取引先 転職 メール 返信。 【社内・社外・上司】感謝の気持ちが伝わる「退職メール」への返信例文

上司や取引先からの退職の挨拶メールへの返信方法【社内・社外例文付き】

取引先 転職 メール 返信

社外の取引先の退職挨拶メールに返信するとき、書き方の注意点 なるべく早く返信する まず、社外の人から退職挨拶のメールが届いたら、なるべく早く返信(当日中)します。 一般的にいって、この手のメールは出社最終日に送るのが普通だからです。 翌日以降に返信をしても、送り手は社内にはもういない可能性が考えられます。 お世話になっていたり、退職後も関係が続きそうならば、相手にお礼の気持ちなどを記載して、返信をします。 今までのお礼を含め、退職者の今後の活躍をお祈りする文面もあるのが望ましいです。 退職理由や転職先など、デリケートな質問は避ける 退職理由、転職理由や転職先を質問するのは避けましょう。 退職する理由は人それぞれですが、こうした質問はデリケートなものです。 せっかくお世話になった気持ちなどを伝えても、相手を不快にさせてしまう危険性があるからです。 関係性が浅い人や面識がほとんどない人には、返信しなくても良い 無理をして返信する必要はありません。 社内の人間ならいざ知らず、個人的に付き合いがあったり、お世話になっていたりした場合に、返信をします。 というのも、退職挨拶メールを送った側は、大勢に向けて送信しているはずです。 そこまで関係のなかった人ならば、あえて返信しないのもビジネスマナーです。 社内の退職挨拶メールに返信するときの注意点 なるべく早く気持ちの伝わるメールを返信する 社外の人と違い、社内の社員が退職する場合にも、注意点はあります。 社外の人に返信する場合と同様に、なるべく早く返信するのが鉄則です。 これに加えて、社内の人間だと、仕事上の付き合いだけではないケースも多いはずです。 その後の関係性をよく考慮して、文面を作成します。 転職をしたり、定年で退職したりする場合も同じです。 機械的になってしまわないように、気持ちの伝わるメールを返信します。 但し、砕けすぎてはいけません。 気持ちの伝わるメールを丁寧に作成して、送信しましょう。 プライベートな内容には触れない 退職者とどの程度親しいのかにもよりますが、プライベートな話を書くのもNGです。 定年後、結婚や出産など、様々な退職事由があります。 こうした事柄に関しては、触れずにおくのがベターです。 あくまでも、これまでのお礼や今後の活躍を祈念する内容に留めるのが適切です。 退職挨拶の返信メールの件名はどうすれば良い? 返信メールもビジネスメールの一種ですから、件名をひねる必要はありません。 「退職のご連絡ありがとうございます」や「退職連絡の件」などと、オーソドックスで奇を衒わない件名で大丈夫です。 親しくしていた同僚に対してであっても、親しき仲にも礼儀ありです。 また、「(氏名)です」や「お疲れ様です」などと書くのもNGです。 一目で、退職の返信メールだと分かる件名にするのがマナーです。 [] 退職挨拶の返信メールの例文、文例 取引先の人の退職メールに返信する場合 お世話になっております。 この度はご多忙のなか、退職の挨拶を賜り、誠に有難うございました。 このご恩は決して忘れません。 長期にわたり、弊社を支えてくださったことは、本当に感謝しております。 繰り返しになりますが、今まで本当にどうも有難うございました。 お体に気をつけて、お過ごしください。 社内の人の退職メールに返信する場合 この度は、ご多忙のなか退職のご挨拶を頂戴し、有難う御座いました。 時に優しく、時に厳しくご指導頂き、感謝しております。 私が落ち込んでいるときに、仕事の相談に乗って頂いたことも感謝しております。 私達のことをどうか忘れずにいてやってください。 残念な気持ちで一杯なのですが、無事に元気なお子さんをご出産されることを祈念しております。 最後にこれから寒い日が続くようですので、健康には十分留意して、元気にお過ごしください。 今まで本当にお世話になりました。 有難うございました。 メールでの退職挨拶についてはも参考にしてみてください。

