岡山 新幹線 料金。 岡山

名古屋-岡山の新幹線【片道・往復】料金を格安にする!

岡山 新幹線 料金

出発地 行先・往復 正規の値段 (往復) 割引後の値段 (往復) 東京 仙台 21,780 15,840 東京 盛岡 28,460 20,040 東京 新青森 31,640 23,520 東京 新潟 21,140 15,520 東京 山形 22,680 16,740 東京 秋田 33,620 25,760 東京 長野 16,400 12,400 東京 金沢 28,240 20,900 JRの身体障害者割引は、 他の割引と同時に併用ができません。 新幹線だけの値段なら、ほとんどの場合で、身体障害者割引が一番お得です。 しかし、旅行でホテルに宿泊する場合は、新幹線と宿泊がパックになった、旅行会社の宿泊セットプランの方が安い場合もあります。 JRの障害者割引は、身体障害者手帳の「旅客運賃減額」の区分で、内容が変わります。 全国のJRの駅のみどりの窓口で、身体障害者手帳を提示すると、身体障害者割引が受けられます。 このJRの身体障害者割引には、細かいルールが決められています。 JRの身体障害者割引には、第1種と第2種の区別があります。 身体障害者手帳には、 「旅客運賃減額」という欄があり、そこに、 第1種か、第2種かの区分が記入されています。 まずは、自分の身体障害者手帳の「旅客運賃減額」の種別を確認しましょう。 万が一、旅客運賃減額の種別が書いていなかったら、それは記入漏れです。 身体障害者手帳をもらった役所の窓口へ行って、第1種か第2種のどちらかを記入してもらいましょう。 手帳の等級は、1級から6級まであり、旅客運賃減額は、第1種と第2種があります。 なんだか、ややこしいですが、JRや交通機関の割引では、旅客運賃減額の区分で、割引内容が決まります。 第1種の方が、より重度の障害で、多くの割引が受けられます。 身体障害者割引は、往復割引との併用はできません。 身体障害者割引は、他の割引との併用はできません。 例えば、600kmを超える区間を往復する場合には、行き帰りともに乗車券が1割引になる、往復割引が適用されます。 しかし、 残念ですが、この往復割引と身体障害者割引は、同時には適用できません。 往復割引は、たったの1割引。 身体障害者手帳を使った障害者割引が5割引と、往復割引より圧倒的に割引率が有利なので、結局は身体障害者割引を活用することになります。 ちなみに、「こども」用の切符に障害者割引が適用されるのは、「こども」用の切符の値段が元から大人の半額であって、「割引」で半額となってる訳ではないからです。 前提条件その6、切符の購入は、障害者本人が、みどりの窓口で。 身体障害者割引での切符の購入は、JRの駅のみどりの窓口で、障害者本人が手帳を提示します。 身体障害者割引で、切符を購入する時には、身体障害者手帳の本人確認が必要です。 そのため、切符の購入は、JRの駅のみどりの窓口で、障害者本人が手帳を提示します。 また、 介護者も同時に障害者割引を受ける場合は、介護者もみどりの窓口で、同時に切符を購入しなければいけません。 ただ、新幹線の切符を事前に購入する場合などには、本人の外出が不自由などの理由で、代理人での切符の購入を、特別に認めてくれる場合があります。 この場合でも、切符を購入する時に、駅員への身体障害者手帳の提示は必要です。 自動券売機では、障害者割引の切符は購入できません。 しかし、自動券売機で、子供用の切符を購入することで、障害者割引の切符として、特別に取り扱ってくれる場合もあります。 障害者割引では、切符が半額となるので、大人の障害者割引の値段が、子供用の切符と同じ値段になるからです。 これは、JRの駅員から特別に認められた場合だけのルールで、 障害者割引の原則は、みどりの窓口での購入です。 ・第1種の障害者と介護者 ・距離の制限なし ・普通乗車券と回数券 この3つが、介護者付きの条件です。 障害者本人と、その介護者1名が、同時にJRを利用する場合には、身体障害者割引を受ける条件が3つあります。 介護者付きの条件その1、第1種の障害者本人と介護者1名が割引。 身体障害者手帳の旅客運賃減額の種別が、第1種の場合には、障害者本人と、同伴する介護者1名も障害者割引の対象となります。 もちろん障害者本人は5割引、同伴する介護者1名も、身体障害者割引が適用され5割引となります。 たとえ、同伴する介護者が複数名いても、割引が適用される介護者は1名だけです。 身体障害者手帳の旅客運賃減額が、第2種の場合には介護者が同伴しても、その介護者には、身体障害者割引は適用されません。 第2種では、単独利用の<ケース1>の条件だけで、障害者割引が適用されます。 介護者付きの条件その2、距離に制限はなく、近距離でも割引。 JRの定期券には、通勤定期券と通学定期券の2種類あります。 この通勤定期券と通学定期券、どちらの定期券でも、身体障害者割引が適用され5割引になります。 通学定期券とは、学校に通う目的で使用する定期券です。 JRの駅で購入する時には、学校の在学証明が必要です。 通勤定期券は、誰でも、どんな目的でも使用できる定期券です。 通勤じゃなくても、病院に通う通院でも、遊びに行く目的でも、使えます。 通学定期券メリットは、割引率が高く、お得なこと。 学校に通う学生を優遇している分、在学証明のチェックがあるんです。 それと、私鉄に比べて、JRの通学定期の割引がお得なのは有名な話です。 定期券の条件その3、第1種なら障害者本人と介護者1名が割引。 定期券の場合、第1種なら、障害者本人と介護者の両方が、障害者割引です。 旅客運賃減額が第1種なら、身体障害者本人の定期券と、同伴する介護者1名の定期券が、身体障害者割引で、5割引になります。 身体障害者の通院に、介護者が同伴する場合や、障害児の通学に、親が同伴して送り迎えする場合などに、活用できます。 ただし、子供用の定期券は、身体障害者割引の対象外です。 小学生以下の障害児の場合には、障害児本人の定期券には身体障害者割引が適用されず、同伴する介護者だけに、身体障害者割引が適用されます。 身体障害児本人に、障害者割引がないのに、介護者だけが障害者割引になるのは、ちょっと変だと思いますが、JRでは、そういうルールになっています。 また、障害者の通学に、介護者が同伴する場合では、学校に通う障害者は通学定期券を使用できます。 しかし、通学の同伴であっても、同伴する介護者は、学校に通うわけではないので、通学定期券は使用できず、通勤定期券を使用することになります。 なんだかややこしいですね。 定期券の条件その4、第2種なら、12歳未満の障害児に介護者が同伴する場合に割引。

