コンビニ 写真 現像。 iPhoneの写真を印刷(現像) はコンビニで簡単に出来る|値段やサイズまとめ

インスタントカメラで撮った写真を現像したい!どこでできる?コンビニは?

コンビニ 写真 現像

こんにちは。 『アル』です。 本日ご紹介する記事のテーマはこちらについて。 『iPhone内の写真や画像を【ローソン・セブン・ファミマ】のコンビニで印刷・現像する方法』 今やスマートフォンのカメラはデジカメに匹敵するほど解像度もあがり、気軽に写真が撮ることができ、写真を撮る機会が増えたという人も多いのではないでしょうか。 せっかく撮った写真をデータとして蓄積しておくだけではもったいない! ですが、数枚の写真のためにプリンターを買うには少々ハードルが高いです。 そこで 便利なのがコンビニのネットプリント。 これらのネットプリントは自宅などどこでも現像したい写真や画像をアップロードできるので、コンビニなどで長時間待機しなくてもいいのも大きなメリットになります。 今回は、 コンビニでiPhoneの画像を印刷・現像する方法を 【ローソン・セブン・ファミマ】コンビニ毎にご紹介します! 1 セブンイレブンで印刷・現像する方法 まずは個人的におにぎりとパンが一番美味しく、日本一店舗数を構える 『セブンイレブン』での印刷・現像をする方法をご紹介していきます。 ファミマ・ローソンで印刷・現像したい方は下にスクロールしてください。 1 印刷・現像するまでの流れ セブンイレブンで印刷・現像する流れについて簡単に説明します。 まずは、専用アプリをiPhoneにインストールします。 その後、アプリに印刷したい画像を登録し、メールで予約番号を受け取ります。 メールを受け取ったら、セブンイレブンへ行き、コピー機で予約番号を入力して画像を印刷するだけです。 価格はL判30円になります。 流れに沿って順番に見ていきましょう。 2 下準備 印刷する前に2つ準備があります。 一つ目はメールアドレスを用意すること。 二つ目は専用アプリのインストール。 メールアドレスは、 登録した画像を印刷する予約番号を受け取るために必要となります。 どのメールアドレスでも構いませんが、iPhoneでメールを確認できるアドレスが良いです。 また、迷惑メール対策でドメイン指定をしている人は設定を変更しなければいけないので注意しましょう。 二つ目は専用アプリ「netprint 写真かんたんプリント」のインストールです。 AppStoreで「netprint 写真」や「netprint セブンイレブン」と検索すると該当のアプリが検索一覧に出てきます。 あるいはしてください。 あとはインストールするだけ。 検索すれた場合「netprint」と「netprint 写真かんたんプリント」の2種類が表示されますが、今回は「 netprint 写真かんたんプリント」を使用します。 どちらもセブンイレブンで印刷する際に使うアプリですが、「netprint 写真かんたんプリント」は写真のみ、ユーザ登録不要です。 「netprint」はワードやエクセル、PDFなどのドキュメントやwebページも印刷できますが、ユーザ登録が必要となります webページの印刷方法は別の記事で紹介します。 今回は写真の印刷・現像だけなので 「 netprint 写真かんたんプリント」を使った方法で説明していきますね。 3 アプリで画像を登録する アプリのインストールが完了したら印刷の準備を進めます。 アプリを起動すると下のように使い方の流れが表示されるので、「写真のプリント予約へ進む」タップ。 次に規約が表示されるので、「 同意する」をタップします。 この画面はアプリの初回起動のみで、2回目以降は表示されません。 まずはアプリに印刷したい画像を登録します。 一度に登録できる枚数は10枚まで、1枚4MBとなっています。 「写真を選択」をタップし、印刷したい画像を選びます。 タップした後は、カメラロールなどiPhoneに保存されている画像が表示されます。 選択した写真が、印刷サイズの比率、1:1. 5でない場合は下の画像のような確認画面が表示されます。 印刷比率が1:1. 5より小さい場合は注意文が記載されます。 問題なければ「OK」をタップ。 印刷したい画像を選んだ後、「次へ」を選択します。 アップロードが完了したら、印刷設定でメールアドレスを入力。 暗証番号は任意設定となっていますが、今回は練習も兼ねて設定してみます。 ドメイン設定をしている人は「printing. jp」からメールを受け取れるように設定変更しておきましょう。 画像が多いほど時間がかかるので、終わるまでしばらく待ちましょう。 アップロードが完了すると予約番号が表示されます。 