白鳥 麗子 で ござい ます 松雪 泰子。 白鳥麗子でございます!

松雪泰子

白鳥 麗子 で ござい ます 松雪 泰子

概要 [ ] 1992年秋、フジテレビは『』の終了後、当初『』を放送する予定だったが制作のための準備が間に合わないため、番組の放送を延期し、木曜夜8時枠を新たに10代の少年少女()をターゲットにしたドラマ枠を新設した。 通常の連続ドラマと異なり、1作品5話完結という方式。 ヒロインも売出し中の旬の若手を積極的に起用。 1993年春に一度休止するが、秋から土曜夜8時枠(それまで『』の緊急打ち切りで1クール程空枠となっていた)で復活(その代わり当該期間はバラエティ枠を木曜夜8時枠に編成)。 1994年春まで8作品が制作された。 何回か再放送はされているものの、DVD化は実現していない(ビデオは一部作品を除いてポニーキャニオンから在庫限りで現在も発売されている)。 当シリーズ終了後、1995年から「 」が制作された。 第1シーズン [ ] 10月 - 3月、放送時間:毎週木曜20:00-20:54 JST 放課後 [ ] 「」も参照 1992年 - 、全5話• 原作:『』• 脚本:• 演出:、• 主題歌:「」• 技斗:• 技術協力:• 美術協力:• スタジオ:• プロデュース:、• 制作: 主なキャスト• 秋山あずさ… お嬢様育ちの優等生。 高本浩平… あずさとは正反対の劣等生タイプの高校生。 若宮奈美… あずさの親友。 浩平のことが気になり、突然の告白。 しかし、あずさと浩平が入れ替わっているということは知らなかった。 坂浦祐… 浩平のバンド仲間でギター担当。 いつも屋上でくわえ煙草をしながらギターを片手に仲間とたむろっている。 前田洋治…• 菊地啓太…• 本庄司(生徒会長)…• あずさの同級生…、、• 水原とき子(教師)…• 吉崎大輔(教師)…• 秋山光江(あずさの母)…• 秋山宗一郎(あずさの父)…• 高本郁子(浩平の母)…• 高本正平(浩平の父)…• 浩平の弟…• 八木沢稔(バーのマスター)…• あずさと浩平が入れ替わる場所で電気工事をしていた人…、• 生徒…、、(黒川忠文、山本栄治) サブタイトル• LESSON 1• カノジョのカラダに手を出すな!• はじめての告白• 何よりも大切な事• きっとまた会える• 原作のシチュエーションはそのままに、校に通うを主人公にした仕立てとなっている。 主演の観月・いしだの男女入れ替わりは多くの視聴者に衝撃を与えた。 星護作品オリジナルの「P's Diner」も初登場。 観月といしだは「」と「」でも共演。 劇中、全編にわたり高校生バンドが演奏する曲にの『』がフィーチャーされた。 またにイギリスの本格的なオーケストラ・を起用した。 オーケストレーションは。 その時、ハートは盗まれた [ ] 「」および「」も参照 1994年 - 、全5話 スタッフ• 原作:『』• 脚本:• 音楽:• 主題歌:『』• 選曲:• スタジオ: キャスト• : - 都立羽田西高校の二年生。 バスケットボール部部員• 27世紀から来た未来人• 浅倉吾朗: - 和子の同級生で幼なじみ。 実家は銭湯• 神谷真理子: - 和子の同級生、親友• 芳山美代子: - 和子の妹。 子供の頃の事件がきっかけで、姉との関係はぎこちない• 岡本恵美: - バスケットボール部のチームメイト• 高木君江: - 和子の友人、クラスメイト• 深町晴夫: - 深町の父• 深町節子: - 深町の母• 浅倉哲治: - 吾朗の父• 福島隆司: - 和子の担任でバスケットボール部の顧問。 余命わずかの妻がいる• 小松沙織: - 羽田西高校の英語教師。 福島と不倫関係にある• 藤原正道: - 和子の自宅近くの寺の住職• 芳山静江: - 和子の母• 芳山勉: - 和子の父。 空港の整備士 サブタイトル• 土曜日の実験室• バスルームの告白• ファーストキス!• ラベンダーの秘密• さよなら 系 土曜20時台 前番組 番組名 次番組.

