願いしましたが全て撃沈。 たまたまN旅行の個人旅行に空きがあったのでそれで行くことにしました。 当日は天気に恵まれて快調に進み、綺麗な夕日も見れました。 しかし、青函トンネルを超えたら大雨。 函館本線土砂流入。 五稜郭で待機。 それでも2時間遅れで札幌に無事到着。 このような経験はトワイライトエクスプレスだから出来る事。 多くの人と友達になれた素晴らしい列車。 今、走馬灯のように思い出されます。 有難うトワイライトエクスプレス! 長文で申し訳ありません。 追伸 トワイライトエクスプレスクルーズ 乗れたら乗りたいな。 予算と相談。 写真は車内から見た夕日です。 へたくそですみません。 こんばんはです~すっかり気の抜けた毎日を・・・と言いたいところ ですが、仕事でバタバタしてて感動に浸る時間もありませんw さて、トワイライトエクスプレスのことでTVで放送があるようです。 BSですがチェックしてみてはいかがでしょうか? 番組名:さよなら 夢の寝台列車~絶景とおもてなしの鉄道旅~ 放送日:2015年3月28日 土 午後1:30~午後2:30 BSプレミアムで放送 どんな内容か分かりませんがこれは見る価値ある・・・かも? それではまたです~ くらり TMくんさん、こんばんは。 BS録画失敗してしまいました。 4月に再放送があるようなので、 そこでチェックしるつもりです~ 投稿者: 通行人 投稿日:2015年 3月26日 木 14時47分24秒 JR西の発表の件。 編成が短いものの豪華?になってしばらく運転されるとかいうのは嬉しいですよね。 でも、走行区間が「復活」というよりは「新生」もしくは「変身延命」みたいな印象。 機関車もDD51がメイン、山陽区間ではEF65PFでしょうし。 本来の意味で「復活」と呼べるのは、やはりEF81-113(113が梅小路で静態保存されるのなら、松任送りとなった4両のうちどれかが文字通り復活)が牽引し、かっての日本海縦貫線を3セク区間も通して運行されるのが筋だろうと。 JR西も少しは柔軟に、JR東の企画列車(特に3セク区間や他社線区への乗り入れ)を参考にして欲しいもの。 トワイライトに相応しい場所(やはりに北側、日本海側、なじみの線区=日本海縦貫(せめて大阪-金沢、できれば可能な限り青森近くへ。 それとも思い切って金沢から七尾線へ乗り入れるとか)を、伝統の風格=トワイラ色EF81牽引で、「復活」して欲しいですなあ。 くらり トワイライトエクスプレスは日本海が似合いますよね。

次の

JR EF81・24系トワイライトエクスプレス基本セットA|鉄道模型 TOMIX 公式サイト|株式会社トミーテック

トワイライト エクスプレス

「トワイライトエクスプレス」 ( ) 概要 () 現況 廃止 地域 大阪府・京都府・滋賀県・福井県・石川県・富山県・新潟県・山形県・秋田県・青森県・北海道 運行開始 () 1989年(臨時列車) 運行終了 (臨時列車) () (発駅基準) 後継 (コンセプトとしての後継列車) (JR西日本) (JR東日本) (JR北海道) 路線 起点 終点 営業距離 1495. 7 (下り) 1508. 2015年3月12日始発基準で一般販売を含めた臨時列車としての運行を終了し、その後はツアー専用列車として2016年3月22日の大阪駅着まで運転された。 概要 [ ] に運転を開始。 当初は旅行会社による企画商品(ツアー)に組み込まれたであったため、・は一般販売されなかった。 同年12月より臨時列車に変更し、特急券・寝台券の一般販売を開始した。 列車名は、出発日と翌日のを意味するが由来となっている。 このほか検討時には「北斗星」を初めとして北をイメージする漢字名称がすでに使用されているものが多かったため、主に「スターライト」「ポールスター」といった候補が挙げられていた。 日本海の雄大なパノラマと北海道の大自然を借景とし、ゆったりとした雰囲気で鉄道旅行を満喫することをテーマとして設計され札幌行では日本海の夕焼けと津軽海峡の明け方、大阪行では暮れなずむ津軽海峡と朝に輝く日本海を楽しめるダイヤ設定とした。 本列車は臨時列車の扱いであるため、JRグループ共通の予約状況検索サイト「」では検索対象外となっており、空席状況はなどで直接確認する必要があった(例外的に札幌発のB寝台「Bコンパートメント」のみJR北海道がホームページで空席状況を確認できるサービスを提供していた時期もあったが、のちにそのサービスも終了した )。 2014年5月28日、JR西日本は車両の老朽化を理由に2015年春で運行を終了することを発表した。 他に開業時にのが変更されることやのがJRからへ移管されることも廃止理由としてあげられている。 2014年12月19日には、大阪発・札幌発ともに2015年3月12日を最終運転日とすることがJR西日本から発表された。 2015年2月12日、同年3月12日運行の最終列車の寝台券が発売され、午前10時の発売開始と同時にわずか数秒で上下とも完売した。 同年3月12日の最終下り列車出発時には約3500人の鉄道ファンが大阪駅に詰め掛け 、同日の最終上り列車出発時には約1000人が札幌駅に詰め掛けた。 翌13日、双方の最終列車が終着駅に到着し通常のトワイライトとしての運転は終わりを迎えた。 なお、「トワイライトエクスプレス」の名称は、2017年6月17日から営業運転を開始した豪華寝台列車「 」に受け継がれた。 その為、本列車を『 初代』、瑞風を「 2代目」と呼ばれる事がある。 運行概況 [ ] 団体専用臨時列車として使用されるトワイライトエクスプレスの車両( 2012年6月15日) ()・・・・・()・・・()・・・の12線区を経由した。 2014年3月15日時点での運行概況は次の通り。 JR西日本・JR東日本・JR北海道の旅客3社にまたがり、下り大阪発札幌行きは1,495. 7kmを約22時間、上り札幌発大阪行きは1,508. 5kmを約22時間50分かけて運行し、JR分割民営化後としてはのを誇る旅客列車である。 運転日は始発駅基準で、下り列車が・・・、上り列車は・・土曜日・。 運転日が限定されているため、「」と同様に定期列車ではなく臨時列車として運転されていた。 そのためは大阪駅を起点として下り列車が 8001、上り列車が 8002 だった。 なお、春のや6月中旬 - 8月中旬・・などの繁忙期には毎日運転されており、その期間中は保有する3編成すべてがフル稼働していた。 通常期でもイベントや旅行会社主催のツアー用団体専用列車として重宝され、や・、や、ほかにや、にも入線したことがある。 その際には、などが牽引機として使用される場合もあった。 大阪駅と札幌駅の発着時には、「」のバージョンが流されていた。 