フリーウェイ 給与。 マイナンバー管理「フリーウェイ」|20人まで永久無料のクラウド

フリーウェイ給与計算

フリーウェイ 給与

みなさん。 こんにちは。 now3のアドレスでブログを更新している大東市の税理士・社労士の今西 学です。 先日、税務会計の顧問先から、年金事務所より「総合調査のお知らせ」(通知)が来ている旨、連絡をうけました。 その通知には、労働者名簿・出勤簿とともに、賃金台帳を持参する旨記載がありました。 賃金台帳ですが、小さな事業所でもつくっておられますか?どんな会社でも賃金台帳は法律上作成する必要があります。 そんな賃金台帳を作成するためには、やはり小さな事業者でも給与ソフトを利用するのが効率的であると思います。 1.従業員5人までの会社で使える無料のクラウド型給与ソフト 私の税務会計顧問先は、現在最大で従業員が11人。 ほとんどが家族だけで経営している従業員5人以下の会社です。 特に、役員だけの会社などは、厳密な勤怠管理も必要ないので、そんな会社に、お勧めしているのは、クラウド型会計ソフトの「」というソフトです。 以前は、Internet Explorer上でしか動作しなかったのですが、Google Chrome、Safari、Firefox、Microsoft Edge上でも動作するようになり、便利になりました。 シンプルなソフトで、使い勝手もそれほど悪くはありません。 一番特徴的なのは、従業員数5人までは 無料で使えるということです。 無料ではありますが、クラウド型ソフトなので、健康保険料率や、厚生年金保険料率の変動に対応し、「最新の料率に更新」ボタンを押しさえすれば、最新の料率で控除保険料の計算をしてくれます。 もちろん、源泉徴収簿や給与明細、先ほど述べた賃金台帳なども作成出来るので、最低限の機能は持っています。 この無料版のソフトは電話・メールのサポートはありませんが、私の顧問先が使う場合、最初の設定まではさせてもらっているので、その後の毎月の処理は、慣れてくれば問題なく出来る方が多いです。 そして、保険料率更新が必要なときは、私の方からその旨ご連絡させていただくので、その月については、「料率更新」ボタンを押していただくようにしております。 よって、それほど使い勝手が難しいソフトではないと感じています。 現在、手計算で給与処理されている従業員5人までの会社はぜひ無料ですので、試してみてください。 2.従業員6人以上の会社では他の選択肢もあります。 さて、従業員6人以上の会社が上記フリーウェイ給与計算を使う場合は、毎月1,980円の料金がかかってきます。 それでも給与ソフトとしたら価格は安いほうですし、人数が増えてもこの料金であること、また有料版はサポートもつきます。 よって6人以上でこのソフトを使うという選択もありかと思います。 また従来従業員6人以上の方に、私がお勧めしていたのは、私が弥生会計の会員であることもあり、クラウド型ソフト以外のパソコンにインストールするソフトで、一番シェアが高い(弥生給与)です。 なおもう一つ上のグレードに「弥生給与」がありますが、価格は、2万円台前半と6万円後半と差があるので、従業員20人前後までなら、「やよいの給与計算」で充分でしょう。 パソコンにインストールするソフトなので、操作の安定感はありますが、社会保険料等の料率の変更は自分自身で、料率を手入力して変更する必要がありますので注意が必要です。 ただ、会計ソフトの弥生会計はとても使いやすいソフトですが、「弥生給与」、「やよいの給与計算」は、給与計算のノウハウを一定程度有する人でないと使いにくい気がします。 よって使いやい給与ソフトという感覚は残念ながらありません。 あと、どうせ有料ということで、使いやすさを求めるなら、(私は使ったことがないのですが)会計ソフトでもシェアを拡大させているfreeeの「」、あるいは「」などのクラウド型給与ソフトも検討に値すると思います。 これらは従業員の人数が増えるごとに利用料もあがり、利用料負担が大きくなるというマイナス点があります。 ただ勤怠入力も出来ることから、単なる給与計算ソフトを超えたソフトともいえます。 従業員の出勤簿も作れるだけでなく、残業があるなら、その計算にも役立てることが出来るようです。 以上、従業員5人までは、原則的にはフリーウェイ給与計算をお勧めし、それ以上の従業員がいる場合は、ケースバイケースで自社にあったソフトを選んでいただいています。 個人的には、今後はクラウド型給与ソフトの利用を積極的にお勧めしたいと思っています。

