メガミ デバイス ランサー。 メガミデバイス アワシャの合わせ目消しとクリアランス確保

メガミデバイス アワシャの合わせ目消しとクリアランス確保

メガミ デバイス ランサー

概要 [ ] コトブキヤが手掛ける(FAガール)に続く、第二の美少女プラモデルシリーズ。 2016年に発表され、同年12月に第一弾を発売。 FAガールが大元のフレームアームズの擬人化が中心であるのに対し、こちらは完全オリジナルとなっている。 また、FAガールは特に明確な設定を持たないのに対し、こちらはバトルホビーの設定を持つ。 素体自体も稼働域に特化した新たなるものが採用されており、武装状態でも稼働を楽しめる構造となっている。 なお、パッケージボックスにも加工が施されており、やや高級感を意識している。 プロデューサーは、武装神姫のプロデューサーであった鳥山とりをが担当。 素体設計は同じく携わった浅井真紀が行う(後述)。 装備した武装はもちろんのこと、制作・改造したMEGAMI自体の完成度や塗装の色合いなどもバトルポイントとして集計され、それにより強さが決まる。 単純に、素組みの状態よりも、少しでも部分的な塗装、改造ならびにスクラッチ等の自作が施してあれば、ある程度は十分なポイントが付く。 チーム戦闘が可能で、主にジオラマが設置された筺体による実体バトルと、携帯端末のカメラからスキャンした仮想シミュレーションバトルに分類される。 プラモデルとしての特徴 [ ] 1つの製品で「外装と武器を装備した完全武装状態」と「非武装の素体状態」をパーツの差し替えで再現が可能となっている。 素体状態に武器のみを装備した「中間状態」にすることも可能。 また、種類によっては複数の武装の組み合わせで別の形態にすることが可能。 これは同様の仕様である。 機械少女にあたる素体には、レイキャシールのガレージキット及びプラモデルキット(コトブキヤ製)、武装神姫(コナミ)を手掛けたが新たに設計した「マシニーカ」をベースとしている。 マシニーカは、小型のプラモデルとしては優れた稼働構造を持ち、肩甲骨のような肩構造により腕を前に伸ばした状態で交差や、胸に手を当てることができたり、海老反りが可能など、アクションフィギュアに迫る。 首、肩、胸部にのみボールジョイントを採用しそれ以外はピンジョイントであるため、ポージングも取りやすい。 なお、部分的に3mmジョイント軸穴が備わっているため、他社製品やコトブキヤが展開している製品のパーツを取りつけることもできる。 また、FAガールや武装神姫の頭部を差し替えパーツを併用することで取り付けることが可能。 ただし、サイズとジョイントの関係上フェイスパーツの互換性はないに等しいため若干の改造が必要となる。 また、シリーズ内でも形状が異なるものがある。 ライセンスとしては二次創作を許容しており、公式が定めている規約に反しない限り個人制作による販売等も可能となっている。 ディーラー申請も可能で、それらによるメガミデバイス向けのカスタムパーツも別途発売されている。 鳥山とりをが所属しているランペイジからも各製品向けのカスタムパーツが発売されており、「朱羅」向けの製品では即日完売する出来事が起きた。 デザイナー: 2016年12月発売。 「woman's imperial space marines(帝国婦人宇宙海兵隊)」の略称を持った基本兵種のうちの2つ。 2種類の頭部に非武装パーツと武装パーツ、各兵種用の専用装備を持つ。 ただし、頭部および非武装・武装パーツを取り付ける基本素体部分は一体分であるため、一製品につき組めるのはアサルトかスカウトのどちらかのみ(肌色の違いにより別兵種にする場合は分解が必要となる。 武装状態のみなら、2つの頭部を違和感なく使用できる)。 共通武装はハンドガン(スナイプおよびグラップルも同様)。 