次の

ボクたちのドラマシリーズ

白鳥 麗子 で ござい ます 松雪 泰子

来歴 在学中の、雑誌『』のオーディションに応募し、「第1回メンズノンノ・ガールフレンド」に選出された。 モデルとして活動していたが高校卒業と同時に上京し、本格的に芸能活動を始め、1991年にテレビドラマ『』で女優としてデビュー。 1993年の主演テレビドラマ『』での強烈なキャラクターがハマリ役となり、以後女優としての地位を確立。 1998年3月、音楽バンド「ザ・スリル」のGAKU(門脇学)と結婚(入籍)。 2001年春には長男をしたものの2004年12月、「仕事が忙しくすれ違いが多い」ことを理由に 離婚。 2006年公開の主演映画『』が大ヒット。 米外国語映画賞ノミネーションのための日本代表作品に選出された。 ヒット映画『』を押し退けての選出であった。 自身も優秀主演女優賞などを受賞した。 2008年公開の映画『』、『』の2作品で日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞。 2010年主演ドラマ『』で第65回主演女優賞受賞。 読者、TV記者、審査員票全部門で1位を獲得し、総投票数は2位の5倍を獲得していた。 2010年3月、自身が手がけるブランド「Malulu.. 」(マルル)をプロデュース。 2010年10月にはジュエリーやアクセサリーを加えた新作を発売した。 人物 趣味 の免許を持っている。 愛車は1450ccののバイクで、のように黒の皮のつなぎで乗り回すという主旨で仲間を集め、「チーム極悪」を結成している [ ]。 しかし、飽きっぽい性格から現在ではそのチームのイベントには参加していない [ ]。 嗜好 地球が滅亡するなら最後に食べたいほどが好きである [ ]。 また、類は極力摂らないようにし、やを好むなど、健康の維持に努めている。 特技 幼少期は母親の勧めで、・・などを習っていた。 当時は嫌々やっていたが、現在は俳優としての礎となり、今は感謝しているという。 出身地 お笑い芸人のシングル曲「」の歌詞にて、佐賀県出身なのに公表していないと虚偽のネタにされる。 この件について、「ちゃんと発売される前に事務所にFAXを頂きまして。 『このような歌詞にしますのでよろしくお願いします』というのを頂いていたので」と事前に連絡を受け、「すごくうれしいなと思って」快諾したことを明かしている。 仕事 20歳の頃、この仕事が自分に向いていないと思い、辞めようと考え半年ほど放浪の旅に出た。 しかし、そんな状態でも映画の話が来たため復帰した。 また、本当は女優ではなくデザイン等の裏方業をしたかったとのこと [ ]。 家族 元で現在は俳優として活動している高村晃平(本名:松雪浩平)と、歌手のの2人の弟がいる。 受賞歴• 1995年• 第5回 ベストドレッサー賞(『』)• 2003年• 第35回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『』)• 2006年• 第19回 主演女優賞(『』)• 優秀主演女優賞(『フラガール』)• 第44回 映画賞(『フラガール』)• VOGUE NIPPON Women of the year 2006• 2008年• 優秀助演女優賞(『』、『』)• 2010年• 第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『』)• (1992年) - 水島五月 役• (1995年) - 白鳥麗子 役• (2000年) - 笹本美奈 役• (2000年) - 霧島優子 役(ヒロイン)• (2002年)• (2006年) - 大河原律子 役• (2006年) - 平山まどか 役• (2007年) - 桜井愛子 役• (2007年) - マリア 役(声の出演)• (2008年) - デスレコーズ社長 役• (2008年) - 花岡靖子 役• 灯台 -短編映画集『男たちの詩』より (2008年)• (2009年) - 百田滴 役• (2009年) - 小島百合 役• (2009年) - 永野しのぶ 役• (2009年) - 三井美樹 役• (2010年) - 金城由莉 役• (2011年) - 山岡有紀 役• (2012年) - 遠藤玲子 役• (2012年) - 冴木莉央 役• (2013年) - 鷲谷真梨子 役• (2013年) - 壇乃はる香 役• (2013年) - 星秋穂 役• (2015年) - 森山皐月役• (2017年) - 役• (2020年) - 川嶋佳子 役 テレビドラマ• (1991年、TBS) - 橘小百合 役• (1991年、フジテレビ) - リサ 役(初主演作)• 夜に海輝き(1991年、NHK) - 主演• 「神様の前でついた嘘」(1992年、フジテレビ) - 主演• D坂殺人事件「名探偵明智小五郎誕生」(1992年、フジテレビ)• (1992年、フジテレビ) - 三沢ひまわり 役• (1992年、フジテレビ「松竹スペシャルドラマ」) - 水島五月 役• (1993年、フジテレビ「」) - 白鳥麗子 役• OLたちのざけんなヨ!! 