恩恵 対義語。 「恩恵」の意味とは?類語、使い方や例文、反対語を紹介!

「恩恵」の意味と読み方とは?使い方や例文と類語・対義語も紹介

恩恵 対義語

「享受」の意味とは? 「享受」は、「きょうじゅ」と読みます。 まずはその意味から紹介しましょう。 「享受」は「受け取り自分のものにする」という意味 「享受」とは、端的に言うと、「(利益などを)受け取り自分のものにする」という意味の言葉です。 そもそも、「享」は、本来、神に供物を勧めるという意味があるそうで、現在では、もてなしを受ける・ありがたく受け取る・(供物を)捧げる、などといった意味として使われている漢字です。 そこから、「享受」は「自分のメリットとなることを進んで受け取り、自分の楽しみや利益とすること」という意味として使われています。 利益や恩恵のほか、「享受」は「芸術を味わい楽しむ」という意味も持つ言葉です。 「享受」の使い方 「享受」は実際にはどう使えばよいのでしょう。 使用例をいくつか紹介します。 「利益を享受する」というと「利益を受け取る」の意味に 「享受」は、「利益を受け取る」という意味でよく使われます。 ここでいう「利益」には、お金など物理的なものだけでなく、精神的にもメリットとなるような事柄も含みます。 たとえば、• 莫大な遺産を享受した といった使い方が可能です。 「利便性を享受する」は利用・活用のニュアンスに 利益の「享受」と似ていますが、「利便性を享受する」という使い方もよく目にするものです。 この場合は、「自分のものにする=利用する・活用する」というとわかりやすいかもしれません。 たとえば、• あらゆるテクノロジーによる利便性を享受している• 会員としての特典を享受している といった表現が可能です。 また、似た表現には「制度を享受する」といった使い方も挙げられます。 この場合、「制度を活用する」という意味以外にも、「制度を取得する」といったニュアンスにもなりえます。 楽しむ・恵みを受けるの意味で使われることも 「享受」には、「自ら進んで受け取り、楽しみとする」という意味もあります。 たとえば、• 自由を享受する• 自然の恵みを享受する などと使う場合です。 「恩恵を受ける」とも言い換えることができるでしょう。 「享受させる」は「与える」の意味に 「享受」を「享受させる」という風に使う場合は、「受け取らせる・楽しませる=与える」というニュアンスで使用されることがあります。 たとえば、• ユーザの目的に応じたサービスを享受させるために• より理想的な環境を享受させることを目的とする という風に、「利用の手引き」や会則、サービス案内などで用いられることの多い表現です。 「享受」は、日本国憲法前文でも用いられている 様々なシーンで「享受」という言葉は用いられますが、最も代表的な例としては日本国憲法前文における一文が挙げられます。 教科書以外ではあまり目にすることのない日本国憲法ですが、「享受」を含む前文の一節を紹介しておきましょう。 国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する 出典: 端的に言うと、「国政とは国民に信託されたものであり、(中略)国家の権力は国民の代表者が行使するが、その福利(幸福と利益)は国民が受け取る」という意味です。 「享受」の類語は? 「享受」の類語にはどういったものがあるのでしょう。 似た意味の言葉を紹介します。 「享受」の類語は「享楽」「受益」「逸楽」 「享受」の類語には、「享楽」「受益」「逸楽」などがあります。 「享楽(きょうらく)」とは、「心地よく楽しい様」を表す言葉で、快い感情を指します。 「受益」とは、読んで字のごとく、「利益を受け取る(受ける)」という意味です。 「逸楽(いつらく)」には、「自由気ままに遊び楽しむ」という意味があり、いずれも、「楽しい」「心地よい」というニュアンスの言葉です。 「享受」の言い換えとしてこれらの類語が使えることもありますが、場合によっては、先の「使い方」で示したように、「利用する」や「恩恵を受ける」といった言い換えの方が伝わりやすいケースもあります。 文脈に応じた使い分けをおすすめします。 「享受」の対義語は? 「享受」と反対の意味の言葉にはどういったものがあるのでしょう。 対義語を紹介します。 「享受」の対義語は「提供」 「享受」と反対の意味の言葉は「提供」です。 「享受」は「受け取り自分のものにする」という意味ですので、その対義語は「与えること」という意味になります。 「提供」以外にも、「供給」「供与」なども対義語といえるでしょう。 「享受」を英語にすると? 最後に、「享受」の英語訳を紹介しましょう。 英語では誰もがよく知るあの英単語を使用します。 「享受する」は英語で「enjoy」を使う 「享受する」の英訳は「enjoy」です。 「enjoy」は「楽しむ」という意味の英単語としてよく知られていますが、「享受する」という意味も持ちます。 たとえば、「enjoy significant benefit from~(~からの莫大な利益を享受する)」などといった使い方が可能です。 また、「利益を享受する」という意味では、「obtain」「receive」のように、得る・受けるという意味の単語を使用することもあります。 まとめ 「享受」には、「自らすすんで受け取り、自分のものにする」という意味があり、「(利益やメリットを)享受する」と使います。 また、「楽しむ」というニュアンスもあり、「自由を享受する」などといった使い方も可能です。 ほかにも、文脈によって「利用する」「活用する」といった意味合いになるなど、幅広く使える言葉です。 これを機に、活用してみてください。