セブンイレブンで印刷する際に必要になるので、スクリーンショットを撮るかメールでも通知されるので、メールで確認できるようにしておくなど番号を控えておきましょう。 事前に済ませておくことはこれで終了です。 あとは近くのセブンイレブンへ向かいましょう。 4 セブンイレブンで写真や画像を印刷する 印刷はマルチコピー機を使います。 画面をタッチして、「プリント」を選択。 次に、「ネットプリント」を選択します。 注意事項が表示されるので、確認した上で「確認」を押します。 アップロードした際に受け取った予約番号を入力します。 今回は暗証番号も設定しているので、暗証番号も入力していきます。 印刷設定の時に暗証番号なしにした場合、入力画面はありません。 入力が終わると、登録した画像が表示されるので、問題が無ければ「これで決定 次に進む」をタッチ。 お金を入れて、「プリントスタート」を押すと印刷が開始されます。 写真はデジカメプリント取り出し口から出てきます。 これで セブンイレブンでの印刷は終了です。 2 ローソンで印刷・現像する方法 お次は日本で二番目に多く店舗数を構える 『ローソン』での写真の印刷・現像方法をご紹介していきます。 1 印刷・現像するまでの流れ セブンイレブンでの印刷・現像と基本的に流れは同じで、アプリから画像を登録し、ローソンで印刷となります。 違いは会員登録が必要な点です。 大まかな流れは• 会員登録やアプリのインストールなどの下準備• アプリに画像を登録し、予約番号を受け取る• ローソンで印刷となります。 それでは手順を見ていきましょう。 2 下準備(会員登録とアプリのインストール) まずはiPhoneのSafariを起動し、ネットワークプリントで検索。 手順に従い、会員登録を行います。 その際は、セブンイレブンと同じく、メールアドレスを使うのでメールを受け取れるように、ドメイン設定をしている人は受け取れるように設定を変更しておきましょう。 メールアドレスとパスワードはアプリでログインするために必要です。 パスワードは忘れないように! AppStoreで「ネットワークプリント」と検索し、アプリをインストールします。 から『ネットワークプリント』をインストール これで下準備は完了です。 アプリを開いて、印刷する画像を登録していきます。 3 現像・印刷する写真や画像の登録 アプリを開くと、ログイン画面になるので先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。 ログインが完了するとトップ画面が表示されます。 ここに表示されているユーザー番号は印刷する際に入力が必要となります。 印刷したい画像を登録するには、「画像を登録する」をクリック。 カメラロールの中から印刷したい画像を選び、右上の「登録」をタップします。 ネットワークプリントでは、一度に複数枚の画像を選択することが可能です。 選択した画像を登録すると、次のような画面が表示されます。 マイボックスへ移動するとどの画像を登録したか確認することもできます。 これで画像の登録は完了です。 早速ローソンへ向かいましょう。 4 ローソンで印刷 ローソンにあるマルチコピー機で先ほど登録した画像を印刷します。 画面をタッチして、「プリントサービス」を選択。 次に「ネットワークプリント」を選択します。 まずはユーザー番号を入力します。 ユーザー番号はアプリのトップ画面に表示されている10桁の英数字です。 画像プリントのサイズを選びます。 今回はL判/2L判サイズを選択。 次に、L判を選びます。 登録した画像の中から印刷したい画像を選択し、右下の「次へ」を押します。 左の写真に三角形のマークが付いていますが、写真のサイズが小さく、きれいにプリントできない可能性があるという意味です。 確認画面になります。 ここで、印刷した写真への日付印字などの設定ができます。 確認が完了したらお金を入れて、プリント開始。 これで印刷は完了です。 3 ファミリーマートで印刷・現像する方法 日本で三番目に店舗数を構える『 ファミリマート』での写真の現像と印刷方法です。 ファミリーマートでの印刷・現像は、ローソンやセブンイレブンと同じく、アプリから画像を登録し、ファミリーマートで印刷となります。 使用するアプリやマルチコピー機の仕組みはローソンと同じになります。 『 ファミリーマートで画像を印刷したい』という人も、2. ローソンでの印刷・現像する方法と同じ手順で印刷することができます。 まとめ 旅先の思い出や家族・恋人・友人との記録に撮った写真を気軽にコンビニで形にすることができます。 データだけではなく、お気に入りの画像を印刷して飾るのも素敵ですよね。 今まで写真印刷が面倒だなと感じていた人もこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。