「社員旅行は大っ嫌い」(1993年、フジテレビ)• 第2シリーズ(1993年、フジテレビ「ボクたちのドラマシリーズ」) - 白鳥麗子 役• (1994年、TBS) - 沢野桜 役• (1994年、読売テレビ) - 向井佑希 役• 「鍵」(1995年、フジテレビ)• (1995年、TBS) - 沢野桜 役• (1995年、読売テレビ) - 青山楓 役• (1996年、関西テレビ) - 津田理子 役• (1996年、TBS) - 水沢硝子 役• (1997年、テレビ朝日) - 遠山櫻子 役• (1997年、TBS) - 白川万里華 役• (1998年、フジテレビ) - 月山紀子 役• (1998年、日本テレビ) - 白石鮎子 役• (1998年、TBS) - 第11話ゲスト• (1998年、TBS) - 沢木いずみ 役• スペシャル1(1999年、フジテレビ) - 月山紀子 役• (1999年、フジテレビ) - 相沢有香 役• スペシャル2(2000年、フジテレビ) - 月山紀子 役• (2000年、フジテレビ) - 桐野セツ 役• (2000年、TBS) - 高野綾子 役• 第2シリーズ(2001年、フジテレビ) - 香坂たまき 役• (2001年、フジテレビ) - 富士見 役• 「雪女」(2002年、フジテレビ) - 雪女 役• 新春スペシャル(2002年、フジテレビ) - 香坂たまき 役• (2002年、TBS) - 水澤由希子 役• 海のオルゴール(2003年、フジテレビ) - 竹内てるよ 役• (2003年、フジテレビ) - 森乃望 役• (2004年、TBS) - 成瀬あさみ 役• (2007年、フジテレビ) - 高木蓮子 役• (2007年、フジテレビ) - 天海杏子 役• (2010年4月 - 6月、日本テレビ) - 鈴原奈緒 役• (2010年10月 - 12月、フジテレビ) - 蒼山叶 役• (2010年11月、NHK) - 永倉玲子 役• 創立60周年記念スペシャルドラマ「」(2011年12月3日、朝日放送) - 高倉陽子 役• 「」(2012年1月 - 12月、NHK) - (得子)役• 「」(2012年9月 - 10月、NHK) - 小りん 役• (2013年4月 - 6月、TBS) - 笹原瑠衣 役• (2013年10月3日、フジテレビ) - 小暮涼子 役• (2014年2月 - 3月、WOWOW) - 佐久間里奈 役• (2014年7月 - 9月、TBS) - 氷崎游子 役• (2015年1月16日、フジテレビ) - 美谷珠理 役• (2015年11月 - 12月、WOWOW) - 田辺絢子 役• 2016年4月 - 6月、テレビ朝日) - 夏目佳恵 役• 藤沢周平新ドラマシリーズ「橋ものがたり--」(2017年9月18日、) - おゆき 役• (2018年4月 - 9月、NHK) - 楡野晴 役• (2019年7月 - 、テレビ朝日) - 和泉千聖 役• (2019年10月 - 、NHK) - 天ノ真奈子 役 バラエティ• (1991年11月23日・11月30日、フジテレビ)• (1991年12月 - 1992年4月、フジテレビ) - レギュラー 劇場アニメ• (2007年) - マリア 役• (2011年) - ココリン 役 吹き替え• (2012年) - マルタ・シェアリング医師() 役• (2018年) - イメルダ 役 舞台• (2004年) - 白雪 役• 吉原御免状(2005年 劇団新感線) - 勝山太夫 役• (2007年) - サリー・ボウルズ 役(主演)• 東京月光魔曲(2009年)• シダの群れ(2012年)• 冒した者(2013年、葛河思潮社)• 背信(2014年、葛河思潮社)• 「」 Season鳥(2017年) - 極楽太夫 役• PARCO Production「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。 