センザンコウ コロナ。 センザンコウってどんな生き物?コロナの媒介?ポケモンのサンドパンのモデルで絶滅危惧種!

新型コロナウイルスの「中間宿主」はセンザンコウ? 人間への感染経路は解き明かせるか

センザンコウ コロナ

ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

新型コロナはセンザンコウを宿主にして突然変異していった

センザンコウ コロナ

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19、以下、新型コロナ感染症)が広がり続けているが、予防に効果的なワクチン開発ではヒトに感染しているウイルスや中間宿主のウイルスの遺伝子解析が重要なキーになる。 最新の研究によれば、新型コロナウイルスの中間宿主(媒介生物)はセンザンコウなのではないかという。 中間宿主は何か コロナウイルスには新型コロナウイルスの他にもいくつか種類があるが、そのほとんどの自然宿主(最初にウイルスが感染する生物)はコウモリだ。 コウモリのコロナウイルスは、別の種類のコウモリを含む他の生物に感染することで遺伝的な変異を繰り返し、ヒトへ感染するウイルスになる。 2002年に27カ国で蔓延し、死亡者774人を出したSARS(重症急性呼吸器症候群)や死亡者640人を出したMERS(中東呼吸器症候群)の経験から、ウイルス学者はヒトに感染する能力を身につけた新たなコロナウイルスが世界のどこかにいつか出現するのではないかと考えてきた。 SARSもMERSもコロナウイルスによる感染症だ。 そのため、コロナウイルスを研究しているウイルス学者は、コウモリを自然宿主としたコロナウイルスの変異を注意深く観察してきた。 そして、新たなコロナウイルスは中国でヒトに感染を始めた。 新型コロナ感染症だ。 SARSがコウモリからジャコウネコを経てヒトへ、またMERSがコウモリからヒトコブラクダを経てヒトへ、それぞれ感染能力を持ったように、新型コロナウイルスにも中間宿主がいる可能性が高い。 センザンコウは哺乳類で南アジアから中国、台湾、アフリカなどに分布し、中でもマレーセンザンコウは中国南部で食用にされ、そのウロコ(体表をおおう角質)はリウマチに効く漢方薬として珍重される。 マレーセンザンコウは、中国市場の需要によって密猟され、個体数が激減して絶滅危惧種に指定されている生物だ。 この研究グループは、中国南部で密輸摘発されたマレーセンザンコウの個体から遺伝子を採取し、SARSウイルスや新型コロナウイルスと同じヒトの受容体感受性との関係を調べた。 ヒト、マレーセンザンコウ、キクガシラコウモリなどのコロナウイルスの遺伝子を比較したところは、ヒトとマレーセンザンコウで84. 85%が一致し、SARSの自然宿主であるキクガシラコウモリの80. 75%より一致する割合が高かったという。 新型コロナウイルスを含むコロナウイルスが、アジアに棲息する野生の哺乳類の多くの種の中に存在するのは明らかだ。 新たな人獣共通感染症の出現リスクを下げるために、少なくともセンザンコウの商取引を厳しく規制すべきと研究グループは警告している。 Lau, et al. Anthony, et al.

次の

新型コロナに似たウイルス、「センザンコウ」から発見 (写真=AP) :日本経済新聞

センザンコウ コロナ

を媒介したかもしれない「センザンコウ」って何? 硬いうろこはさまざまな病気の治療効果が期待できるとして密売の対象になり絶滅が危惧されている 動物 <硬いうろこはさまざまな病気の治療効果が期待できるとして密売の対象になり絶滅が危... センザンコウがニュースになったのは、今回が初めてではない。 2019年10月には、中国で密輸されたセンザンコウのウロコ約25トンを押収された。 2月15日は「世界センザンコウの日」でもある。 だが、世界人口の60~70%はセンザンコウをまだ知らない。 「そもそもセンザンコウって何?」と思っている人のために、説明しよう。 センザンコウは小型の哺乳類で、全身が硬くて鋭いうろこに覆われている。 例えるなら、手足のついた松ぼっくりや装甲車のような感じだ。 大きさはチワワ程度のものもいれば、ゴールデン・レトリバーぐらいに成長するものもいる。 地球上で最も密売される哺乳類グーグルでは「子どもをおんぶしたセンザンコウ」の画像の検索結果が人気だ。 泥浴びが好きで、アリを餌にする。 危険を感じると柔らかい腹部をかばって体を丸め、硬いうろこで外敵から体を守る。 そうなると、ライオンの強力な牙も通用しない。 センザンコウに注目すべき理由はほかにもある。 ナショナル・ジオグラフィックによれば、センザンコウは地球上で最も密売されている哺乳類だ。 毎年、何千頭ものセンザンコウが密猟者たちに殺されている。 中国では、そのウロコは感染症から癌に至るまで、あらゆる病気の治療に効果があると信じられている(信じられている、というだけ)。 また胎児を食べると精力がつくとも考えられている。 密猟でアジアのセンザンコウの数が減ると、今はアフリカの生息地が狙われている。 その結果、8種類いるセンザンコウの全てが絶滅危惧種や危急種に分類されている。 ウロコ(成分は私たちの爪と同じ)の販売は法律で禁止されているが、あるアメリカ人ジャーナリストが中国語で「センザンコウのウロコ」と書いた紙を持って中国の市場を回ったところ、1時間もしないうちに売り手が表れたという。 つまり新型コロナウイルスの発生地である中国では、ヒトとセンザンコウの間に日常的な接触があったということだ。 そこからウイルスがうつった可能性はあるかもしれない。 しかし、センザンコウが自然のままに生きることを許さなかったのは人間だ。 密猟者に捕獲されたセンザンコウは、小さくて身動きもできない容器に放り込まれ、ろくに餌ももらえず不潔なままに放置される。 そんな環境から、病原体が湧いたとしてもおかしくはない。 センザンコウとアルマジロはまったく違うらしい。 親戚でもないと。 なんでも人のせいにする共産主義。 こんどは、新型コロナウィルスを動物のせいにするのか。 恐ろしや、共産主義。

次の