アローラ ベトベトン 技。 ベトベトン

【ポケモンGO】アローラベトベトンの当たり技構成&おすすめは?

アローラ ベトベトン 技

アローラ・ベトベトンの強さ タイプ耐性超優秀 「アローラ・ベトベトン」の大きな魅力の一つは、 弱点タイプが「じめん」のみという点です。 「じめん」技に注意すれば一度の攻撃で大ダメージを受ける場面は少なく、耐久力もそこそこ高いため 多くのポケモンに対応できる耐久汎用型として立ち回ることができます。 「あく」タイプ・技が耐久型のポケモンに刺さる 「アローラ・ベトベトン」は ハイパーリーグでは数少ない 「あく」タイプ技の使い手です。 (他に「あく」技使いはハガネール・ギャラドスがいる) 「あく」タイプの攻撃をタイプ一致で撃つことができ、 ハイパーリーグで耐久が非常に高い 「ギラティナ」「クレセリア」「アーマードミュウツー」の弱点を突くことができます。 これらのポケモンに苦戦している場合は、育成する価値があります! 「どく」技がフェアリータイプに刺さる 攻撃面ではタイプ一致で放つことができる 「どく」タイプ技が、ハイパーリーグを無双している「フェアリー」タイプの 「トゲキッス/ピクシー」に効果抜群です。 このように、ハイパーリーグでは 環境トップのギラティナやトゲキッスに有効技を持ち、 耐久力と耐性の高さでレジスチルにも互角近いバトルができる数少ない優秀なポケモンです!• 威力・ゲージ増加バランス良く優秀• トゲキッス /ピクシーに効果抜群 ノーマルアタックをゲージ増加が速い 「バークアウト」とすることで、 強力な「あく/どく」技を高回転で放つことができます。 耐久力も活かした一番おすすめのノーマルアタックです。 特定の相手を意識した特化型とするのであれば、「かみつく」または「どくづき」も有効です。 ゲージ増加は遅くなりますが、ノーマルアタックだけで相手のHPを削っていくことができます。 汎用型であれば「あくのはどう/ヘドロウェーブ」 ゲージ増加が速い「バークアウト」と相性が良いスペシャルアタックは、 タイプ一致で高威力の 「あくのはどう」と「ヘドロウェーブ」です。 必要エネルギー(ゲージ)が少ない「あくのはどう」を主力技とし、どく技が有効な「フェアリー」や「くさ」タイプには「ヘドロウェーブ」が有効です。 特化型は「アシッドボム」もアリ 「かみつく/どくづき」としてノーマルアタックで攻めていく場合は、 スペシャルアタックに「アシッドボム」を覚えさせるのもアリです。 「アシッドボム」は 確定(確率100%)で相手の攻撃を2段階下げることができるため、中長期戦や「アシッドボム」を撃って別のポケモンにすぐ交代という戦略的バトルもできます。 ただし、ダウン効果を受けた相手ポケモンが交代すると、効果がリセットされる点に要注意です。 「じしん」が効果抜群• 高回転 「ハイドロカノン」も有効 ニョロボン・フェアリータイプポケモンが優秀 「アローラ・ベトベトン」の 「あく」にタイプ耐性がある 「ニョロボン」は対策ポケモンとして優秀です。 「ニョロボン」は「かくとう」タイプの攻撃でレジスチルなど「はがね」タイプにも強く出てるため、ハイパーリーグ育成おすすめポケモンです。 また、 「フェアリー」タイプポケモンも「あく」タイプの攻撃に耐性があり有利にバトルができます。 ラグラージで一気に決める ハイパーリーグで大人気の 「ラグラージ」も互角以上のバトルができます。 ただし「アローラ・ベトベトン」の攻撃にタイプ耐性があるわけではないため、 特化型だったりまともにスペシャルアタックを受けるとそれなりのダメージになります。 弱点を突くことができる「じしん」にこだわらず、 高回転で撃てる強力な「ハイドロカノン」でも攻めて長期戦にならないようにするのがおすすめです! GOバトルリーグ情報 以下にGOバトルリーグ開催スケジュール・報酬・各リーグ情報などのページをまとめています。

