コープス パーティー ネタバレ。 「コープスパーティー Book of Shadows」感想(ネタバレあり)

映画「コープスパーティー(アンリミテッド版) 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

コープス パーティー ネタバレ

自分の中でのコープスの評価 はっきり言いまして、コープスのゲームは自分の中では続編が出るたびに評価が下がっています。 今の所、やはり BloodCoveredが一番面白くて、 BookofShadowsがそれに並ぶかな位。 BookofShadowsはオーソドックスな探索ゲーへとシステムこそ変わったものの、不気味な廃校を探索するコープスらしさは損なわれておらず、キャラをより掘り下げたり新たな探索メンバーになっているのに加え、次作の導入部も入ってて全体的には良いまとまりの作品。 より凄惨になっている所は人によって好き嫌いの分かれる部分ではありますが。 BloodDriveは後述するようにかなり問題点が多いですが、それでも哲志達BCの生き残りが中心で、舞台が3Dとなった天神小の雰囲気は悪くなく、凄惨さは落ちたけどWrongEndも多数あったりと、まだBloodCoveredとの繋がりというか、基本的な部分は残していました。 それでいて話も一応完結させましたし、評価すべきEXチャプターもいくつかあったりと、クソゲーと言える作品ではなかったと思います。 ・・・しかし、2こと DEADPATIENTは、 正直4年も掛けて作りなおしてこれでは、残念ですが自分の中ではクソゲーの部類です。 BCみたいなのを期待した分のガッカリゲーとしての度合いもかなり大きいですが。 哲志達の後日談も兼ねているからストーリーは気になる、けどゲームそのものは全然面白くない。 1チャプターだけで断言するのはナンセンスかもしれませんが、今のチームグリグリが作れるのがこんなホラーでは、最早熱心なファン以外は絶賛しないでしょう。 先にBloodDriveについて軽く解説 BloodDriveはドットから3Dになったものの、3Dモデルは精々首が飛ぶ程度の残酷さで、WrongEndはテキストもあっさりしていて期待外れ。 新キャラは鎌や傘で打ち合う雰囲気ぶち壊しの痴女やピングー、ドラえもんレベルの便利屋先生。 ガチな世界の危機に加えて、プールで海魔が出る・地下で巨大ギロチンが舞う・触手が学校中を這う等、オカルトやクトゥルフが前面に押し出され、 最早コープスパーティーとは何ぞや?と私が感じたのも無理はない。 更には青鬼等フリーのホラーゲームに影響を受けたのか、探索中に悪霊から追い掛けられるシステムを加えたものの、一度出現させたら護符を使わない限り永久に消えず、追跡するスピードはこちらの移動スピードに依存し、隠れて撒いてもすぐにまた追い掛けて来る等、明らかな調整不足。 「怖い」のではなく「鬱陶しい」だけでした。 全体的に、 ドットから3Dにする・ 世界観の風呂敷を広げる・ 流行に便乗する・という 如何にも受けが良さそうな要素を加えた結果、BCより様々な点で劣り、その殆どが逆効果になったゲームと言えます。 言い換えると、BCはドットとテキストが素晴らしく、それでいてこの時点ではオカルトやクトゥルフ色も見せず原因はサチコの怨念、システムは非常にシンプルと、分かりやすくもあったのです。 コープス2は何故この路線で進めてしまったのか そしてコープス2DEADPATIENTは、よりによってBCではなくBD寄りになっており、それが原因で更に面白さを損なったゲームになりました。 まずBDと同じく3Dですが、BDと同じく3Dになったからといって全然グロくなったりはしていません。 むしろデフォルメされた3Dなので ドットより怖くなくなってますし、BDより表現力が乏しくなっているように思います。 次にWrongEndは絶望的な最期の数々に加え、容赦ない想像したくないようなテキストが好評を博していました。 BDではそれが劣化した上、2ではよりによって WrongEnd自体が実質廃止。 バイオのYouareDeadと同じで、敵にやられて死ぬのがWrongEnd扱いです。 コープス最大の特徴が消えたと言って過言ではありません。 3つ目に敵。 いるのが幽霊じゃなく謎の病に感染した患者と、事態の収拾に掛かった警備員なのが問題。 BDで悪霊に襲われる要素が面白くなかった所か、その要素を更に押し出してしまいました。 そもそも、 ゾンビや警棒持った警備員にそこら中で追い掛けられるゲームの、どこがコープスパーティーなのか?と言いたいし、ボスを倒すとか、そういうゲームでもなかったでしょ。 しかもよりによって4年を掛けて作り直す中で、この 敵を避ける部分だけやけに力を入れて回避手段等を増やして改良しましたが、違う、そうじゃないんだ。 そもそもそれが面白いのか、怖いのか、コープスパーティーらしいのか、そこが問題なのです。 ぶっちゃけ数も増え、 BDより更に鬱陶しくなっただけです。 3Dモデルがあれでは怖くも何ともない。 最後に舞台。 怨念渦巻く異次元の廃校から現実の病院に変わった結果、 身の毛のよだつようなテキストが出る設置物や恨み言が浮かぶ紙も、 散乱する死体も無いので犠牲者の名札はただの落ちてる診察カードに。 心霊現象も殆ど起きないし、 無念を遂げた赤魂や青魂もいない。 舞台としてのヤバさ、調べたくないけど調べなきゃいけない怖さ等は格段に落ちています。 ・・・つまり総合すると、 BD寄りになって更に BCから別ゲーになった結果、BCが世に受けた良さの何もかもが失われてしまったのです。 おまけに、前述した問題点の数々は、 殆どが作り直す4年前から同じ。 4年も掛けて、何を作り直してたんだと言いたいです。 それでいて要求スペックだけは上がってるし、原作者の趣味である失禁シーンとかそういうのだけは残ってるんですよねぇ・・・ MAOさんのBGMは引き続き良い仕事をしていますが、まさにクソゲーの共通項である「BGMは良い」に合致しているのが何とも。 結論 ゲームで根本的に大事なのは、 面白いかどうかです。 そして下手に新しい要素を加えたり、2Dから3Dにしたとしても、面白くなるとは限りません。 そういう意味では、コープスパーティー2は進化したようでいてゲームとしては退化し、面白みのない作品になりました。 今後のチャプターでも、基本的な部分がこのままなのであれば、残念ですがゲームとしての面白さに期待するのは難しいでしょう。