次の

恩恵の意味と使い方をわかりやすく解説!恩恵(おんけい)を使った例文も紹介

恩恵 対義語

辟易の正しい読み方は? 辟易の正しい読み方は「へきえき」 「辟易」の読み方は「へきえき」です。 辟易に使われる「辟」は音読みだと「ひ」「へき」、訓読みだと「かたよ(る)」「きみ」「さ(ける)」「ひら(く)」「め(す)」「よこしま」と読みます。 一方の「易」は音読みだと「い」「えき」、訓読みだと「やさ(しい)」「あなど(る)」「か(える)」「か(わる)」「やす(い)」と読みます。 ひいという読み方は間違い 辟易の正しい読み方は、両方の漢字を音読みすることです。 音読みにすると「ひい」とも読めますが、その読み方は間違いです。 また「へきい」と読み間違える人もいそうです。 いずれにせよ、「へきえき」という正しい読み方を覚えてしまいましょう。 「辟」には「重い刑罰」「治める」「君主」「掟」「招く」「除く」「開く」「よこしま」「避ける」「叩く」など様々な意味があります。 辟が使われる熟語には「招辟(しょうへき)」「大辟(たいへき)」「百辟(ひゃくへき)」「復辟(ふくへき)」などがあります。 易が使われる熟語には「改易(かいえき)」「交易(こうえき)」「不易(ふえき)」「変易(へんえき)」「貿易(ぼうえき)」「安易(あんい)」などがあります。 辟易の意味は「うんざりする」「嫌気がさす」 「辟」と「易」という2つの漢字が含まれた「辟易」は、「とても迷惑に感じてうんざりする」「嫌気がさす」ことを意味します。 また「相手の勢いに圧倒されてしまいたじろぐ」という意味で、使われることもあります。 いずれにせよ、否定的なニュアンスで使われる言葉だということです。 辟易はこうやって使う!正しい使い方と例文 「辟易する」が正しい使い方 「辟易」は、人間の心情や気持ちを表す熟語の一つです。 そのため物事を対象に、この漢字を使うことはありません。 また辟易を名詞として使うのではなく、「する」という動詞を加えて「辟易する」という言葉として用いるのが一般的です。 「辟易している」という表現は、「辟易する」に「いる」という言葉が加わっています。 それにより、「うんざりしている様子」を表しているのです。 そのため、他者の様子をっ表現する際に用いられます。 辟易の語源にはどんなものがある? 辟易の語源は中国の「史記」 「辟易」という言葉が、中国の「史記」が語源とされています。 「項羽本紀」の中で使われており、「辟」は避ける、「易」は変えるというのが本来の意味でした。 しかしそれが転じて、「相手を恐れて逃げる」ことを表したのです。 「辟」という文字の語源ですが、そもそもは「刑罰」という意味を持っていました。 それが転じて「避ける」という意味になったとされています。 また「平伏する」「横にさける」という意味も併せ持ちます。 「易」の語源ですが、これは象形文字からきており「とかげ」を表しています。 とかげは光の加減で色が変化して見えることから、「変わる:という意味で使われるようになったそうです。 日本では語源から意味が転じた 「辟易」が中国から日本に伝わった際には、「逃げる」「たじろぐ」という意味で使われていました。 しかし時間の経過と共に、相手に対して何もできないという状態を表現していることから「閉口する」という意味でも使われるようになりました。 日本で語源が転じた後は、「避けて通りたいほど嫌気が指す」「道を変えたくなるほど圧倒されてしまって尻込みする」という意味で用いられています。 飽きるは「もう十分である」「嫌になる」「興味を失くす」という意味を持ちます。 