次の

円満な関係を続けられる!退職の挨拶メールへの返信の仕方|転職Hacks

取引先 転職 メール 返信

退職挨拶メールの目的とは? 退職挨拶のメールを送るのは、お世話になった先輩・同僚・後輩への感謝の気持ちを表現する目的に加えて、去り際の印象をクリーンなイメージにするという目的があります。 退職後、転職先がどこであれ、縁あって一緒に仕事をすることもあるでしょう。 そのときに取引先としてやり取りする可能性も考えると、最後の印象は大切です。 特に、メールは文面として残ります。 メールの受け手が後から見直してもおかしくないか、推敲を重ねるようにしましょう。 これだけは知っておこう。 メールを送るタイミングと基本マナー 社内へのメールは、最終出勤日に。 退職が決まったら、一体いつ挨拶メールを送ればよいか迷ってしまう方も多いかもしれません。 社内と社外でも違うため、しっかり使い分けるようにしましょう。 まず社内の場合は、これまでの感謝を伝える「最後の挨拶」に近いものです。 そのため、退職が掲示板などで広報されてすぐ送るのではなく「最終出勤日」に送るようにしましょう。 もちろん、社内での慣習がある場合は、そちらを優先するべきです。 ただ、ない場合は「最終日」を選びます。 そして、なるべく業務に支障がない時間に送るのもポイント。 9時~16時は、業務上で大切なやり取りが行なわれる場合も多いため、定時から1時間前~退社までの時間がベストでしょう。 有給などを消化する方は、あらかじめ最終日に送っておくと良いです。 社外へのメールは、退職日の2~3週間前に。 社外に挨拶メールを送る場合は、なるべく早めが良いです。 目安としては、最終出社日から2~3週間前がベストです。 というのも、後任者が引き継ぎをしやすいというのが1点。 そしてもう1点は、取引先に「仕事を計画的に進められる人だ」という好印象を与えられるからです。 たとえ今の会社を辞めたとしても、人脈は一生続くもの。 今後に悪影響を与えないようにするのが肝心です。 飛ぶ鳥後を濁さずとは言いますが、一緒に仕事を進める人に安心してもらうことが大切といえます。 一斉送信は、決して失礼ではありません。 メールを送る相手は、これまでお世話になった方々です。 同じ部署、社外の取引先、懇意にしてもらった上司など、挙げていくとかなり大人数になってしまうかもしれません。 挨拶メールを一斉に送ってしまっても良いのか、戸惑う方も多いでしょう。 ですが、一般的に一斉送信は失礼ではありません。 しっかりメールの文面で感謝の言葉を書くようにすれば、受け取る側にもしっかりと伝わるものです。 一斉送信の場合は、宛先に注意しましょう。 必ず送りたい相手は「bcc」に入れ、自分のアドレスを「To」に入れるのがポイントです。 他人同士でアドレスを知られないように配慮する意図があります。 また、お世話になった方には、個別でメールを送るようにしたいです。 そのほうが、退職した後も良い関係を続けることができるでしょう。 もちろん、一番良いのは、メールではなく直接お礼を告げること。 退職までに会う機会がある方に対しては、しっかり直に感謝を伝えるようにしましょう。 いざメールを送るにあたって。 そのまま使える文例をご紹介! 社内への一斉送信は「シンプル」が肝心! それでは、いちばん迷うことになる「内容」に関してです。 ただ、要点さえ抑えれば、決して身構えるものではありません。 以下にポイントを踏まえてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 まずは社内への挨拶メールについてです。 メールの中には、迷惑メールや自分には関係ないものとして、読み飛ばされる場合があります。 そのため、件名は趣旨がひと目で分かるものにしましょう。 一度書き始めると、どうしても退職理由まで細かく書きたくなるかもしれません。 ですが、あまり込み入った話をしないのが、ビジネスマナーです。 「一身上の都合」と書くにとどめるようにしましょう。 今後も社内での関係性を維持し、連絡をとっていきたい方もいると思います。 社内の場合は、挨拶メールに「試用の連絡先」を書いてもOKです。 「今後連絡をいただける場合は、下記までお願いします」と添えるようにしましょう。 そして、名前と所属先のみを書いたシンプルな署名をつけるのがポイントです。 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 社外への挨拶は「安心してもらう」目的で! 取引先にメールを送る際の内容も、基本的に社内とは変わりません。 ですが、明確に変わるところが3点あるので、お伝えします。 取引先がメールを受け取った際、返信や電話をくださる場合もあるかもしれません。 その際「連絡をしてみたら、辞めた後だった」というのは失礼にあたるものです。 だからこそ、いつ退社するのか、しっかり明記するようにしましょう。 仕事を引き継ぐ必要がありますので、その場合は後任者の名前を絶対に書くようにしましょう。 もちろん、退職前に一度直接ご挨拶するのがいちばんですが、難しい場合はメールに一文添えると良いです。 退職後の連絡先を書いて、その後のビジネスに発展してしまった場合、今いる会社に「顧客情報を利用している」と誤解を与えてしまうことがあります。 どうしても書きたい場合は、上司などに相談するようにしましょう。

