奥歯用 歯ブラシ。 歯列矯正中におすすめグッズ!矯正用歯ブラシと虫歯予防に効果的な磨き方

歯列矯正中におすすめグッズ!矯正用歯ブラシと虫歯予防に効果的な磨き方

奥歯用 歯ブラシ

奥歯の裏に届く歯ブラシを使う ヘッドが小さな歯ブラシ ヘッドが小さければ奥歯の裏側まで、ブラシの先を入れやすくなります。 僕が使っているのはライオンの。 ヘッドの厚みが2. 6mmで3列のブラシです。 ブラシとグリップの間の部分が細くなっていて弾力性があるのがいいです。 ただし欠点もあります。 ヘッドが小さいのでこれで全部の歯を磨こうとすると、みがき残しができやすいんですよ。 僕は全部の歯をこれでブラッシングしていますが、以前歯医者さんに磨き残しを指摘されてしまいました。 子供用の歯ブラシもヘッドが小さくていいです。 僕も子供用の歯ブラシを使っていた時期がありますが、これで全部の歯をみがくのは無理があります。 というより面倒です。 子供用の歯ブラシは奥歯専用にするといいでしょう。 ワンタフトブラシ 歯ブラシの毛先をひとかたまりだけにしたというのがあります。 歯と歯の間、とくに歯並びが悪い部分に効果を発揮するブラシです。 矯正している人にはあたりまえの道具かもしれませんが、これ普通の人にもすごく使えます。 ワンタフトブラシを使えば奥歯の裏側にも楽に届くんですよ。 ついでに、裏側の歯ぐき周辺にもブラシが届きます。 上手く使えないと感じたら歯医者さんに持っていって使い方を習いましょう。 信頼できる歯医者さん(というより教え方が上手な歯科衛生士さん)を見つけて、相談するのがいいです。 見つけるのは難しいですけどね。 専門のブラシ 普通の歯ブラシはブラシが縦並びになっていますが、中には 横並びのブラシがあります。 奥歯専用に作られたモノのようです。 僕が使っているのは、。 歯の裏側にはすごく上手く入ります。 ただし、上下左右に動かすのに慣れが必要かもしれません。 できるだけグリップを短く持つのがコツです。 奥歯の裏側をブラッシングするコツ 奥歯の裏側をブラッシングするコツは、 口をやや閉じ気味にすることです。 アゴの骨の奥歯のもっと奥には筋突起という出っ張った部分があって、口を大きく開けると上がってきて歯ブラシが回り込みにくくなります。 口をやや閉じると筋突起が下がるので、入りやすくなりますよ。 デンタルフロスで奥歯をみがく 奥歯の裏側には、 グリップなしの、糸だけのデンタルフロスを使います。 僕が使っているのは、。 このフロスの良い点は、 水分を含むとフロスが膨らむこと。 それだけ歯の汚れが取りやすい んですよ。 フロスはいちばん奥の歯の裏側に糸をわたしてゆっくりと前後させましょう。 歯の根本にフロスを着けたら、もう少し下までフロスを動かすと歯ぐきの中に入っていきます。 僕の右下の奥歯の裏側には歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間のこと)が6ミリもあるので、フロスを回すと中に入っていくのが分かります。 使っていて気持ちがいいです。 でも、中までフロスを入れたほうが良いという歯医者さんと、汚れを中に押し込むからダメという歯医者さんがいるようです。 こんな単純なこと、実験して分からないのか不思議ですが、統一見解はないようです。 僕は入れてますね。 奥歯の面積は歯の中でも広いほうですから、細いフロスで全面を磨けるのか疑問に思う歯科医もいるので、小さめの 歯ブラシと併用するといいと思います。 拭き取る(例外) 原始的な方法ですが、清潔なガーゼを指に巻いて、ゴシゴシと落とす方法です。 これもオススメ。 歯ぐきの部分は磨き残しが出るので、どのみちフロスとの併用が必要だと思います。 どうしても裏側が磨けないとか、磨き残しが気になるなら試してみてください。 手間をかければ虫歯・歯周病の予防に効果的 今、僕が上記のような道具を使って熱心にブラッシングしてるのは、たくさん虫歯を作ってしまった後悔と反省があるからです。 虫歯の治療を終えたころは、しっかり磨いて予防しようと思うのですが、だんだん手抜きが始まって、また別の歯が虫歯になってしまったこともありました。 神経もずいぶん抜いています。 被せ物にもお金がかかっています。 さらに悪くなりたくないので、今は真剣に磨いています。 僕の予防法、参考になればうれしいです。