次の

身体障害者手帳、JR新幹線の障害者割引の料金表

岡山 新幹線 料金

12,710円 ー のぞみ・みずほ(指定席)• 12,510円 ー のぞみ・みずほ(スマートEX)• 12,400円 ー さくら・ひかり・こだま(指定席)• 12,200円 ー さくら・ひかり・こだま(スマートEX)• 11,880円 ー 自由席• 11,880円 ー 自由席(スマートEX)• 10,970円 ー e特急券• 10,970円 ー eきっぷ• 10,970円 ー EX予約 ご覧の通り、 のぞみ利用なら最安は「EX予約」になります。 そして、このあとで詳しく書いていますが、こだま利用ならさらに安くなります。 25,420円 ー のぞみ・みずほ(指定席)• 25,020円 ー のぞみ・みずほ(スマートEX)• 24,800円 ー さくら・ひかり・こだま(指定席)• 24,400円 ー さくら・ひかり・こだま(スマートEX)• 23,760円 ー 自由席• 23,760円 ー 自由席(スマートEX)• 23,460円 ー 指定席回数券(=金券ショップ)• 21,940円 ー e特急券• 21,940円 ー eきっぷ• 21,940円 ー EX予約• 16,400円 ー バリ得こだま 山陽版 ご覧の通り、博多ー岡山間の往復でも「バリ得こだま 山陽版」が最安ですが、宿泊ありの往復なら「新幹線パック」の利用も考慮してください。 旅行費用トータルで格安になります(詳細後述)。 福岡から岡山の往復宿泊旅行なら新幹線パック! やっぱり宿泊してゆっくり観光したいなという方は、「新幹線パック」を利用することをおすすめします。 福岡発の岡山宿泊なら13,500円〜というプランがあります。 新幹線往復チケット+ホテル宿泊セットの料金です。 新幹線とホテルを別々に予約するより断然お得です。 料金は常に変動しているので、最新の料金は以下よりご確認下さい。

次の

【往復15,750円~】格安新幹線(岡山-小倉)の料金比較!

