ガイナーレ鳥取 掲示板。 ガイナーレ鳥取

ガイナーレ鳥取 U

ガイナーレ鳥取 掲示板

私は大分トリニータのサポーターです。 もちろんトリニータがJ2に降格したからもう応援しないというようなやわなサポーターではありません。 トリニータが大分県の誇りであり、県民に希望を与える象徴であらねばならないと感じています。 今や大分で連想されることの一番が別府や由布院ではなく、トリニータであるということは全国の調査で出ていました。 しかるに大分県の財界や経済界のトップたちのトリニータに対する考えがネガティブであるのは、不況が原因でしかたがないとはいえ、大分の経済全体をしぼませていき、せっかく全国に注目されるようになった大分をまた、九州の中で存在感のない県にしてしまいかねません。 県をあげての募金も大切ですが、本当に6億円もの借金を返せるでしょうか、しかも今年中に。 またシーズンシート13,000席も絵に描いた餅で、J2に降格した今、最高に盛り上がった昨年を大きく上回るのも困難でしょう?かりに今年何とかできても、将来的に安定した経営ができるかといったら疑問ですよね。 そうは思いませんか。 経済界では溝畑前社長の強引さが反発を買い誰も助けないのだという言葉をよく聞きますが、溝畑さんがいなかったら本当にトリニータが存在しえたか、ワールドカップが大分で開催されたか、と考えるとその熱意のあまりの強引さもやむを得なかった部分も多々あったでしょう。 ましてや大分県人ではなかったわけですから。 しかし、とにもかくにもトリニータは誕生し16歳になったのです。 生まれなかったほうがよかったなんて思う人はごくわずかでしょう。 しかも日本一という夢まで見せてくれたのですから、大分のスポーツ界やもちろん経済界のためにも絶対に存続させなければなりません。 ・・続く? しかも経営を安定させて百年以上は続くように、それがサポーターみんなの願いでしょう。 結局現状を考えると、トリニータを救うのはやはり熱意あるサポーターたちしかいないのです。 そこでどうやったら、サポーターの熱意でお金を作れるか。 私は今、? 愛ことばという会社に昨年の11月に入りました。 何をしている会社かと言いますと、高齢者の24時間365日の見守りサービスをしています。 具体的に説明すると電話機に愛ことばという端末機を設置して、緊急通報、日々の安否確認をして、一人住まいや夫婦のみの高齢者の命を守るシステムで大分市内にコールセンターを持ち、全国の高齢者の見守りサービスをしています。 もちろんまだ発展途上の会社で全国とはいっても、電話回線で全国にはつなげますが、利用者はまだ5,000人ほどです。 65歳以上の高齢者は現在約3,000万人に達しようとしていますからほんの微々たる数ですが、10年後には4,000万人に達するわけです(日本の総人口は増えません。 )からこのままではたいへんなことになってしまいます。 まず命を守り、次に寝たきりにならないようにすることを実行していかないと、日本の若者のおおくは介護士にならないといけなくなってしまいます。 少子高齢化が大問題化している今日、わかっていながら政治家たちも先送りにしている状態ではないでしょうか。 そういう中でこの会社は大分県の人が造り、独居や夫婦の高齢者が身体に異常が生じた時は緊急ボタンを、夜中に淋しかったり、不安で眠れなかったりした時などは相談ボタンを押すと、即座にコールセンターにつながり、オペレーターが丁寧に応対し、必要ならば支援者に連絡や駆けつけ、救急車や消防車の要請、高齢者を狙った強引なセールスなどに対しての警察の要請など、高齢者が安心して暮らせるようにサポートします。 そういう仕事内容なのですが、実は昨年10月より、この機能を持った携帯電話をソフトバンク社との提携で発売しました。 これはいわゆる簡単携帯で、ソフトバンクのショップでは、832Tという機種で、当社との契約を加えることで、ワンタッチダイヤル、または緊急ブザーを押せば即座に愛ことばのコールセンターにつながり前述のサービスが受けられます。 自宅で充電器に立てておけば普通の電話機と同じで愛ことば端末と同じです。 さらに外出時に持っていただけば、外出先での緊急時にも同様のサービスが受けられますし、GPSにより位置の検索(コールセンターで位置がわかると、支援者や救急車に通報、また家族の方にもメールで地図を送信します。 )でき、救助者の迅速な駆け付けも可能になるため、高齢者でなくとも、持病を持たれている方にも最適です。 さらに、携帯を開くと今日も元気だということを示すメールがご家族の方に着信されますので、ご家族の方も安心です。 ですから、お父上やお母上また祖父、祖母が同居ではなく、お仕事の関係で近くにいない場合、また他県にお住まいの場合でも、この愛ことば携帯サービス利用すれば安心できると同時に親孝行が遠くにいながらでもできるということです。