そのため、「うんざりする」という意味の類語として用いられます。 飽きるを用いた例文としては、「毎日朝食のメニューが同じなので飽きる」「過去問題集ばかり解いていると、問題が似ていて飽きる」などがあります。 また「飽き飽きする」という表現で使われることもあります。 「倦厭(けんえん)」にも「飽きて嫌気がさす」という意味があるので、類語に分類されることがあります。 閉口するには「手に負えなくて困る」「どうしようもなく悩まされる」「圧倒されて言葉に詰まる」という意味があります。 「辟易する」の「閉口して困ってしまった」という意味の類語として使われます。 閉口するを用いた例文として、「彼の口の悪さには閉口する」「彼女の屁理屈さ加減には、閉口せざるをえません」などがあげられます。 尻込みするには「怖気づいて後ずさりする」「気後れしてためらう」「相手に勢いに逡巡する」といった意味があります。 「相手の勢いに圧倒されて引き下がる」という意味で、辟易の類語とされています。 尻込みするを用いた例文として、「街灯がまばらな公園を抜けるときには尻込みする」「取引先からの提案内容は魅力的だが、予算オーバーなので白込みしてしまう」などがあげられます。 感謝には「ありがたく思う気持ち」「ありがたいと感じてお礼をいうこと」という意味があります。 そのため「うんざりとして嫌気がさす」を表す「辟易」の対義語になるのです。 「感謝」を用いた例文としては、「いつも私を見守ってくれる両親に感謝しています」「感謝の気持ちを込めて、手紙を書きました」などがあげられます。 感謝の敬語表現については、以下の記事を参考にしてください。 好意には、「相手に対する親しみの気持ち」「相手を好ましく思う気持ち」「親切心」という意味があります。 「嫌気がさす」という意味の「辟易」とは、真逆の言葉です。 好意を用いた例文としては、「「分け隔てなく人に接する彼女は、誰からも好意を持たれています」「彼は一生懸命がんばる新入社員の1人に、好意を寄せているらしい」などがあげられます。 flinchには「ひるむ」「たじろぐ」「しりごみする」「身を引く」という意味があります。 しかし「辟易する」を英文で表現する際には端午としてでなく、「flinch from」が用いられます。 flinch を用いた例文としては、「She is not such a man as to flinch from danger. (彼女は危険にたじろぐような人ではありません)」があります。 「Everyone of a project member is flinching from an unreasonable demand. (プロジェクトメンバーの誰もがその難題に辟易しました 」という使い方もあります。 「flinch」は単語だと「気がひるむ」という意味で使われることが多いです。 「辟易する」というニュアンスで使うなら「flinch from」が適しています。 またこの表現を用いることで、何に対して辟易しているかを明確に説明できます。 be bored の意味は「退屈している」です。 うんざりした様子を表すと見なされ、辟易するの英語表現として用いられています。 「be bored 」を用いた英語表現としては、「I was bored with chief director's long speech. (私は部長の長いスピーチに辟易しました)」があります。 そのほかにも「We were bored by senior boastful talk. (私たちは先輩の自慢話に辟易しました)」という使い方もあります。