次の

勤怠管理システム|クラウドはフリーウェイタイムレコーダー

フリーウェイ 給与

フリーウェイ給与計算 無料版から使えるフリーの給与計算ソフト サービスの特徴 必要最低限の設備で開始 フリーウェイ給与計算はネット環境とパソコンさえあればどこでも利用できるのが魅力。 従業員5人までであれば無料で利用することもできます。 クラウドだからいつでも最新の状態 税率や保険料率に改正があったとしても、更新するだけで給与計算が最新の状態で行えます。 誰でも使える簡単な操作性 シンプルな操作性なのでマニュアルを読むだけで簡単に扱えます。 主な機能• 給与計算 社会保険料自動計算 雇用保険料自動計算 所得税自動計算 時間外単価自動計算• 賞与計算 控除額の自動計算 前月給与から税額を自動計算• 所得税 給与所得の源泉徴収税額表に対応• 社会保険 厚生年金基金にも対応• 雇用保険 賃金台帳の出力に対応• 年末調整 1年分の総支給金額等を自動計算 様々な控除額の自動計算• マイナンバー対応 従業員情報を連動 従業員情報をマイナンバーと紐付け 費用 無料版(登録データ数1/従業員数5人) 月額利用料0円 有料版(登録データ数2~/従業員数6人~) 月額利用料1,980円 税抜 導入実績と口コミ評判• 「リリースされてからすぐに使い始めました。 シンプルだし使いやすいソフトです。 ただ、無料版だとマニュアルだけではどうしてもわかりにくいので、私はFAQサイトなども参照にしています」• 「クラウドですが入力スピード、処理スピード共に予想以上に速いです。 結構直感的に使えて、マニュアルがなくても大丈夫でした。 一般的な給与計算ならこれで十分だと思います。 とは言え複雑な機能はついていないので初心者向きという感じです」• 「給与計算ソフト選びでは、まず費用の安さを重視しました。 そこで、無料版が使えて、有料版でも月額利用料がかなり抑えられるということでフリーウェイ給与計算に決めました。 導入してみたところ給与計算にあまり慣れていないスタッフにもわかりやすかったし、まだ給与計算ソフトを使ったことのない場合にどんなものなのか試してみるのにはぴったりだと思いました」 企業情報 会社名 株式会社フリーウェイジャパン 住所 東京都新宿区市谷田町2-7-15近代科学社ビル8階 設立 1991年3月19日.

