フェア トレード と は。 フェアトレードとは何か?商品例やメリット、批判・問題点

フェアトレードタウン世田谷

フェア トレード と は

国際的な対策、を目的としアジア、アフリカ、中南米などの発展途上国からへのにおいて、こうした取引形態が採用される場合がある。 主な品目として、、のような食品、手工芸品、衣服がある。 需要や市場価格の変動によって生産者が不当に安い価格で買い叩かれ、あるいは恒常的な低賃金労働者が発生することを防ぎまたや貧困による乱開発という形でのを目的としている。 最終的には生産者・労働者の権利や知識、技術の向上による自立を目指す。 考え方 [ ] における先進国と途上国の公平さを図り立場の弱い途上国の生産者・労働者により良い取引状況を提供し、彼らの権利を強化することでが実現できるように貢献する。 また、従来の国際貿易の規則と実態を変化させるために働きかける。 歴史 [ ] のの官僚だったは、帰国後のペンネームでのコーヒーでの無慈悲な搾取の実態を基にした小説『 ()』を書き、社会にセンセーションを与えた。 搾取に対する償いをするべきという民意の高まりから、19世紀末にオランダ政府は「倫理政策」を策定し、植民地の人々のための公共事業や社会インフラ整備などの投資を行うようになった。 しかし、によって植民地経営・経済が麻痺状態となり、植民地への関心は薄れてしまった。 第二次世界大戦後、の会議での創設が決まった。 デッケルの思想的後継者たちはGATTを「穏やかな銀行家の仮面をつけた、旧態依然とした残忍な植民地制度」として糾弾し「フェアトレード(公正貿易)活動家」と呼ばれた。 現在のフェアトレード運動の原型は、エドナ・ルース・バイラーというアメリカ人女性が始めた地域の手工芸品を持ち帰ってアメリカで売り、利益を還元した非営利事業が基になっている。 この事業はと呼ばれる国際小売チェーンに発展した。 第二次世界大戦後の東欧の経済復興のため手工業品の輸入を行ったのがフェアトレードの考えの始まりと言われる。 に経済的、社会的に立場の弱い生産者に対して通常の国際市場価格よりも高めに設定した価格で継続的に農産物や手工芸品などを取引し、発展途上国の自立を促すという運動としてヨーロッパから始まった。 のトレードクラフトやドイツのゲパのような団体が生まれた。 その後、フェアトレードの考えに共感した流通ビジネスを巻き込みより一般市場向けの製品の販売を始めた。 また、フェアトレード認証マークも生まれた。 フェアトレード・ラベルの第一号はのコーヒー生産者団体とオランダのマーケティング・コンサルタント会社が設立したのトレードマークだった。 現在、イギリスやカナダを中心とした欧米ではフェアトレード認証製品の販売や利用を促進している街を認定する「」制度が広がっているほか、に代表されるような一般の企業も参入している。 日本のフェアトレードは、に株式会社プレス・オルターナティブの「第3世界ショップ」に始まる。 にオルター・トレード・ジャパン(ATJ)が設立され、主として内でフェアトレードを広げた。 にはいくつもの団体が生まれ、日本各地でフェアトレードショップができた。 に入りにスターバックスコーヒーの販売を始めたことを筆頭に、にがコーヒーの販売を始めるなど特にコーヒー製品で大手企業が参入している。 問題点 [ ]• 他の類似商品と比べて価格が高い。 大量生産が難しく、支援団体も資金力が乏しいところが多いためコストがかかる。 価値観や品質についても生産者と消費者の間で齟齬がある。 工場生産品と違い基本的に手作りであるため、品質が安定しない。 特に日本向けの商品は市場で受け入れられるだけのレベルに達していないこともある(日本人消費者の特徴として、商品の品質そのものには関係ない、あるいは問題ないレベルの傷や外装の凹みでも不良品と見なし即クレームを入れるため)。 デザインについても、消費者の好みに合ったものが作られないこともある。 フェアトレードを導入した企業の全て商品がフェアトレード商品なわけではない。 例えば、2007年時点でのスターバックス・コーヒーが購入したコーヒーのうち、フェアトレード認証を受けたコーヒーは全体の3パーセントだった。 この現象は、フェアトレード認証を受けるべき対象が零細農家であるため、企業の膨大な需要を満たすことはできないことが一因となっている。 近年、フェアトレード認証の対象規模が緩和される傾向があるが、運動の理念にとって正しいかどうか悩ましい問題である。 関連文献 [ ]• Komai, Yuka 『』 2017年11月•

