ラブ プラス メンテ。 スマホ版ラブプラス、サーバ保存の写真が見られない不具合 メンテでデータ削除、復旧見込めず

スマホ版ラブプラス、サーバ保存の写真が見られない不具合 メンテでデータ削除、復旧見込めず

ラブ プラス メンテ

株式会社コナミデジタルエンタテインメントが6日、1日深夜より緊急メンテナンスが続いているスマートフォン用ゲーム『ラブプラス EVERY』のサービス再開時期を延期することを発表。 さらにメンテナンスを実施するとして謝罪し、「サービス再開日時は未定ですが、早期の再開に向け準備を進めています」と説明した。 同ゲームは10月31日にサービスをスタートするも、すぐに不具合が見つかり短時間の緊急メンテナンスを数回実施したが、1日深夜から再び緊急メンテナンス。 そこからプレイができない状況が続き、5日午後2時に再開の見通しを告知していたが、4日に「問題の解決のため、さらにお時間をいただくことになりました」とし7日午後5時まで緊急メンテナンスを延長することを発表していた。 今回の発表はさらに緊急メンテナンスを延長するとともに、ゲーム自体のプレイできる再開時期を延長すると発表。 これにより、いつゲームが再開できるかどうか未定となった。 理由について「アクセス集中を起因とする機器障害で発生したセーブデータ不整合の復旧作業により、現在プラットフォーム上での公開を一時的に停止しています」と伝えつつ「7日(木)17:00までにサービス再開の見込みでしたが、お客さまがより快適にゲームを楽しめる環境にしていくことを目的として、再開時期を延期し、更にメンテナンスでお時間をいただくことになりました」と経緯を説明。 続けて「なお、本メンテナンスで影響を受けられたお客さまへのお詫びとして、サービス再開後にゲーム内アイテム等の付与をさせていただく予定です。 サービス再開日時は未定ですが、早期の再開に向け準備を進めていますので、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。 続報については、公式サイト・SNSなどを通じて、11月中に改めてお知らせをしていきます」と11月中に改めてゲームの状況について報告する告知した。 『ラブプラス』シリーズは、2009年に家庭用ゲームとして誕生した恋愛コミュニケーションゲーム。

次の

【朗報】『ラブプラス EVERY』のメンテ延長、ヤフートップニュース入りを果たす

ラブ プラス メンテ

配信後から仕事もそこそこに小早川 凛子(以下、カレシ面をしながらリンコと呼ぶことにする)との仲を深めていたのだが、残念なことに「ラブプラス EVERY」は18時から緊急メンテナンスに突入してしまった。 なのでこの隙に小一時間ほど触ってわかったゲームシステム、もといリンコについてお伝えする。 正直本作ゲーム性についてはその全容を把握するまでには至っていないが、キャラクターの"作り"の素晴らしさや、その可愛らしさは開始5分で味わえる。 ストーリーの軽い導入のあとにはおなじみ「高嶺 愛花」、「小早川 凛子」、「姉ヶ崎寧々」の3人のカノジョ(候補)の中から1名を選び、出会いのシーンが描かれることになる。 椅子に腰掛けるリンコ。 不機嫌そうな表情とちょこんとした姿のギャップがかわいい このシーンはARとなっており、視点をスマートフォンのジャイロ、あるいはスワイプ操作で動かして周りを見渡したり、表示されたポイントに視点を合わせることで会話が進んでいく……つまりリンコを眺め回すことができるのだが、そのモデリングは素晴らしく、ちょっとツリ目で気が強そうな表情や、腰に手を当てた強気な仕草、加えて警戒心を表すかのようなぶっきらぼうで低い声色は、リンコというキャラクターの魅力をこの段階から雄弁に物語る。 「ツンデレ」という単語の定義には今なお止まぬ論争があるが、このあとの展開を考えるに、リンコは間違い無くツンデレキャラだといえる。 もうたまらない。 かわいい。 本作には「カード」という要素があり、カードを育成することでコマンドをタップしたときの数値の上昇量を向上させることができる模様 そしてこの「スクールミッション」を進める毎にカノジョ(候補)とのストーリーが進んでいくのだが、ここでは印象的な一枚絵もあれば、グリングリンと動く3Dモデルを背景にしたノベルパートもあり、選択肢でこちらがリアクションするシーンなどもある。 ここでもやはりモデリングの良さと表情、仕草の豊かさを存分に堪能することができ、ストーリーを読み進めるのが非常に楽しい。 リンコは早い段階からわりとデレが混ざるので、そのたびにこちらの表情も人には見せられないレベルでデレッとなってしまって大変だ。 はいツンデレェェェーー! また、ストーリーの中ではリンコがプレーヤーに呼びかけてくれるシーンもあるが、ゲーム開始直後の名前の入力画面では「デフォルトでいくつか用意された呼ばれ方」を名字と名前それぞれに設定することができる。 つまりプレーヤーが入力した呼び名を合成などで用意した音声で読み上げるのではなく、あらかじめ収録された自然なイントネーションでリンコがプレーヤーに呼びかけてくれるという寸法だ。 ここでは名字での呼びかけなので筆者は「やな」と呼ばれることになったわけだが、これには思わずときめいてしまった。 これで今後下の名前で呼ばれるようになってしまったらどうなってしまうのか……と恐ろしさすら感じるような可愛らしさだ。

次の

【朗報】『ラブプラス EVERY』のメンテ延長、ヤフートップニュース入りを果たす

ラブ プラス メンテ

「」シリーズの最新作として配信中の『 』が、8月5日(水)14時00分をもってのサービス終了を発表した。 理由は「諸般の事情」として詳細は語られていない。 発表では「これまでサービスを提供させていただくことができましたのは、皆様からの熱いご支援をいただいたおかげでございます」と感謝のコメント。 「サービス終了まで、残り少ない期間となりますが、皆様への感謝の気持ちを込めまして、イベント・キャンペーンの実施を予定しております」と締めくくった。 2019年10月31日の配信から、終了まで9ヶ月。 残された時間は2ヶ月ちょい。 これから夏本番なのに……フラれちゃうのか、俺たち。 シリーズの歴史は長く、コナミから第1弾が発売されたのは2009年。 当時のキャッチコピーは「 国民的ガールフレンド デビュー!! 現実の時間軸に沿った進行で、どこへ行くにも彼女とカノジョと一緒を実現した プレイヤーは自身の時間を拘束されるようにも聞こえるが、実際、カノジョのことを考える日常は、プレイヤーにとっては幸せでもあった。 シリーズを重ねるごとにコンテンツとしてゲームの枠を超え、観光地とのコラボレーションや、複数の漫画雑誌でのコミカライズとメディアミックスも目立った。 一筋縄じゃいかない僕らとカノジョの物語.

次の