次の

【ポケモンGO】アローラベトベトンのハイパーリーグ最適技と対策ポケモン:幅広いポケモンに対応できる!|ポケらく

アローラ ベトベトン 技

同複合の、に比べて特殊耐久・物理火力とも優れるためサイクル適性が高い。 物理耐久もにこそわずかに劣るが高HPのおかげで平均以上。 鈍足を補うかげうちの習得もあって隙がない。 構築上一貫しやすい・半減でありながら、タイプの苦手な・・をすべて等倍に抑える優秀な耐性が魅力で、得意な相手にはとことん強い。 流行のやなどに強く、一致はたきおとすの習得によりの牽制になるのも嬉しい。 どくどく無効・耐性を両立できるタイプなので、各種積み技による居座りも一考の価値あり。 一方で物理最メジャー技のじしんが弱点であるため、弱点の少なさに反し物理相手には居座りにくい点がネック。 攻撃種族値も同複合では一番高いとは言え最高火力の毒技は一貫性が低く、悪技は持ち物補正がないと無振りすら確2にできない。 優秀な能力を持つアタッカーだが万能ではないため、役割を定めて運用することが重要である。 USUMではほのおのパンチ・かみなりパンチ・れいとうパンチ・グロウパンチ・リサイクルなどを習得し大幅強化された。 これまで容易に起点化を許してきたやに一矢報いられるようになったのはもちろんのこと、に次ぐ+リサイクルの使い手となり、念願の疑似再生回復を獲得した。 高耐久と優秀な耐性を持ちながら恒久的な回復手段に恵まれずアタッカー気質での運用が基本だったポケモンだが、この強化により耐久型としての活用も十分考えられるようになったと言えるだろう。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 どくしゅ 火力不足になりがちなアローラベトベトンの疑似的な火力補強になる。 悪技やかげうち、各種パンチなどメイン技のほとんどが接触技のため発動機会も充分。 ただし、ダストシュートは対象外なので留意しておくこと。 シングルできのみを持たせない場合、他の特性は発動機会が無いのでこれで確定。 くいしんぼう ピンチ系・フィラのみ系きのみとのコンボが考えられる。 USUMで習得したリサイクルとフィラのみ系統を組み合わせれば、疑似再生回復技として何度も使うことが出来る。 元の耐久数値や耐性も優秀なため、基本はこのコンボを狙った耐久型での採用がメインとなる。 一発目で50%未満のダメージを引き、2発目で高ダメージの乱数を引くときのみが発動すること無く落ちる可能性がある。 カプ・テテフがC無補正の場合はちょうど確3なので受けきれるが、型によっては受けが安定しないという点は少々気にかかる。 また、相手からのはたきおとすできのみを落とされると再利用できなくなる点にも注意が必要。 かがくのちから 隠れ特性。 ダブル用。 味方が倒れた時にそのポケモンの特性を引き継ぐ。 のレシーバーと同性能。 コンボ特性として様々な使い道が考えられる。 例として、味方からふゆうを得られれば実質弱点無しに。 も参照。 性能安定。 メガストーン・Zクリスタルには追加効果無効。 鈍足と相性がよく撃ち合い向きだが、耐性上交代戦になりがちなので優先度低め。 エスパー・ゴーストへの遂行技。 有利な相手に確実に負荷を与えられる。 高威力・命中難・非接触。 中威力・命中安定・接触。 低威力・命中安定・接触。 仮想敵によってはだいもんじでもよい。 教え技。 鈍足のため、基本的には交換読み用。 教え技。 威力重視。 非接触。 命中重視。 非接触。 怯みは狙いにくい。 非接触。 対の他、壁構築に強くなる。 攻撃しつつ積める。 怯みは狙いにくい。 音技なのでみがわり貫通の全体攻撃。 特殊受けやダブルサポートに。 性能安定。 ダブルでは周囲全体攻撃。 威力は劣るが追加効果発生率が高い。 ゲップ 毒 120 180 90 - タイプ一致技。 きのみ消費の条件付き。 くいしんぼうと相性がよい。 追加効果が優秀。 クリアスモッグ 毒 50 75 必中 能力変化解除 タイプ一致技。 とつげきチョッキでも使える積み技対策。 のばけのかわを剥がしつつ起点回避できる。 一方でやといった鋼には無力。 威力重視。 命中・PP重視。 まとわりつく 虫 20 100 拘束ダメ ダメージ源。 耐久型で。 接触技。 変化技 タイプ 命中 解説 リサイクル 無 -- くいしんぼうと合わせてフィラのみ系を再利用する。 疑似再生回復技。 はたきおとすに注意。 教え技。 どくどく 毒 必中 必中。 呼ぶHDなどには最も効果的。 かなしばり 無 100 起点作りに。 みがわりとあわせて。 みがわり 無 -- 補助技対策や、くいしんぼうの発動に。 ちいさくなる 無 -- 回避率強化。 