次の

フェアトレードとは

フェア トレード と は

フェアトレードの目的 フェアトレードとは、英語で「Fair trade」と書きます。 意味は公正な取引ということになります。 公正な取引と、そうでない取引とは一体何を意味しているのでしょう。 フェアトレードは、「消費」をすることで世界を変えて行く方法です。 発展途上国等において、生産された商品、製品、農産物が労働の対価と等しくない状態で取引がされているのを防ぐための方法のひとつが、このフェアとレートです。 つまり生産者を守って、持続的に彼らが製品や農産物を作り、生活をきちんとしていけるようにサポートしていく方法です。 この方法の一つとして、消費をする側が公正な取引をおこなって製品、農産物を購入ができるのがフェアトレードです。 フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い発展途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易の仕組み」をさします。 それではどのように労働者をサポートして公正な取引を行うのかというと、フェトレードのブランドロゴマークがはいった商品を購入するという方法があります。 フェトレードのブランドロゴマークがはいった商品にはその原料が生産されてから、輸出入、加工、製造工程を経て「フェアトレード認証製品」として完成品となるまでの全工程で、国際フェアトレードラベル機構(Fairtrade International)が定めた国際フェアトレード基準が守られていることを証明するラベルが貼られています。 日本ではまだまだ見慣れていないマークですが、ヨーロッパでは1960年代ごろより続いている運動で、多くの市場商品にフェアトレードのマークを見かけます。 日本を含め現在フェアトレード認証を使っている国は世界で、74ヶ国あるとされています。 そしてそれらの国で1224製品ものフェアトレードのマークがついた商品が販売されています。 フェアトレード商品例 それでは、どんな商品にフェアトレード製品があるのか、日本でよく目にするフェアトレード商品をみていきましょう。 コーヒー 日本でもよくみかけるフェアトレード商品の代表といえるのが、コーヒーです。 国際フェアトレード認証ラベルは、フェトレードジャパンというNPO の団体によって行われています。 フェアトレードコーヒーは、レストラン、カフェなどでも利用されているほか、インターネットなどでも購入ができます。 大手スーパーのイオンでは全国のイオンでフェアトレードコーヒーを販売しています。 コーヒーチェーンスターバックス、タリーズ、などはフェアトレートラベルのコーヒーを取り扱っていますので、オーダーする時はフェアトレードの豆といえば、フェアトレードコーヒーを飲むことが可能です。 チョコレート チョコレートも最近はフェアトレード製品が多く見られます。 海外の輸入食品を扱っているお店にいくと、フェアトレードのマークがついたチョコレートが売られています。 全国のコンビニやスーパーなどでも購入できるキャドバリーはフェアトレード認証マークがついた輸入チョコレートとして有名ではないでしょうか。 そのた、消費運動を草の根で頑張って活動しているところでは、フェアトレード・チョコレートを取り扱っています。 日本では森永製菓株式会社がフェアトレード・チョコレートを2014年から販売しています。 カカオ チョコレートの原材料となるカカオ製品でも、フェアトレード商品を多く発見することができます。 コーヒーと同じようにイオンやマックスバリューではトップバリューブランドのなかにフェアトレード商品を見かけることができます。 その他、日本ではあまりおおくはみかけませんが、スパイスの類でもフェアトレード製品が売られています。 コットン コットン製品のフェアトレード商品はインターネットやフェアトレード商品を扱っているお店などでよく見かけることができます。 フェアトレードのコットンはオーガニックコットンとなっています。 そのため、環境にもやさしく、皮膚などにも優しいものとなっています。 横浜に本社をもつ株式会社チチカカはオリジナルの衣服、雑貨などを企画販売をしている会社です。 ここでは、生産者が正しい対価を得ることができるよう活動しています。 中でも、Happy Trade Collectionというプロダクトでは、売上金の五%を生産者に還元しています。 そんなチチカカで扱う商品の中には、フェアトレード商品、フェアトレードコットンが含まれています。 