次の

誰でも簡単!スマホ(Android,iPhone)の写真を現像するには?

コンビニ 写真 現像

こんにちは。 プリント(現像)結果にこだわりすぎて撮影が下手くそな チロ()です。 お家でプリンターを使うとなるとインク代が高くつくし、設定もめんどくさいですよね。 今ではコンビニでもプリントできるようになり、写真の楽しみ方が広がるいっぽうです。 そんな人のために コンビニプリント という便利なもののができたと思います。 僕は撮影が下手くそな写真好きのひとりですが、特に写真の仕上がり具合にはこだわっています。 仕上がり具合といっても最高品質というわけではなく、「思い出を作るならこの品質がいいな」程度です。 そのため、普段はネットプリントを使っているのですが、今回はコンビニを代表してセブンイレブンでプリントしてきました。 セブンイレブンの写真の仕上がり 元画像 セブンイレブン セブンイレブンはFUJIFILMのプリント紙を使用していますが、結果的に元画像にやや近い仕上がりです。 ただ、 これといって驚くような感動はありません。 確かに仕上りはキレイなんですが、なんというか…30円も払ってるんだからこれくらい当たり前だろ。 そんな感じです。 もし、現像する前に「どんな風に仕上げてくれのかな」とワクワクした気持ちでいくと、「キレイにプリントされて良かった」と喜ぶかもしれません。 露出補正など、カメラの設定をいじらないで撮ったり、スマホの写真をプリントするのにもいいかもしれません。 あっ、友達に自慢したいときや、プレゼント用にも喜ばれます。 露出補正に自信のない人には値段を気にしなければ使っていいサービスだと思います。 元画像 セブンイレブン ホワイトタイガーの白さが十分に際立っています。 これを見せると「おっ、写真うまいね!」と言われる確率もアップすると思います。 これが自動色調補正のいいところです。 かといって、期待し過ぎるとガッカリしてしまうことも。 元画像 セブンイレブン こんなのひまわりじゃありません(笑) 黄色じゃなくて橙色ですね。 どうやら写真をプリントするとき、どの業界も「黄色が苦手」なようです。 理由はまだわかりませんが、覚えておくといいです。 ) 狙って撮った写真は向いていない コンビニプリントのようなお店においてあるマルチコピー機は、自動的に色調補正をしてしまうので露出補正やホワイトバランスなどの設定ををした人には向いていません。 元画像 セブンイレブン やわらかくほんわりとしたイメージで写真を撮ったのですが、いざプリントしてみるとご覧のとおり、濃くくっきりとプリントされてしまいます。 撮影時に狙って撮った写真とは大きく異なるため、 自分の作品として写真を見せるには向いていません。 さいごに 近くにあるコンビニプリントでは、今すぐ欲しいときにも役立ちますし、キレイな仕上がりになるので品質としても満足です。 使いようによっては十分にいいサービスです。 だけど、僕は 大量にプリントしてアルバムにいっぱい思い出を入れるタイプ なので、コンビニプリントで30円払って200枚アルバムを作るとすると、それだけで¥6,000も使ってしまいます。 これだと楽しい思い出づくりが全然楽しくありません。 ヒヤヒヤして台無しです。 それが嫌なので、プリント代のコストを最小限に抑えるために「しろくまフォト」というネットプリントサービスを使っています。 このサービスの何がいいかというと、 1枚5円と安いのに仕上がりがキレイです。 ちなみに、こんな感じです。 元画像 しろくまフォト 思っているほど悪くありませんよ。 それにコンビニのマルチコピー機ですが、あんな狭くて周りには囲いもない。 人目が気になります。 正直…わざわざコンビニで頼むメリットは無いです。