各種積み技とあわせて。 のろい 霊 -- 攻撃・防御を補強。 素早さ低下はかげうちでカバー。 とける 毒 -- 防御を強化。 交代読みで。 たくわえる 無 -- 防御・特防を補強。 Zワザ化でHP全回復。 ロックカット 岩 -- 素早さ強化。 準速でも130族抜き。 ちょうはつ 悪 100 補助技対策。 交代読みで。 ねむる 超 -- 回復技。 カゴのみとあわせて。 おきみやげ 悪 100 相手を弱体化させつつ退場。 鈍足だが先制技のかげうちがあるため、ダメ押しやタスキ潰しなどの最低限の仕事ができるのが魅力。 原種と違い鋼には一致悪技が等倍で通るため、残り技1枠はピンポイントでの採用となる。 呼ぶメジャーポケモンとしてはゴツゴツメット持ちの物理受けやメガハッサム、ルカリオなどの鋼。 またHに多く振ったも、はねやすめとりゅうのまいで無理やり起点にしてくることがあるため注意。 積みアタッカーを多く呼ぶ傾向があるため、起点化を嫌うなら自主退場技も採用候補。 有用な技は多いものの技スペースには限りがあるため、ベトベトンの苦手な相手は控えで対応できるようパーティ全体でサポートしたい。 HP種族値が高いため、努力値はHに振るよりBDに振り分けたほうが固くなる。 Sは鈍足激戦区で・など、上を取るか否かで戦局が大きく変わる相手がいるため要調整。 特殊技採用時にはゆうかんも候補。 を下から叩くことも可能だがキングシールドがあるため安定はしない。 とつげきチョッキ PGLランキングでの所持率半数以上で最多。 H132D92でC特化のこだわりメガネムーンフォースを確定3発。 攻撃への努力値を減らさずに特殊耐久を補強でき、技構成上フルアタになることも多いため相性はよい。 混乱実 くいしんぼう用。 疑似耐久1. 5倍でとつげきチョッキと違い物理耐久も大幅に補強できる。 一方でどくしゅによるスリップダメージが狙えなくなり、のじしんなど、最初から受けられない技には意味がないことがネック。 くろいヘドロ 長期戦により強くなる。 とつげきチョッキと違い補助技も使えることがメリット。 ふうせん・シュカのみ ふうせんの場合こだわりアイテム持ちの地面タイプに大きなアドバンテージが持てることがメリット。 シュカのみは対面で持ち物が割れないため奇襲になりうるが、メジャーな地面技持ちを1撃で落とせるほどの火力はないため微妙。 各種火力増強アイテム 火力よりも場持ちを優先する傾向が強く、PGLでの採用率はあまり高くない。 持たせるなら努力値を耐久に多く振った場合に遂行火力を確保する目的での採用になるか。 一方で環境上位にいるのヘビーボンバーや、Zワザ等の必中技には注意。 B上昇補正H244B180、実数値にしてH211B129のラインを確保すればテッカグヤの2倍特化ヘビーボンバーを確定耐え。 【持ち物】 くろいヘドロ 6. 大幅な確定数ずらしはできないが永久的に発動することにより積んだ後は楽。 ターン数が増えるほど効力を発揮する。 カゴのみ ねむるでダメージ全回復+状態異常回復。 回復量が大きいため確定数ずらしで優秀。 くろいヘドロと比べて、等倍相性の相手に強引に3積みするなど起点にできる相手が広がる。 自動発動ではないので、確定数を読み間違えたり、急所でずらされたり、ひるまされたりすると回復する前に落とされる危険はある。 混乱実 特性くいしんぼう用。 リサイクルと組み合わせることで擬似的な再生回復技になるため、場もちの良さはピカイチ。 どくしゅではなくなるため、毒のスリップダメージは狙いづらくなる。 主な役割対象は特殊草・フェアリー・悪・ゴースト・エスパー・毒など。 極端な高火力でなければ等倍受けも十分可能。 や、珠・眼鏡サイコショックなどで処理できない相手に対処可能。 どくどく無効なため耐久ポケモンにも強く、やなどのメジャーどころにも強気に出ていける。 回復手段が自動発動のきのみであるため初手の行動に余裕がでやすく、ちょうはつを受けても一度は回復できる点も優秀。 相手からのはたきおとすに注意が必要だが、役割対象の特殊アタッカーにおいては採用率が低いのであまり気にする必要はない。 はたきおとすを持たせれば、こだわりメガネなどの火力補強アイテムに頼った特殊アタッカーも確実に受け切れる(Zクリスタルやメガストーンには注意)。 自身のみならず味方の受けられる範囲を大きく拡大してくれる。 無補正C252@こだわりメガネのムーンフォースが確3。 C特化@こだわりメガネのハイドロポンプが乱2(35. C特化のラスターカノン低乱数3、C252のきあいだまが超低乱数3。 C252のパワージェムが乱4。 弱点は遂行速度が遅く低火力なため、アタッカー型以上になどの高火力積みアタッカーを呼びやすいこと。 