かつては大阪発で「いい日旅立ち」()、札幌発で「」()の、いずれも本人歌唱版が流されていた(始発時に1番、終着時に2番)。 停車駅 [ ] 大阪駅 - - - - - - - - - - - (この区間、客扱いなし) - - - - - - 札幌駅 このほかにも、以下の駅にしていた(2014年3月15日以降、廃止まで)。 ・・・・・・• 上下とも停車。 蟹田駅以外ではの交代、青森駅ではの交代、青森駅と五稜郭駅ではの付け替えが行われていた(後述)。 金曜日に大阪を発つ下り列車は五稜郭駅での機関車付け替えの間にから折り返してきた「カシオペア」を先行させるダイヤになっていた。 下り列車は運転日により臨時寝台特急「」と酒田駅ですれ違った。 ・・・・• 下り列車のみ停車。 近江舞子駅と鯖江駅では後続列車を待避していた。 また、大久保駅では運転日によっては上り列車としていた。 ・・・• 上り列車のみ停車。 芦原温泉駅と大津京駅では後続列車を待避していた。 上下列車とも、新津 - 洞爺間の区間内では客扱いを行わなかった。 この通過区間は距離・時間ともにJRグループの旅客列車では上の最長で、当該区間は下り列車で11時間37分、上り列車は12時間4分に及んだ。 函館本線 - 間では上下列車で通過区間が異なり、上り列車は勾配の緩い支線()を経由した。 また、がなどの強風で運行できない場合は()経由で運行された ほか、に大幅な乱れが生じた場合にはに乗り入れる場合があった。 特に、冬季を中心に沿岸部を走る一部区間では強風や雪害の被害に遭いやすく、しばしば運休や遅延が発生していた。 運行区間に優等列車が多く、また走行距離が長かったことから、後続列車を待避する回数が多かった。 下りは近江舞子駅で「」19号、鯖江駅で同21号に、上りは洞爺駅で「」12号に、青森駅で「」98号に、芦原温泉駅で「サンダーバード」14号、敦賀駅で同82号(臨時)、大津京駅で同16号に追い抜かれていた。 「トワイライトエクスプレス」同士のすれ違いは、定時運行ならば奥羽本線大久保駅または東海道本線(JR京都線) - 京都間のいずれかで見られた。 使用車両・編成 [ ] 機関車 [ ] 2015年3月12日始発基準で大阪 - 札幌間の最終運行までを牽引していた機関車• (敦賀運転センター車両管理室所属)• 大阪 - 青森間で牽引。 原則として客車と同じ塗色のトワイライトエクスプレス専用機5両 のいずれかを使用していたが、例外的に交換機関車の運用の都合や故障等などが発生した場合において、同鉄道部管理の一般色(ローズピンク色)が代走として入ることもあった。 また逆に、専用機もかつては運用の都合で「」の牽引にも充当されたこともあった。 上り列車は敦賀駅で別のEF81形機関車と交替した。 乗り心地向上のため、専用機はすべて両側の連結器が通常の自動連結器から密着自動連結器に交換されており、それに伴ってスカートの形状も若干変更されている(連結対象車であるカニ24も同様に交換されている)。 かつては、機関車のパンタグラフから飛び散る擦り切れた架線の金属片が1号車の展望室の窓にかからないようにするために札幌側の車体上にカバーがつけられた時期もあったが、数日間で取り外された。 (所属)• 青森 - 五稜郭間で牽引。 同形式が牽引する「」や「」とは異なり、ヘッドマークは取り付けられていない。 また、2016年3月に一般販売分の・が運行終了後に順次廃車前提で配給輸送されていた。 (所属)• 五稜郭 - 札幌間で牽引。 道内の他の高速列車へのダイヤの影響を軽減すること、下り列車が七飯 - 森間で急勾配区間の介在する本線()経由での運転となることから、「カシオペア」や「北斗星」と同じくでの牽引であった。 青森 - 五稜郭間は逆向き。 の豪華夜行列車をモデルとして 、従来の「寝台列車==青」というイメージとは一線を画す日本海をイメージしたにトワイライトを表す金色(黄色)の帯を1本締める独自の塗色とした。 なお、当初(一般客が乗車可能となった1989年12月)のA寝台車両は1号車のみだったが、同列車の好評を受け、1990年と1991年にオハネ25形を改造した2号車(スロネ25形)を組み込んで2両とした。 スシ24形は485系・489系からの改造であり、廃止時点で既に車齢40年以上が経過していた。 車体側面のエンブレム 秋までに全編成の車両リニューアルが完了。 内装は「木のぬくもり」をテーマにした木目調に変更され、A寝台車両やサロンカーにあるテレビモニターの更新や、7号車のミニサロンには本革のソファーを設置した。 外装は金色(黄色)の帯の上下に銀色の縁取りが追加され、車体側面にあるも意匠を変更している。 カニ24形はトワイライトエクスプレス色に塗り替えられた専用車が4両在籍していた。 編成は3編成だが故障時などに備えて予備が1両配置されており、車番は10・12・13・14であった。 また、トワイライトエクスプレス色のカニ24形はかつて運行されていた寝台急行「」や寝台特急「日本海」にも連結されたことがあった。 EF81形電気機関車と同様に密着自動連結器に交換されており、乗り心地の向上に役立っていた。 機関車に取り付けられるヘッドマーク 国鉄時代はヘッドマークのデザインには視認性が重要視されており、列車名を大きく太く描くデザインが多数派であった。 しかし、本列車は列車名が長いことから、ヘッドマーク全体のデザインで視認するという方針となった。 列車名をアルファベットで配し、ピンク色を基調とした斬新なデザインとした。 下部には日本海をイメージした波のデザインが入れられているが、を走行していた寝台特急「」のものよりも波の線や高さを抑えた、静かな波模様をイメージしている。 海の部分は紫色とすることで、夕映えを表している。 列車名上部にはエンブレムにも用いられている天使が描かれているが、客車に描かれたエンブレムとは違い、ラッパの先に星が追加されている。 列車最後尾のテールサインにもヘッドマークと同様のロゴが用いられているが、脱ブルートレインを意識したためか、国鉄時代から用いられた「流れ星」マークは描かれていない。 ヘッドマークの製造方法には2種類あり、初期のものはシルクスクリーン印刷を使用した表面が比較的平滑なもの、その後アクリル板を型抜きして文字やイラストを作り、貼り付けたものも登場した。 客室設備 [ ] A寝台 [ ] 1号車と2号車は。 寝台兼用ともなる・テーブル・室・・ビデオモニター・オーディオサービスなどが設置された豪華なつくりになっていた。 スイート 1号車・2号車に1室ずつ設置された2人用個室。 とを備えたとが別々となっており、リビングと寝室とはレースカーテンで仕切ることもできた。 