ナラティブ セラピー。 「自己物語」 ナラティヴアプローチ・セラピーの長所・短所

ナラティヴの質問

ナラティブ セラピー

* 希望者には宿泊場所を手配いたします。 またご自身で手配するための要領については、本資料の「宿泊手配について」をご覧ください。 募集人数: 16名〜18名(最小催行人数12名) 対象: 対人援助職についており、ナラティヴ・セラピーのことを学ぼうとしたことがある方、興味がある方 * 本ワークショップにおいて、ナラティヴ・セラピーの学習レベルは問いませんが、ワークショップはまったくの初心者に合わせた内容ではありませんので、参考図書を事前に読んでおかれることをおすすめします。 申込先: 【ワークショップの概要】 ナラティヴ・セラピーを大学院および博士課程の中心に据えているワイカト大学の講師陣、そして、同大学の大学院を終了し、日々実践しているカウンセラーを講師として招き、ナラティヴ・セラピーの基礎と実践を感じ取ってもらうプログラムです。 ナラティヴ・セラピストになるためには、その思想的背景を理解する必要がありますが、書籍などを読んで「理解」するだけでなく、全身でその実践を「感じ取る」ことも重要です。 このワークショップを通して、ナラティヴ・セラピーがより身近になり、ご自身の臨床に生きてくることを目指します。 ワークショップにおいては、「ナラティヴ・セラピーの会話術」を著し、ナラティヴ関係書を訳している国重浩一が日本語で解説します。 また、本コースには国重の共訳者であるバーナード紫が通訳を勤めますので、英語に自信がない方でも参加できます。 セラピストは、このような資質の歴史を調査することによって、クライエント自身の新しいナラティヴを共に著述していくように助けるのである。 ナラティヴ・セラピーは、人々の人生を否定的な方法で形作るように要求する支配的なディスコースにチャレンジすることを通して、治療的な会話が社会的正義のアプローチとなるように求める。 このアプローチは、大部分がオーストラリア人のソーシャルワーカーであるマイケル・ホワイトとニュージーランドのデイヴィッド・エプストンによって、1970年〜80年代に開発された。 wikipedia. 本ワークショップの講師およびセラピストは、すべて、この専門コースの出身者です。 (なお、本ワークショップへの参加によって、ワイカト大学の単位を取得することはできません) 【プログラム(予定)】 4月29日(水) 夕方: チェックイン&オリエンテーション(日本語) 4月30日(木) AM: マオリ族の歓迎のセレモニー&ランチ PM: 講義(ナラティヴ・セラピー入門) 5月1日(金) AM: 講義(ナラティヴ・セラピーの質問) PM: 理解を深めるための振り返りと解説(日本語) 5月2日(土) AM: 講義(ナラティヴ・セラピーを取り巻く理論) PM: 理解を深めるための振り返りと解説(日本語) 5月3日(日) AM: 講義(ナラティヴ・セラピーの実践) PM: 理解を深めるための振り返りと解説(日本語) 5月4日(月) AM: 学びの振り返り PM: ナラティヴ・セラピストになるために(日本語) (総括的な振り返りと今後に向けて) 5月5日(火) (オプショナルツアー) 5月6日(水) (有志者で自主勉強会) 5月7日(木) ニュージーランド発 【宿泊手配について】 ワークショップを行うハミルトン市は、オークランドから南に150Kmほどにある都市です。 ワークショップ会場のYWCA Hamiltonは、ハミルトン市の中心街にあります。 今まではDCNZが宿泊料金を参加者に請求して、宿泊場所の手配をおこないましたが、いろいろと調査した結果、ホテル予約サイトからご自身で予約した方が安くなることが分かりました。 そこで、ホテルの手配につきましては、ワークショップ会場に近いホテルの一覧を挙げますので、ご希望のホテルをホテル予約サイト(ブッキングドットコム、 ホテルズドットコム、 エクスペディア、じゃらんnetなど)からご自身で予約していただくようお願いいたします。 なお、何かホテルと調整しなければならないことが生じましたら、通訳などで対応しますので、ご安心ください。 また、ツインルームを希望される方は、申し込みフォームにその旨をご記入ください。 他の参加者と調整を図り、こちらで予約いたします。 その際には、現地で宿泊料金を支払っていただくことになります。 ツインルームは、基本的には、シングルの料金と同一ですので、二人で泊まれば半額になります。 【宿泊施設】• Ashwood Manor Hamilton Motel(アッシュウッド) (部屋が広い。 朝食は個別注文。 調理設備は限られている)• Tudor Motor Lodge Hamilton(チューダーロッジ) (各部屋に調理設備が完備。 自炊したい人向け)• Lake Point(レイクポイント) (部屋に調理設備が完備。 自炊したい人向け。 上の三つよりも若干遠い。 坂の上にあるため少し登ります)• Sudima Hamilton(スディマ) (町の中心に位置するホテルです。 YWCAからは若干距離がありますが、食事などには便利です) 【NZ消費税とドル表記】 ワークショップ参加費にNZ消費税(GST)が必要となります。 参加費には消費税が含まれますので、ご了解ください。 また為替レート変動分を見越して、ワークショップ金額を決めると結果的に割高になりますので、ワークショップの代金はNZドル建てで表示することにしています。 【問い合わせ】 国重浩一、バーナード紫 (narrative dcnz. net 日本語可) ニュージーランドに在住していますので、メールでの問い合わせとなります。 なお、希望者にはスカイプで話すことも可能です。 【参加申し込み要領】 以下のサイトからお申込みください。 ワークショップ代金の支払い方法は、実施が決まった時点でお知らせしますので、その後すみやかに入金をお願いします。 以下のサイトにおいて、申込状況およびワークショップ実施の決定などを適宜更新していきますので、確認のためご覧ください。 当日の3週間前~当日まで : 申し訳ありませんが、返金いたしかねます。 【ダイバーシティ・カウンセリング・ニュージーランドについて】 本ワークショップを企画している「ダイバーシティ・カウンセリング・ニュージーランド(DCNZ)」は、NZで正式に登録されているチャリタブルトラスト(非営利団体)です。 講師および通訳を務める国重浩一が本組織に所属しています。 本ワークショップで得られた収益は、難民・移民に対する支援サービス(カウンセリングなど)の活動資金として活用させていただきます。 Tagged , , Post navigation.