次の

さっかりん ガイナーレ鳥取 最新情報

ガイナーレ鳥取 掲示板

ガイナーレ鳥取とは、とを中心した全域を本拠地とする、所属のである。 概要 ガイナーレ鳥取 基本 創設 本拠地 とりドスタジアム[] 全域 前身 教員団部 の教員「教員団部」としてに創設し、2部から参入。 (教員が前身のは以外にも存在し、代表的なとして、()/()/バンンセ()/()/ヴォ(、で統合により消滅)がある。 ) その後「」と名称変更をするも、しばらくはとを行き来するとなった。 の再昇格を機に強化が進み、には連盟のを受けてに参入。 その際、のやまみつからのを受けることになる。 それ以降は参入に向けての本格強化が始まるまで、残留争いに巻き込まれていく破となる。 には名をの「ガイナーレ鳥取」に変更し、団体をのCに移管し、この年から準加盟となったほか、スタジアムの関係もあって、地をに移すこととなる。 途中でがや、のでの経験もある、元・代表のヴィダヤ・となる。 その後には、積極的な選手補強も実ってか初めて上位に君臨するも、終盤の勝負弱さが露呈して5位に終わり、翌のも同じような形でまたしても5位に終わる。 これがケで、のャーからはのになぞらえて、「 第二の」「 界の」と呼ばれる破となった。 はヴィダヤがでので現場に復帰できなくなり辞任、後任に元・の岳夫が就任した。 そして、4位以内が確定し、後に臨時理事会にて昇格が正式に決まった。 、38 Fを入れると通算 としてに参入、のに立つものの、のは厳しかった。 戦2試合で潔く初を挙げ、2勝1分とに乗ったかと思えば、中盤に5連敗をするなど、中々勝てない状況でいた。 場にを戻すが、戦に敗れてから最終節の戦まで最後まで勝てず8連敗で終了。 順位も気が付けば19位に低迷した。 以降も浮上のきっかけは掴めない。 はワーストの78失点を喫して20位に終わると、は開幕5試合負けなしで一時はにいたにもかかわらずそこから大失速。 にはを交代して巻き返しを図るがこれが全に裏に出てしまう(交代以降は戦で9敗4分)。 参入3年でついに最下位でを終えると、との入れ替え戦に1敗1分としてしまい、からの降格が決定。 は新設されるへと回る。 はがした、その名も「強小マン」。 ーレ、はともに・のである「がいな」(大きい、凄いという意味)に由来しており、そういった縁もあってのとなった。 のとしてはしい人、そして初めてとなる系のである。 そのうえ頭身がされていないため、アな動きも楽々こなす。 戦ばかりでなくア戦にも精的に足を運ぶことでも知られている。 前身のが活動していたに「チュYIジアム」がある。 ーレで現役を終えた本代表FW・行の賛同の元に進められた専用スタジアム建設で、はーレの試合などに使われている。 収容人数で基準を満たせなかったので戦での利用実績はないが、(皮にも)基準の収容人数は満たしているために、等の設備の整備状況によっては以降の戦で使われる可性がある。 関連動画 関連商品 業はのの一つである。 ーレをしている方々には維持のためにも、是非とも買っていただきたい。 関連コミュニティ 関連項目• - / クラブ公式サイト.

次の

さっかりん ガイナーレ鳥取 最新情報

ガイナーレ鳥取 掲示板

ガイナーレ鳥取は、ガイナーレ鳥取U-18所属のMF世瀬啓人(18)とMF那須甚有(18)が2018シーズンからトップチームに昇格することをクラブ公式サイトで発表した。 世瀬啓人は1999年生まれの18歳で鳥取県出身。 FCカミノジュニアユースからガイナーレ鳥取U-18へ加入し、現在も在籍している。 2016年から2年間トップチームに2種登録されていた。 那須甚有も1999年生まれの18歳で出身は岡山県。 ファジアーノ岡山U-15からガイナーレ鳥取U-18へ加入。 2017年にトップチームに2種登録されていた。 トップチームの主力の選手となりチームの勝利に貢献できるように頑張ります。 よろしくお願いします。 一戦一戦全力で戦うので応援よろしくお願いします。

次の