次の

フリーウェイ給与計算の評判、評価、レビュー

フリーウェイ 給与

給与計算ソフトの選び方 給与計算業務は、それ自身では収益に繋がりませんが、従業員の生活を支える非常に重要な仕事。 その給与計算業務に利用するソフトですから、しっかり検討してみてください。 クラウド給与計算ソフトで業務効率化、エクセルやフリーソフトでコスト削減など、求めるものは様々。 給与計算業務のアウトソーシングサービスをやめた方なら、簡単に使えることが条件になるでしょう。 できれば、事前に調べた上で、給与明細に入力・作成するなどして、試しに使ってみてください(賞与計算、社会保険、年末調整の機能の使い勝手も含めて)。 比較して検討する上で、まずは何か使ってみたい方には、「フリーウェイ給与計算」がオススメです。 従業員5人まで0円ですから、安心してお試しを。 有料版 初期費用 無料 月額利用料 1,980円(税抜) バージョンアップ料 無料 利用期間 1年ごとの更新 登録データ数 無制限 登録できる従業員数 無制限 年末調整・支払調書 あります 操作サポート あります(電話、メール)• 対応ブラウザは、Internet Explorer、Google Chrome、Safari、Firefox、Microsoft Edgeです。 スマートフォンではご利用いただけません。 有料版をご検討の際には、まずは無料版をお試しください。 無料版で利用したデータは、そのまま有料版でご利用いただけます。 有料版の月額利用料は、ご契約開始日(弊社から有料版ご利用開始のメールを送信した日)の翌20日までは無料です。 (9月1日がご契約開始日の場合、無料期間は9月20日までとなり、利用料金が発生するのは9月21日~10月20日利用分の10月分からです)• 追加ID 1IDに付き月額1,000円(追加IDが必要になるのは、別の会社データを複数の方で同時に利用される場合のみです。 追加IDを利用しても、同じ会社データを同時に処理はできません。 契約期間は1年単位です。 途中解約によるご返金は承っていません。 初回は年一括のお支払い(銀行振込)のみ、次年度の更新から、月々の口座振替もご利用いただけます。 給与計算とは、会社が役員や従業員に毎月支給する給与を計算する業務です。 毎月の給与計算から、特定の月にのみ処理する業務に至るまで、その業務内容は多岐に渡ります。 毎月の業務• 勤怠を確定 タイムカードや勤怠ソフトなどに記録された情報をもとに、給与計算対象期間の勤怠を集計し、勤務時間や残業時間などを確定します。 勤怠以外の情報を確定 入退社、家族、通勤手当、振込口座、標準報酬月額など、給与計算に影響がある情報のうち、前月の給与計算以降に変更があった情報を確定します。 給与の差引支給額を確定 上記1、2の情報に基づき、基本給、通勤手当、残業代などの支給金額と、給与から控除する所得税、住民税、健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料などの控除金額を計算し、差引支給額を確定します。 なお、給与計算ソフトに上記1、2を反映すれば、差引支給額を自動計算できます。 給与を支給 上記3で確定した差引支給額を、本人に現金で手渡しするか、本人の銀行口座に振込みます。 振込データを作成できる給与計算ソフトを使用すれば、作成した振込データをインターネットバンキングに送信することで、効率的に処理できます。 給与明細書を配布 給与明細書を作成し、本人に配布します。 給与明細書は、Webやメールなどで配布することもできますが、事前に従業員の同意を得る必要がありますので注意が必要です。 給与計算結果を経理へ提供 会計処理のために、上記3で計算した結果を経理に提供します。 賃金台帳を保管 上記3で計算した結果を印刷し、賃金台帳として保管します。 賃金台帳は、最低3年間保管する義務があります。 所得税及び住民税を納付 上記3で給与から控除した所得税、住民税を、翌月10日までに管轄の税務署及び各市区町村に納付します。 所得税については、「源泉所得税の納期の特例」の承認を受けている場合は、1月から6月までの分を7月10日までに、7月から12月までの分を翌年1月10日までに納付します。 社会保険料を納付 上記3で給与から控除した健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料などの社会保険料と、会社が負担する健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料などの社会保険料を合わせて、翌月の末日までに管轄の機関に納付します。 口座振替手続きをすれば、納付の手間を省くことができます。 特定の時期の業務• (1月)扶養控除等申告書の反映 当年の扶養控除等申告書において、扶養家族の人数に変更があった場合は、給与から控除する所得税の金額を変更します。 (4月)社会保険、労働保険の料率変更 健康保険料、介護保険料、雇用保険料、労災保険料などの料率が変更された場合、変更後の料率を給与計算に反映します。 給与計算ソフトを使用している場合は、料率を変更するのを忘れないように注意しましょう。 (4月)基本給などの改定 基本給や手当の金額を改定し、改定後の金額を給与計算に反映します。 改定が遅れた場合は、差額の遡及支給が必要になる場合があるので注意が必要です。 なお、改定の時期は会社により異なりますので、ご注意ください。 (5月)住民税の改定 各市区町村から通知された住民税の金額に基づき、6月以降の給与から控除する住民税の金額を改定します。 (9月)標準報酬月額の改定 定時決定に基づき改定された標準報酬月額を、給与計算に反映します。 なお、一定の条件を満たす場合には、随時改定に基づき、標準報酬月額を改定する必要があるので注意が必要です。 (11月~翌年1月)年末調整と源泉徴収票の提出 扶養控除等申告書等に基づき年末調整を行った後、給与計算にその結果を反映し、所得税の年税額を精算します。 その後、当年の給与計算結果に基づき源泉徴収票を作成し本人に交付します。 また、一定の条件を満たす者の源泉徴収票を翌年1月末までに管轄の税務署に提出します。 (翌年1月)給与支払報告書の提出 当年の給与計算結果に基づき給与支払報告書を作成し、翌年1月末までに各市区町村に提出します。

次の