次の

電動歯ブラシおすすめ16選|歯科医師によるアドバイスや効果的な使い方も紹介【2020年】

奥歯用 歯ブラシ

奥歯の裏に届く歯ブラシを使う ヘッドが小さな歯ブラシ ヘッドが小さければ奥歯の裏側まで、ブラシの先を入れやすくなります。 僕が使っているのはライオンの。 ヘッドの厚みが2. 6mmで3列のブラシです。 ブラシとグリップの間の部分が細くなっていて弾力性があるのがいいです。 ただし欠点もあります。 ヘッドが小さいのでこれで全部の歯を磨こうとすると、みがき残しができやすいんですよ。 僕は全部の歯をこれでブラッシングしていますが、以前歯医者さんに磨き残しを指摘されてしまいました。 子供用の歯ブラシもヘッドが小さくていいです。 僕も子供用の歯ブラシを使っていた時期がありますが、これで全部の歯をみがくのは無理があります。 というより面倒です。 子供用の歯ブラシは奥歯専用にするといいでしょう。 ワンタフトブラシ 歯ブラシの毛先をひとかたまりだけにしたというのがあります。 歯と歯の間、とくに歯並びが悪い部分に効果を発揮するブラシです。 矯正している人にはあたりまえの道具かもしれませんが、これ普通の人にもすごく使えます。 ワンタフトブラシを使えば奥歯の裏側にも楽に届くんですよ。 ついでに、裏側の歯ぐき周辺にもブラシが届きます。 上手く使えないと感じたら歯医者さんに持っていって使い方を習いましょう。 信頼できる歯医者さん(というより教え方が上手な歯科衛生士さん)を見つけて、相談するのがいいです。 見つけるのは難しいですけどね。 専門のブラシ 普通の歯ブラシはブラシが縦並びになっていますが、中には 横並びのブラシがあります。 奥歯専用に作られたモノのようです。 僕が使っているのは、。 歯の裏側にはすごく上手く入ります。 ただし、上下左右に動かすのに慣れが必要かもしれません。 できるだけグリップを短く持つのがコツです。 奥歯の裏側をブラッシングするコツ 奥歯の裏側をブラッシングするコツは、 口をやや閉じ気味にすることです。 アゴの骨の奥歯のもっと奥には筋突起という出っ張った部分があって、口を大きく開けると上がってきて歯ブラシが回り込みにくくなります。 口をやや閉じると筋突起が下がるので、入りやすくなりますよ。 デンタルフロスで奥歯をみがく 奥歯の裏側には、 グリップなしの、糸だけのデンタルフロスを使います。 僕が使っているのは、。 このフロスの良い点は、 水分を含むとフロスが膨らむこと。 それだけ歯の汚れが取りやすい んですよ。 フロスはいちばん奥の歯の裏側に糸をわたしてゆっくりと前後させましょう。 歯の根本にフロスを着けたら、もう少し下までフロスを動かすと歯ぐきの中に入っていきます。 僕の右下の奥歯の裏側には歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間のこと)が6ミリもあるので、フロスを回すと中に入っていくのが分かります。 使っていて気持ちがいいです。 でも、中までフロスを入れたほうが良いという歯医者さんと、汚れを中に押し込むからダメという歯医者さんがいるようです。 こんな単純なこと、実験して分からないのか不思議ですが、統一見解はないようです。 僕は入れてますね。 奥歯の面積は歯の中でも広いほうですから、細いフロスで全面を磨けるのか疑問に思う歯科医もいるので、小さめの 歯ブラシと併用するといいと思います。 拭き取る(例外) 原始的な方法ですが、清潔なガーゼを指に巻いて、ゴシゴシと落とす方法です。 これもオススメ。 歯ぐきの部分は磨き残しが出るので、どのみちフロスとの併用が必要だと思います。 どうしても裏側が磨けないとか、磨き残しが気になるなら試してみてください。 手間をかければ虫歯・歯周病の予防に効果的 今、僕が上記のような道具を使って熱心にブラッシングしてるのは、たくさん虫歯を作ってしまった後悔と反省があるからです。 虫歯の治療を終えたころは、しっかり磨いて予防しようと思うのですが、だんだん手抜きが始まって、また別の歯が虫歯になってしまったこともありました。 神経もずいぶん抜いています。 被せ物にもお金がかかっています。 さらに悪くなりたくないので、今は真剣に磨いています。 僕の予防法、参考になればうれしいです。