リビングにあるソファはエキストラベッドにもなり、オプションで3人まで利用可能だった。 この他、シャワー室、洗面台・トイレ、冷蔵庫、ビデオモニター用の液晶テレビ、クローゼットなどを備えた。 発車直後にウェルカムドリンクが、翌朝には新聞朝刊とコーヒーまたは紅茶が、それぞれサービスされた。 1号車の個室は列車の大阪寄り最後部(上り列車では最前部)のため展望を満喫できるが、興味本位で外から覗かれやすいため、のちにリビングの展望窓は外から見えにくいようマジックミラーに取り換えられた。 デビュー当初はダブルベッドであったが、のちにツインベッドに交換されている。 またシャワー室は脱衣場のない収納式の洗面台・トイレと一体となったユニットタイプであった。 2号車の個室は車両中央部に配置されているため方窓タイプとなっており、展望は満喫できない代わりにリビングにはサロンカーに設置されているものと同一の、屋根まで回り込んだ大型の曲面ガラスを備えた。 ベッドは1号車が枕木に平行して配置されているのに対し、こちらはレールに平行して配置された。 シャワー室はセパレートタイプで、脱衣場にもなる洗面台・トイレとは別々に設けられていた。 ロイヤル 1号車・2号車に4室ずつ設置された1人用個室。 ベッドは仕様で、オプションで2人での利用も可能であった。 この他、シャワー室、洗面台・トイレ、ビデオモニター用液晶テレビ、クローゼットなどを備えていた。 発車直後にウェルカムドリンクが、翌朝には新聞朝刊とコーヒーまたは紅茶が、それぞれサービスされた。 同名の個室は「北斗星」にも存在するが、ソファーベッドが電動式になっているという違いがあった。 ウェルカムドリンクの一例 B寝台 [ ] 5 - 9号車はB寝台で、このうち5 - 7号車は個室、8・9号車は簡易個室になっていた。 各個室ともマルチチャンネルによるオーディオサービスがあったが、Bコンパートメントのみスピーカーの設置はなくイヤホンが必要であった。 ツイン 5号車と6号車に7室ずつ、7号車に9室の計23室設置された2人用個室。 部屋の上段には電動で上下する寝台があり、向かい合った2つの椅子はシングルベッドになっていた。 ベッドはすべてに平行になるように配置されていた。 また、乗降口付近の1・2番の部屋は可動式の間仕切りを備えたコネクティングルームとなっており、間仕切りを外せば多人数での利用が可能であった。 シングルツイン 5号車と6号車に6部屋ずつ設置された1人用個室。 左右両側に設けられているので、ここの通路は中央となる。 ベッドはに平行な向きに配置された。 窓の上に補助ベッドを装備しており、追加料金を払えば2人での利用も可能であった。 Bコンパートメント 8・9号車に設置されていた簡易個室。 従来の2段ベッドを向かい合わせに設置した開放式B寝台にガラス扉を取り付けた構造であった。 1ブースを4人で確保すれば個室にもなった。 ただし1ブースを3人未満で使用する、または複数のグループで利用する場合は開錠したままとなり、通常の開放B寝台と同様であった。 9号車の通路には灰皿が設置されており、喫煙車の個室以外では編成中唯一の喫煙スペースとなっていた。 開放式Bコンパートの通路 なお、8・9号車の札幌方出入り口すぐ隣りの寝台ボックスは食堂車従業員用の控室として2段式から3段式に改造されており、一般には販売されておらず定員としてもカウントされていない。 レストランカー「ダイナープレヤデス」 [ ] 3号車に連結される「ダイナープレヤデス」 Diner Pleiades は、「北斗星」や「カシオペア」と同様に、食堂車でのサービスを時間指定制とした列車でもあった。 なお、ランチタイムやパブタイムなども含めて、メニューは季節ごとに入れ替えていた。 他にも、アルコール類、オリジナルグッズやシャワー室利用券(シャワーカード)、新聞朝刊の販売なども行っていた。 ちなみに「ダイナープレヤデス」は、のにちなんだ名称である。 3編成ともにの図柄が異なっていた。 廃止時までの営業はJR西日本の子会社であるが担当しており、団体列車『特別な「トワイライトエクスプレス」』でも引き続き営業を担当した。 当初は寝台特急「」のグレードアップ用車として用意されたものだったが、本列車運転に際して塗装や内装を改修の上で転用された。 メニューは・など軽食が中心。 なお大阪発は日本の列車の中では「」とともに、朝昼夕3食すべてを提供する数少ない列車でもあった。 札幌発は発車が14時台と遅いため、14時40分から16時まで「ティータイム」としてスイーツと・程度のみ提供していた。 これらとは別に、2014年5月1日より数量限定ながら、大阪発では19時まで製造の特製弁当『トワイライト特製2段重』を、札幌発では『黒毛和牛のすき焼き重』(当初は大阪発のランチメニューにもあるビーフカレー)を、それぞれにより提供していた。 これらは夕刻前に食堂車係員が各個室へ直接注文を承りに来るが、特製弁当に限り乗車3日前までなら事前予約も可能だった。 特製弁当やビーフカレーの販売以前は、運行開始から2011年6月30日まで「プレヤデス弁当」を、2011年7月1日より2014年4月30日まではホットディシュとコールドディシュに温製スープ、デザートのなどが添えられた「ルームセット」を、それぞれ提供していた(いずれも食堂車厨房で調製)。 ランチメニューとして提供されたプレヤデスサラダ ディナータイム 17時30分から21時まで、時間帯は「ディナータイム」としてのコースを提供した。 要予約・定員制で、乗車日5日前の23時までに と旅行センターおよび主な旅行会社で食事券を購入する必要があった。 1回目は17時30分から19時、2回目は19時30分から21時で2回実施され、予約の際にどちらかを指定するが、予約が集中した場合には希望に添えないこともあった。 この他、フランス料理のコース同様に5日前の23時までの予約申し込み制で『日本海』も提供していたが、こちらは食堂車内で食べることはできず、係員によるルームサービスでの提供であった。 パブタイム ディナータイム終了後の21時から23時(ラストオーダーは22時30分)まで、主に軽食類を提供する「パブタイム」の営業を行っていた。 やの他に、やなどのドリンク類、但馬高原鶏のや・といったを提供していた。 予約不要ですべての乗客が利用できた。 メインプレート サロンカー「サロンデュノール」 [ ] 4号車に連結される展望サロンカー。 「サロンデュノール」(Salon du Nord)とは、で「北のサロン」の意味。 車両中央部の展望室部分には天地方向に拡大した眺望窓を側に5組備えており、ビデオモニター用液晶テレビが両端に2台、時刻表などを備えたマガジンラック、(大阪車掌区の車掌担当区間のみ)記念スタンプと専用の台紙が設置されていた。 