コンギョ 歌詞。 攻撃戦だ(コンギョ)

ゆゆうた兄貴が弾き語った曲歌詞まとめ

コンギョ 歌詞

「コンギョ」の元ネタ・初出 ペクトゥサン ボンゲチョロン コンギョ (白頭山の稲妻のように攻撃) チョンイル ボンウリチョロン コンギョ (正日峰の雷のように攻撃) コンギョ コンギョ コンギョチョンニダ (攻撃 攻撃 攻撃戦だ) 引用: コンギョの元ネタとなったのは、 北朝鮮の歌謡曲「공격전이다(読み:コンギョチョンニダ)」です。 2010年に公開されました。 タイトルの意味は、「 攻撃戦だ」もしくは「 攻撃の勢いで」ですね。 勇ましいオーケストラの演奏、「コンギョ」の連呼によって、 日本人の間でも人気を集めています。 日本のロボットアニメの曲調を思い出しますね(激!帝国華撃団とか)。 北朝鮮全体の評価はともかく、この曲は耳から離れないと評価する人が多いですね。 作詞は作家のユン・ドゥグン(윤두근)さん、作曲は作曲家のアン・ジョンホ(안정호)さん、歌はユン・ヘヨン(韓国語版)(윤혜영)さんです。 声の伸びが良く、生き生きとした歌唱です。 コンギョは、日本人の間でどのように知られていったのでしょうか。 2011年11月、ワールドカップ予選の北朝鮮対日本戦では、コンギョが応援歌として使われていたようです。 参考: Twitterでも、2011年頃から言及が見られます。 参考: 「 攻撃戦だ」のタイトルでカラオケ入りした時期もあったようですが、著作権侵害を理由に削除されてしまっているようですね。 画像引用: ミサイルを使って(ニコニコ)本社を爆破する、運営批判シリーズの流れを汲んだものになっていますね。

次の

공격전이다(攻撃戦だ) コンギョ/北朝鮮 by えがぞう

コンギョ 歌詞

「コンギョ」の元ネタ・初出 ペクトゥサン ボンゲチョロン コンギョ (白頭山の稲妻のように攻撃) チョンイル ボンウリチョロン コンギョ (正日峰の雷のように攻撃) コンギョ コンギョ コンギョチョンニダ (攻撃 攻撃 攻撃戦だ) 引用: コンギョの元ネタとなったのは、 北朝鮮の歌謡曲「공격전이다(読み:コンギョチョンニダ)」です。 2010年に公開されました。 タイトルの意味は、「 攻撃戦だ」もしくは「 攻撃の勢いで」ですね。 勇ましいオーケストラの演奏、「コンギョ」の連呼によって、 日本人の間でも人気を集めています。 日本のロボットアニメの曲調を思い出しますね(激!帝国華撃団とか)。 北朝鮮全体の評価はともかく、この曲は耳から離れないと評価する人が多いですね。 作詞は作家のユン・ドゥグン(윤두근)さん、作曲は作曲家のアン・ジョンホ(안정호)さん、歌はユン・ヘヨン(韓国語版)(윤혜영)さんです。 声の伸びが良く、生き生きとした歌唱です。 コンギョは、日本人の間でどのように知られていったのでしょうか。 2011年11月、ワールドカップ予選の北朝鮮対日本戦では、コンギョが応援歌として使われていたようです。 参考: Twitterでも、2011年頃から言及が見られます。 参考: 「 攻撃戦だ」のタイトルでカラオケ入りした時期もあったようですが、著作権侵害を理由に削除されてしまっているようですね。 画像引用: ミサイルを使って(ニコニコ)本社を爆破する、運営批判シリーズの流れを汲んだものになっていますね。

次の

攻撃戦だ

コンギョ 歌詞

この曲の歌詞は北朝鮮を本国とする著作物であり、日本国著作権法上の保護対象ではありませんが()、 米国著作権法上の保護対象です()。 ウィキペディア日本語版は発信地(サーバの所在地)である 米国著作権法及び主な受信地である日本国著作権法の双方 に準拠すべきとされており()、従って この曲の歌詞をウィキペディア日本語版に掲載することはできません。 この項目には、一部のコンピュータやで表示できない文字が含まれています ()。 ただし、これは原題を日本語に直訳したものであり、は『 攻撃の勢いで』(こうげきのいきおいで)の邦題でこの楽曲を紹介している。 概説 [ ] 付のに曲名と歌詞が掲載された。 の傘下にある朝鮮作家同盟中央委員会の作家ユン・ドゥグン(: 윤두근)が作詞し、当時所属の作曲家アン・ジョンホ(: 안정호)が作曲、歌唱は(: 윤혜영)である。 歌詞には北朝鮮のである(: 백두산)・(: 정일봉)などのフレーズが含まれ、全体として勇ましいものとなっている。 北朝鮮は2010年の経済目標を達成するため、人民に「総攻撃戦」を促した。 「総攻撃戦」とは、経済の各分野で最高の成果をあげるため総力を傾けることを人民に求める北朝鮮政府のスローガンである。 この楽曲はそうした時期に北朝鮮で制作・発表されたため、のであるは当時、「北韓 が2010年の経済目標達成のため歌謡まで作って普及させたことからみると、北韓からかなりの切迫した雰囲気が感じられる」と報じた。 人気 [ ] オリジナルのユン・ヘヨン歌唱版(普天堡電子楽団、公演版は演奏)、混声重唱と合唱版()や、による演奏の軽音楽版が知られているほか、『その方の理想』とのカップリングによる太鼓舞踊と混声傍唱版 『熙川速度で強盛大国へ』が発表されており、の音楽番組では頻繁にとりあげられている。 にので開催されたの「北朝鮮対」戦では、市民からなる5万人の観衆がを応援するため試合開始前に『攻撃戦だ』を合唱した。 日本でも著名な北朝鮮の楽曲の1つであり、には大手「」で一時『攻撃戦だ』の配信が交渉中となった。 また、・の(北朝鮮歌謡)イベントでも人気のある曲となっている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 리수정 2011年1月5日. 朝鮮語. 로동신문. の2013年5月1日時点におけるアーカイブ。 2018年2月11日閲覧。 朝鮮語. 聯合ニュース. 2018年2月11日閲覧。 강이룩(カン・イルク) 2010年1月29日. 朝鮮語. 조선신보(). の2012年8月3日時点におけるアーカイブ。 2018年2月11日閲覧。 2018年2月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 『攻撃戦だ』のと楽譜(ウェブサイト『我が民族同士』内のページ)•

次の