幸甚の至りである。 「幸甚(こうじん)」の意味と使い方は?類語やビジネスで使う場合の注意点は?

「幸甚」の意味と例文と書き方

幸甚の至りである

幸いと幸甚の違い 幸いと幸甚の違いを分かりやすく言うと、 「幸い」は、相手に対してありがたく思う気持ちを丁寧に表現したものであり、「幸甚」は、幸いをさらに丁寧に改まった言い方で表現したものであるという違いです。 「幸い」という言葉には、様々な意味があります。 その人にとっての幸せを意味したり、運の良い様子を意味したりする場合もあります。 しかし、「幸甚」という言葉と比較する際には「~してもらえたらありがたいです」という意味の言葉になります。 幸いという表現を使用するのは、主に手紙やメールなどの文面上でのことになります。 会話の中で、口語体として使用されることはあまりありません。 例えば、手紙などで「~していただけますと幸いです」などのように使用されるものです。 これは、強要の意味を持たない、柔らかなお願いの表現です。 「もしできたら、~してもらえたら、とても助かります」というような意味になり、相手の忙しさなどを配慮しながら依頼をするような表現になります。 この「幸いです」という表現を、さらに丁寧に改まった形にした表現が「幸甚です」というものです。 例えば「幸甚に存じます」や「幸甚の極みです」などのように使用されます。 これは「この上なく幸せです」「最上級の幸せです」という意味の言葉です。 「幸いです」という表現も「幸甚です」という表現も、どちらもプラスの意味を持つものですし、目上の人にも使える表現です。 しかし、柔らかな依頼の表現なので、緊急性を要するような物事を伝える際には使用しないようにしましょう。 また、幸甚というのは、非常に改まった表現でもあります。 親しい間柄で使用するのには重すぎる表現になりますので、注意が必要です。 社外のお客様や目上の人などを対象にして使用するようにします。 使用する際には、「幸甚です」という言葉を連発しないようにも注意しましょう。 何度も繰り返して使うことで意味が薄れてしまい、かえって気を悪くしてしまう人もいます。 一度のメールや手紙に対して、一回使えば十分である表現です。 幸いの意味 幸いとは、 相手に対して何かを頼み、それを叶えて貰えたら幸せだという気持ちを伝える言葉を意味しています。 主に手紙やメールなどの文面で使われる表現であり、目上の人や立場が上の人に対しても使用できる表現です。 またその他にも、相手に対して、もし自分の行いが喜んでもらえたら嬉しいですという気持ちを伝える際にも利用される表現です。 この場合にも、使用されるのは主に手紙やメールなどの文面です。 幸いという言葉は、「幸い」という単語として使用する場合には、他にも様々な意味を持つものですが、ここで言うところの幸いというのは、書面などで「~していただけましたら幸いです」と使う際の表現です。 この「~していただけましたら幸いです」や「~いただけると幸いです」という表現は、もっと簡単に表現すると「~してもらえたら、とても嬉しいです」「~してもらえると、とても助かります」というような意味になります。 この表現を使う際には、相手に対して遠慮のある状態を意味しています。 相手側に何かを頼んでいる状態ではありますが、「幸いです」を使う場合には、「絶対に~してもらいたい」と強要するような気持ちを含まない依頼となります。 もし万が一、出来そうだったらやってもらえたら嬉しいです、助かります、というような消極的なお願いの場合や、相手の立場が自分よりも上であり、強くお願い出来ない場合などに「~していただけたら幸いです」というような表現を使います。 その他にも、自分の行為などが相手の役に立っていたら嬉しいというような気持ちを表すために「お気に召していただけましたら幸いです」というような表現で使用されることもあります。 どういった表現で使用するにしても「~幸いです」というのは、相手のことを思い遣る気持ちを示すための表現だと言うことが出来ます。 立場が上の人はもちろん、自分と同等の立場の人に対しても使用できる言葉であると覚えておくようにしましょう。 しかし、これらの表現は、強要しない範囲での依頼、お願いごとになります。 絶体にして欲しいことがある場合や、必ずして欲しいことがある場合には、この表現は使わないように注意しましょう。 幸いの「幸」という字を使った言葉としては、運がよいことや巡り合わせがよい様子を意味する「幸運」、非常に幸せなことや、その様子を意味する「多幸」、不平や不満がなくて楽しいことを意味する「幸福」などがあります。 幸甚の意味 幸甚とは、 「~していただけたら幸いです」という意味の言葉をもっと丁寧にした表現のことを意味しています。 幸いと同じように、主に手紙やメールなどの文面で使用される表現であり、この上なく幸せであることを意味しています。 幸甚という表現は、「この上なく幸せである」「非常にありがたく思う」というような意味を示す言葉です。 実際に使われる際には「幸甚の至りに存じます」「幸甚の極みです」というように使用されます。 「幸いです」という表現よりも、より改まった表現であり、目上の人や立場が上の人に対して使用する言葉です。 丁寧ではありますが、固いイメージのある言葉なので、ビジネスシーンなどでは、社内や同僚などに使用するのは控える方が良いでしょう。 社外のお客様や目上の人、明らかに立場が上である人に対して使用される表現であると覚えておくようにします。 また、連発して使用してしまうと、相手に軽率なイメージを与えることもあります。 連続して使用することは避ける方が良いでしょう。 幸甚の「甚」という字は、はなはだしい、度を超えているとい意味を持つ言葉です。 つまり、幸甚というのは漢字の意味だけで考えると、「幸せがはなはだしい」「幸せが度を超えている」というような意味になります。 喜びの最上級を相手に伝えるための言葉であると覚えておくと使いどころも分かりやすくなります。 親しい間柄で使用するのには、かえってよそよそしい印象を与えますが、改まった場では上手に使うようにしましょう。 幸甚の「甚」という字を使った言葉としては、程度のきわめて大きい様子を意味する「甚大」、非常に激しく、はなはだしいことを意味する「激甚」、意味や気持ちなどが非常に深いことを意味する「深甚」などがあります。 幸いの例文 5.お時間のあります際に、資料をご確認いただけますと幸いです。 この言葉がよく使われる場面としては、何かの物事を実行してもらえると幸せです、と人に頼む気持ちを表現したい時などが挙げられます。 「幸いです」という表現は砕けた言い方をすると「助かります」「ありがたいです」と同じような意味になります。 幸いです、という言葉は、誰かに何かを頼む意味の他にも、喜んでもらえたら嬉しいです、という気持ちを表現する際にも利用される言葉です。 どちらにしても、プラスの意味で使用される言葉であり、目上の人や立場が上の人にも使用できるものです。 ただし、これらの表現は、絶体に何かをして欲しい時や、必ずどうにかして欲しい時などには使用しないようにしましょう。 強要するような意味を含まないので、緊急性に欠ける表現になってしまいます。 幸甚の例文 5.今後も末永くお付き合いをいただけましたら、幸甚の極みに存じます。 この言葉がよく使われる場面としては、非常にありがたく、幸せに思うことを最上級の表現で相手に伝えたい時などが挙げられます。 「幸甚です」という表現は「幸いです」という言葉をさらに丁寧に表現した言い方でもあります。 「幸甚です」と「幸いです」という表現は、意味合いとしては同じものですが、より丁寧で改まった言い方が「幸甚です」という言葉です。 社外のお客様や目上の人、立場が明らかに上の人に対して使用する表現です。 親しい間柄で使用するには、少し改まり過ぎている表現でもあるので、使用する際には相手を選ぶようにしましょう。 プラスの意味を持つ言葉ですが、強要するような表現ではないため、絶体にしてもらいたい事がある際には使用しない方が良いでしょう。