日本海会席御膳や、パブタイムでは会計を先に済ませればサロンカーまでデリバリーするサービスがあったため、食事を摂ることも可能だった。 この他、およびおつまみ・菓子類のと共用シャワー室(2室)を設置。 シャワー室の利用は30分毎の予約制で、シャワーカード購入時に利用時間を予約することになっていた。 3号車寄り車端部にはブースがあったが、のちに公衆電話サービスは廃止されたため業務用室に転用。 なお、第1・2編成と第3編成では内装が大きく異なり、第3編成はより展望のしやすさが考慮された座席配置になっていた。 これとは別に、7号車にはミニサロンが設けられており、本革のソファー、清涼飲料水の自動販売機、廃止までは公衆電話機を備えていた。 7号車個室は喫煙可能であったが、このミニサロンは終日禁煙とされていた。 また、2015年10月1日にも「北陸デスティネーションキャンペーン」の開催に合わせ、にて『トワイライトエクスプレス車両で行く福井の旅』が開催された際、特別な「トワイライトエクスプレス」としてサロンカー2両を含めた4両の客車と電源車の編成で運行された。 第3編成のサロンデュノール 担当乗務員区所 [ ] 運転士 おおむね会社境界で交代する体制としていた。 大阪 - 敦賀間 - 敦賀地域鉄道部• 敦賀 - 金沢間 -• 金沢 - 直江津間 - 富山運転センター• 直江津 - 青森間 - JR東日本• 青森 - 東室蘭間 -。 東室蘭 - 札幌間 - 車掌 大阪 - 青森間は、JR西日本のが担当し、同区所属の約260人の車掌のうち経験豊かな40人ほどしか乗務ができなかった。 過去に行われた九州、四国、山陰、首都圏方面への運用時も当区の車掌が通しで乗務していた。 後述の「」でも引き続き同区の車掌が乗務している。 同区の担当車掌はをイメージした「トワイライトエクスプレス」専用のを着用しており、ダブルの上着(夏は草色、冬は緑)にスラックス(夏はベージュ、冬はブラック)となっている。 2015年3月12日時点ので車掌が会社境界を跨いで、かつ長距離の越境乗務をしている列車は本列車(直江津 - 青森間578. 6km)と「」・「」( - 間445. 9km)の3列車のみであった。 「サンライズ瀬戸」・「サンライズ出雲」の越境乗務も翌13日発の下り列車を持って終了 し、国鉄時代から続いていた夜行列車の長距離越境乗務は消滅した。 2013年3月31日までは乗車記念証台紙付きの車内の発売も行っていた。 青森 - 札幌間は、JR北海道のが担当していた。 過去には走行中に、4号車サロンカーで車掌がトンネルに関するクイズを出題して記念品をプレゼントしたこともあった。 青森 - 五稜郭間は逆向き。 (元年)• - 第1編成が落成。 招待試乗列車運行開始。 - 「トワイライトエクスプレス」が団体専用列車として運転を開始。 寝台券の発売はツアー客用のみで、一般発売はなし。 当初の運行本数は週2往復。 - - 間運転の団体列車で個室B寝台車がデビューする。 - 団体列車としての運行を終了。 - 第2編成が落成。 に格上げされ寝台券の一般発売が始まる。 (平成2年)• - 好評につき、オハネ25形から改造の2号車(スロネ25形500番台 )を組み込んで9両編成となり、2015年3月の通常運行終了まで続く基本的な列車編成が完成した。 (平成3年)• - 第3編成が落成。 繁忙期の毎日運転を開始。 (平成6年) - 上り列車の森 - 大沼間の経路を駒ヶ岳回りの本線経由から砂原線経由に変更。 - 9号車(Bコンパートメント)に禁煙車が初設定される。 (平成12年)• - - 噴火災害による不通に伴い、経路ならびに運行区間変更。 - 札幌間を(経由)で迂回運転。 または、 - 札幌間を区間運休。 (平成13年) - 客車リニューアル工事を開始。 に完了した第3編成から運行開始。 (平成14年)• - - 2番目にリニューアルが完了した第1編成を使って「トワイライト西日本一周の旅」を実施。 年内に全編成のリニューアル完了。 (平成16年)• - - の影響により運休。 (平成17年)• - 運行開始時からの食堂車従業員によるのコーヒー代金の一部着服を発表。 従業員を総入れ替え。 - 同日発生したの影響により、翌年まで運休。 (平成18年)• - 青森駅構内の夜間集中線路工事のため、経路を青森経由から青森信号場(奥羽貨物線)経由に変更。 - - 羽越本線 - 間の土砂崩れにより運休。 (平成19年)• - 下り列車の大阪発車時刻を微修正、3分繰り下がる。 全体のダイヤは変わらず。 - - の影響により運休。 (平成20年) - 同日実施のダイヤ改正から、青函トンネル内の建設工事が本格化したことに伴い、下り列車の所要時間を45分延長。 (平成22年)• - 同日実施のダイヤ改正から、下り列車は福井以南で特急「」の待避 運転停車 が1本増えたため、所要時間を13分延長。 との発車時刻が午前中になり、車内に設置していた式を撤去。 - 同日のダイヤ改正で以下の通り変更。 上り列車の「」16号待避が、砂原線通過時から停車時に変更。 下り列車の、上り列車の・・・での運転停車を取りやめ、新たにとを運転停車駅に追加。 (平成23年)• - - ()の影響により運休。 (平成24年)• - 青森駅構内の夜間集中線路工事が終了し、経路を青森信号場(奥羽貨物線)経由から青森経由に変更。 2006年までの経路に戻る。 (平成25年)• - 上り列車の所要時間が1分延びて大阪駅到着が12時52分から12時53分に。 また、この日の大阪発の列車より5号車が禁煙となる。 - 「瀬戸大橋開業25周年記念列車」 - 間(経由)に当列車が使用された。 このときはが牽引を担当。 (平成26年)• - 下り列車の、上り列車の・津軽新城駅での運転停車を取りやめ。 下り列車は新たに、上り列車は新青森駅での運転停車を設定。 - 和歌山デスティネーションキャンペーンにあわせ、往路を発行き(を反時計回りに一周し、南に向かう)として、翌日新宮駅到着後、復路を発行きランチクルーズ列車として運転された。 この2日間は、等により運転され、ほかにも大阪発、、、、に運転された。 - (平成27年)にかけて、開業に向けた総合的な検査および試験を実施するため、年末年始を含む一部の運転日において、運休や時刻変更が発生。 (平成27年)• - - 強風で上り列車が954分(約16時間)遅れで運行された。 - - 大雪で上り列車が928分(約15時間30分)遅れで運行された。 - - での大雪のため、上り列車が25時間32分遅れで運行。 では、21時間停車した。 - - 運行終了を前に東北地方日本海側の強風を理由とし、最終運行を安定に行うため2日連続で運休。 - 車両のや整備新幹線(・)開業に伴う並行在来線切り離し を理由に、同日付で札幌発着のトワイライトエクスプレスは運行終了・廃止された。 - - において、トワイライトエクスプレスのメモリアル写真展「Twilight Time」を開催。 - - フォトギャラリーUC()にて、『トワイライトエクスプレス』の写真展「Twilight Time」を開催。 - - ()のイベントスペース「道新プラザ DO-BOX」において、『トワイライトエクスプレス』の写真展「Twilight Time」を開催。 - 「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」本格運行開始までの期間限定で当列車をツアー客専用団体臨時列車に転用。 - 「北陸デスティネーションキャンペーン」の開催に合わせ、にて『トワイライトエクスプレス車両で行く福井の旅』が開催された。 その際の牽引機がEF81 44であり、サロンカー2両を含めた4両の客車と電源車で運行された。 (平成28年)• - 21日出発の下関発大阪行きを以って特別な「トワイライトエクスプレス」の運行を終了。 こうして1989年7月に誕生した寝台特急「トワイライトエクスプレス」は四半世紀 27年 の歴史に幕を下ろした。 大阪 - 札幌間運行終了後の動向 [ ] 1989年7月のデビューから、今日までの25年8カ月間で延べ116万人もの利用客を運び惜しまれつつ大阪 - 札幌間の運転は終わったが、JR西日本社長のは2015年3月18日の定例記者会見の席上で、使用車両の老朽化は否めないものの利用客・旅行会社から多くの要望があり、JR西日本管内限定で団体臨時運転を検討するとともに、一部車両を新設のに保存・展示予定である旨を公表した。 車両の保存と動向 [ ] 京都鉄道博物館に保存・展示されたスロネフ25 501 にてEF81 103・スロネフ25 501・スシ24 1・オハ25 551・カニ24 12の合計5両を保存・展示している。 展示用としては先ずスロネフ25 501・スシ24 1から配給輸送が始まり 、敦賀地域鉄道部所属のについても、2015年(平成27年)に103号機(トワイライトエクスプレス色)が京都鉄道博物館への保存目的でまで配給輸送が行われた。 EF81 103号機およびスロネフ25 501とスシ24 1が展示保存に伴い同年4月30日付で廃車扱いになった。 合わせて京都鉄道博物館に展示するオハ25 551とカニ24 12も同施設の公式サイトで紹介された。 カニ24 12については(平成28年)1月6日にで展示に向けた車両整備を終えて所属先に戻っている。 オハ25 551・カニ24 12も開館前日の同年4月28日付で廃車扱いになった。 一方、牽引していたEF81形電気機関車のうちに103号機、19日に44号機と43号機、20日に114号機がへ相次いでされた。 の時点では108・113号機のみが敦賀運転センターに保留されていた。 4月28日時点でEF81 113号機はとして運用されていた ほか、運用にも充当された(後述)。 また、2016年(平成28年)2月16日にはEF81 114号機が団体専用列車運行から再び金沢総合車両所松任本所に入場した が、同年4月8日に114号機が台車を中心とした要部検査を終え、松任本所から自走回送で敦賀運転センターに戻っており 、2016年4月8日時点で保留のトワイライト色EF81機関車は44・113・114号機だけになった。 ただし、2016年4月1日現在の車籍上では43号機も残っていた。 同年7月28日には113号機が全般検査を完了させ、敦賀まで試運転も兼ねた回送が行われた。 また、JR東日本対応のATS-Psの表記も残っている。 113号機は同年9月3,4日に開催された『おわら風の盆』ツアーで「」による団体専用列車の牽引で使われている。 そして5月16日付でオハネ25 522,523,525・カニ24 10の4両が廃車扱いになっている他 、同年7月11日付でオハネ25 513・521・524・526・561 - 563、オハネフ25 501・502、オハ25 552、カニ24 13・14の計12両が 、同年11月17日にはスロネ25 503が廃車された。 これを以って、トワイライトエクスプレス用の24系客車の配給回送は全て終了。 そして2017年3月31日付でスロネフ25 502・503、スロネ25 501、オハネ25 511・512、オハ25 553、スシ24 2・3の8両と牽引機であったEF81 43号機が廃車になった。 2018年2月2日には、EF81が所属している敦賀運転センター繋がりで福井県敦賀市に当列車の部品(外観エンブレム・車体番号の印字部分・寝台車のルームナンバープレート・卓上スタンドライト・食堂車テーブル・椅子・サロンカーソファ・テーブル・運転席マスコンハンドル・ブレーキ弁・標識灯等の計125点)を同年3月に譲渡するという報道があり 、当初は車両も一緒に譲渡する予定だったが4月26日に敦賀市金ヶ崎周辺エリアへの、車両提供がの関係で立ち消えになったため部品提供の計画が明らかになった。 敦賀市の資料によると部品詳細はEF81で14種類・19個、24系客車等で32種類113個の132点の譲渡となった。 2018年3月31日に最後まで残ったオハネフ25 503・スロネ25 502の廃車手続きを行い車籍から旧トワイライト客車が消えた。 2018年4月1日現在の専用機関車の在籍は、EF81 44,113,114となっている。 団体専用列車『特別な「トワイライトエクスプレス」』 [ ] 特別なトワイライトエクスプレス EF65 1124 けん引 特別な「トワイライト エクスプレス」 JR西日本は予てよりトワイライトエクスプレス用車両を用いた団体列車の運転を検討してきたが、にその概要が正式発表された。 定期運行時の10両編成からオハネ25形(510番台・520番台・560番台)4両を外し、3編成のスロネ25形500番台を集約してA個室寝台(スイート・ロイヤル)のみの8両編成に再組成して使用。 切符の発売は旅行会社主催のツアーのみ。 7号車のオハネフ25形500番台は「乗務員室等」と位置付けられ、一般向けには発売されていない。 この専用編成は 「特別なトワイライトエクスプレス」と名付けられた。 運転コースは5月・6月の下り列車は大阪を出発して琵琶湖を一周して大阪に戻り、そこから下関まで一晩かけて走るルート、上りはその逆で終着が京都になるルートが発表されており、7月からは山陰本線を主体としたコースも追加設定された。 