次の

「還元」の意味と正しい使い方!類語・対義語や英語表現も解説

恩恵 対義語

「享受」とは 「享受」の読み方は「きょうじゅ」 「享受」は、「 きょうじゅ」と読みます。 「享」は、音読みで「キョウ」とよみ、「受」も音読みで「ジュ」と読みます。 「享受」の意味は「受け取って自分のものにし味わい楽しむこと」 「享受」の意味は「 受け取って自分のものにし味わい楽しむこと」です。 「享」には、「うける・うけいれる」という意味があり、「受」にも「うける・受け入れる」という意味があります。 さらに、「享」には「まつる」という意味もあります。 「享受」には「相手にたてまつられているものを受け取る」という意味もあります。 現在では「享受」は、「 自分の思う通りに動かし、利益を自分のものにする」という意味や、「 芸術を味わい楽しむ」といった意味でも使用されています。 「享受」の使い方と例文 「利益享受」「便利さを享受する」などと使う 「享受」は、 ・利益享受 ・便利さを享受する といった言い回しで使用することができます。 「自然の恵み」など形のあるなしに関わらず、「受け取るすべてを自分のものにする」という意味合いがあります。 どちらかと言えば、「食べ物を享受した」といった表現よりも、精神的なものや権利に使用されることが多い表現であると言えます。 例文 ・毎年事業の成績に合わせて昇給することになっているので、ほとんどの社員が利益享受することになる。 ・今回の一件で一番の利益享受者とのなったのは誰なのでしょう。 ・利益を享受する代わりに、きちんと会社に貢献できる仕事をしなければならない。 ・これだけの便利さを享受して生活していたら原始時代には戻れないだろうね。 ・セルフレジの導入は利便性を享受することになるだろう ・彼は私に大きな幸せを享受してくれました。 ・技術の発展は私達に大きな喜びを享受する。 ・交通手段の発展は人々に自由を享受することになりました。 ・主人は私に裕福な生活を享受すると約束してくれました。 ・自然の恵みを享受し、私達は健康に暮らすことができているのです。 「享受しろ」はネット用語 「享受しろ」は、最近よくSNSなどでもよく見かけるネット用語です。 「〜する」の命令形である「しろ」を使用して、「享受」という言葉を命令形にしています。 簡単に言えば、「受け取って、楽しめ」「受け取って自分のものにしろ」という意味です。 例えば、イラストを書くのがとても上手な人が、人気アニメのキャラクターを書いてツイートをする場合に、「享受しろ」と書いてツイートをするといった感じです。 そのキャラクターやアニメのファンに「与える」という意味で使用されているということが考えられます。 同じようにレアな画像を添付したり、情報を提供するような場合に「享受しろ」と命令形で使用する人が多いです。 例文 ・これが私が厳選した3枚!素直に推しを享受しろ。 ・我が家のかわいい子どもたちの写真を享受しろ。 「享受」は法律用語でもある 「享受」は法律用語でもあります。 代表的なものを言えば、日本国憲法の中にも、「享受」を含む一文があります。 日本国憲法では、「福利は国民がこれを享受する」とし、福利についての権利を「享受」という言葉を使用して書いています。 「福利」とは「幸福と利益」のことで、国民は幸福と利益を享受する権利があるということを意味しています。 「享受」の敬語 「享受」は「自然や国、神などから恵まれたもの、保証されたものをありがたく受け取り、味わい楽しむ」という意味の言葉なので、丁寧な日本語ですが、文法上は敬語ではありません。 よって、「享受」を敬語変換する場合は、敬語の補助動詞と組み合わせるか他の敬語に言い換える必要があります。 「享受します」「享受しています」だと丁寧語 「享受」は、「享受します」「享受しています」だと丁寧語になります。 「享受します」は、「享受」に「〜する」の丁寧語である「ます」をつけています。 