武装とヘルメットを取りつけた姿はSF作品に出てくるような一般兵のような外観となる。 設定上はヘルメットにも各兵種向けの仕様が異なったものとなっている。 基本色は白をベースとしているが、限定発売のリアルタイプでは黒などの暗色となる。 アサルトは汎用性を重視した中近距離の兵種で、パッケージ状ではショートヘアの頭部素体が担当。 兵種専用武装はアサルトナイフおよびスコップ。 スカウトは偵察装備を持つ兵種で、パッケージでは三つ編みの頭部素体が担当。 ハンドガンに取り付けることができる偵察ユニットを装備しており、パーツを組み合わせることで無人機としても運用可能。 また、ユニットを素体に取り付けることで若干飛行が可能。 デザイナー: 2017年1月発売。 上記WISMシリーズの基本兵種のうちの2つ。 スナイプは狙撃などの射撃戦に特化した兵種で、パッケージではロングヘアの頭部素体が担当。 ハンドガン強化パーツの狙撃ユニットを装備しており、遠距離からの精密射撃を可能とする。 また、火炎放射器としても運用可能。 グラップルは格闘戦に特化した兵種で、パッケージではバッサリしたショートヘアで獣耳の頭部素体が担当。 大型腕部のワイルドハンドを使用した力任せの攻撃や爪を用いた斬撃を得意とする。 ワイルドハンドそのものはM. G モデリングサポートグッズとして発売されているハンドユニットMB40の成型色を変えたものである。 「SOL ホーネット」• デザイナー:、(メカデザイン) 2017年6月発売。 「Sonic Opertion Lady」の略称を持つ速度重視の機体の一つ。 背面に取り付けるアームによって、スラスターを自由な位置に移動することが可能。 当製品では基本素体の一部パーツを変更することで強度を上げている。 ヘルメットのカバーはクリアパーツを使用。 基本色は赤及び橙をベースとしている。 大型スラスター2つで構成された飛行装備を持つ機体で、空戦に特化している。 頭部は丸みのあるショートヘア。 ビームを出力可能な遠近装備を持つ。 ロードランナーの装備を取り付けることでより速度に特化したフルアーマーモードとなる(設定上では対戦中に該当機のチームメイトから受け取る形で取り付け可能)。 「SOL ロードランナー」• デザイナー:、(メカデザイン) 2017年7月発売。 SOLシリーズの一つである速度重視機体。 脚部にあるローラーを展開し走行形態を表現可能。 ホーネットともに、低視認性のカラーバリエーション「LOW VISIBILITY」が限定販売されている。 脚部に搭載されたローダーダッシュユニットによる地上走行に特化した機体。 頭部は癖っ毛のあるショートヘアで褐色肌となっている。 武装面はビームガンの底部に装着するビームブレードを使用した中近距離・近接攻撃を得意とする。 ホーネットの装備を取り付けることで、こちらもフルアーマーモードに強化できる。 「朱羅 忍者」(あすら にんじゃ)• デザイナー:Nidy-2D- 2017年12月発売。 朱羅シリーズの一つである、忍者型の近接戦闘重視の機体。 頭部は短めのツインテールで、ボディの基本色は赤と黒。 重量がある重火器を装備せずに機動力を高く設定し、デフォルトで装備されたクナイ、カタール、忍者刀などでの白兵戦を得意とする。 弓兵の装備を合体させることで、さらに機動力を強化した「侍モード」にパワーアップすることができる。 装備のカラーを黒と紫に変更した「忍者・影衣」がコトブキヤオンラインショップで限定販売された。 その他、コスチュームを水着状のデザインとし、武器の刃先をビーム刃に変更した「忍者・蒼衣」が2018年8月に一般販売。 「朱羅 弓兵」(あすら きゅうへい)• デザイナー:Nidy-2D- 2018年1月発売。 朱羅シリーズの一つである、弓兵型の遠距離戦重視の機体。 