ジンズ ブルー ライト カット。 ブルーライトカット眼鏡に効果はある?睡眠健康指導士が解説

ブルーライトカットレンズとは?②

ジンズ ブルー ライト カット

パソコンやスマートフォンを使って作業をした後、夕方になると目の奥がズキズキしてきたり、目の奥がジーンと重く感じたりすることはありませんか? 実はそれ、ブルーライトによる眼精疲労の可能性があります。 「目の奥がズキズキするな…、目の奥が重いな…」と気が付いた時には、かなりの疲労がかかっている状態のため、数日間放置してしまうと頭痛に繋がってしまうことも少なくありません。 眼精疲労を避けるためには、目に受けるブルーライトを軽減する対策が必要になります。 その役割を担ってくれるのが 「PC ブルーライトカット メガネ」なのです。 そこで今回は、PCメガネの中でも人気が高いJINSのPCメガネ「JINS SCREEN」をピックアップし、使用頻度や場所別におすすめのプルーライトカット率、JINS SCREENの購入方法などをご紹介していきます。 PC ブルーライトカット レンズは普通のレンズとどう違う? 一般的な眼鏡レンズとPC ブルーライトカット レンズの違いについて簡単に説明しておきましょう。 視力矯正に使用する一般的な眼鏡レンズは、UVカット機能が付いている物がメジャーになっています。 これは日常的に受ける紫外線の数パーセントをカットする効果です。 対して、PC ブルーライトカット レンズといわれるレンズは、特殊な加工によってパソコンやスマートフォンの画面から放射されている ブルーライトの光を反射・吸収して、チラつきや眩しさを抑え眼精疲労を予防する効果を持っています。 仕事や趣味でパソコンやスマートフォン、タブレットを長時間使うという方は、PCメガネを使用してみると夕方の目の疲労感に違いを感じるはずです。 PCメガネ「JINS screen」特徴 カット率やその他フレーム機能 今回ご紹介する、JINSのPCメガネ「JINS SCREEN」の特徴をチェックしていきましょう。 先ほど、通常のメガネレンズとPC ブルーライトカット レンズの違いについてご紹介しましたが、JINSのPCメガネ「JINS SCREEN」は、 ブルーライトカット機能とともに99. 9%のUVカット効果を備えているレンズです。 ですから、日常的なメガネとしてもPC・スマホ用のブルーライトカットメガネとしても兼用できて、いちいち掛けかえる必要なく使用できる、というメリットもあります。 フレームとレンズ一式タイプのJINS SCREENは3タイプから選べる フレームとレンズの一式タイプの「JINS SCREEN」では、 デイリーユース用として25%、 ヘビーユース用して40%という2種類のカット率、そして夜間の使用に限った ナイトユース用の60%(JINSネットショップ)のカット率のタイプがあります。 合計3タイプから、自分の使用目的に合わせてお好みのレンズを選べるようになっているのも嬉しいですね。 ただ、これからJINS SCREENを購入しようと考えている方の中には、25%と40%のカット率で「どちらのカット率がよいのかな?」と迷ってしまうこともあるでしょう。 カット率で迷ってしまう方向けに、カット率による見え方の違いや、印象、使用時間・場所別の選び方について、後ほど詳しくご紹介しますので参考にして頂ければと思います。 「JINS SCREEN」はフレームの快適性が高い! 「JINS SCREEN」にはレンズ以外にもユーザーの快適性を高める工夫があります。 その工夫とは、長時間の使用や、普段は眼鏡を掛けない方でも違和感なくPCメガネを着用できるための 「フレームの快適性」です。 快適性に繋がる具体的な特徴は…• フレーム素材には超軽量弾力素材「TR-90」を使用し、軽やかなかけ心地• 「JINS SCREEN」カット率別の見え方とおすすめ使用方法 先述したように、日中用の「JINS SCREEN」のレンズには、ブルーライトカット率が25%・40%という2タイプがあります。 2タイプあると「どちらのカット率が良いのかな?」と迷ってしまう方も多いと思うので、ここでカット率別の見え方の違い、使用頻度や場所などを含めた選びかたについて詳しくご紹介していきましょう。 ブルーライトカット率25%と40%の見え方、見た目の違いは? ブルーライトカット率25%と40%の違いについて注目したいのは以下のの2点です。 PCレンズをかけたときの見え方の違い• PCレンズをかけているときの印象 周囲からの見た目 25%タイプは、よく見るとレンズが薄っすら黄色がかっていているのですが、実際にかけてみても 普段の見え方とほぼ違いは感じません。 そのため、周囲からの印象も普通のメガネをかけているようにしか見えないので自然な見え方と自然な印象を求めている方におすすめです。 一方、40%タイプはレンズがやや黄みがかっていて、ぱっと見て 「レンズにカラーが入っているな」という印象があります。 かけてみると普段の見え方に比べて淡く茶色がかったように見えるので、慣れるまでは少し違和感を持つ方も居るかも知れません。 