あるいは、失われた七つの歌」(2017年) - 影の部屋の女 役• ゲゲゲの先生へ(2018年)• (2019年)- ガートルード 役 ラジオ番組• () CM• 「フリシェ」(1991年) - と共演• パーソナルファクシミリ「美写文」(1992年)• 「JAL新路線」(1991年)• 「ビックル」(1993年)• 「」(2015年)• 「ルシェリ」(1994 - 1996年) - と共演• O(、1995年)• (1995年) - 3ドアではと共演し、4ドアではと共演した。 「ラクティア」(1995年)• 「うるる」(1995年)• 「マイバランス」• 「デザートショコラ」(1996年)• 「FRAGILE」(1997年)• (1998年)• 「QT」(1998年)• 「 パイ投げ編」(2002年)• ティスティモ、DEW(デュウ)• ほか 東京フロントコート(マンション)• 「冷凍ミックスピザ」• 「シリアルポッキー」• 「ファイブミニ」• 「自由区」• 「ハイチオールC プルミエール」• 「ルキア」• プラーサ・ヴェール(マンション)• (2008年)• 「キレートレモン」• 「Vivid Moon」- プロデュース• 「 Fine」(2014年) - と共演• ジャパンスペシャル(2017年 - ) - 、と共演 その他の広告• 鳥栖ガス - 父親が社長を務める。 音楽 シングルCD• ESP (『マカデココ』OP・テーマ) (1995. 21)• 時を越えて (『』OP・テーマ) (1995. 08)• Rain -雨に抱かれて・・・・ (『』挿入歌) (1995. 08)• WISH (『UN FACTORY ソムリエ』EN・テーマ) (1995. 10)• おやすみ (MyBalance CMソング・『』挿入歌) (1996. 25)• 空っぽの愛の嵐 (『』主題歌) (1997. 14)• HAPPY HAPPY DAYS (三井生命イメージソング・『』EN・テーマ) (1997. 24)• ふりむかないで (日産PRESEAイメージソング) (1997. 26)• 愛の世界 (『』主題歌) (1998. 13)• 口唇(KUCHIBIRU) (Kanebo テスティモ CMイメージソング) (1999. 13)• pray (1995. 21)• mondodelix (1997. 19)• 32'05" (1998. 17)• M (1999. 17) 他アーティスト作品への参加• 『』Leyonaと共同でコーラスに参加。 写真集• 眠る 松雪泰子(2003年11月15日、、撮影:イジマカオル)• daydream(2012年1月26日、、撮影:柴田文子) 脚注 []• スポニチ Sponichi Annex 芸能 スポーツニッポン新聞社. の2009年9月1日時点におけるアーカイブ。 2009年2月14日閲覧。 2006年9月16日「」 [ ]• 2009年2月12日「」 [ ]• 2006年9月24日放送『』出演時に発言 [ ]• 林万理「松雪泰子『常にフラットな状態であることが、精神的にも肉体的にも大事だなって思います』」『ポコチェ』82巻、ネオメディア、、6頁。 ,日刊スポーツ,2018年4月13日• 2010年5月2日放送「」 [ ]• Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年6月15日. 2016年6月15日閲覧。 映画ナタリー. 2016年6月15日. 2016年6月15日閲覧。 映画ナタリー. 2016年5月24日. 2016年5月24日閲覧。 2015年9月16日. 2015年9月16日閲覧。 SANSPO. COM 株式会社 産経デジタル. 2016年2月29日. 2016年2月29日閲覧。 ナターシャ. 2019年5月28日. 2019年5月28日閲覧。 ザテレビジョン KADOKAWA. 2019年7月17日. 2019年7月17日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月16日閲覧。 シネマトゥデイ. 2012年8月2日. 2012年9月1日閲覧。 com 2018年1月12日. 2018年1月12日閲覧。 エンタメOVO. 2017年4月18日. 2017年5月26日閲覧。 2018年4月1日. 2018年4月3日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 CMジャパン 2015年9月28日. 2015年10月6日閲覧。 (2014年4月13日時点の) - よしもとニュースセンター 2014年4月8日• ORICON NEWS オリコン株式会社. 2017年5月26日. 2017年5月26日閲覧。 