頭部は幅広のポニーテールで、ボディの基本色は忍者同様に赤と黒。 機動力の高い機体ではあるが忍者ほどの俊敏さはなく、大弓による射撃戦を得意とする。 この大弓は曲射が可能である他、翼としてボディに装着することで滑空能力を持たせることも出来る。 忍者の装備を合体させることで、太刀による強烈な斬撃を繰り出せる「侍モード」にすることも可能。 忍者同様に、装備のカラーを黒と紫に変更した「弓兵・影衣」がコトブキヤオンラインショップで限定販売された。 「忍者・影衣」と同カラーリングの「弓兵・蒼衣」が2018年9月に一般販売、素手素足になっている点は忍者同様。 弓兵のみのバリエーションとして全身が薄いピンク系の配色に変更された「桜鬼」がフィギュアJAPANの付録として2019年3月に発売される。 カラーリング変更のほかに、頭部ヘアバンド・胸部・髪留めのリボンパーツが新規で付属する。 デザイナー: 2018年6月発売。 魔法をテーマとしており、アニメに登場するような魔法少女モチーフとなっている。 天使のような羽やステッキを装備している反面、表情の一部や分銅状の武器など、凶悪性をも併せ持つ内容となっている。 変身前後をイメージした成型色の髪型が2色分付属。 クリア成型のエフェクトパーツが付属。 魔法陣エフェクトパーツは組み合わせることが可能で、支柱を使用してスタンドとして使用することもできる。 この弾と次弾は素手素足パーツが付属する。 今弾からスイング関節のない手首が2種(武器持ち手2種)追加されている。 成型色を変更した「DARKNESS」が2018年12月に一般販売、ハロウィンをイメージとした暗色系とオレンジを基調とした仕様となった。 デザイナー: 2018年7月発売。 魔法をテーマとしているが、形状・配色ともに魔女をモチーフとした仕様である。 武器も対照的で、中・遠距離用の重火器をメインとして装備している。 帽子は取り外し可能で、取り付け前後の髪型が2種、それぞれ2色分付属する。 クリアエフェクトパーツが付属、一部パーツはマジカルガールと共通となる。 手袋をつけている関係上、手首パーツは2色分付属。 成型色を変更した「DARKNESS」がマジカルガールと同時に一般販売、ノーマルと異なり配色はマジカルガールに合わせた仕様となった。 「吾妻楓」(あがつま かえで)• デザイナー: 2018年10月発売。 スマートフォンゲーム『』とのコラボレーションモデル第一弾。 ゲームで使用できる専用ギア一式のコードも付属。 劇中同様の武装とエフェクトパーツが付属、劇中では浮遊しているバックパックのパーツはクリアジョイントで接続される。 「吾妻楓 皆伝」(あがつま かえで かいでん) 2020年5月発売。 吾妻楓の性能変更版である「吾妻楓 皆伝」をモデル化したもの。 ゲーム中の必殺武器となる大型の日本刀『千本桜【四ノ切】』が新たに付属する。 「SOL ラプター」• デザイナー:、(メカデザイン) 2018年11月発売。 SOLシリーズの第3弾となるアイテム。 『アリス・ギア・アイギス』でもユニットとして登場しており、それに応じてゲームで使用できる専用ギア一式のコードも付属している。 ホーネットとロードランナーのパーツに新規の頭部と武装パーツを追加したモデルで、SOLシリーズ中最大のボリュームとなった。 ただし一部パーツが変更されている関係上、元のホーネットとロードランナーの武装として組むことはできない。 一部装甲パーツを組み合わせると型のサポートメカが完成する。 「猟兵型エーデルワイス」• デザイナー: 2019年1月発売。 『』再起動プロジェクト第1弾。 肌の成型色がアーンヴァル同様であるなど、コナミ版武装神姫を意識した商品仕様となっている。 ジョイント径が3ミリであるため、そのままではコナミ版との組み合わせはできないが、別売りの変換アダプタ を使用すれば取り付けることは可能。 