大阪 - 敦賀 - 京都間の牽引には、大阪 - 札幌間の運転時に使用されたEF81の113・114号機が担当している。 また、京都 - 下関間はのが使用されていた。 ツアー販売する旅行会社に関しては、JR西日本公式プレスリリース(同記事の各参照)とJR西日本運営「おでかけネット」の特集記事で挙げられている。 初回ツアーは5月16日始発および5月18日始発の往路・復路で開催された。 以降は5月23日・5月30日・6月6日・6月13日・6月20日・6月27日が大阪始発、5月25日・6月1日・6月8日・6月15日・6月22日・6月29日が下関始発となり、山陽ルートでツアーが設定された。 また、2015年7月開催の山陽ルートツアーは7月11日・18日の大阪始発、7月13日・20日下関始発で設定された。 また、おんせん県おおいたデスティネーションキャンペーンの一環として、往路が7月5日大阪始発・復路が7月7日 始発で当列車初の九州乗り入れツアーも開催されている。 また、9月12日大阪始発、9月14日大分始発便も運行された。 この際、大阪 - 下関間は下関車両所所属のEF65形機関車が、下関 - 大分間は所属のが牽引している。 トワイライト客車を用いたパックツアーという特別な形ではあったが関西と九州を結ぶ寝台列車が久しぶりに復活した。 7月25日以降の夏季における山陰ルートも決定し7月25日・8月1日・8月22日・8月29日・9月5日・9月19日の大阪始発分と、7月27日・8月3日・8月24日・8月31日・9月7日・9月21日の下関始発分で設定された。 このツアーではに3時間から4時間停車し地元のお出迎えや観光企画も実施した。 大阪 - 間は下関総合車両所のEF65形機関車が、瀬戸 - 下関間は所属ののDD51 1179,1186が使用され、DD51形ディーゼル機関車の運用についても瀬戸 - 米子間はで、米子 - 下関間は単機運転で牽引した。 2015年秋季ツアー運行も決定。 山陽コースが10月3日・10月10日・10月18日・11月28日の大阪始発 往路 、10月5日・10月12日・10月20日・11月30日の下関始発 復路 が設定された。 山陰コースは10月24日・10月31日・11月7日・11月14日・11月21日に大阪始発 往路 、10月26日・11月2日・11月9日・11月16日・11月23日下関始発 復路 で設定された。 また、10月以降の山陽ルートについては大阪 - 下関間(神戸線・山陽本線)のみとなり、琵琶湖(京都線・琵琶湖線・湖西線・北陸本線)を経由しないルートに変更されている。 2015-2016年冬期ツアー運行も決定。 2016年3月22日の大阪終着を以って特別な「トワイライトエクスプレス」を用いたツアー運転は大好評のまま無事に終了。 なお、2015年11月にのうち1124号機が全般検査を経てトワイライト色に塗色変更され、11月12日に下関総合車両所で構内試運転が行われた。 そして、11月20日から工臨として運用を開始し 、12月6日の大阪発下関行きより特別な「トワイライトエクスプレス」の牽引を開始した。 これまでは別料金で提供していた食事を朝食1回・昼食2回・夕食1回のセットにした上で、さらにグレードアップしたフランス料理とデザート(人気の、が協力)も提供された。 この編成は、使用される24系客車 旧トワ客 の検査期限が残っている間だけの運行であり2016年3月に数多くの思い出を残して特別企画は終了。 その後は当初の計画通り、2017年6月17日デビューの「」に後を引き継ぎ、旧トワイライト客車は完全に役目を終え全車廃車され、梅小路に移された一部の客車を除き解体された。 テレビ番組 [ ] 2014年12月に放送した『 』(制作・)にて大阪市内の極小住宅リフォームで居室スペースにおけるアイディアのヒントを探るために自らが出発準備前の「トワイライトエクスプレス」の車内をくまなく調査した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 但し、東室蘭 - 札幌間はディーゼル機関車が牽引した。 当列車は臨時列車のためだけで見た最長運行記録は「」の1,214. 7kmである。 2015年3月14日以降は - 間直通の「」が最長となった。 ただし、のかつての運行区間に当る東京 - 間の距離については運賃計算上の経路、即ち経由の営業キロ(運賃計算キロ)1,493. 6kmを最長距離とする資料もあるが、実際の運行距離は山陽本線経由の1,515. 3kmであり、1997年(平成9年)11月29日のダイヤ改正で東京 - 熊本間に運転区間が短縮されるまでは最長運行距離の寝台列車だった。 また、時代を含めると、1965年(昭和40年)10月1日から1980年(昭和55年)10月1日における東京 - 西鹿児島間(経由)運行の「」が走行距離は1,574. 2km、最も長い運行距離だった。 「あけぼの」が定期列車だった時代はですれ違った。 基本的に上下列車とも土曜日発は大久保駅で、それ以外は西大路 - 京都間で見られた。 ただし毎日運転時は2か所ともに見られた。 番号は43・44・103・113・114号機。 かつては104号機も運用されたが、のちに離脱し2013年に廃車された。 代わりに、敦賀駅にて機関車付け替え作業の合間に、作業員がホースとブラシを使い手作業で金属片の汚れを洗い落としていた。 (JR東海)と(JR四国)の管内は対象外。 - 大阪間の回送も担当。 札幌 - 札幌運転所間の回送も担当。 スロネフ25 501,オハ25 551の落成日は、スロネフ25 502,オハ25 552の落成日は、スシ24 1,2の落成日はであり、あとはBコンパートメントを組み込んだ団体専用(編成の変遷を参照)。 故に2015年3月の運行終了時の第1編成とは組成が異なる。 スロネ25 501,502の落成日は。 列車廃止の公式発表時に北海道新幹線開業後の区間が、第三セクターへ営業移管される事も同時に発表した。 EF81 43号機については廃車扱いで除籍。 しかし、2017年8月27日のの一般公開で展示されており解体されてはいなかった。 その後、後述の敦賀市への部品譲渡のために2017年度内に部品が外され一部解体が確認されている。 出典 [ ]• 6-7。 每日新聞社. 2015年3月12日. の2015年3月12日時点におけるアーカイブ。 2015年3月30日閲覧。 読売新聞社. 2015年3月13日. の2015年3月22日時点におけるアーカイブ。 2015年3月30日閲覧。 railf. jp(鉄道ニュース). 2018年9月14日閲覧。 , 2015年9月21日閲覧。 の2015年9月25日時点におけるアーカイブ。 