外部リンク• matsuyuki1111y -• デニス• 小林伯熙• 原田一輝• 林晃平• 井上稀翔• 中村祐翔• 髙橋龍星• 渡辺雄斗• 大倉空人• 堀間翔• 今井楓• 小林大暉• 山下夕越• 芳賀柊斗• 朝美瑠音• 内野伶菜• ジャスミン• ライラック• 高橋咲樹• 羽野瑠華• 彩永あいり• 岡村梨里• 桐山花綾• 有原さな• 佐野愛夏• 加藤未来• 高岡凜花• 白川怜奈• 白石南帆• 土岐瑞葵• 秦穂香• 朝日奈芙季• 山崎美月• 湊梨紗• 小出華苑• 杉浦さくら• 河村花• 小椋梨央• 櫻愛里紗• 鮫島彩華• 青山愛依• 横堀菜々美• 渡辺梨世• きなこ• 朝倉さくら• 小栗まりな• 渡邊璃音• 大高みなみ• 檜山奈南果• 西谷星彩• 朝倉ひなか• 星乃明日美• 山川虹羽• 葉山未来• 亘理舞• 堀口日萌• 星谷汐音• 木下夏希• 吉村栞乙• 吉村眞乙• 山崎友莉花• 桜野希子• 広井こころ• 早川あひる• 石黒詩苑• 西田圭李• 深川和音• 勝又春• 三井マリナ• 青木菜々香• 神山凛• 美南早希• 阿部美月• 渡辺くるみ• 美波はる• 本庄風月• 石井るり• 華野瑚子• 安積美唯• 月井美緒• 太田彩巴• 安田野乃• 崎本紗衣• 武野汐那• 藤井桃香• 西垣有彩 キッズ• 山口莉来弥• 山中しいた• 谷垣有唯• 沖田有和• 窪田吏玖• 渡嘉敷龍• 大塚陽斗• 櫻莉杏• 藤村木音• 瑞城さくら• 山口にこ• 和泉詩• 橋本和• 天川れみ• 中西真優• 羽野真央• 森嶋さくら• 磯山ふみ• 斉藤萌紅美• 中村いお• 加々谷日彩• 綾波亜弥• 角田麗衣• 本堂杏奈• 平良圭叶宇• 谷口華音• 鈴木ありさ• 川本結月• 永岡心花• 仲村悠菜• 来栖美歩• 風見和香• 大塚咲希• 松尾由愛• 久永莉穂• 冴樹侑和• 千葉さりあ• 浅井アヤネ• 国本姫万里• 渡嘉敷杏• アーティスト• 愛甲朔也• 麻井香音• 浅賀望大• 朝葉珠璃• 嵐祐人• 有村悠真• 有元啓太朗• 有本大貴• 安藤稜浩• 飯坂和矢• 石井雅哉• 市川陽夏• 伊藤玻羅馬• 井上愛梨• 今井春登• イングリス海偉• 植田香凜• 内山愛美• 海上学彦• 江口シオン• 大橋典之• 大橋龍馬• 大屋香乃• 岡野敬• 小川礼• 荻野直哉• 荻野龍斗• 尾﨑実生• 落合晴音• 乙羽真凜• 樫本詠知• 春日結心• 春日レイ• 香瀬あざみ• 片山蔵人• 金井マイ• 兼子丈輝• 上村謙信• 神谷勇楽• 川嶋夏実• 河島英人• 菊地美結• 清瀬このは• 工藤愛由夢• 久保楓• 熊谷魁人• 黒澤諒• ケイラ• 小泉陽菜乃• 越山敬達• 後藤田由起子• 近藤ゆき• 今野亘琉• 坂井太陽• 佐藤昊希• ジェフリーマローン• 志田弦音• 島田惇平• 鈴木智有• 鈴木心愛• 鈴木雄大• 関空亜• 高尾颯斗• 高桑真之• 髙橋蓮欧• 高村晃平• 武井駿• 田村ニコラス• 津田愛奈• ティアラ• 得能志生• 得能勇志• 冨波心• 中川享之介• 長野蒼大• 中野龍• 長野凌大• ナポレオンスター• 西田喜穏• 虹野優太• 能浦航汰• ノエル• 浜田麻希• 林優心• 原田怜生爽• 平野勇樹• 平野音郁• 平野翔馬• 福田桃芭• 藤井航• 藤澤雛• 藤田陽士• 藤田優斗• 藤野煌• 船橋蘭• 星野仁• 堀越リアム• マークルシアン蓮• 前出燿志• 牧野太英• 増田みずき• 松澤遼太郎• 松本ししまる• 松本龍之介• 水口隆志• 水野瑠偉• 溝上青王• 三本健介• 三富大成• 南野大地• みのり• 宮内杏璃• 宮崎杏樹• 村崎秀明• 森田悠斗• モルル夕菜• 八木優羽亜• 山下竜輝• 山下永玖• 山下遼• 山根大弥• 山橋明日菜• 吉岡琉生• ラウアー亜未衣• 瑠伊穂• REY• レックス• ローズ杏美• 渡邉瑠南• 渡邉花鈴• 渡来航太• 有岡歩斗• 安藤夢叶• 石田ノエル• 石田ローウェン• 五十﨑優真• 出田ブランドン• 岩井里奈• 岩井蓮• 梅田凌佑• 浦山天斗• 大島夏乃• 大西伊紗• 大山蒼生• 岡香鈴• 岡本結芽乃• 岡本芽唯• 奥野楓佳• 小野結月• 加藤翔太• 鎌田聖菜• 川口大翔• 河村朱莉• 川村伯真• 紀田直哉• 北脇里紗• 栗瀬陸• 小森大輝• 小山杏果• 佐々木櫂• 佐々木頼忠• ジェイ• 下山天• JURI• 白石嵐丸• 髙田侑希• 髙橋美利阿• 宝川紗羅• 橘祐里• 田中博翔• 千知謙• 徳井太一• 永田陸斗• 中野瑠偉• 中村まな• 西川陽菜• 西村零• 橋本歩夢• 林穂乃花• 原野琴美• 福井太陽• 福島愛• 藤川希子• 松川日陽• 松川明衣花• 松田しのん• 松村泉輝• 松元寧音• 三屋響• 宮本弘佑• 森兼菜緒• 安田依唆• 矢内姫愛• 山口瑞姫• 山﨑日和• 湯浅凛子• 吉村信愛• 由本脩真• Rinka• ルディック詠美• 若井瑛人.