次の

コープスパーティー

コープス パーティー ネタバレ

岸沼良樹 バイノーラルボイス• 篠崎あゆみ バイノーラルボイス• 中嶋直美 バイノーラルボイス• 丹波玖遠 バイノーラルボイス• 十三月愛狩 バイノーラルボイス• 持田哲志 バイノーラルボイス• 今井麻美 キャストメッセージ• 中村悠一 キャストメッセージ• 下野絋 キャストメッセージ• 喜多村英梨 キャストメッセージ• 佐藤利奈 キャストメッセージ• 山口立花子 キャストメッセージ• 早見沙織 キャストメッセージ• 近藤唯 キャストメッセージ• 山口智大 キャストメッセージ• MAKO キャストメッセージ• コープスパーティ辞典の項目• EX CHAPTER7• 犬丸イベント経由で犬丸晴行 バイノーラルボイス• 犬丸イベント経由で大上さやか バイノーラルボイス• 投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。 かなり今更だけど、それ逆だよ。 You're awesome! ありがとうございます! あなたは俺を助けました! wrong endが見れません。 ストレート負けしても、ダメージ与えて敗北しても同じwrong endになります。 資料室の棚を調べるとフサルク文字の文献が合計で5枚手に入る。 これが本来のクイーンとの戦う時のヒントになるのかな?

