マッサージ 資格 種類 民間。 ベビーマッサージ資格の種類・取得方法は?資格を生かした仕事も解説

リンパマッサージの国家資格とは

マッサージ 資格 種類 民間

民間資格の利点は特に何もない マッサージ業界で使える資格は、民間資格と国家資格の2つに分かれます。 民間資格はその数は数えられない程多く、各流派や整体論など挙げればキリが無いくらいにあります。 資格取得の方法や費用も様々で、2年間みっちりとスクールで学ぶものから、通信教育で数カ月で取得できるものもあります。 費用も、10万円前後から400万円以上掛かるものまで幅広くあります。 種類も学ぶ期間も費用も様々な民間資格のマッサージ系の資格ですが、その共通点は持っていてもいなくても 優遇措置が特にないこと。 あくまでも民間企業や個人が発行している資格なので、保険適用できる施術が出来るわけでもなければ、医師の指示の元に治療を行うと言ったことも出来ません。 ぶっちゃけて言ってしまえば、あってもなくてもいい資格、それが民間資格です。 短期間低予算が民間スクールのいいところ しかし、マッサージ業界で働いてみようと思った際、国家資格の取れる学校に通うお金も時間もない人はたくさんいます。 そんな方々には、民間のマッサージ整体スクールが必要です。 何の体の知識もなく、施術経験もない状態では 働きたくても就職先がありません。 数十万円の学費で数カ月の間に、生理学や解剖学などの体の基礎知識とリラクゼーションや整体の施術を学ぶことが出来るので、時間やお金に余裕がない人でもマッサージ業界で働く機会を得ることが出来ます。 また、企業の運営している大きめの規模のスクールであれば、カリキュラム終了後の就職先の斡旋も行ってくれるのでスムーズな就職が出来ます。 専任の就職コーディネーターがいるスクールであれば、希望の条件に合った会社のマッチングや就労条件の交渉、就職後のフォローアップまで行ってくれる手厚いサービスを受けることも出来ます。 平均年収が最も高い柔道整復師になるには マッサージ業界で使える国家資格として最も人気なのは柔道整復師。 人気の理由は、保険治療が行えること、そして就職先が大量にある為、資格保持者の売り手市場が強いこと、独立開業ができることです。 資格の取得には、柔道整復師専門学校で3年間カリキュラムを受講しなければなりません。 (一部の大学で取得することもできる) 学校は朝から夕方までみっちりと授業があるので社会人であれば仕事と両立するのはまず不可能ですが、行政の規制緩和もあり、昼の部と夜の部のある学校や、時間と学費(夜間部の方が若干安い)に融通が利くようになってきています。 学費は学校によって差がありますが、3年間で約400万円程度。 3年間柔道整復師の授業カリキュラムを受講することで、国家試験の受験資格が与えられます。 毎年3月、 年に1度だけ試験が行われ合格すると柔道整復師の資格が与えられます。 もし落ちてしまっても柔道整復師の専門学校を卒業していれば受験資格があるので何度でも受験することが出来ます。 柔道整復師の平均年収は 院長及び院長候補の平均月収27万円、各種手当を含めると平均30万円。 勤務柔整師の場合、月収25万円程度、有資格者を対象とした整骨院のアルバイト時給900~1500円です。 (地方と都心部では差が生じます) 世代別年収は、30代平均年収400~500万円、40代平均年収500~600万円、50代平均年収700万円以上。 あくまでも、開業した柔整師の給与を含む金額なので、雇用されている整骨院院長は年収がもっと低くなるようです。 年代が上がるほど整骨院の院長になる人口が増えるので、各手当が追加され年収が増える傾向にあります。 整骨院によりますが、休日は週休1日、朝9時から夜9時以降までの長時間営業、お昼休憩が2時間といった 拘束時間の長さが際立つ一面のある業界でもあります。 マッサージ業界の 国家資格の中で平均年収が最も高く、雇われ院長となると年間休日数60日に満たない様な過酷な整骨院もあるので、就職は慎重に選びましょう。 高待遇の鍼灸師が狙い目 鍼灸師の国家資格を取得するには、専門学校に3年間通い授業を受講し、受験資格を得て国家試験に合格する必要があります。 学費は3年間で約500万円、鍼師と灸師は別々の資格ですが通常は併せて取得します。 柔道整復師のように保険請求を自身の判断で行うことが出来ないので、医師の同意書が必要です。 その為、保険請求での収入を得ることが大変難しく、高い技術がなけば生き残れない利点のあまりない資格でした。 月15万円以上稼げるのは3人に1人と言われるほど、鍼治療の需要は少なく平均年収も200万~300万円と低い水準で、開業して月収30万円以上稼げれば成功と言われるほど厳しい状況でした。 しかし、近年、老人ホームや介護施設などの高齢者が利用する施設での求人が増加、高待遇での雇用が人気を集めています。 その理由は、高齢者施設を運営をする企業が仲介に入ることで、医者の同意書を通した 保険適用の鍼治療が行えるようになった為。 人手不足の高齢者施設に、医師とのパイプラインを持った企業が入ることで 鍼灸師の資格に新たなビジネスモデルが確立されました。 土日祝日休み、月給40万円以上、有給、夏季休暇などの福利厚生に、勤務時間は朝9時から夕方18時まで残業も月10時間程度という医療業界の高待遇です。 チャンス到来のあん摩マッサージ指圧師 あん摩マッサージ指圧師も3年間の通学と約500万円の学費を払い、受験資格を得て国家試験に合格しなければなりません。 全国に21校しか専門学校が無い為、住んでいる街に学校がなければ入学するだけでも一苦労です。 学校も少ない上に、高い学費と低すぎる平均年収の為、人気のない資格でしたが鍼灸師同様に、 高齢者施設からの高待遇の求人が急増。 平均年収が大幅に改善される始めています。 さらに、鍼灸師には出来ない訪問マッサージの仕事が高齢者施設と企業の働きかけにより医師の指導の元、増え始めています。 保険適用されるマッサージなので安定した収入とたくさんの高齢者からの需要が見込める為、関係する施設を運営する企業から引く手あまたで、その求人は鍼灸師よりも多く求められています。 ケアマネージャーに転身できる鍼灸師の資格 鍼灸師として実務経験を5年間積むと、介護支援専門員 ケアマネージャー の受験資格を得ることが出来ます。 ケアマネージャーとは、介護資格の中でも上級資格で資格手当が付きます。 介護の現場で直接、利用者を介護するのではなく、介護サービスプランを作成したり、専門の事業者との連絡調整を行う介護業界におけるマネージメントを行うことが出来る国家資格。 この先ずっと続く超高齢社会において、需要の無くならない介護ビジネス業界でケアマネージャーの資格を持っていれば、まず仕事がなくなることはないでしょう。 マッサージ業界と介護業界で使える鍼灸師とケアマネージャーの国家資格を両方持っていれば、資格手当を含めて高い年収と安定した雇用環境で働くことが出来ます。