ただ、1~2時間使用しているといつの間にか目が慣れていきますし、目の疲れも楽になっていることを実感できるはずです。 周囲からの見た目は、「淡いカラーのレンズを入れているな」とすぐにわかります。 デスクワークから離れた場面では淡いカラーのサングラスをしている印象を受ける方も居るでしょう。 ブルーライトカット率25%と40%おすすめの使用方法と選びかたのポイント 25%がおすすめの方• 2~4時間程度の短時間のPC作業をする人• PC画面や動画など見え方をあまり変えたくない人• PCレンズをかけていることを感じさせたくない人• かけ外しをせずに使用したい人• 外出先や会議など人が多い場所、人に接する場面で使用したい人 40%がおすすめの方• しっかりとブルーライトをカットしたい人• 既に目に疲れを感じている人• 5時間以上のPC作業をする人• 仕事や作業中だけPCレンズをかけたい人 このように、あなたの求める使い方と見え方・印象で、どちらのタイプが向いているかを分けることができます。 カット率ごとのフレームの種類に違いがある JINSSCREENでは、ブルーライトカット率ごとでフレームの種類数に違いがあります。 25%カットは以下の計4種、各4色展開です。 自分の度数に合ったPCレンズが作れるのか• 費用はどのくらいプラスされるのか という部分が気になってしまうこともあるでしょう。 でも安心してください。 普段からメガネを必要としているあなたも、自分の度数に合ったJINS SCREENを作ることができます。 度ありのJINS SCREENを作る場合は、 +7,000円でオーダー可能です。 JINS SCREENフレーム ¥5,000 JINS SCREENレンズ 度入り ¥7,000 カット率はお好みの%を選んで 合計 ¥12,000 税抜 このような内訳になります。 「JINS SCREENのフレキシブルに調整できるフレームを使いたい!」という場合は、この方法であなたにピッタリのJINS SCREENをオーダーしましょう。 手持ちのメガネをJINSでブルーカットレンズへ交換することができる? メガネユーザーの方の中には、スタメン以外のフレームを数本保管していることも多いですよね。 あなたが保管していたフレームを使用して、JINS SCREENを作ることも可能です。 例えばですが、JINS SCREENを新調しようと思っていても• JINS SCREENの中には気に入ったフレームが無かった• かけ心地がよい自分のフレームを再利用したい• 保管しているお気に入りのフレームを使ってJINS SCREENを作りたい という場合もあるかも知れませんね。 そんなときには、手持ちのフレームを利用し「レンズ交換」という形でJINS SCREENのレンズをはめ込んでもらいましょう。 レンズ交換でJINS SCREENを作る場合の費用は、JINS SCREENカスタマイズタイプのレンズ代¥5,000(税抜)となります。 店頭販売されている度なしのJINS SCREENと同じ価格でオーダーできるのでお得感もあり、お気に入りのフレームを活かすこともできますね。 レンズ交換時は度数の合っているメガネを持参・店舗で視力測定を! 度入りのJINS SCREENレンズに交換をする際には、 お店で改めて視力測定をするか、現在の視力と合っている度数のメガネを持参しましょう。 特に、今使っているメガネの見えかたが「何となく見えづらい」「何だか疲れる」という実感がある方は、面倒がらずに視力を計ってもらってください。 今使用しているメガネの度数がちょうどよいという方は、レンズから度数の測定が可能ですのでお店の方に調べてもらえばOKです。 店頭で気に入るフレームが見つからなかったという方や、手持ちのフレームを活かしてPCメガネを作りたいという方は、レンズ交換をするのもよいと思います。 ブルーライトが与える影響 PCやスマートフォン、タブレットなどの液晶画面から放射されているブルーライトは、目の奥まで届く強い光です。 液晶画面から放射されたブルーライトは、空気中のホコリや水分によって乱反射する性質があり、その結果、 眩しさやチラつきという目のピント機能の低下を引き起こしてしまいます。 眼精疲労を感じると、次に起こるのが集中力の低下です。 「目が疲れて、仕事に身が入らない」という経験をされた方も多いのではないでしょうか。 眼精疲労を感じるまでの時間は個人差がありますが、なにも対策をしていなければ誰しもがブルーライトの影響を受けるのです。 ブルーライトによる影響は眼精疲労や集中力の低下に加えて、 体内リズムの崩れや睡眠障害にまで発展してしまうこともあるので注意しておきたいですね。 長時間PCを使う、趣味や作業で毎日数時間PCやスマホを使うなど、ブルーライトを受ける時間や頻度は使途によって違いますが、使用頻度が低くてもブルーライト対策が必要ということです。 目の奥がズキズキ、ジーンと重く感じるという自覚症状が現れてしまう前に、ブルーライトカットメガネを使って対策をしておきましょう。