次の

【映画】コープスパーティー Book of Shadows ネタバレ感想~杉田さんご出演おめでとうございます。

コープス パーティー ネタバレ

転校する繭とももうすぐお別れだ。 そこで委員長のあゆみが「みんなでずっと友達でいられるお呪い」をしようと提案する。 哲志に惚れている。 ゲームでは どうあがいても絶望だったが・・・。 直美のことが気になってる。 ヒロインその2。 哲志に横恋慕している。 襲い掛かる子供の幽霊を成仏させようと頑張るが・・・。 今作の 闇墜ち担当。 だがいいヤツ。 ゲームやOVAを視聴していた人間にはビックリポイント。 だが可愛い。 割と好印象なキャスト陣 直美&哲志、あゆみ&良樹のコンビはゲームと比べても思ったほど違和感なく、特に 穂之香ちゃん演じる サチコの可愛さには個人的にかなりキュンときた!由香ちゃんなど実写では厳しいであろうキャラクターも、出来る限りゲームに寄せつつ許せる範囲で収めていたと思う(由香の制服とカチューシャもゲームと同じだったし)。 森繁(演:諒太郎)は映画版では刻命の役割も兼任。 おかげでゲームよりもヤバい人度が上がっていたように思える。 そして繭ちゃん(演:美砂玲奈)は・・・ あ、あの髪型を再現するのはキツかったんだね・・・そうなんだね・・・! 個人差はあるだろうし許せるかどうかも分かれるだろうが、原作の雰囲気を可能な限り再現しようという意気込みは感じられたキャスト勢でした。 気合を入れたグロ描写! 「ホラーゲームの実写化とはいえ、主演はアイドルだしどうせ大したことないんでしょ?」とタカをくくってると意外に痛い目に遭う、気合入りまくりのグロ描写! のっけから先生が パッカーンされる展開には驚きを隠せなかった。 さらに原作のグッドエンディングではなく、バッドエンド寄りの展開(あゆみの闇墜ち)を採用するなど、 ハッピーエンドになんか絶対にさせないという謎の意気込みを感じる。 だが最初の教室から出ようとした途端、まず宍戸先生が ぱっかーんされる。 その後、世衣子と繭がゲームと同様に死に、良樹もあゆみを庇って死んでしまう。 ゲームやOVAで刻命の役割だった由香を殺そうとするポジションは、繭の死により発狂した森繁が担い、当然死亡する。 さらにゲーム版のバッドエンドと同様、由香もサチコによって殺されてしまう! ラストまで生き残ったのは哲志、直美、あゆみ。 だが直美のおまじないの切れ端は闇墜ち状態のあゆみによって、その辺にあった紙をちぎったものに変えられていた。 実はあゆみは直美に、「繭が持っていた切れ端だ」といって偽の切れ端を渡していたのだ。 それを見ていた哲志は、繭が持っていた切れ端が おまじないの ヒトガタの頭の部分であり、他のものよりも丸くて大きかったことを思い出す。 哲志は直美と自分の切れ端を交換。 二人は、しっかりと哲志の手を握っていた。 そこには、 哲志の両腕だけが遺っていた。 とにかく容赦がないストーリーだった。 まさか(一応は)一般向けの映画で、繭や世以子どころか 由香まで殺す展開にするとは思ってなかったぜ・・・! だがこの展開が無ければフッツーのなんちゃってホラーなアイドル映画とそう大差ないので、思い切ってやりきってくれて良かったとも思う。 演出面は・・・ さすがに旧校舎は再現できなかったのか、 天神小学校が普通の(近代の)小学校になっていた点だけは残念だった!ロケ地や予算の問題なんだろうが、ゲームをプレイしていた人間にとっては、木造校舎以外の天神小学校なんて天神小学校じゃな~い!(仕方ないんだけどね)。 ほか、OVA版にもあった 画面が傾く演出が使われていたり、 エンディングも同様だったりと、全体的に映画は「ゲームの実写化」というより 「アニメ版から刻命要素を抜いて実写化」といった方が近いかもしれない。

次の