ツイッター はなゆー。 金子勝 (経済学者)

31

ツイッター はなゆー

最近の投稿• 2018年11月3日• 2016年4月7日• 2016年1月26日• 2016年1月22日• 2016年1月20日• 2015年6月28日• 2015年6月20日• 2015年6月17日• 2015年5月31日• 2015年5月30日• 2015年5月30日• 2015年5月20日• 2015年5月16日• 2015年5月16日• 2015年4月28日• 2014年6月14日• 2014年2月4日• 2014年2月4日• 2014年2月3日• 2014年2月2日• 2014年2月2日• 2014年2月2日• 2014年2月2日• 2014年1月30日• 2014年1月29日• 2014年1月24日• 2014年1月18日• 2014年1月9日• 2014年1月6日• 2014年1月3日• 2014年1月3日• 2014年1月3日• 2014年1月3日• 2014年1月2日• 2013年12月31日• 2013年12月31日• 2013年12月30日• 2013年12月28日• 2013年12月28日• 2013年12月28日• 2013年3月2日• 2013年2月24日• 2013年2月13日• 2010年10月25日• サイト内検索.

次の

31

ツイッター はなゆー

経歴・人物 [ ] に卒業。 映画史家のは同級生で、ともに詩の同人誌を刊行していた。 に卒業。 を専攻。 指導教官は。 東京大学在学中は、委員長としてを指導していた学生運動家だった。 に助手。 講師、助教授・教授を経て、から経済学部教授。 慶應義塾大学の課外活動では、より慶應義塾大学「研究会」の顧問を務めている。 にので明治学院大学のは「の論客としては実に久々の」と評している。 2018年4月からは、慶應義塾大学名誉教授・大学院特任教授を務めている。 主張・発言・活動 [ ] 執筆活動のほか、『』()や、『』()などにテレビ番組にも出演している。 『』()では司会を務めた。 慶應義塾大学にて「モーニング娘。 研究会」の顧問を務めるほどのファンである。 2010年に自身のブログでははモーニング娘。 とは似ているようで全く違うグループであるとし、同グループやAKB商法を批判したこともある。 地方創生担当相を「口利き屋」と批判している。 こそ日本経済を明るくする鍵だと主張し、では脱原発を公約に掲げたを支持した。 日本による対韓輸出優遇撤廃に反対する、<声明>「韓国は「敵」なのか」呼びかけ人の1人。 2020年に立憲民主党、共産党、社民党の野党が支持表明した元日弁連会長宇都宮健児を強く支持し、現職の小池百合子当選後に山本太郎が立候補したせいとして、 「【山本太郎のクズ】コイケの圧勝を生んだのは山本太郎なことは明白だ。 」「カルトを超えてアホの極みだ」と強く批判した。 著書 [ ] 単著 [ ]• 『市場と制度の政治経済学』(1997年、)• 『シリーズ思考のフロンティア 市場』(1999年、)• 『反経済学 市場主義的リベラリズムの限界』(1999年、)• 『セーフティーネットの政治経済学』(1999年、[])• 『反グローバリズム 市場改革の戦略的思考』(1999年、岩波書店)• 『経済の倫理 反経済学からの問い』(2000年、新書館)• 『日本再生論 「市場」対「政府」を超えて』(2000年、)• 『の経済学 さらば、無責任社会よ』(2001年、日本放送出版協会/2004年、[])• 『長期停滞』(2002年、筑摩書房[ちくま新書])• 『経済大転換 反デフレ・反バブルの政策学 (2003年、筑摩書房[ちくま新書])• 『粉飾国家』(2004年、[])• 『2050年のわたしから 本当にリアルな日本の未来』(2005年、講談社)• 『戦後の終わり』(2006年、筑摩書房)• 『金子勝の仕事道! 人生を獲得する職業人』(2006年、岩波書店)• 『閉塞経済 金融資本主義のゆくえ』(2008年、ちくま新書)• 『格差・貧困社会における市民の権利擁護 公人の友社』2009 福島大学ブックレット『21世紀の市民講座』• 『新・反グローバリズム 金融資本主義を超えて』2010 岩波現代文庫• 『「脱原発」成長論 新しい産業革命へ』筑摩書房 2011• 『原発は不良債権である』 2012• 『原発は火力より高い』岩波ブックレット 2013• 『資本主義の克服 「共有論」で社会を変える』集英社新書 2015 共著 [ ]• 『財政崩壊を食い止める 債務管理型国家の構想』(2000年、岩波書店)共著:• 『グローバリゼーションと戦争責任』(岩波書店[]、2001年)共著:、• 『日本経済「出口」あり』(2001年、)共著:、• 『誰が日本経済を腐らせたか』(2001年、) 共著:• 『誰が日本経済を腐らせたか 増補版』(2005年、[])• 『希望のビジネス戦略』(2002年、筑摩書房[ちくま新書])共著:• 『見たくない思想的現実を見る』(岩波書店、2002年)共著:• 『入門バクロ経済学』(2002年、朝日新聞社)共著:• 『大逆転 新しい日本モデルの挑戦』(2002年、)共著:・• 『悪魔の予言 日本は破滅に向かうのか、救いはあるのか』(2002年、五月書房)共著:• 改題『火事場の経済学 沈没寸前! この国に逃げ場はあるのか? 』(2003年、)• 『反ブッシュイズム(1)いかにブッシュ政権は危険か』(2003年、岩波書店[])共著:• 『反ブッシュイズム(2)終わらない戦争』(2003年、岩波書店[岩波ブックレット])共著:アンドリュー・デウィット• 『ダマされるな! 目からウロコの政治経済学』(2003年、)共著:• 『逆システム学 市場と生命のしくみを解き明かす』(2004年、岩波書店[])共著:• 『反ブッシュイズム(3)世界は後戻りできない』(2004年、岩波書店[岩波ブックレット])共著:アンドリュー・デウィット• 『不安の正体! メディア政治とイラク戦後の世界』(2004年、筑摩書房)共著:、、アンドリュー・デウィット• 『メディア危機』(2005年、日本放送出版協会)共著:アンドリュー・デウィット• 「小泉劇場」の熱狂のあとに来るものは… イラク戦争と日本-サマワ自衛隊最新報告 綿井健陽共著 第9条の会・オーバー東京 2006. 4 あーてぃくる9ブックレット• 環境エネルギー革命 アンドリュー・デウィット共著 アスペクト 2007. 世界金融危機 アンドリュー・デウィット共著 2008. 岩波ブックレット• 地域切り捨て 生きていけない現実 共編著 岩波書店 2008. 知識・技能が身につく実践・高齢者介護 第1巻 検証! 改正後の介護保険 共編 ぎょうせい 2008. 脱「世界同時不況」 オバマは金融危機を克服できるか アンドリュー・デウィット共著 2009. 6 岩波ブックレット• 知識・技能が身につく実践・高齢者介護 第6巻 介護保険再改正と報酬改定の課題 結城康博共編 ぎょうせい 2009. 『ポスト新自由主義 民主主義の地平を広げる』(2009年、七つ森書館)共著:山口二郎、、、、• が語る「現代の貧困」 湯浅誠共著 大高研道, 高端正幸編 新泉社 2009. 6 シリーズ時代を考える• グローバル資本主義と日本の選択 富と貧困の拡大のなかで ,共著 2010. 3 岩波ブックレット• 新興衰退国ニッポン 共著 講談社 2010. 6 現代プレミアブック• 日本再生の国家戦略を急げ! 民主党政権への緊急提言 共著 小学館 2010. "経済"を審問する 人間社会は"経済的"なのか? ,アラン・カイエ共著 せりか書房 2011. 儲かる農業論兼業農家のすすめ 武本俊彦共著 集英社 2014. 17 編著 [ ]• 『金子勝の食から立て直す旅 大地発の地域再生』(2007年、岩波書店) 共編著 [ ]• 『現代資本主義とセイフティー・ネット 市場と非市場の関係性』(1996年、)編:法政大学比較経済研究所• 『地方に税源を』(1998年、)共編:• 『「福祉政府」への提言 社会保障の新体系を構想する』(1999年、岩波書店)共編:神野直彦• 『日本が直面する財政問題 財政社会学的アプローチの視点から』(1999年、八千代出版)共編:・神野直彦• 『住民による介護・医療のセーフティーネット』(2002年、東洋経済新報社)共編:神野直彦• 『東アジアで生きよう! 経済構想・共生社会・歴史認識』(2003年、岩波書店)共編:藤原帰一、山口二郎• 『財政赤字の力学 アメリカは日本のモデルたりうるか』(2005年、税務経理協会)共編:池上岳彦、アンドリュー・デウィット 教科書執筆 [ ]• 『日本史B』(2004年初版、) 脚注 [ ].