次の

【ブルーライトカット・PCメガネ】JINS SCREEN

ジンズ ブルー ライト カット

最近、スマホとか見てると目が疲れやすい気がするし、今度メガネ作るときはブルーライトカット付けてみようかな~ なんて安易に考えていると後悔するかもしれません。 作ってから、やっぱりブルーライトカット付けなきゃよかったなんて後悔する人も案外多いんです。 なぜそんなことになるんでしょうか? それにはこんな原因があるからなんです。 色が変わって見える ブルーライトカットメガネを掛けると視界が少し黄ばんで見えます。 さらに少し暗くも感じます。 このように本来の色と少し色味が変わってしまうため、色を厳重に合わせていくような仕事をされている方には向きません。 カラーコディネーターや調色を仕事でする人は注意しましょう。 ブルーライトのカット率によっても色味の違いがある ブルーライトのカット率が上がれば上がるほど、視界は黄色味がかっていきます。 感覚なので一概には言えませんが、カット率15%程度であればそこまで大きな色味の違いはないかなと。 黄色いね。 僕の感覚ではこんな感じ。 普段掛けるメガネであれば、僕は断然15%程度のカット率にします。 毎日掛けるものなのに、違和感あるとか嫌ですからね。 目元の印象が少し暗く見える これは女性が気にしやすいかもですが、目元の印象が少しくすんで見えます。 周りの人から見たとき、ブルーライトカットのメガネを掛けてる人の目元も黄色味がかって見えるため、目元の印象が沈んでしまうんですね。 言われなければわからないとは思いますが、気になる人はやめておきましょう。 メガネを併用していると違和感がある メガネをいくつか使い分けている人でたまに違和感を感じる方がいます。 鼻当てが痛い• 耳が痛くなる• メガネがずれてきてめんどくさい などなどメガネを掛けている人にとっては普通のことでも、普段メガネを掛け慣れていない人にとっては、メガネを掛けなくなる原因の1つになったりします。 このように、ブルーライトカットは意外と使いづらい一面があるので、使う人を選ぶコーティングと言えるでしょう。 ではどんな人にならオススメなのかも紹介していきます。 ブルーライトカットがおすすめな人 デメリットを先にお伝えしましたが、目に対して刺激の強い光であるブルーライト 短波長 を抑えてくれるというメリットももちろんあるブルーライトカット。 効果を感じられる方がいるのもまた事実です。 注意点こそありますが以下の方にはおすすめできます。 少しでも目の疲れを軽減したい人 ぶっちゃけこれにつきます。 デメリットはあるけれどちょっとでも目の疲れをとりたい、目を楽にしたいという人にこそオススメ。 色が少し変わるという話をしましたが、ブルーライトカットにより視界が少し暖色系の色に見えることで、感覚的にも物が柔らいで見える効果もあります。 目が疲れて疲れてどうしようもないって人にこそブルーライトカットは使って欲しいですね。 デスク周りにPC用メガネとして置いておくと便利 普段掛けるメガネとは別にパソコン用のメガネとしてデスク周りに置いておけば、疲れた時にさっと掛けられます。 普段使ってるメガネとは別に用意しておくと、色の違いが出るのはパソコン作業などでPC用メガネを掛けてる時だけ。 違和感もそこまでないでしょう。 パソコン画面でブルーライトをカット パソコン用にわざわざブルーライトカットのメガネを用意したくない人もいると思います。 すーまん。 ブルーライトカットのデメリット:まとめ ということで、個人的にはメリットよりもデメリットの方が目立っちゃってる気のするブルーライトカットの話でした。 ただし、ものの見え方や色の感じ方が人によって違うように、ブルーライトカットも感じ方は人それぞれ異なりますので、あくまでも参考程度にしてくださいね。 目の疲れが減った、楽になったという方もいますし、いつも掛けてるから慣れたっていう声もよく聞きますからね。 そんなに気にする必要もないのかもしれませんが、自分にとってデメリットの方が気になるって方は合わないかもしれませんので、ブルーライトカットメガネを作る際は参考にしてみてください。 ではでは~!.