2015年9月25日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2014年12月19日 , 2015年11月20日閲覧。 2014年6月12日. の2014年6月12日時点におけるアーカイブ。 2014年6月12日閲覧。 2014年10月20日. 2015年3月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年3月19日閲覧。 (19:09更新)• スポーツニッポン新聞社(). 2015年2月12日. の2015年2月13日時点におけるアーカイブ。 2015年2月13日閲覧。 プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2015年2月19日 , 2015年2月19日閲覧。 2018年6月30日. 2020年6月12日閲覧。 トラベルWatch 2018年6月19日. 2020年6月12日閲覧。 『JR時刻表』、2014年3月。 [ ]• 杉山淳一 2014年12月20日. 2015年12月25日閲覧。 (鉄道ニュース). 2007年10月26日. 2015年2月19日閲覧。 railf. jp(鉄道ニュース) 交友社. 2007年10月29日. 2015年2月19日閲覧。 , 乗りものニュース メディア・ヴァーグ , 2014-11-02 , 2015年11月10日閲覧。 『豪華寝台列車トワイライトエクスプレスfan』(Gakken MOOK おとなののんびり列車の旅)、2010年10月。。 「DJフォトコンテスト」『鉄道ダイヤ情報』第44巻通巻370号、交通新聞社、2015年2月、 56-57頁。 (敦賀運転センターにおいて)• 「JR西日本福井地区敦賀派出EF81(およびその現状)」『J-train』第37号、、2010年、 14-19頁。 土屋武之・村上悠太「」『』通巻552号(2012年10月号)、、2012年、 40-48頁。 2016年3月24日. railf. jp(鉄道ニュース). 2016年4月8日閲覧。 、pp. 3,27-28,40。 、pp. 20,26-32,66,81-84。 J-Train編集部・JR北海道函館運輸所、2011、「青函海峡を越える運転士たち 函館ED79乗務員」、『J-train』Vol. 21、 p. ジェー・アール・アル編 2016 日本語. JR気動車客車編成表2016. 126. 北海道旅客鉄道. 2014年7月26日時点のよりアーカイブ。 2015年3月18日閲覧。 「ダイナープレヤデスの輝き」 - 創元社、2015年9月17日発行• 2015年2月19日閲覧。 ジェイアール西日本フードサービスネット. 2015年2月19日閲覧。 2015年10月5日閲覧。 木村健二 2015年3月13日. の2015年3月19日時点におけるアーカイブ。 2016年4月12日閲覧。 名古屋地方本部 2014年12月19日. 2015年3月19日閲覧。 静岡地方本部 2014年12月30日. 2015年3月19日閲覧。 「さらば!北の大地の寝台列車」 - ネコ・パブリッシング、2015年3月9日発行• 222-223,234-235(、2011年12月19日)• 、2015年2月号 p. 6,10。 森由香『トワイライトEXP. レディ』()、2008年11月。。 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2006年1月17日 , 2015年11月11日閲覧。 ジェー・アール・アール『JR気動車客車編成表 '06年版』交通新聞社、2006年6月。。 PDF プレスリリース , , 2007年12月20日 , 2014年7月5日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2014年8月22日 , 2014年8月28日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2014年8月22日 , 2014年8月28日閲覧。 プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2014年8月22日 , 2014年8月28日閲覧。 産経WEST 2015年1月8日. の2015年1月8日時点におけるアーカイブ。 2015年5月3日閲覧。 吉永陽一「トワイライトエクスプレス上り列車954分遅れの回想」『』2015年5月号、、2015年、 36-43頁。 乗りものニュース 2015年2月4日. 乗りものニュース. の2015年2月5日時点におけるアーカイブ。 2015年5月3日閲覧。 米田堅持 2015年2月7日. 毎日新聞社. の2015年2月7日時点におけるアーカイブ。 2015年5月3日閲覧。 米田堅持 2015年2月7日. 毎日新聞社. の2015年4月2日時点におけるアーカイブ。 2015年5月3日閲覧。 withnews. 2015年2月16日. 2018年2月19日閲覧。 朝日新聞デジタル 2015年3月7日. の2015年3月6日時点におけるアーカイブ。 2015年5月3日閲覧。 朝日新聞デジタル. 西日本旅客鉄道株式会社. 2015年3月10日時点のよりアーカイブ。 2015年3月17日閲覧。 朝日新聞社. の2015年3月12日時点におけるアーカイブ。 2015年3月17日閲覧。 2015年3月13日. 2015年3月18日閲覧。 産経新聞(MSN産経ニュース) 産業経済新聞社. 2011年7月5日. の2011年7月15日時点におけるアーカイブ。 2011年7月15日閲覧。 朝日新聞(朝日新聞デジタル) 朝日新聞社. 2014年1月29日. の2014年2月18日時点におけるアーカイブ。 2014年11月14日閲覧。 2015年3月19日閲覧。 2015年3月18日. 2015年3月19日閲覧。 2015年4月29日閲覧。 2015年4月29日閲覧。 2015年4月29日. 株式会社イード. 2015年4月29日閲覧。 2015年3月23日. 2015年3月24日閲覧。 朝日新聞社. の2015年3月25日時点におけるアーカイブ。 2015年3月25日閲覧。 2015年3月19日. の2015年3月19日時点におけるアーカイブ。 2015年3月19日閲覧。 池口英司・ ・開業準備室、2016、「」、『』56巻(通巻662号(2016年6月号))、 pp. 52-53• 2015年4月15日. 2015年4月15日閲覧。 YOMIURI ONLINE 2015年4月18日. 