次の

ナラティブアプローチとは|看護やセラピーにも役立つ個人の物語

ナラティブ セラピー

ナラティブセラピーの定義 ナラティブセラピーとは、 社会構成主義や ポストモダンの影響を受け発展した心理療法です。 「ナラティブ」とは「語り」という意味です。 クライエントの語るこれまでの人生の物語を、クライエント自身が 再構築して新たな物語にすることで、問題の解決を目指していく治療法です。 ナラティブセラピーでは、クライエントの病理や問題は、クライエント自身が作り出した物語の結果であり、その物語に合わない認知や体験が否認されたり歪曲されたりすることにより生じると考えます。 そこで、セラピストとの 対話を通じ、クライエント自らが語ることで、クライエントを支配している物語を新しい肯定的な物語へと編集し直していくのです。 この治療法は、PTSDの治療に特に有効とされていますが、症状の除去から人生観の転換に至るまで、幅広い改善が期待されています。 ナラティブセラピーの関連キーワード• 社会構成主義• ポストモダン• 物語の再構築• 外在化技法 ナラティブセラピーの補足ポイント ナラティブセラピーは、20世紀後半以降、家族システム論を基盤に社会構成主義やポストモダンの影響を受け、飛躍的な発展を遂げてきた心理療法です。 社会構成主義とは「現実とは、人々のコミュニケーションの間で、言語を媒介にして構成されるものであり、客観的真実や本質といったものは存在しない」とする立場です。 また、ポストモダンも同様に「客観的な真実というものは存在せず、同じ事実でも語る方向によってさまざまな別の物語になり得る」という考え方です。 ナラティヴセラピーでは、人は他者との会話によって育まれる物語的アイデンティティの中に生きる存在であると見なすのが特徴といえます。 ナラティヴセラピーにおける技法の1つである 外在化技法についても確認しておきましょう。 クライエントの多くは、自分の信念や価値観などにより、問題を問題と見なしてしまっていることが少なくありません。 問題を自分の一部として、マイナスな経験を繋ぎ合わせた物語を作り、「だめな自分」と語ることが多々あります。 これは問題が内在化している状態です。 内在化している病理や問題などをクライエントと切り離していくのが外在化技法です。 外在化により「クライエント=問題」という図式から、「外部にある問題と、それに苦しめられているクライエント」という見方へとシフトすることになります。 これにより、問題点をはっきりさせて解決方法を模索していくことが可能となり、また、治療者とクライエントが協力して問題に取り組むことができるようになるのです。