次の

【JINSバイオレットプラス】目に必要と言われる光を通すレンズ、JINS VIOLET+

ジンズ ブルー ライト カット

ブルーライトカットメガネとは、文字通りPCやスマホといったLEDディスプレイに多く含まれるブルーライトをカットする眼鏡で、PC作業中の目への負担を軽減してくれるという機能性眼鏡です。 仕事柄、毎日PC画面を8時間以上見続けているため、目への負担が大きく、目が疲れる、目がかすむ、目が痛い、目が重いといった疲れ目や眼精疲労特有の症状に悩まされていたのでこの度ブルーライトカットメガネを買ってみることにしました。 初めてのブルーライトカットメガネにJINSを選んだ理由 PC作業中に着用するブルーライトカットメガネ選びで、JINSの「JINS SCREEN」を選んだ理由は、単純に一番有名だったからです。 JINSは国内におけるブルーライトカットメガネのパイオニアで、2011年に初代となる「JINS PC」を販売しています。 その後進化して名称が変わって登場したのが今の「JINS SCREEN」です。 同じく大手ブランドのZoffの「Zoff PC」もありますが、やはり販売実績の長いJINSの方が機能性では優れているだろうというということでJINSにしました。 また、JINSのは他社製のブルーライトカットメガネよりも見た目がお洒落で、機能性でもレンズがクリアに近く、変なぎらつきもないといったように評判が良かったのも決め手となりました。 当然、ブルーライトカット率が高い方が、目への負担をより軽減出来るので、長時間のPC作業向きです。 それぞれ価格、ブルーライトカット率、形状と色のレパートリーに違いがあります。 フレーム形状は、OVAL(オーバル)・WELLINGTON(ウェリントン)・BOSTON(ボストン)・SQUARE(スクエア)の4種類で、フレームカラーは最大8色。 JINS SCREENの開封・付属品 今回、JINS SCREENはネット通販で買いました。 通常メガネは店頭で買うものですが、度なしのものだと普通にオンラインですぐに買うことが出来ます。 通販で注文して2日後ぐらいに届きました。 では、早速開封していきます。 開封してみると、ゲーム機のコントローラーやスマホ、パソコン、眼鏡を掛けた人などのイラストが描かれた、お洒落な内箱が出てきました。 外箱もお洒落ですが、内箱もお洒落で、開封するだけでとてもテンションがあがります。 JINS SCREENの箱に入っていたのは、ブルーライトカットメガネ本体と説明書、専用ソフトケースの三つです。 眼鏡だから専用ハードケースが付いているのかなと思いましたが、ハードではなくソフトケースがついていました。 清潔感のある白い生地に、内箱と同じお洒落なイラストが描かれているのがとても特徴的です。 また、このソフトケースはメガネ拭きとしても使えるそうで、クリーニングクロスは別には付いていませんでした。 取りあえず初めてのブルーライトカットメガネということで一番無難でシンプルなものを選びました。 箱から取り出してみての第一印象としては、普通に良い。 この眼鏡は、世界的工業デザイナーであるJasper Morrison(ジョスパー・モリソン)監修らしく、シンプルでありながらお洒落な感じになっています。 眼鏡側面はこんな感じ。 メガネのフレームやテンプルは程よく艶があり、安っぽさはありません。 デザインに関しては、海外製の安物を買わなくて正解だったと素直に思えるクオリティです。 