次の

iPhone内の写真や画像をコンビニで印刷・現像する方法『ローソン・セブン・ファミマ』|iPhone村

コンビニ 写真 現像

Contents• スマホ写真の現像はどんなやり方がある? スマホで撮った写真を現像する時、パソコンに取り込んだ後でUSBメモリーやSDカードに転送する方法もありますが、ちょっと面倒に感じたことはないでしょうか。 パソコンを経由せずにスマホの操作だけで現像できる方法を知っておくと便利です。 コンビニで現像 スマホにアプリをインストールしてコンビニのマルチコピー機を使うと、 24時間いつでも即時に現像できます。 家電量販店などで現像 家電量販店などにも現像できるプリント機が設置されています。 スマホからはWi-Fi接続でデータを送るか、またはプリント機についているケーブルにスマホを接続する有線接続でも送ることができ、 簡単な編集も可能です。 家電量販・写真店などでスタッフが現像 店内にある端末にスマホを接続して現像したい写真を選んだ後、 スタッフが現像してくれます。 ネットプリントサービス 専用アプリをインストールして、インターネットで注文、決済すると、 写真が配送されてきます。 店舗に行かなくても良い、価格が安い、などのメリットがありますが、ユーザー登録が必要で、注文から届くまでには2日〜8日ほど日数がかかってしまいます。 「カメラのキタムラ」など一部ショップでは、ネットで注文後、即日店舗で受け取ることが可能です。 自宅のプリンター 自宅にWi-Fiに対応するプリンターがあれば、スマホを操作してプリンターにデータを送り、印刷します。 コンビニで現像するおすすめ方法 事前に写真を転送して印刷予約 コンビニに行く前に写真を送り、その際に予約番号が発行されますので、店頭のマルチコピー機に入力するだけで現像できる方法がおすすめです。 店頭で写真を選んだりデータを送らなくて良いのですぐに現像でき、後に待っている人がいたりすると気になりますがそのような心配もありません。 ネット予約のためのアプリがありますので、スマホにダウンロード、インストールしましょう。 セブンイレブンはユーザー登録不要の「かんたんnetprint」または登録の有無を選べる「netprint」、ローソンやファミリーマートはユーザー登録が必要な「ネットワークプリント」、ファミリーマート会員の「ファミフォト」などです。 使い方はほぼ同じですが、今回は 「かんたんnetprint」で紹介します。 まず、アプリの「写真のプリント予約」で現像する写真を選んだら、メールアドレスを入力、必要なら暗証番号を設定してアップロードします。 無事に登録が完了すると予約番号が発行され、登録したメールアドレスにはネットプリント登録完了通知が届きます。 現像する写真を確認後、料金を入れると、現像されて出てきます。 ユーザー登録せずに現像するには すぐに現像したい方、インターネットを利用せずに現像したい方には、 スマホから直接マルチコピー機にデータを送って現像することもできます。 必要なアプリ、セブンイレブンは「セブンイレブンマルチコピー」、ファミリーマートやローソンの場合は「PrintSmash」をインストールし、アプリ上で現像する写真を選びます。 セブンイレブン店舗でマルチコピー機の画面の指示に従い、Wi-Fiでデータを送ります。 マルチコピー機の画面で現像する写真を選択、料金を入れると写真が出てきます。 おわりに コンビニでの現像のメリットは時間に縛られず身近な場所ですぐに現像できることですが、それぞれの方法で画質や価格、日数などメリットとデメリットがあり、その時の状況で使い分けるのも良さそうです。 現像した写真を、メッセージカードとしてプレゼントに添えれば、一層気持ちが伝わるのではないでしょうか。 撮るだけではもったいないスマホの写真、現像していろいろ使ってみてはいかがでしょう。

次の