「享受いたします」は、「享受」に「して」という動作や状態が継続していることを表す補助動詞に「いる」の丁寧語である「ます」をつけた表現です。 「享受します」「享受しています」は、丁寧語なので使用しても失礼にはあたりませんが、丁寧に言っているだけであって、尊敬語や謙譲語ではないため、敬意はやや低くなります。 かしこまった場面ではしっかりと敬意をしめした表現にする必要がありますが、日頃の会話では「享受します」「享受しています」で十分でしょう。 例文 ・私達は日々、情報を収集する場合などインターネットの恩恵を享受しています。 ・会員特典を享受することができるので、年会費がかかっても惜しくありません。 「享受いたします」だと謙譲表現になりより丁寧 「享受」は、「享受いたします」だと謙譲表現になり、より丁寧な表現になります。 「する」の謙譲語「いたす」の語尾に丁寧語の「ます」が付いた言葉です。 謙譲語とは、自分のことをへりくだった言い方をすることで相手に敬意を示すことができる敬語表現です。 丁寧語である「享受します」「享受しています」よりも、相手に敬意を示したい場合は、「享受いたします」と使用します。 例文 ・今年も夏・冬共にボーナスをありがたく享受いたします。 ・恐れ多いですが、偉大なる祖父が残してくれた遺産を享受したします。 ・正社員となり、今年から福利厚生の恩恵を享受いたします。 「拝受」は「受け取る」を意味する謙譲語 「受け取る」を意味する謙譲語は「拝受(はいじゅ)」になります。 「拝受」は、「受けることをへりくだって言う語」であるため、目上の人から何かを受け取る時にビジネスシーンで使う熟語です。 「拝」には拝んだり、おじきする、という意味合いがあり、目上の人に対する敬意を示す言葉です。 それに「受け取る」を意味する「受」という漢字が組み合わさって「拝受」となっています。 しかし、「拝受」は、「享受」とは違い、「自然の恵みを拝受する」などと精神的なものに対して使うことはできません。 例えばクライアントや取引先から「あの資料、届きましたか」という連絡に対して「はい、拝受しました」などと返事をする場面なっで使用することができる言葉です。 まずは拝受のご連絡まで。 ・本日、お頼みした商品が届きました。 迅速なご対応をしていただき誠にありがとうございます。 まずは拝受のご報告まで。 ・先ほど、お送りいただいたメールを拝受しました。 「享受」と「甘受」の違い 「甘受」の意味は「甘んじて受け入れること」 「甘受」は「 かんじゅ」と読みます。 「甘受」の意味は、「 甘んじて受け入れること」です。 「受け取る・受け入れる」という意味合いとしては、「享受」と同じ意味をもつ言葉であると言えます。 しかし「甘受」は、ありがたく受け取ったり、受け入れたりするわけではなく「やむおえず、甘んじて受け入れる」という意味で使用される言葉です。 つまり、簡単い言えば「仕方なく」受け入れているのです。 「享受」には「仕方なく」という意味はありませんので、そこが「享受」と「甘受」の大きな違いであると言えるでしょう。 「甘受」の例文 例文 ・親は、子供の失敗を甘受しなければならない場面が多々ある。 ・自分の意見を押し殺して甘受していると、後悔ばかりする人生になってしまいますよ。 ・100%の努力をした結果なら、上手くいかなくても甘受しなければならない時もあります。 「享受」の類語 謳歌 「享受」に最も近い意味合いをもつ熟語は「謳歌」です。 「謳歌」は「 おうか」と読みます。 「謳歌」の意味は「 恵まれた境遇を存分に楽しむ」です。 「謳歌」の元々の意味は「声をそろえて歌うこと」で、そこから転じて「声をそろえて褒め称えること」という意味になりました。 さらにそこから転じて、現在では、与えられた環境を楽しむというニュアンスで使用される言葉になっています。 「〜を謳歌する」という言い回しで使用されることが多いです。 