このように独自に雑貨、衣料を企画販売している会社のなかからフェアトレードコットンを扱い販売しているところがあります。 伝統的な技術や労働力に対して正当な対価をはらうことができるため、彼らの生活を守ることができます。 労働がムダに搾取されないように、消費の力で生産者を守ることができます。 最低限の人間らしい生活を生産者が遅れるように、消費者がフェアトレードのマークをついたものを購入するとそれだけで助けになります。 農薬を使わない農作物を手にすることができるので、消費者も安全な食べ物を持続して手にいれることができます。 また継続して農業を行うことができるため、持続的な収入がコミュニティに入ってきますので生活が安定します。 消費者にするとどのような人が作っているのか見えて安心です。 さらに、コミュニティを守るためにお金を消費している喜びにもつながります。 特に、女性の生産者が自活できるように消費の力を通じてできる点がメリットです。 大人やそのコミュニティが豊かになることによって、子供たちが働き手にならずにすみます。 国際フェアトレードによる認証ラベル、世界フェアトレード期間が認証するラベルそして、企業が独自で作っているラベルです。 国際フェアトレードや世界フェアトレードは認証を取るのが難しい基準がありますが、独自ラベルは、企業ごとによって基準がちがいます。 つまり基準が統一していません。 これはフェアトレードに関する法律がないためにこのように基準がまちまちになってしまいます。 大手でフェアトレードにとりくんでいるところは、独自の基準でフェアトレード認証をおこない、生産者支援をしているところが少なくありません。 コミュニティに持続的な収入やエンパワメントをあたえるという良い面があるとはいえ、、値段がどうしても高めに設定せざるえないということの裏返しになってしまいます。 特に海外からもってくる生産物だと、輸送費などもかかりさらに値段が高額になりがちです。 生産コミュニティが小さいと、つくられるものもすくないの、商品の価値も高くなりがちです。 同じ品が二倍の値段で売られていたりしたら、消費者の多くはどちらの製品を選ぶでしょうか。 フェアトレードの認証をおこなうために、認証団体が人件費などを必要とするからです。 フェアトレードには国際価格が有り、そのラインをで商品の取引がされますが、消費者の金は農家などの生産者でなく認証団体の人件費などに一部使われます。 そうなると、ラベルはいらないし、国際市場の最低価格より高く取引をする中間企業も出てきてしまうのです。 1960年代から草の根で活動してきてこのフェアトレードという消費の仕組みも、日本ではそれほどなじみがなくても、そろそろ変わらないといけない時期に来ていると見らています。 結局生産者を守るために初めたフェアトレードの認証ですが、認証団体を維持するために雑費に消えてしまい、生産者のもとには届いていないという残念な現状がでてきています。 小規模の生産者か、大規模かによっても生産者のコストは変わってきます。 また、生産者を取り巻く環境が悪い場合は、生産者だけをボトムアップさせる助け方だけでは無理が出てきます。 また、消費者への認知がまだまだ低いという問題もあります。 消費者にしてみればフェアトレードのラベルを確認して商品を買うという行動そのものよりも、気に入った商品なら高くてもリピ買いをします。 つまり、消費者がフェアトレードをどこまで理解しているかも鍵となるので、消費の力で労働の質を替えることができるということを、社会に浸透しない限りフェアトレードは上手に機能しないことになります。 フェアトレードとは?商品例やメリットと批判・問題点!のまとめ フェアトレードのラベルには種類があるほか、企業などが独自に基準を設けてフェアトレードラベルの認証ができるとは驚きです。 国際基準よりも厳しい基準を設けている企業もあるということですが、独自の基準というのは、第三者的な視点が抜けるので、フェアトレードとして公正に機能するのか疑問視することもあります。 いずれにしろ、消費者が金の使いみち一つで生産者を守り、持続可能な豊かな社会を作り上げていくということに目を向け、意識を高く持たないといけないのは間違いないでしょう。 日本ではまだまだ知名度がないので、ヨーロッパやアメリカなどで限界も見えているフェアトレードのデメリットを学び、発展した形のフェアトレードをつくっていくことができたら、社会はより良い方向へ向かうのではないでしょうか。

