よろしゅう 関西弁。 私の好きな関西弁 : My Favorite Things

関西弁 「よろしく」「よろしゅう」 関西の人は「よろしゅう」というみたいです...

よろしゅう 関西弁

生まれも育ちも大阪。 結婚するまでずっと同じ街に住んでいた。 父親はその街で生まれ育ち、いまだかつて出たこともない。 母親は父と結婚するまでは奈良の人だった。 私のまわりで関西弁以外のことばを話す人はほとんどいない状態で育っている。 唯一、3歳のときから家族ぐるみでつきあっていた北九州出身の一家。 そこの両親が話す九州弁は、とてもやさしく包容力のあることばだと受け止めていた。 「なんね?」「そうね」「はよしんしゃい」「しゃかぁしい!」 …おばちゃんは当時、今の私くらいの年齢だったが 体型も肝っ玉母さん的で、母以外の女性として圧倒的に信頼していた。 同い年の娘、ひろみちゃんの中学入学と同時に北九州に帰っていった。 小学校の国語の時間、「本読み」では、気持ち的には標準語ふうに読んでいた。 関東の人が聞いたらぜんぜんダメだろうけど、自分としては「本読みの時の読み方」のつもりだった。 中学に入って、別の小学校出身の子が本読みをするのを聞いて驚いた。 「ベタベタの大阪弁やん!」 「~やで」とか「~するねん」とか書いているわけではない。 ちゃんとした文章なのに、誰がどう聞いても大阪弁なのだ。 この読み方、大人になっても直らないというのがわかった。 夫、夫の母、私の母…子どもに絵本を読み聞かせるとき、大阪弁でしか読めない。 ぐりとぐらが「ナニワの野ねずみ」になるのだ…!漫才コンビのようなのだ! 根っからの大阪人の私が聞いていてずっこけそうになるんだから、 大阪以外の人が聞いたらどう思うだろう? そうはいいながら、私は関西のなまりが大好きである。 大学の恩師、廣岡教授は英文学の中の方言をライフワークにされている研究者だった。 彼の講義はいつも笑いが絶えなかった。 英語にもまったく同じようななまりがある、ということを大阪弁を例に挙げて説明してくださる。 d の音が r に変わる例として、 「よろかわのみるのんで、はらららくらり(=淀川の水飲んで、腹だだ下り)」 前後の音が発音しやすいように入れ替わる例として、 「てぐぬい(=てぬぐい)」などなど。 方言をバカにしてはいけない、というのが、教授の持論だった。 たいへん影響された。 大学は大阪にあったが、学生は近畿一円から集まってきていた。 そこで私は自分の住んでいた北大阪以外の関西なまりをたくさん知った。 京都の人は「~やし」「~しよし」 しが耳につく。 「どす」舞妓ことばは特別だとわかる。 神戸の人は「いっとー」「しっとー」「いきよー」 とーは現在完了形でよーは現在進行形。 和歌山の人は「ざじずぜぞ」と「だぢづてど」が入れ替わる。 奈良の人は「ほんでみー」 祖母が言っていた。 男性は「ほんでよー」「行っこる、行っこった」 これらを基本に、いまではその人がどこに住んでいるかしゃべり方でわかるようになった。 結婚して嫁ぎ先の両親がよく使う言葉にも、わからないのがあった。 「いっしゅく」=ずっと、しじゅう 茨木・摂津地方のことばのようだ。 同じ北大阪でも深いなぁ。 私の好きな大阪のことば 「ほたえる」=子どもがじっとしていずにガサガサして悪さをする様子。 「ごんた」=ごんたくれ。 悪さをしたり、落ち着きなくききわけも悪い子。 「いちびる」=まじめに取り組まないこと。 いちびる人のことを「いちびり」 「おぼこい」=すれてない、幼い。 「せんど」=何度も何度も。 「せんど言うたやろっ!」 「ぼんぼん」=何の苦労もなく育ったお坊ちゃん。 「おっさん」「おばはん」=夫婦善哉のようなツレアイがお互いをこう呼ぶのがいい。 「往生する」=たいへん手がかかる。 「しゃあことなしに」=しかたなしに。 こうやって並べてみて、「おとなしく、お利口にしていないこと」に関することばが豊富なことに気づいた。 大阪人、小さいときから「ごんた」に「いちびり」が多い。 その反対の子どもに対しては「お利口」ではなく、「カシコイ」という。 これも関西特有らしい。 こんばんはぁ。 mayuちゃん ほんまにあなたはすごいわ。 この文章力、分析力、よくまぁこれだけスラスラと書きたいことを 綴れるもんやね。 素晴らしい! わたしなんかボキャブラリーの乏しさに情けなくなるわ。 「すごいー」「かっこいいー」「かわいいー」ばっかり・・・ コギャルもまっつぁおやね。 それにしても、この関西弁談義 楽しく読ませてもらったわー。 ぐりとぐらが「ナニワの野ねずみ」になる ってとこ大爆笑!! めっちゃわかるわー。 私も本読みの時は、なるべく標準語読みやねんけど ダンナときたら・・・ほんまに何を読ましても「ナニワの物語」に なんねんな。 ずっこけるやんな。 関西弁ですね。 関西弁はね、うつるんよ。 ほんまに! なんで、なんで??? これだけ、英語や韓国語がすんなり入ってきてくれたら・・・と思うわ。 関西弁のいいところ、いっぱいあります。 照れてしまって 自分で突っ込み入れたくなる時に便利。 怒ってる時も 柔らかくちょっとユーモアを込めた感じで表現できる。 etc. 標準語で言うと冷たく感じられてしまうこと多いんよね。 特に 関西の人と話てる時、自分が標準語で話すと 距離置いているような、 カッコつけてるような とにかく 自分が違うキャラになってしまった感じがします。 関西の人がカキコ見たら、使い方間違っていると言われると思うし、 ましてや、話したら、イントネーションなど違うと思うけど、 大目にみておくれやす。 大好きなんです。。。 関西弁。。。 みなさん、こんにちは。 mayuです。 思いつきで書いた記事に、こんなにたくさんコメントいただいて、 ありがとうございます。 chi-ちゃん、ローさんもかいな。 うちのダンナよりはましやと思うよ。 高校のクラブって、美しくしゃべる「放送部」ちゃうかった? erupiyoさん、テレビに向かってのツッコミ、第2弾で書くつもりでした。 そらもう、うるさいよ~あたりまえやん!気持ち悪いもん。 ぺーたさんとこは奈良と違いました? もしかして奈良の京都寄りのとこかなぁ…京都の人、記事に書くの忘れたけど自分の親や子どもにも「~しはる」って敬語使うでしょ? そうですか…堺のお人も「いっしゅく」使ってますか! 話題に出してみるもんですねぇ… ゆー子さん、私は貴女のことをカンペキに関西人と思ってましたから。 ものすごく自然です。 使いこなしてますよ。 大阪に何年住んでても大阪弁うつらない東京の人って多いのに… 私が思うに、その人たちは基本的に大阪弁というか訛りをばかにしてるのかな…と。 地方の者のヤッカミですかね。 ゆー子さんみたいに「関西弁好き!」という人は、その気持ちがあるから うつるんだと思います。 それと、、、「お不快」ピンチです /  ̄ロ ̄; \ 子供が今日からインフルエンザにかかってしまいまして。。。 私にうつりませんように・・・・ めっちゃウガイしてるしぃ。。 erupiyoさん、ありがと。 ぺーたさんもerupiyoさんも、文教地区におすまいなのね~ 図書館とか子どもの絵本のお店とかが充実してる、って 聞いてます。 いいなぁ~ erupiyoさん、なに!まだインフル?ほんま、今年はいつまでも… 大丈夫です!気合よ、気合! さぁ、吠えキャラのerupiyoさん、吠えるのだ~!!! せーの!「気合だ、気合だ、気合だぁ~~~~っ!!!」 それから、「ニム」ってたぶん、「様」の意味だと思います。 「室長」も韓国語では「シルチャンニム(室長様)」って言ってるのよ。 学校の先生なんかにも「ソンセンニム(先生様)」って言うそうです。 なんか、この「様」を多用しているのを聞いてると、例の北のアヤシイ国の 「偉大なる領主様」を思い浮かべて気持ち悪いんだなぁ… でも、「絶対敬語」の国ですから。 mayuちゃんから 説明のあった通り 「ニム」は「様」ですぅ。 お子さんのインフルエンザ 早く治るとよいですね。 ママさんも うつらないように気をつけてくださいね~。 できれば家の中でもマスク着用をオススメします。 「シ」は「氏」でしょ。 「スンホニ」は・・・深く考えたことなかってんけど たぶん「スンホンニム」って言いにくいから 短縮して愛称のように 「スンホニ」って呼んではるんやと勝手に解釈しててんけど・・・ 違うやろか。 ちょっと過去ログとか辿ってみてんけどわからんかってん。 他のスンホニファンの人に聞いてみて わかったらまた書くわ~。 いい加減で すんまソンスンホン。 うわっ しょーもな.