次の

【社内・社外・上司】感謝の気持ちが伝わる「退職メール」への返信例文

取引先 転職 メール 返信

定年退職する方からのメールには、どんな内容で返信すればいいだろう? それほど多くない事例なので、このような状況で悩んでいるかもしれません。 返信ですぐに思いつくのが、• 今までありがとうございました• 長い間お疲れ様でした といった内容ですが、これだけだとあまりに寂しすぎますよね・・。 あなたからすると、定年退職はまだまだ先のことです。 定年退職をする方は、同じ会社の人だけではありませんね。 そこで、下記の2つのパターンを用意しました! それが・・・• 社内の方に対する返信• 社外の方に対する返信 長年の勤続に対する労いの言葉は、しっかりと盛り込むようにしましょう。 敬意と感謝の気持ちをもって返信してくださいね! 下手なメールであなたのイメージを損ねないよう、どんな返信をしたらよいか例文を見ていきましょう。 まずは、社内の方から定年退職のメールが来た場合について、お伝えしていきます! 件名:Re:退職のご挨拶 〇〇 部長 お疲れ様です。 山田です。 お忙しいところ、退職のご連絡をいただきありがとうございます。 〇〇部長が今年定年退職を迎えられることは存じておりましたが、いざこの日を迎えると寂しさがこみ上げてきます。 時には厳しく、時には温かくご指導くださりありがとうございました。 新しい環境での〇〇部長のご健勝とご活躍をお祈りいたします。 お体には十分お気を付けくださいませ。 今まで本当にありがとうございました。 山田 一郎 一斉送信で来たメールに対しては、どう返信すればよいでしょうか? 続いて例文を見ていきましょう! 一斉送信で届いたメールへの返信 件名:Re:退職のご挨拶 総務部 〇〇 課長 お疲れ様です。 山田です。 お忙しいところ、退職のご連絡をいただき恐縮です。 新卒時から勤められたとのことで、長きに渡り本当にお疲れ様でした。 新しい環境での〇〇課長のご健勝とご活躍をお祈りいたします。 今後お体には十分お気を付けくださいませ。 営業部 山田 一郎 定年退職なので、「今までお疲れ様でした」という 労いの言葉を入れましょう。 また、何らかしらお世話になったことがあるはず。 株式会社ビジマナねっとの山田です。 ご丁寧に退職のご挨拶をいただき、誠にありがとうございます。 私の発注ミスでご迷惑をお掛けした際に、親身になったアドバイスで助けていただいたことは、生涯忘れません。 未熟な私に対して、丁寧にご指導賜りましたことに感謝申し上げます。 〇〇様が退職されるという事で寂しい限りですが、新しい環境でのご活躍をお祈りしております。 お体には十分気を付けてお過ごしください。 今まで本当にありがとうございました。 jp お客様や取引先の場合にも、 特に思い出に残った内容を入れることが大切。 そうすると、 オリジナルの文章となり、気持ちが入った内容になります。 ぜひ意識してくださいね! これまで社内と社内それぞれの返信の例文をご紹介してきました。 大事な3つのポイントをご紹介していきますので。 次の見出しで詳しくお伝えしていきますね! スポンサーリンク 定年退職メールへの返信で意識すべき3つのポイント 定年退職メールへの返信では、どんなことに意識すればよいのでしょうか? 