今弾から塗装チャートが詳しく表示されるようになった。 本来、コナミで発売されていたアーンヴァルとストラーフのプラモデル化を目指していた が、様々な都合により後発の本弾が先に発売されることとなった。 エーデルワイス自体は初めからメガミラインでの発売を目指していたため、かつての神姫とは異なる仕様となっている。 「SOL ストライクラプター」• デザイナー:、(メカデザイン) 2019年4月発売。 SOLラプターの一部パーツと成型色を変更したバージョン。 ゲームで使用できる専用ギア一式のコードも付属。 もともとは『アリス・ギア・アイギス』に登場したユニットであり、商品化する予定がなかったが、好評だったこともあり急遽商品化が決定した。 「BULLET KNIGHTS ランチャー」• デザイナー:イセ川ヤスタカ 2019年5月発売。 長物系の武装の使用にこだわったBULLET KNIGHTSシリーズの遠距離砲撃重視機体。 身の丈の倍近い大型砲と大型シールドを備えており、装備を組み替えることでサポートマシンにすることもできる。 成型色を変更した「ヘルブレイズ」バージョンも一般販売されている。 「BULLET KNIGHTS ランサー」• デザイナー:イセ川ヤスタカ 2019年6月発売。 長物系の武装の使用にこだわったBULLET KNIGHTSシリーズの中距離格闘重視機体。 髪型と表情を変更し、大型砲を大型の槍に変えた以外はランチャーと同一の仕様。 ランチャーと同じく「ヘルブレイズ」バージョンも一般販売されている。 「兼志谷 シタラ Ver. カルバチョート」 かねしやシタラ バージョン・カルバチョート• デザイナー: 2019年10月発売。 スマートフォンゲーム『』とのコラボレーションモデル第二弾。 ゲームで使用できる専用ギア一式のコードも付属。 ゲーム内で兼志谷シタラが扱う対ヴァイス兵装『ガネーシャ』が巨大で立体化困難であったため、製品用に新しい装備「カルバチョート」が書き下ろしされた。 また本製品の発売と同時に内でも次世代試作機としてカルバチョートが実装された。 「兼志谷 シタラ Ver. カルバチョート 天機」 かねしやシタラ バージョン・カルバチョート てんき 2020年9月発売。 カルバチョートの成型色および、シタラの服装を「エーススーツ」と呼ばれる戦闘服に変更したバージョン。 追加装備として、遠隔攻撃端末「ディーバパリ」が新たに付属する。 ゲーム内で同装備を使用できるプレゼントコードが付属予定。 「アワシャ」 メガミデバイス兼志谷シタラ用の改造キット。 発売済みのシタラに組み込むことでゲーム内の私服姿を再現できる。 合同会社との共同開発でパーツごとプラキットとレジンキットに分かれている。 メディア展開 [ ] 公式サイト内で作品世界観に沿った漫画を掲載。 作者は「からしいち」。 コロプラおよびピラミッドが開発している『』とのコラボが決定している。 こちらはで制作された別のキャラとの互換コラボも発表されている。 大元の原型である「武装神姫」についても、コトブキヤ参入後のリブート企画としてコラボを実施している。 脚注 [ ]• (英語)• FAガールは少女としてのプロポーションを重視しているため、メガミと比べると若干可動範囲が狭い。 逆にメガミは可動重視の関係上、肩幅が広いなど人体のバランスを若干外している。 コトブキヤから発売されているM. S,GメカサプライジョイントセットA・Bに付属する3. 3ミリジョイントを使用することで神姫のパーツを接続可能。 メガミデバイスとは別のシリーズでの発売を目指しており、ジョイント軸径もコナミ版神姫を踏襲する仕様となっている。 武装神姫でも漫画作品を持ったことがある。 外部リンク [ ]•