次の

消えゆく関西弁講座 「よろしゅうおあがり、おそまつさん」の巻

よろしゅう 関西弁

「よろしゅうおあがり、おそまつさん」の巻 意味 食事前後に「いただきます、ごちそうさま」と言うと、それを聞いた人が返してくれる言葉です。 解説 京都以西の関西で使われている言葉じゃないかと思います。 滋賀県出身の知人は、「大阪に来るまで、こんな言葉知らんかった」と言います。 私の母方の親戚は京都人なので、聞く機会が多かったのかもしれません。 使用例 その1 「あんたの好きな、カレー作ったったで」 「おおきに。 んじゃ、いただきま〜す」 「へえ、 よろしゅうおあがり」 「・・・げっ、グリンピースが入ってる・・・どないしょう。 わからんように、すみっこに隠しとこ。 ごちそうさんでした」 「えらい、 おそまつさんやったな。 嫌いなもん入っとって」 「・・・」 使用例 その2 「いただきま〜す!」 「まあ、 よろしゅうおあがり。 たんと食べや」 「うん・・・・(食べ終わって)ごちそうさんでした」 「 おそまつさん。 ; 」.

次の

京都の方言

よろしゅう 関西弁

「よろしく」は共通語では無いのですか? 「ほな、よろしゅうたのみまっせ。 」は大阪にずっと住んでるおじさんの言葉です。 「ほな、よろしゅう」は京都の舞妓・芸子言葉です。 普通のサラリーマンは「では、よろしくお願いします。 」だと思います。 ビジネスシーンでは共通語が基本なので、地元色の強い場所でしか「よろしゅう」は使わないのかと思います。 【補足読みました】 よろしゅうなんて普段使いませんね。 (20代後半女、大阪在住です。 ) 他の回答で「よろしく」は固い表現と記入有りましたが、そのような認識は有りません。 (おじさん達の中では使い分けているのかも?) 仲良い若い友達同士では「よろしく~。 」「よろしくね」だと思います。 例)A:じゃあCさんに連絡しとくね。 B:よろしく~。

次の