読売新聞社. の2015年4月24日時点におけるアーカイブ。 2015年4月24日閲覧。 2015年4月24日. 2015年4月24日閲覧。 清水薫、2016、「」、『』56巻(通巻662号(2016年6月号))、 pp. 74-75• 「JR車両のうごき(JR東日本・JR西日本)2015(平成27)年4月1日〜6月30日」『』第44巻377号、、2015年9月、 81頁。 鉄道ファン編集部、2016、「」、『』56巻(通巻663号(2016年7月号))、 p. 46(別冊付録)• ジェー・アール・アル編 2016 日本語. 154,156. 京都鉄道博物館. 2015年5月24日閲覧。 2016年1月7日. 2016年1月8日閲覧。 81(廃車車両)• 2015年3月21日. 2015年3月21日閲覧。 2015年4月29日. 2015年4月30日閲覧。 2016年2月17日. 2016年2月18日閲覧。 2016年4月9日. 2016年6月7日閲覧。 鉄道ファン編集部、2016、「」、『』56巻(通巻663号(2016年7月号))、 p. 25(別冊付録)• ジェー・アール・アル編 2016 日本語. 2016年7月29日. 2016年7月30日閲覧。 2016年9月3日. 2016年9月9日閲覧。 2016年4月8日. 2016年7月3日閲覧。 2016年4月14日. 2016年4月18日閲覧。 2016年6月7日. 2016年6月7日閲覧。 2016年6月23日. 2016年6月24日閲覧。 2016年7月7日. 2016年7月8日閲覧。 ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2017冬 ジェー・アール・アール、、2016年、p. 358。。 鉄道ファン編集部、2017、「」、『』57巻(通巻670号(2017年2月号))、 p. 198(西日本旅客鉄道・廃車欄)• 39(西日本旅客鉄道・廃車分、別冊付録)• 2016年12月11日. 2016年12月12日閲覧。 2017年8月28日. 2017年9月7日閲覧。 2018年1月28日. 2018年2月10日閲覧。 ONLINE 福井新聞社. 2018年2月2日. の2018年2月9日時点におけるアーカイブ。 2018年5月29日閲覧。 金ヶ崎周辺施設整備計画策定委員会. 敦賀市 2018年5月1日. 2018年5月29日時点のよりアーカイブ。 2018年5月29日閲覧。 金ヶ崎周辺施設整備計画策定委員会. 敦賀市. 28 2018年4月26日. 2018年5月26日時点のよりアーカイブ。 2018年5月29日閲覧。 敦賀市産業経済部新幹線まちづくり課. 敦賀市 2018年4月26日. 2018年5月29日時点のよりアーカイブ。 2018年5月29日閲覧。 「」、『』58巻(通巻687号(2018年7月号))、 p. 40(廃車分、別冊付録)• 「」、『』58巻(通巻687号(2018年7月号))、 p. 21(西日本旅客鉄道・所属分、別冊付録)• 2015年5月13日. 2015年5月25日閲覧。 プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2015年3月23日 , 2015年5月16日閲覧。 2015年5月18日閲覧。 JRおでかけネット. 西日本旅客鉄道 2015年5月8日. 2016年2月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年5月11日閲覧。 (2016年2月分までの冬季ツアーにおけるアーカイブ)• 2015年5月7日. 2015年5月8日閲覧。 2015年5月28日. 2015年5月29日閲覧。 日本語 プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2015年5月26日 , 2015年5月27日閲覧。 2015年5月26日. 2015年5月27日閲覧。 JRおでかけネット. 西日本旅客鉄道. 2015年9月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年9月13日閲覧。 2015年9月14日. 2015年9月18日閲覧。 2015年7月27日. 2015年11月21日閲覧。 日本語 プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2015年7月17日 , の2015年7月18日時点におけるアーカイブ。 , 2015年7月18日閲覧。 2015年7月17日. 2015年7月18日閲覧。 JRおでかけネット. 西日本旅客鉄道. 2015年11月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年11月7日閲覧。 2016年1月20日. 2016年1月21日閲覧。 2015年11月5日. 2015年11月7日閲覧。 2016年3月23日. 2016年4月6日閲覧。 2015年11月13日. 2015年11月15日閲覧。 2015年11月22日. 2015年11月23日閲覧。 2015年12月6日. 2015年12月7日閲覧。 アトリエ・セッテン一級建築士事務所公式ブログ 2015年3月12日• 大改造!! 劇的ビフォーアフター SEASON II 2015年2月15日 放送 参考文献 [ ]• 「」『』第44巻通巻370号、、2015年2月、 2-49頁。 「」『鉄道ジャーナル』通巻564号(2013年10月号)、成美堂出版、2013年、 11-66頁。 杉本聖一「24系特急形客車」『鉄道ジャーナル』通巻564号(2013年10月号)、成美堂出版、2013年、 67-75頁。 J-train編集部「トワイライトエクスプレス 長距離夜汽車の旅を堪能する」『消えゆく夜行列車「北斗星」「トワイライトエクスプレス」』、イカロス出版、2015年4月、 67 - 85頁。 辻良樹「トワイライトエクスプレス ヘッドマーク開発秘話」『夜行列車読本』、洋泉社、2015年9月、 40 - 45頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 実質上後継となる『 2代目』。 外部リンク [ ]• 西日本旅客鉄道. JRおでかけネット. 2014年7月24日時点のよりアーカイブ。 2015年3月17日閲覧。 - (2016年6月17日アーカイブ分)( 『特別なトワイライトエクスプレス』運行終了時点のアーカイブ)• 北海道旅客鉄道. 2014年7月26日時点のよりアーカイブ。 2015年3月17日閲覧。

次の