次の

メガミデバイス 「SOLロードランナー」 レビュー

メガミ デバイス ランサー

今回はメガミデバイスより、 「 BULLET KNIGHTS ランサー」をご紹介。 以前にご紹介致しました、 「 BULLET KNIGHTS ランチャー」の姉妹機となり、ランチャー同様に メガミデバイス史上最大級の武器が自慢のメガミとなっています。 それでは早速レビューへと参りましょう。 パッケージ 付属品一覧 パーツは殆どがランチャーと同じものが付属。 組み立て時間も2~3時間を目安にした方が良いでしょう。 フェイスパーツはタンポ印刷済み。 彩色も精緻に処理されています。 水転写デカールは、ランチャーと同じくメタリック調。 ランチャーではゴールドのマーキングが用いられていましたが、ランサーではシルバーのマーキングが採用され、品のある落ち着いた色調へ変化。 リード線は二本付属。 BULLET KNIGHTS ランサー ランチャーと同じく、新カテゴリー「 BULLET KNIGHTS(バレットナイツ)」として登場し、キャラクターデザイナーは引き続き イセ川ヤスタカ先生が担当。 本体の構成は 頭部、胸部以外は共通パーツで構成され、完全なカラーバリエーションと言える仕様。 装備も一見すると、メインウェポンであるロングランスも殆どロングランチャーのマイナーチェンジで、シールドに至っては成型色を変更したのみ。 造形に関しては、安心のブキヤクオリティながら、ランチャーとはそれ程大きな差別化が図られていないので、新鮮味に欠ける点が唯一の不満点ながら、この辺りは個人で感じ方が異なります。 フェイスパーツの造形は相変わらず優秀なるも、表情のチョイスにやや癖があるのが特徴。 頭部は意外にも複雑な構成で、襟足部分は2層構造にするなど、造形面においても手の込んだ部分。 反面、パーツを細分化した影響で、ゲート痕があちこち目立ちます。 ポニーテールは球体ジョイントで可動。 ハート目 瞳にハートが写っているのが特徴で、口は歯まで丁寧に塗装処理されています。 どの表情も良い出来ですが、使いどころが限定される変わり種が多く、今までのシリーズと比べると扱いが若干異なります。 肩部 肩の構造は従来と同様。 可動範囲も同一で、広い可動域を発揮。 腕部 腕もシリーズ共通フォーマット。 肩部と併せて、可動範囲等に関しては ランチャーのレビューでご参照ください。 胴体 胴体も殆ど共通パーツで構成。 但し、胸部パーツは新規造形され、バストサイズに至っては 「朱羅 忍者」と同等と、デフォルトではメガミ中トップクラス。 下半身 脚部はニーソックス部分の成型色が変更。 それ以外は特に変化無し。 姉妹比較 一見すると同じように見えますが、頭部や胸部を除き、 カラーリングが逆転しているのが最大の変化。 ところで、どっちが姉なんですかねぇ・・・ お前のことが好きだったんだよ! (百合は)まずいですよ! オプション 基本的にはランサーと酷似したパーツ群で、製品ボリュームはシリーズ中トップクラス。 ハンドパーツはPVC製。 ロングランス 全長は 356mmと、ランチャーより僅かに延長。 ほぼ 36cmにも達する威容を誇り、圧倒的な存在感を発揮。 36……普通だな(間隔マヒ) 全長は上回るとは言え、質量的にはロングランチャーとほぼ同等を誇る巨大武器。 今後も、これを凌ぐ武器を持つメガミが登場するかは、まさに神のみぞ知るところ。 このロングランスも、ショートバレルモードに移行可能。 展示スペースの圧縮を考慮するなら、分解しておくのも一つの手。 ラージシールド シールドは成型色の変更以外は同じもの。 フォーク&スプーン ランチャーではナイフであった食器は、フォークとスプーンに。 ディスプレイスタンド ディスプレイも、クリアースモーク成型のものが同様に付属。 武装状態 ランチャーと同じく、騎士をイメージした風貌。 こちらはホワイトをメインとし、より騎士らしい精悍な雰囲気に変化。 頭部のヘッドギアは、ランチャーと異なりやや丸みを帯びた形状。 耳にあたる部分は、回転可動。 胴体は肌の露出が減少した以外は、カラーリングが変更された仕様。 後頭部のコードはリード線内蔵。 脚部の構成も変更無しで、 パーツの外れやすさも同様。 付属のスカートアーマーはランチャーと形状が異なり、やや角ばったデザイン。 それに合わせ、ディテールも変更。 フィンは独立可動し、閉じることが出来るのが唯一の違い。 腰部に装備可能で、禍々しいシルエットとランチャーと異なり、品のあるドレスのようなイメージ。 完全武装状態 ランスとシールドを装備した状態。 他を圧倒する威容は、 BULLET KNIGHTS最大の強み。 トップヘビーなのも相変わらずで、武器を支えにすれば自立可能。 シールドは左側に装備。 背面は補助アームで武装を支え、保持力が高いので様々なポージングに対応。 ライドモード ロングランスと シールドを組み合わせてライドモードへ。 ただ、依然として乗せ辛いので、余程こだわりがない人以外は使用頻度が少ない形態。 乗るようにではなく、マシンに牽引されるかのようなディスプレイが意外に様になります。 アクション ということで、 「メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサー」でした。 ランチャーをお持ちのユーザーだと、他のメガミ以上に既視感の強い印象で、朱羅やSOLとは違い、揃えて強化形態に出来るわけではないので、両者揃えても高いプレイバリューは期待出来ません。 しかしながら、キットそのものはハイレベルな造形と、ボリューム満点の武装が強みで、しっかりとランチャーと差別化出来ているので、並べてディスプレイしても特に損はありません。 逆に巨大な武器が、スペースを独占してしまう恐れがあるため、しっかりと展示スペースを確保していくことを推奨。 それではみなさん。 楽しいホビーライフを。