特に大事なのが次の3つ。 それが・・・• 今までお世話になったお礼を述べる• 相手との思い出のエピソードを述べる• 退職後の気遣いを述べる それぞれについて詳しく見ていきましょう! 今までお世話になったお礼を述べる 定年退職を迎える前には、色々と お世話になったはず。 社会人経験が豊富なので、年が近い先輩や上司とは、違う視点で指導してくれたことでしょう。 「今までありがとうございました」という感謝の気持ちを、しっかりと伝えましょう! 相手との思い出のエピソードを述べる 例文での解説の繰り返しとなりますが、 共通のエピソードを交えると、相手は思い出が蘇るでしょう。 ノウハウを教えてもらったこと• トラブルやミスをサポートしてもらったこと• あなたが勉強になったこと• 今でも信念として持てていること• 食事を御馳走になったこと など色々とあると思います。 思い出深いエピソードを盛り込み、相手を泣かせちゃいましょう(笑) 退職後の気遣いを述べる 今までと生活が異なるため、 何かしらの不安を持っていることは間違いないでしょう。 新しい生活を踏み出すのに不安を感じるのは、いくつになっても同じ。 退職後の生活や再就職について、根ほり葉ほり聞く必要はありませんが、 気遣いをすることが非常に大事。 これからゆっくりとプライベートを充実させるかもしれませんし、引き続き働くかもしれません。 今後の活躍への期待や、 健康面を気遣う言葉を最後に添えると良いですね! ここまでメールの返信の内容について解説してきました。 ですが、重要なのは何も内容だけではありません。 そう、それがメールを 返信するタイミング! どうして返信をするタイミングが重要なのでしょうか? その理由を次の見出しで詳しく見ていきましょう! スポンサーリンク 返信のタイミングはすぐが大事! 退職者が挨拶のメールを送るのは、 退職する直前がほとんどでしょう。 多くの方は有休消化の後に退職日を迎えるので、最終出勤日にメールが届く場合が多いです。 そのため、 すぐに返信することが非常に大切。 もしも、返信が遅ければ、 メールが読まれずに退職してしまう可能性があるのです。 そうすれば、二度と見られないメールとなり、返信が無駄になってしまいます。 もしも、メール内に退職後の個人的な連絡先が書かれている場合は、そちらへ返信するとよいでしょう。 ただし、その場合でも早めに返信をしてくださいね。 一般的なメールの返信マナーが 24時間以内ですので、それを目安に送ることをオススメします。 返信する内容は当然大事ですが、タイミングも非常に大事。 そのため、受け取った側がいい加減な対応をするのは、マナー違反です。 人間関係の基本は 礼儀。 他人の「退職」という大きなライフイベントに丁寧に対応できるかどうかは、あなた次第です。 そのため、しっかりと上記の 3つのポイントを踏まえたメールを送るようにしてくださいね! あなたは今まで様々なことで、お世話になったことでしょう。 再度強調しますが、 相手との共通のエピソードを入れたオリジナルの文章で、 相手の目に留まるような内容にする意識が大事。 ありきたりな文章だと、サッと読まれて終わりなので(汗) 感謝の気持ちを述べて、なおかつ相手の目に留まるような丁寧な内容で作成していきましょう!.

次の