次の

「幸甚の至り」の意味と使い方、敬語、類語、例文、英語表現は?

幸甚の至りである

「幸甚」の意味 幸甚というのは、この上ない喜びのこと、滅多に感じられない幸せという意味がある言葉です。 したがって、本来は本当に限られたシーンのみで使う言葉なのです。 ただ、現実的には割と些細な喜びのケースでも使って、自分が感じている喜びが非常に大きいものであるというアピールをすることもあります。 ビジネスシーンではそういうことが実際にあるのです。 「幸甚」の使い方 幸甚という言葉は、実際に使うときにはいくつかの表現があります。 例えば、幸甚の至りです、幸甚に存じますというのはよく使う言い方になりますから覚えておきましょう。 幸甚という言葉はそのままの名詞としての使い方をすることはほとんどないということで、そこは頭に入れておかないといけないのです。 会話の中などで使うときにはこういう表現を意識すべきです。 「幸甚」の例文 「今回は私が初めて責任者となったプロジェクトで、大きな成功を収めることができ、まさしく幸甚の至りです。 責任者として精一杯頑張ってきたつもりでしたが、今回の成功には多くの人たちの協力が欠かせませんでした。 そういった人たちの協力があってこその成功だと言えると思いますから、このたびは心から皆さんにお礼を言いたいと思います。 」 幸甚は実際は割と多用される言葉 幸甚というのは滅多にない喜びを感じたような、限られたシーンでのみ使う言葉と言えるものの、喜びの大きさを表現するときには便利な言葉のため、些細な喜びの際にも使用されることがあります。 したがって、実際は本来の意味を無視した使われ方がされているということで、幸甚に関してはそういったことも覚えておくと良いでしょう。