次の

メガミデバイス

メガミ デバイス ランサー

メガミデバイス 「SOLロードランナー」 レビュー メガミデバイスから「SOLロードランナー」のレビューです。 コトブキヤの展開するオリジナルのプラモシリーズ「メガミデバイス」の第4弾。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ横。 付属品一覧。 ホーネット同様、愛嬌のある顔ですね。 肌はホーネットよりも少し色黒。 各所アップ。 頭と肌の成形色を除き、ホーネットと同じキット。 ホーネットと。 並べてみると肌の色は結構違いますね。 可動範囲はを参考にして下さい。 スタンドもホーネットと同じ。 交換用の顔は正面の口開け顔と、右向きの笑い顔の2種類。 悪そうな悪い顔がいい感じですね。 以下、武装モードの紹介。 素体モードから共通するのはこちら(胸を外し忘れてます) ホーネットと違い、脚を丸ごと使用しません。 武装モード。 脚のデザインがFAバーゼラルドを思い出す感じで、柳瀬さんデザインだなぁと。 地上型ですが足のデザイン的にどう考えても自立ができないので、ローラーを下すのは必須かと。 各所アップ。 バイザーにクリアーパーツ。 胸の中央の黄色が塗装済み。 ホーネットと。 ボリュームが上と下。 膝アーマーが動くので、腿上げの干渉は避けられます。 膝は素体ほどでないしろ曲げられます。 足首は後や横は動きますが、前には全く動きません。 こちらのスタンドの仕様もホーネットと同様。 頬のパーツを交換し、ホーネット同じマスクパーツを取り付け可能。 胸の方に差し替えも可能。 ビームハンドガン+ビームブレード。 ビームブレードの刃はクリアーパーツ。 ビームブレードにグリップはないので、基本的に合体状態で持たせる形に。 ホーネットと同じホルスターパーツがありますが、こちらの場合はサイドアーマーがあるので選択。 シールド。 サイドアーマーをジョイントパーツに合体して構成。 以下、適当にポージング。 足首が前に動かないのが地味に動かしにくかったり。 ホーネットとロードランナーの武装モードを組み合わせることで、フルアーマーモードに。 上と下に分かれていたボリュームが1つになり、かなりカッコ良くなりますね。 空と陸の戦士。 2人の顔って確実に合わせるように作ってありますよね。 以上、メガミデバイスのSOLロードランナーのレビューでした。 メガミデバイス第4弾は、ホーネットの相方のようなロードランナー。 基本的な仕様はホーネットと同様で、フェイスパーツのクオリティは今回も高め。 SOLシリーズの最大の特徴は、やはり両者の武装を合わせて遊べる点ですかね。 ホーネット、ロードランナー共に満足の出来でした。

次の