例文 ・祖父は趣味のゴルフをしたり、釣りをしたりと大いに人生を謳歌している。 ・夫が子供の面倒を見てくれていたおかげで、久しぶりの休みを思う存分謳歌することができた。 ・夏休みを謳歌するために、花火大会やバーベキュー、旅行などを友達と計画している。 享楽 「享楽」は「 きょうらく」と読みます。 「享楽」の意味は、「 思いのままに快楽を味わうこと」です。 楽しいという感情を「享楽」という言葉を使用して表現することができます。 例文 ・人生を享楽している彼女の顔はいつ見ても晴れやかで清々しいです。 ・享楽は、モチベーションを上げるためにとても大切なことです。 受益 「受益」は「 じゅえき」と読みます。 「受益」の意味は「 利益を受けること」です。 「享受」も、紹介したように「利益を受け取る」という意味で「利益享受」という表現をされることがあるので、類語になります。 しかし、「受益」の場合、「思うままに」というニュアンスは含まれないので、「享受」とはニュアンスの違いがあると言えるでしょう。 例文 ・売上はあがり、従業員及びその家族も受益者となることができた。 ・受益なく被害だけを被り続けるのだけは勘弁してほしいものです。 逸楽 「逸楽」は、「 いつらく」と読みます。 「逸楽」の意味は、「 気のままに遊び楽しむこと」です。 不健全なことも含め、やりたいように楽しむ、豪遊するという意味で使用される表現なので、「享受」とは違ったニュアンスになりますが、思いのままに楽しむという点でいえば類語にあたると言えるでしょう。 例文 ・逸楽に我を忘れ、ろくに勉強もせずに大学を卒業してしまったことを後悔しています。 ・たまには、何も考えず逸楽に溺れてみるのも良いでしょう。 受領 「受領」は「 じゅりょう」と読みます。 「受領」の意味は、「 (正式に)お金などの重要な物を受け取ること」です。 「受領」の定義を詳細に書くと「他人から正式に物または金を受け取り、自分の中におさめしまうこと」となります。 「与えられたものを受け取る」という意味でいえば、「享受」の類語であるといえますが、「受領」は「金品」など重要なものに限られているという点と、「味わい楽しむ」という意味が含まれていないという点で、「享受」とは違いがあります。 例文 ・本日請求書を受領いたしました。 営業日3日以内に銀行振込させていただきます。 ・添付ファイル受け取りました。 まずは、受領確認のみの報告にて失礼いたします。 「享受」の対義語 提供 「提供」は、「 ていきょう」と読みます。 「提供」の意味は「 他者の役に立てるために、自分のもつお金や技術、商品などを差し出して使ってもらうこと」を指します。 「情報を提供する」「オフィスを会場として提供する」「臓器提供」などの言い回しで使用されます。 この差し出すという意味合いから転じて、「企業がテレビやラジオの放送で広告費を払って広告主になる」という意味でも使われることもあります。 例文 ・子どもたちが安全に遊べる場所を無料で提供してくれるのは非常にありがたいです。 ・犯人について心当たりがある方は情報提供をよろしくお願いいたします。 供給 「供給」は「 きょうきゅう」と読みます。 「供給」の意味は、「 要求・必要に応じてものを与えること」です。 また、販売のために商品を市場に出すことを「供給」と言います。 例文 ・海外からの物資の供給をありがたくうけとった。 ・うちの会社は新入社員に向けて、新生活の必需品を供給してくれる。 供与 「供与」は「 きょうよ」と読みます。 「供与」の意味は「 ある利益を与え相手方に得をさせること」です。 相手が欲する物品・品物を与え、相手に利益を与えることを「供与」と言います。 例文 ・特に感染が広がる国にはワクチンが無償供与することが決定しています。 ・会長への利益供与が疑われていることについて、何か会見が行われるようです。

次の