次の

実は国家資格ではない!?整体・マッサージの資格の種類といろは!|美容業界に特化した求人情報サイト◆キレイにスルンダ(きれいにするんだ)◆

マッサージ 資格 種類 民間

タイ古式マッサージについて学ぶ!資格の種類や取得方法とは? タイ古式マッサージについて技術をしっかり修得したいという場合は、資格取得を目指すのがおすすめです。 資格をとれば技術を身に付けられるとともに、その技術力を証明することもできます。 タイ古式マッサージはとても効果が高いマッサージ方法なので、多くの人に人気があります。 資格とともに技術をしっかり修得すれば、多くの人に癒しを提供できるでしょう。 タイ古式マッサージの資格にはどういった種類があるのでしょうか。 また、取得方法はどうなっているのか気になりますよね。 今回はタイ古式マッサージの資格について紹介します。 タイ古式マッサージ師になるには資格が必要? タイ古式マッサージ師になるためには、どういった準備が必要なのでしょうか。 まずは、その概要についてみてみましょう。 マッサージ師の仕事は人の体に直接触れるものなので、間違いが無いようしっかりと確認しておく必要があります。 国家資格はなく民間の資格のみ 日本で取得できるタイ古式マッサージ師の資格は、民間の資格しかありません。 国家資格としてはタイ古式マッサージの資格はとくにないため、資格自体は無くても店を開くことが可能です。 もちろん、タイ古式マッサージを仕事としておこなうなら、民間の資格でも取得しておいたほうがよい場合も多いです。 資格があるというだけで、お客さんにも安心感を与えることができます。 民間団体が認定しているタイ古式マッサージの資格にはさまざまな種類があるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。 そのためには資格の種類をしっかり把握して、比較検討することが必要不可欠です。 学歴は問われない タイ古式マッサージの施術をするためには資格は必須ではないため、学歴もとくに問われることはありません。 どんな学歴でも技術さえしっかり修得していれば、お客さんを満足させることが可能です。 「マッサージ師」を名乗るなら国家資格が必要な場合もある タイ古式マッサージそのものについては、国家資格があるわけではありません。 しかしながら、「マッサージ」をおこなうためには、あん摩マッサージ指圧師免許やはり師免許などが必要になります。 そのため、タイ古式マッサージのサービスをおこなうときは、「マッサージ」ではなく「リラクゼーション」として実施するパターンが多いです。 実際に提供するサービス内容は変わりませんが、タイ古式マッサージの施術者として働くときは資格の有無と制度の関係についてもおさえておいたほうが無難です。 タイ古式マッサージ師の資格の種類 タイ古式マッサージの資格としては、さまざまなものがあります。 それぞれ認定団体や学べる内容にも違いがあるので、自分が求める内容に合ったものを選ぶのがポイントです。 IBMA認定タイ古式マッサージセラピスト IBMAとは、国際ボディメンテナンス協会のことです。 IBMAが認定しているタイ古式マッサージセラピストの資格取得を目指せば、タイ古式マッサージの基本となっているタイ伝統医学や実際の施術方法について詳しく学ぶことが可能です。 また、IBMA認定タイ古式マッサージセラピストの資格は、タイ国政府文部省・厚生省認定校(CCA)と提携しているため、4日間の講座と資格試験に合格するとタイ国政府文部省・厚生省認定校(CCA)の修了証も取得することができます。 日本にいながらタイの学校の修了証も取得できるというのは、とても画期的な資格ですよね。 