次の

フェアトレードの推進/札幌市

フェア トレード と は

フェアトレードの歴史 ・ フェアトレードの動きの原型と言えるものは、1940年代のアメリカで始まった。 あるアメリカ人女性が貧困地域の手工芸品をアメリカで販売し、その利益を生産者へ還元したというもの(のちに、テンサウザンド・ビレッジズという組織へ発展)。 フェアトレードの考え方が出来上がったのは、第二次世界大戦後の1960年代ヨーロッパ。 東欧の経済復興を目的に、農産物や手工芸品を市場価格よりも高値で取引して生産者の自立を促すという考え方が生まれた。 その後、フェアトレード制度は欧米を中心に広く普及していった。 ・ 1986年に日本で最初にフェアトレード事業を始めたのは、途上国から輸入した工芸品や食品を取り扱う「第3世界ショップ」。 その後、1990年代になるとフェアトレード商品を取り扱う団体が次々登場し、日本全国で店舗が展開されるようになった。 ・ フェアトレードで主に扱われるのは、コーヒーやカカオ、コットン、茶など、発展途上国で生産されるもの。 農産物以外にも、サッカーボールのように、発展途上国で製造される工業製品も対象である。 製品あるいは団体について認証・認定を受けているものと、認証・認定は受けていないが企業が独自にフェアトレードを宣言し、展開しているものがある。 フェアトレードには基準となる法律がないため、企業や団体による独自の展開が可能となっている。 フェアトレードが必要とされる背景 ・ フェアトレードが必要とされる背景には、主に以下のような発展途上国の状況がある。 25ドル(極度の貧困ライン)未満で生活する人は世界の20%、2ドル未満で生活する人は40%以上。 そのうちの大部分はアフリカ、南アジア、東アジアの発展途上国が占める。 これらの国々では、先進国向けに農産物や衣類・アクセサリーが生産されたり、宝石などの原料が産出されたりしている。 先進国の不況に伴う人件費、生産費用の削減は、こうした発展途上国に影響を与え、貧困を加速させている。 そうした子供は、教育を受ける機会を与えられないまま、過酷な労働を強いられている。 ・ こうした発展途上国の窮状をもたらす原因の一つは、途上国・先進国間の取引が先進国側の経済に左右され、公正でないという問題にある。 そこでフェアトレードでは、先進国と発展途上国の間で、ビジネスパートナーとして公正な取引を行う。 生産者側(発展途上国)は、手仕事によって先進国側に製品を提供する。 対して先進国側は、製品に見合った適正な対価と生産者の生活に合った賃金を支払い、発展途上国側の生活の向上に役立てることを目指す。 また、技術指導を行ったり、生産者組合を組織させて生産力や取引における交渉力向上の支援を行ったりすることもある。 このように、与えるだけの支援ではなく、発展途上国側の生産者らの自立を、フェアな取引から支えていこうとするのがフェアトレードの考え方である。 ・ フェアトレードは、環境保護も目的としている。 代表例がコットン。 発展途上国のコットン農場では、国際的に使用が禁止されている危険農薬が使われている場合があり、環境に深刻な影響を与えているほか、生産者の健康被害や中毒死も引き起こしている。 そうした状況を踏まえ、フェアトレードでは、環境と生産者の健康保護のためオーガニックコットンの栽培を推進している。 フェアトレードが受ける批判 ・ フェアトレードは、サプライチェーンマネジメントの中では本来当然のことであるはずだ、という意見。 フェアトレードの対象はどうやら「途上国限定」なパターンが多いようです。 ただ、フェアトレードは本来「商売で当然すべきこと」であり、フェアトレードをしたからといって、ソーシャルビジネスになる、とは思えません。 「フェアトレード始めました!」みたいのも本来はおかしいですよね。 じゃあ、今まで犯罪スレスレの商取引してきたいんか、みたいな。 (引用元:BLOGOS|) ・ バングラデシュ産の素材を使って高品質なバッグを現地生産し、日本で販売しているマザーハウスの創業者山口絵理子氏は、フェアトレードだからといって質の良くないものを「援助」の気持ちで購入するというのはあるべき姿ではなく、顧客満足こそが究極の援助につながると主張する。 (大学時代に初めてフェアトレードという言葉を聞いたとき)初めはとてもよいアイデアだと思いましたが、そこで販売されている商品を見ると、質は良くないけれど、かわいそうだから買ってあげるんだろう、というものばかり。 (中略) お客さまの満足があって初めて生産者の生活がある。 最上位の目的は「顧客満足」で、だから品質を上げようと思う。 それができるのはNGOではなくて、民間企業なんです。 書籍は、フェアトレードは多くの企業がプロモーションのように取り組んでいるが以下のような問題があると指摘している。 フェアトレードビジネスをうたっている先進国の大企業の商品の原料が、実際はフェアトレードになっていない現状があると指摘しています。 現地の生産者の賃金に行くまでにお金が吸い取られ、実際は生産者に十分な賃金がわたっていない場合もあるそうです。 また、フェアトレード商品として定められた基準があっても、お金にならないために、実際の生産者側は危険を冒して材料を調達している場合もあるようです。 (引用元:Timeless Edition|) (参考) Wikipedia| Timeless Edition| ACE| FAIRTRADE JAPAN| 第3世界ショップ| BLOGOS| PHP Online 衆知| イオン| KALDI COFFEE FARM| studyhacker.

次の