左のテンプル内側には、「Desingned in Tokyo」と「JINS」の印字があります。 右側のテンプルの内側にはスペックの印字。 特徴的なのはテンプルエンド。 ラバー素材を使ったテンプルエンドは自分で曲げて自由に調整することが可能です。 自分の耳にしっくりとくる形で合わせることが出来るので、着け心地は普通に良さそう。 そしてラバー素材でずり落ちる心配もありません。 JINS SCREENの着け心地 JIN SCREENの着け心地は普通に良いです。 素材は軽い素材を使っているらしく軽い着け心地。 鼻と耳にしっかりと固定出来るので、PC作業中に普通の動きをする分にメガネがずれたり、落ちたりすることはありません。 そのため、眼鏡をかけた時の他人から見た印象や、自分の視界はどんなものになるのか気になる人は多いはず。 また、視界もメガネをつけていない時と違って、全体的に黄色味がかった色合いとなります。 全体的に見るカラーの色は黄色味に寄る、色が薄く見えるといった感じになります。 ブルーライトカットメガネ「JINS SCREEN」を1カ月使ってみて実感した効果 JINS SCREENを1カ月、平日の8時間近くに及ぶPC作業で着用してみましたが、予想以上にブルーライトカットの効果を実感することが出来ました。 ブルーライトをカットすることで、目の疲労感を大幅に軽減することが出来ました。 JINS SCREENを使う前は、PC画面を見ながら何度も目頭を押さえ、昼食や夕食の休憩の時間も目に不快感を感じることが多かったのですが、それがかなり改善されました。 今ブルーライトカットメガネ無しでPC画面を見ると、とても眩しく、不快なチラつきもあり、とてもこの画面をブルーライトカットなくしては見ようとは思えないぐらい、JINS SCREENは欠かせないものとなっています。 ただし、長時間のPC作業を続けている以上、この眼鏡を着用したからと言って完全に疲れ目の辛さが全て解消されたわけではありません。 それでも、掛けないよりは遥かに目の負担は減っていると実感出来るので、僕はこのJINS SCREENを買ってみて良かったと思っています。 ブルーライトカットメガネ「JINS SCREEN」の良かったところと微妙なところ 良かったところ• シンプルでお洒落• しっかりフィットする• 目の疲労感軽減効果を実感出来た JINS SCREENを買って使ってみて良かったところは、見た目の良さ、そして着け心地の良さ。 そして一番はブルーライトカットによる目の疲労感軽減の効果をしっかりと実感出来たことです。 微妙なところ• PC作業中に眼鏡を掛けるのがやや面倒• ハードケースが無い 正直微妙だったところもあります。 一つはメガネを掛けるのが面倒ということ。 実は僕は普段はメガネはしないのでPC作業中にずっと眼鏡を掛けないといけないのはやや面倒だなと感じます。 また、ハードケースが無いので外への持ち出しはしにくく、外へ持ちだしするような場合は別途ハードケースを買わないといけないのは正直残念なところです。 ブルーライトカットメガネは使ってみる価値あり!PC作業にオススメ ブルーライトカットメガネは本当に効果があるのか気になっている人も多いと思います。 1日8時間前後PC画面とにらめっこする仕事をしている僕がJINS SCREENを使ってみた限りでは、それなりにしっかりと効果は実感することが出来ました。 長時間のPC作業による目の疲労感を強く感じているような人は、是非ブルーライトカットメガネを試してみてください。

次の