次の

長寿のはずの沖縄の新聞の「訃報欄」に70歳以下の死亡者が目立ってきているとの情報 (はなゆー) 魑魅魍魎男

ツイッター はなゆー

同病院では、一時入院していた80歳代の女性(13日に死亡)と、この女性を担当していた女性看護師の感染がすでに確認されている。 市によると、新たに感染が確認されたのは今月6日に入院した80歳代の男性と、その同室に10日に入院した70歳代の男性。 19日に記者会見した鈴木仁一・市保健所長は「院内感染の可能性がないとは思っていない」と語った。 北海道では19日、札幌市の40歳代男性会社員と、道南地方の60歳代男性の感染が判明。 男性会社員の感染ルートは不明で、札幌市の秋元克広市長は「(日常生活での)市中感染の疑いがある」と述べた。 東京都ではいずれも都内に住む70歳代の夫婦と無職女性の計3人の感染が確認された。 無職女性は18日に感染が判明して重症となっている男性の妻。 名古屋市では50歳代の女性が陽性と判明。 すでに感染が確認されたハワイ帰りの同市の60歳代女性と接触があった。 沖縄県では、今月1日に那覇港に寄港したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客を乗せた那覇市の60歳代の男性タクシー運転手の感染が確認された。 一方、厚生労働省は19日、中国・武漢市から日本政府のチャーター機第5便で17日に帰国した50歳代の日本人男性1人の感染が確認されたと発表した。

次の