クリアスモッグがあれば鋼以外の積みアタッカーはリセット出来るが、どのみち物理アタッカーに対しては居座りは得策ではない。 参考までに、H振りだけでの特化ミミッキュZを確定耐えする程度の耐久はある。 また、きのみがHP低下しないと発動しない性質上、瞬間的な高火力で確定数がずれてしまうZワザや急所にも注意が必要。 例としてC252のフィールド補正10まんボルトはほぼ確3(31. 有利な相手に対する受け性能はかなりのものだが、上記のポケモンをケアできる味方は必ず用意しておきたい。 積み技対策としても有効。 他のムラっけポケモンや、同性能の特性を持つよりも優秀な耐性と耐久を持つため居座り性能が高い。 自ら攻撃することもできるがじこあんじで引き継ぐこともできるため、その場合は攻撃技を採用しなくても良い。 ムラっけポケモンはがおすすめ。 ねこだましやキノコのほうしといったサポート技や、このゆびとまれやおきみやげなどの自主退場技を使える。 対ベトベトン(アローラのすがた) 注意すべき点 高い特殊耐久と弱点1つの優秀な耐性を持ち、とつげきチョッキや回復きのみの採用率が高い。 はたきおとす込みで数多くの特殊アタッカーを受けきれるほか、どくしゅによるスリップダメージもあるので長期戦に強い。 ちいさくなる等の積み技の起点にされやすく、対処が遅れると複数回積まれてしまう。 一致技・サブ技ともに追加効果に優れたものが多く、先制技のかげうちや必中どくどくなど注意すべき技が多い。 クリアスモッグで積み技も牽制される。 対策方法 等倍火力はそこまで高くないためある程度の耐久があるポケモンなら受け出しは可能。 ・ならメイン技に耐性がありクリアスモッグも効かないので、技構成次第では後出しから積み起点にできる。 地面弱点かつ物理耐久は並程度なので、じしんが最も有効。 等で上から速攻。 はたきおとすに注意。 耐性5タイプ以外は等倍で通り、ちいさくなる型に対してものヘビーボンバーやZワザなら高威力かつ必中で大ダメージを与えられる。 とつげきチョッキ持ちのアタッカーの場合と対処法が異なるため、使用技やダメージ量などから早めに型を特定して対処したい。 覚える技 レベルアップ SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 ベトベター ベトベトン - 1 ベノムトラップ - 100 どく 変化 20 1 1 はたく 40 100 ノーマル 物理 35 1 1 どくガス - 90 どく 変化 40 - 1 かたくなる - - ノーマル 変化 30 - 1 かみつく 60 100 あく 物理 25 4 4 かたくなる - - ノーマル 変化 30 7 7 かみつく 60 100 あく 物理 25 12 12 かなしばり - 100 ノーマル 変化 20 15 15 アシッドボム 40 100 どく 特殊 20 18 18 どくどくのキバ 50 100 どく 物理 15 21 21 ちいさくなる - - ノーマル 変化 10 26 26 なげつける - 100 あく 物理 10 29 29 はたきおとす 65 100 あく 物理 20 32 32 かみくだく 80 100 あく 物理 15 37 37 いやなおと - 85 ノーマル 変化 40 40 40 ダストシュート 120 80 どく 物理 5 43 46 とける - - どく 変化 20 46 52 ゲップ 120 90 どく 特殊 10 48 57 おきみやげ - 100 あく 変化 10 技マシン No.

次の

【よくわかるポケモン解説】ベトベトン(アローラのすがた)編

アローラ ベトベトン 技

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 能力変化 技のダメージを与えた際に発生するダメージ以外の効果 名前 ゲージ数 威力 DPS 硬直時間 発生時間 80 26. 67 3 1. 4 156 50. 32 3. 1 1. 7 132 41. 25 3. 2 2 45 25. 00 1. 8 1. 7 24 8. 00 3 2. 00 0. 7 0. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 名前 威力 DPE エネルギー 能力変化 確率 80 1. 60 50 - 156 2. 08 75 - 132 2. 03 65 - 55 1. 38 40 - 24 0. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 ベトベトンの対策ポケモン.

次の