次の

ワンタフトブラシという歯ブラシで、奥歯の奥まで歯磨きを!

奥歯用 歯ブラシ

目次 - - - - - - - - 手磨きだけではきちんと磨けているのか心配、歯周病の予防には超音波ブラシがいいと聞いた、などの理由から、最近では電動歯ブラシの人気が高まっています。 高い清掃能力を持つ機種が続々と登場し、歯科医師の間でも好評を得ているものもあります。 ところが、歯や歯茎を傷つけてしまったり、意外と磨き残しがあったりするケースも多く見受けられます。 手磨きでも、電動歯ブラシでも、歯磨きの基本はそれぞれの特徴を理解し正しく歯ブラシの使い方を身につけることから。 それでは、注意すべきポイントをおさえていきましょう。 進化している電動歯ブラシ 一般的な手磨き用の歯ブラシは、小さなころから自然と生活習慣に入ってきているのではないでしょうか。 最近では、特に虫歯予防に意識の高い親御さんが増えてきており、その使い始めの時期も早まっているように感じます。 多くの方が歯科医院を訪れ、歯科医師や歯科衛生士から、お子さんの成長段階に応じた気をつけるポイントや道具の使い方の指導を受けられています。 一方、使い方の指導を受けても、意外と使い方が難しかったり、きちんと磨こうと思うと時間がかかって面倒だったりするため、子供・大人を問わず、正しく歯を磨けていないこともあるようです。 こうしてできる磨き残しが虫歯や歯周病の原因となり、将来的に歯を失ってしまうことにつながるため、できる限り磨き残しを減らすための工夫は非常に重要です。 そうした背景から多くの人に注目されているのが、「電動歯ブラシ」です。 最近では性能のいい電動歯ブラシも登場していて、活用するメリットが向上しています。 大まかに4つのタイプに分けられますが、それぞれの特徴を簡単に見てみましょう。 ・振動式 最も基本的で安価なタイプが振動式の電動歯ブラシです。 内部モーターを使って毛先を振動させてプラークを取り除きます。 ・回転式 円形のブラシが回転する電動歯ブラシです。 普通の歯ブラシでは届きにくい、歯の裏側や奥歯にも毛先が届きやすくなっています。 ・音波式 振動式の歯ブラシにさらに音波振動を発生させて歯垢を取り除きます。 音波振動によって生じる高速の水流によって、毛先から数ミリ離れているプラークでも取り除くことができるため、歯と歯の間や歯周ポケットの磨き残しを大きく減らすことができます。 ・超音波式 最も高価なタイプが超音波式歯ブラシです。 音波よりもさらに高い振動数でプラークを歯からはがして取り除きます。 また、細菌同士の連鎖を断ち切って、歯にプラークが付きにくくする効果があるため、虫歯や歯周病対策に有効です。 それぞれ大きく特徴が異なりますが、ここでは全ての種類を合わせて「電動歯ブラシ」と呼ぶことにしましょう。 電動歯ブラシの意外な落とし穴 清掃能力が進化した電動歯ブラシが続々と登場していますが、一方で電動歯ブラシを使っているにもかかわらず、きちんと歯磨きできずに虫歯や歯周病にかかってしまうという人も多いようです。 これは電動歯ブラシの使い方を正しく理解していないことが主な原因です。 手用歯ブラシにも正しい磨き方があるように、電動歯ブラシも基本の磨き方があり、それを知ることで十分な清掃効果を発揮させることができます。 どのような点に気をつけたらいいのでしょうか。 