次の

国重浩一&横山克貴編著「ナラティヴ・セラピーのダイアログ」

ナラティブ セラピー

ナラティブ・セラピー Narrative Therapy 近年注目されているセラピーのための 技法にナラティブ・セラピーというものがあります。 思想的な背景にポストモダニズムおよび社会構成主義 Social Constructionism を持ちます。 ここでは、このナラティブ・セラピーについて、いろいろなセラピストの概念を引用することで、説明していき たいと思います。 まず始めに、「物語としての家族」の共著者、マイケル・ホワイトの説明を紹介します。 ご注意いただきたいのは、マイケル・ ホワイトの文章スタイルは英文でも特異であるうえ難解です。 これを翻訳してどの程度の意味を汲んでいただけるか自信がありませんが、ナラティブ・セラピー を学んでいくうえで必要であると思い掲載しました。 ナラティブ・セラピーのアウトライン By マイケル・ホワイト 1. ナラティブ・アプローチの中心は、人々の経験する人生に対しての各自の表出・表現 Expression に焦点を当てていくことである。 2. これらは、生活している世界について人々が経験を表出・表現したものであり、生きた経験へのすべての表出・表現は人々に解釈行動 interpretive acts を要求する。 3. 人々が世界における経験に意味を与えることが出来るのはこのような解釈行動を通じてである。 解釈行動は、人生に対する人々の経験を自分に対しても他人に対しても分別のあるものとする。 意味は経験の解釈以前には存在ない。 4. 経験に対する表出・表現は、意味や経験の基本単位となる。 人々の人生に対する表出・表現を考察すると、意味と経験は不可分のものである。 5. 経験を解釈する行為は、理解するための枠組みを供給している解釈の供給源にどれだけ人々が依存しているかによって変わりうる。 6. 表出・表現は人生の構成する。 表出・表現は人生が形作られるうえで、実際的な効果をもたらす。 意味の上にたって予測される。 文化的に決められた人生に対する知識や行動によって表出・表現は理解される。 ひとつは同様な経験をした時の背景を特定の経験に当てはめる事であり、ひとつは人の生活の中で起る特定の出来事を他の関係に照らし合わせててみることである。 8. 人々がそれぞれの人生を表出・表現によって形成し、それを再形成する様な場において、表出・表現は「学問」的な問題ではない。 表出・表現はいくつかの経 験の静的な生産物と考えることはできない。 表出・表現は人生の領域の地図ではなく、それが生きられているような人生の反映でもなく、世界の鏡でもなく、実 際に何が起っているかの外側にある人生に対する見方 perspectives でもない。 9. 物語が持つ構造は、日々の生活の中における人々に対する理解への基本的な枠組みを規定する。 特定の主題に従い、時間軸に応じて展開された次々の起る生活での出来事を人々がつなぎあわせる枠組みである。 10.直線上の因果関係は、物語が持つ枠組みの優勢的な特徴である? 出来事は線上の連続的なものとして取り入れられるため、それぞれの出来事は引き続いて起る出来事に対する可能性の基礎となる。 この説明によって起る出来事を予想可能なものとする。 人生の表層における行動を解読するにあたって、このような規定や手順を応用することによって、行動という現 象の「真実」を明らかにする。 再見直しと再生はオルタネーティブな現在を共通のテーマで結びつけ、過去の関連した経験とを結び合わせる。 これらはしばしば文化に存在する劣った知識や技術として受け取られている。 望み、気まぐれ、気分、ゴール、希望、意図、目的、動機、抱負、情熱、関心、価値観、信念、空想、コミットメン ト、気質などの概念の実施についてのことである。 人生を時間軸にそってストーリーを結び合わせていくことである。 目的、価値観、コミットメントを共通に持つテーマに沿って、人生間のストーリーを結び合わせていくことである。 メタテキスト meta-text の生産の活動とメタからメタテキストのテキスト texts that are meta to meta-texts についてである。 考 察 上 記のアウトラインをなかなか理解しにくいと思われるが、要点としては、クライアントが自分の人生に対して、どのような表出・表現 Expression を持っていくかを考察していきながら、その表現には収まりきれないストーリーに焦点を当てていくことである。 焦点となるストー リーは、「ユニークな結末」であり、既成に存在する個人の物語には当てはまらないものである。 このようなストーリーに対する探求? 語りそして語り直しを通 じて? オルタネーティブな物語を生みだし、その物語が新たな表出・表現、実行、そして再構築された個人の物語を産むとしている。 このようなコンセプトを持ちながら、どのようにして実際のセラピーに当てはめていくかについては、実践的な面接技法としては以下の書物が参考となる。 ウインスレイドとG. モンクの「新しいスクール・カウンセリング:学校におけるナラティヴ・アプローチ」 John Winslade金剛出版 2001-05 売り上げランキング : 580190 by ナラティヴ実践協働研究センター(NPACC)は、クラウドファンディングの支援を受けて、2019年3月に一般社団法人として、新しく発足しました。 4月6日に発足説明会を実施した後、オフィスの契約と準備、そして、ナラティヴ実践トレーニングコース、リスニング実践トレーニングコース、カウンセリングセッションのスタートなど、徐々にですが確実にその活動を前に進めています。 NPACCの提供するカウンセリングの詳細については、NPACCホームページ内の「カウンセリングを受ける」ページをご覧ください()。 カウンセリングセッション予約はナラティヴ実践協働研究センターのホームページに組み込んだ、予約システムからお申し込みいただけます。 予約システムページ:.

次の