次の

松雪泰子 白鳥麗子の若い頃がかわいい?昔と比べ現在は美しいのか画像検証!?

白鳥 麗子 で ござい ます 松雪 泰子

河北麻友子が5月25日(水)、今年1月より放送されたTVドラマに続いて主演を務めるの完成披露試写会に久万真路監督と共に出席した。 過去にも映像化されてきた累計1,700万部を超える人気漫画の実写版で20年ぶりの映画となる本作。 哲也と共に故郷に里帰りし、プロポーズされるのか!? と色めき立つ麗子だったが、哲也の故郷のリゾート開発と白鳥家の関係から両家は対立関係にあり…。 河北さんは、最初に白鳥麗子役のオファーが届いたときは「主役で、タイトルにも名前が入っている役で嬉しかった」とふり返る。 ニューヨーク育ちの正真正銘のお嬢様として知られる河北さんだが、そんな河北さんをもってしても、麗子役はかなり難易度が高かったようで「麗子の代名詞である(高笑いの)『オーッホッホッホッ!』が本読みのとき、全然できず、監督は多分、頭を抱えていたと思います」と苦笑交じりに語る。 これまで、鈴木保奈美に松雪泰子と錚々たる面々が白鳥麗子を演じてきたが、河北さんは「3代目ですが、意識せずに新しい白鳥麗子が誕生したという気持ちで演じられたらと臨みました!」とオリジナルの麗子誕生をアピール! その一方で、監督との会話にものぼっていたという「デヴィ夫人を意識してお芝居しました(笑)」と意外な人物の名を挙げ、会場は笑いに包まれた。 久万監督は「最初に河北さんでと話を受けたとき、失礼ながら『(河北さんは)女優ですか?』と思った」と語るが「でも、初めてお会いしてお話しして、実はニューヨークでアクターズ・ワークショップを受けていたと聞き、女優の心を持っていると知りました」と述懐。 現場では「河北さんはリアルお嬢様なので、『これはお嬢様としてアリ? ナシ?』と聞いてました」と河北さんを頼りにしていたよう。 この日は、原作者の鈴木由美子からも手紙が届いたが、河北さんの麗子を「適役」と称賛! これには河北さんも「もう誰が何を言っても大丈夫!」と原作者からの太鼓判に嬉しそうに微笑んでいた。 さらに、映画の中のウェディングシーンにちなんで、神父によるヒット祈願を実施! 「この作品と添い続けることを誓いますか?」という言葉に河北さんは力強く「誓います!」と宣言した。 『白鳥麗子でございます! THE MOVIE』は6月11日(土)より公開。 《text:cinemacafe. net》.

次の