タイ文部省認定 CLSマッサージスクール タイ文部省認定CLSマッサージスクールは、タイのチェンマイにあるスクールに通って取得を目指す資格です。 本場の技術を学ぶのに役立ちますが、スクール代のほかに滞在費用も必要になるため、資格取得までにかなりの費用がかかることが予想されます。 そのため、気軽に選べる資格ではないですが、明確なビジョンがあり本気で資格取得を目指したい場合であれば、タイ文部省認定 CLSマッサージスクールを選んでみるのもよいでしょう。 TTMA公認プロタイマッサージセラピスト TTMAとは、特定非営利活動法人日本トラディショナルタイマッサージ協会のことです。 TTMAが認定するプロタイマッサージセラピストの資格は、日本でもっともポピュラーなタイ古式マッサージの資格といっても過言ではないでしょう。 TTMA公認プロタイマッサージセラピストの資格を取得すれば、実践的な技術を学ぶことができるので、活躍できるプロのセラピストを目指すことができます。 タイ古式マッサージの資格の取得方法 タイ古式マッサージの資格取得を目指すには、さまざまな方法があります。 資格取得を目指すときは、自分の状況に合わせて適切な方法を選ぶのがおすすめです。 日本のスクールに通学する 日本人がタイ古式マッサージの資格取得を目指す方法としてもっとも一般的なのは、日本国内にあるタイ古式マッサージのスクールに通学することです。 タイ古式マッサージについて学べるスクールは日本国内にもたくさんあります。 なかには、日本国内で本場タイの学校の修了証まで取得できる制度があるスクールもあります。 いまの生活を変えずに、タイ古式マッサージの資格取得を目指したいという場合は、日本国内にあるスクールを選んで資格取得を目指すとよいでしょう。 タイに留学する タイ古式マッサージの資格取得を目指す場合、タイに留学して本格的に学ぶという方法もあります。 タイ古式マッサージが医療現場でも導入されている本場のタイなら、タイ古式マッサージについてより詳しく学ぶことができるでしょう。 日本では決してできない体験ができるはずです。 もちろん、タイに留学するとなれば費用もかなり掛かりますし、いまの生活を大きく変化させる必要があります。 とはいえ、明確な目標や夢があるなら、挑戦してみるのもよいでしょう。 入社してから会社で受講して取得する タイ古式マッサージのサービスを提供しているカ社の中には、未経験者でもセラピストとして採用しているところもあります。 そういった会社は研修制度を充実させていることも多いので、働きながらしっかりと技術の修得が目指せます。 お金をもらいながら技術を学べるというのはとても魅力が大きいですよね。 趣味としてではなく仕事して活かすためにタイ古式マッサージの資格取得を目指したいのであれば、先に就職するというのも1つの手です。 タイ古式マッサージの資格にはたくさんの種類がある タイ古式マッサージの資格にはさまざまな種類があり、取得方法もいろいろとあります。 そのため、自分の状況に合わせて資格や勉強方法を選ぶことが大切です。 場合によっては、働いて給料をもらいながら資格取得を目指すという方法もあるので、仕事としてタイ古式マッサージをおこなっていきたいなら選択肢は幅広いといえるでしょう。 もちろん、資格取得にあたっては、資格をとることよりもしっかりと技術を身につけることに重きを置く必要があります。 そうすれば自ずと資格取得のための試験にも合格できるはずです。 体で覚えた技術はずっと残るので、最初にしっかりと学んでおくと今後のキャリアにも活かすことができるでしょう。 タイ古式マッサージについて興味をもっているなら、自分に合った方法で資格を取得してしっかりとした高い技術を身につけてみませんか。 手に職をつけることができれば、将来も大きく変化するはずです。 タイ古式を学ぶなら.