岡山 新幹線 料金

出発地 行先・往復 正規の値段 (往復) 割引後の値段 (往復) 東京 仙台 21,780 15,840 東京 盛岡 28,460 20,040 東京 新青森 31,640 23,520 東京 新潟 21,140 15,520 東京 山形 22,680 16,740 東京 秋田 33,620 25,760 東京 長野 16,400 12,400 東京 金沢 28,240 20,900 JRの身体障害者割引は、 他の割引と同時に併用ができません。 新幹線だけの値段なら、ほとんどの場合で、身体障害者割引が一番お得です。 しかし、旅行でホテルに宿泊する場合は、新幹線と宿泊がパックになった、旅行会社の宿泊セットプランの方が安い場合もあります。 JRの障害者割引は、身体障害者手帳の「旅客運賃減額」の区分で、内容が変わります。 全国のJRの駅のみどりの窓口で、身体障害者手帳を提示すると、身体障害者割引が受けられます。 このJRの身体障害者割引には、細かいルールが決められています。 JRの身体障害者割引には、第1種と第2種の区別があります。 身体障害者手帳には、 「旅客運賃減額」という欄があり、そこに、 第1種か、第2種かの区分が記入されています。 まずは、自分の身体障害者手帳の「旅客運賃減額」の種別を確認しましょう。 万が一、旅客運賃減額の種別が書いていなかったら、それは記入漏れです。 身体障害者手帳をもらった役所の窓口へ行って、第1種か第2種のどちらかを記入してもらいましょう。 手帳の等級は、1級から6級まであり、旅客運賃減額は、第1種と第2種があります。 なんだか、ややこしいですが、JRや交通機関の割引では、旅客運賃減額の区分で、割引内容が決まります。 第1種の方が、より重度の障害で、多くの割引が受けられます。 身体障害者割引は、往復割引との併用はできません。 身体障害者割引は、他の割引との併用はできません。 例えば、600kmを超える区間を往復する場合には、行き帰りともに乗車券が1割引になる、往復割引が適用されます。 しかし、 残念ですが、この往復割引と身体障害者割引は、同時には適用できません。 往復割引は、たったの1割引。 身体障害者手帳を使った障害者割引が5割引と、往復割引より圧倒的に割引率が有利なので、結局は身体障害者割引を活用することになります。 ちなみに、「こども」用の切符に障害者割引が適用されるのは、「こども」用の切符の値段が元から大人の半額であって、「割引」で半額となってる訳ではないからです。 前提条件その6、切符の購入は、障害者本人が、みどりの窓口で。 身体障害者割引での切符の購入は、JRの駅のみどりの窓口で、障害者本人が手帳を提示します。 身体障害者割引で、切符を購入する時には、身体障害者手帳の本人確認が必要です。 そのため、切符の購入は、JRの駅のみどりの窓口で、障害者本人が手帳を提示します。 また、 介護者も同時に障害者割引を受ける場合は、介護者もみどりの窓口で、同時に切符を購入しなければいけません。 ただ、新幹線の切符を事前に購入する場合などには、本人の外出が不自由などの理由で、代理人での切符の購入を、特別に認めてくれる場合があります。 この場合でも、切符を購入する時に、駅員への身体障害者手帳の提示は必要です。 自動券売機では、障害者割引の切符は購入できません。 しかし、自動券売機で、子供用の切符を購入することで、障害者割引の切符として、特別に取り扱ってくれる場合もあります。 障害者割引では、切符が半額となるので、大人の障害者割引の値段が、子供用の切符と同じ値段になるからです。 これは、JRの駅員から特別に認められた場合だけのルールで、 障害者割引の原則は、みどりの窓口での購入です。 ・第1種の障害者と介護者 ・距離の制限なし ・普通乗車券と回数券 この3つが、介護者付きの条件です。 障害者本人と、その介護者1名が、同時にJRを利用する場合には、身体障害者割引を受ける条件が3つあります。 介護者付きの条件その1、第1種の障害者本人と介護者1名が割引。 身体障害者手帳の旅客運賃減額の種別が、第1種の場合には、障害者本人と、同伴する介護者1名も障害者割引の対象となります。 もちろん障害者本人は5割引、同伴する介護者1名も、身体障害者割引が適用され5割引となります。 たとえ、同伴する介護者が複数名いても、割引が適用される介護者は1名だけです。 身体障害者手帳の旅客運賃減額が、第2種の場合には介護者が同伴しても、その介護者には、身体障害者割引は適用されません。 第2種では、単独利用の<ケース1>の条件だけで、障害者割引が適用されます。 介護者付きの条件その2、距離に制限はなく、近距離でも割引。 JRの定期券には、通勤定期券と通学定期券の2種類あります。 この通勤定期券と通学定期券、どちらの定期券でも、身体障害者割引が適用され5割引になります。 通学定期券とは、学校に通う目的で使用する定期券です。 JRの駅で購入する時には、学校の在学証明が必要です。 通勤定期券は、誰でも、どんな目的でも使用できる定期券です。 通勤じゃなくても、病院に通う通院でも、遊びに行く目的でも、使えます。 通学定期券メリットは、割引率が高く、お得なこと。 学校に通う学生を優遇している分、在学証明のチェックがあるんです。 それと、私鉄に比べて、JRの通学定期の割引がお得なのは有名な話です。 定期券の条件その3、第1種なら障害者本人と介護者1名が割引。 定期券の場合、第1種なら、障害者本人と介護者の両方が、障害者割引です。 旅客運賃減額が第1種なら、身体障害者本人の定期券と、同伴する介護者1名の定期券が、身体障害者割引で、5割引になります。 身体障害者の通院に、介護者が同伴する場合や、障害児の通学に、親が同伴して送り迎えする場合などに、活用できます。 ただし、子供用の定期券は、身体障害者割引の対象外です。 小学生以下の障害児の場合には、障害児本人の定期券には身体障害者割引が適用されず、同伴する介護者だけに、身体障害者割引が適用されます。 身体障害児本人に、障害者割引がないのに、介護者だけが障害者割引になるのは、ちょっと変だと思いますが、JRでは、そういうルールになっています。 また、障害者の通学に、介護者が同伴する場合では、学校に通う障害者は通学定期券を使用できます。 しかし、通学の同伴であっても、同伴する介護者は、学校に通うわけではないので、通学定期券は使用できず、通勤定期券を使用することになります。 なんだかややこしいですね。 定期券の条件その4、第2種なら、12歳未満の障害児に介護者が同伴する場合に割引。

次の