次の

【幸い】と【幸甚】の意味の違いと使い方の例文

幸甚の至りである

「幸甚の至り」の注意点 「幸甚の至り」は目上に対して使い、目下・同等には使わない 「幸甚の至り」は、目上の人に対して使用する敬意を示した表現で、「対応してくれたらこの上なく幸せです」といった相手を立てる表現です。 したがって、「幸甚」は目下の人や自分と同等の立場の人に使用すると、堅苦しい表現になってしまします。 目下や同等人物にたいしては「有り難いです」などカジュアルな表現に言い換えましょう。 「幸甚の至り」は文語(書き言葉)で使い、口語(話し言葉)では基本使わない 「幸甚のいたり」は、文語に分類されます。 文語とは、「書き言葉として使用される言葉」のことであり、話し言葉として使用される「口語」としては基本的に使用されることはありません。 ビジネスメールといった文章で使用する言葉であるということを頭に入れておいてください。 「幸甚の至り」の使い方と敬語 「幸甚の至り」の敬語は「幸甚の至りです」 「幸甚の至り」を敬語表現にした場合の最もよく使用される表現が「幸甚の至りです」です。 「幸甚の至り」という言葉に助動詞の「〜だ」を丁寧にした表現である「です」を使用して「幸甚の至りです」がもっともポピュラーな表現です。 「幸甚の至りです」で、「〜だと、とても嬉しく思います」いとう意味になります。 「幸甚の至りに存じます」だとより丁寧 「幸甚の至りに存じます」とすると、より丁寧な表現になります。 「存じます」は、 「思う」の謙譲語「存ずる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「存じます」は 「思います」の謙譲表現です。 自分自身をへりくだった言い方で、目上の人に対して使うことができ、謙譲語「存じます」を使うと、より丁寧な表現になります。 ・この度の祝賀会は、企画に携わった全ての方々をお招きして開催いたします。 ・お忙しいところお越しいただき、またご教授いただけたことは幸甚の至りである。 ・先生と再会できましたことは幸甚の至りでございます。 ・先日はお忙しい中をわざわざお越しいただき、誠にありがとうございました。 またのお越しの際に楽しんでいただけたら幸甚に存じます ・この度は貴社の展示会にお招きいただき幸甚に至りに存じます。 ・おかげ様で当社も創業50年を迎えることができました。 これまで当社を支えて下さったお客様、関係者の方々に御礼を申し上げたいと思います。 そして今後共何卒変わらぬご愛顧賜れば誠に幸甚の至りに存じます。 ・お忙しいところお越しいただき、またご教授いただけたことは幸甚の至りです。 ・先生と再会できましたことは幸甚の至りでございます。 ・先日はお忙しい中をわざわざお越しいただき、誠にありがとうございました。 またのお越しの際に楽しんでいただけたら幸甚で至り ・この度は貴社の展示会にお招きいただき幸甚至りであります 「幸甚の至り」の類語 感謝の至り 「感謝の至り」は、「 感謝の気持ちが最終的にいきくところ」という意味で、感謝をしつくしてたどりつく最終的な極地という感謝の気持ちを表現した言い回しです。 目上の人に何かをしてもらったという場面や、褒めてもたったときなどに、「感謝をします」と伝える丁寧な言い回しです。 ・今回の件では御社にお力添えいただき感謝のいたりでございます。 この上なく嬉しい 「この上なく嬉しい」は、「 嬉しい気持ちが強いこと」を言い表した言葉です。 「この上なく」は、「これ以上ないくらい」という意味のある言葉で、後ろに感情を表す言葉をつづけることにより、「最高に」「最上の」といった意味のいまわしになり、感情を強めて表現することができます。 ・身に余るお言葉をいただき、この上なく嬉しいです。 喜ばしい限り 「嬉しい限り」という言葉を、さらに丁寧に表現すると「喜ばしい限りです」となります。 「嬉しい」という言葉は敬語表現ではないため、「嬉しい限りです」と丁寧に表現するのであれば「喜ばしい限りです」と言い表すにが適切です。 「喜ばしい」は、「 喜ぶべき状態である・うれしい」という気持ちを表現した丁寧なこ言葉です。 この場合のこの場合の「限り」は、感情に関する単語そ接続することで、「〜極まりない」「この上なく」という言い合いで使用されています。 例文 ・孫も無事に小学校へ入学し、喜ばしい限りです。 ・このような素敵な賞をいただき喜ばしい限りでございます。 至福 「至福(しふく)」は、「 この上もないしあわせ」を表しています。 「至福のひととき」「至福の時を過ごす」などと聞いたことがあると思います。 「至福」は「幸甚」よりも柔らかい表現なので、日常会話でよく使われます。 ただビジネスシーンで「幸甚」の代わりに「至福」に置き換えることはできないので気をつけましょう。 例文 ・しばし至福のひとときに浸る。 ・食事の時間が何よりも至福を感じる。

次の