次の

整体師になるには?どんな資格や方法があるのかを知っておこう

マッサージ 資格 種類 民間

整体師になるために必須となる資格はなく、国家資格があるわけでもありません。 無資格の状態でも整体師として今すぐ名乗ることは可能です。 ですが、無資格かつ未経験の方に施術を行って欲しいと思うお客様はいません。 お客様との信頼関係を築くことも一苦労ですし、自分の整体の技術にも、全く自信が持てないと思います。 そこで、専門学校に通ったり、講座を受講して資格を取得するというのが一般的となります。 資格を取得するといっても、整体師の資格は全て民間資格となるため、いくつもの資格が存在しています。 どのような資格の種類があるのかということについて、ご紹介していきたいと思います。 整体師資格の種類について 整体師の資格は全てが民間資格となっており、資格を認定している団体によって資格名称や試験などが異なります。 具体的にはどのような資格があるのでしょうか。 今回は、国家資格とされている資格も含めて、いくつかご紹介します。 国家資格となる整体関連の資格 ・柔道整復師 ・あん摩マッサージ師 ・鍼灸師 民間資格となる整体関連の資格 ・整体セラピスト(NPO法人 日本セラピスト認定協会) ・スポーツ整体師(NPO法人 日本セラピスト認定協会) ・整体ボディケアセラピスト資格(JADP一般財団法人 日本能力開発推進協会) ・整体師 リラクゼーションセラピスト(IHTA一般社団法人 国際ホリスティックセラピー協会) このように、整体師と一言でいっても様々な資格が存在しています。 ただ、柔道整復師やあん摩マッサージ師、鍼灸師というような国家資格は、整体師に含まれない事があります。 民間資格には多くの資格があり、取得方法などもそれぞれの認定団体により異なります。 受験資格が特にないものもあれば、講座などを受講しなくてはならないものもありますので、事前に確認するようにしてくださいね。

次の