陥りがちな間違いは、次の2つです。 一つは、歯の表面がツルツル・ピカピカになったことに満足して、歯と歯の間や奥歯の裏を磨くのを怠ってしまうケースです。 電動歯ブラシは洗浄(と言ったほうが伝わりやすいでしょうか?)力が強いので、短時間の内に歯の表面が綺麗になります。 しかし、当然毛先が当たらない部分ではプラークが残ってしまいます。 虫歯になりやすいのは目に触れやすい歯の表面よりもむしろ歯と歯の隙間や奥歯の裏など、意識しなければ毛先が届かない場所です。 こうした場所のケアも意識しておきましょう。 二つ目は研磨剤入りの歯磨き粉を使って歯を傷つけてしまうケースです。 多くの歯磨き粉には研磨剤が入っていて、手用歯ブラシではこれが歯の表面を磨く、つまり着色汚れを落とす効果があります。 しかし、電動歯ブラシで同じ歯磨き粉を使うと力が強すぎて逆に歯を傷つけてしまうことがあるのです。 電動歯ブラシでは歯磨き粉を使わないか、研磨剤無配合の電動歯ブラシ用歯磨き粉を使用してください。 正しい磨き方で虫歯・歯周病対策を 上記の注意点に気を付ければ、電動歯ブラシは歯のセルフケアに役立ちます。 正しい磨き方を身につけましょう。 電動歯ブラシも、手用歯磨きと同じように毛先は歯に対して直角に当てます。 超音波式の一部の物を除いて基本的には手用のように動かして磨く必要はなく、そっと当てているだけで十分な清掃効果が得られます。 数秒ごとに毛先を当てる場所をスライドさせて、歯と歯の隙間や歯茎との境目も含めて口の中を一周させることで磨き残しを減らすことができます。 こうした電動歯ブラシの正しい磨き方を身につけることのメリットとしてまず挙げられるのは、手用歯ブラシよりも短い時間でプラークを除去することができるということです。 忙しくて歯磨きの時間を十分確保することができないという人や、丁寧に磨くのが面倒で磨き残しが多くなってしまうという人にとってのメリットは大きなものがあるでしょう。 とくに音波ブラシや超音波ブラシでは毛先が届かないところまでプラークを除去することができるため、歯と歯の間や、歯周病によってできる歯周ポケットの中も洗浄することができ、歯周病の予防に効果的です。 一度、プラークの染め出し液を使用し、お持ちの電動歯ブラシでどこまでプラーク除去できているのか、確認されるといいでしょう。 そうして、届いていない部分があれば、フロスや歯間ブラシなど補助清掃用具を併用しましょう。 また、人は振動しているものを歯に当てるときには強く押しあてて動かすのではなく、そっと触れさせる傾向があるようです。 手磨き用歯ブラシだとすぐに毛先が開いて歯磨きの効率が落ちてしまうという人でも、電動歯ブラシを使うことで適切な力加減で磨くことができるということもあるかもしれません。 (歯や歯茎を傷つけないように力加減には十分注意してください。 ) 大切なことは手用歯ブラシであっても、電動歯ブラシであっても、その特徴を理解し、磨き残しがないように正しく毛先を当てることです。 歯科医院ではブラッシング指導をしていますので、気軽に聞いてみてください。 この記事の執筆監修者 (ひらかわ歯科医院 院長) 経歴: 卒業 所属学会:• | カテゴリー• 新着 2019年7月4日 2019年6月24日 2019年6月20日 2019年6月11日 2019年6月8日• マイクロスコープ導入歯科医院•

次の