会社休めない。 明日にでも来る「災害で出勤できない日」。社員はどうする?会社は何をする?

明日にでも来る「災害で出勤できない日」。社員はどうする?会社は何をする?

会社休めない

体調不良で仕事は休めないのか? 体調不良で会社を休むのは悪いこと? まず、体調不良を言い出せずに休めない人は、「休むこと=悪いこと」というとらえ方をしてしまっています。 まずその考え方を辞めましょう。 健康管理をしっかりしているのに、体に異変が来るということは、体からSOSサインが出されているということなのです。 休むことも仕事のうちだと考えて、しっかりと休みましょう。 体調不良で休めないのはおかしい そういった時に、休みたくても会社が休ませてくれないという場合があります。 例えば、休みを取ろうとすると、人員が足りていないから休まないでくれと頼まれたり、そこまでいかなくても、なんとなく言い出しづらい雰囲気の職場だったりすると、休ませてもらえない可能性があります。 しかし、後述するように、体調不良で休みたい時に休ませてもらえないのは、明らかに会社側に問題があります。 体調不良で仕事を休む基準 とはいえ、少し疲労感がある程度で休んでいいものなのかわからないですよね。 結論から申し上げますと、休んでよいのかどうかの基準に関しては、それぞれの職種や部署、会社によって異なるので、一概には言えません。 しかし、一つ言えることがあるとすれば、周囲に悪影響を及ぼすような体調不良の場合には、休むべきです。 例えば、伝染病の可能性があるのであれば、同僚にうつしてしまって多大な迷惑をかけてしまいますから、自分一人が一時的に休むことだけで済むよう、休むのが会社にとっても利益になります。 仕事を休むことで評価が下がる? 無断欠席や休む回数が多すぎるなどの理由がない限り、仕事を休んで評価が下がることはないでしょう。 無断欠席は、会社側に大きな迷惑がかかる可能性があるので、絶対にしてはいけません。 無断欠席をすることによって、仕事が遅れたり、同僚の仕事量が無題に増えてしまったりする可能性があるので、欠席をする際はしっかりと連絡をするようにしましょう。 また休む回数が多いのも会社に迷惑がかかると言えるでしょう。 体調などの理由で休む回数が増える場合は、事前に会社に伝えておくべきです。 それ以外に、ズル休みなどで会社を休む回数が多い場合は、評価が下がっても仕方がないと言えるでしょう。 また社員は決められた労働日に出勤して仕事をする義務がありますので、あまりにも休みすぎると会社をクビになる可能性が高くなります。 どうしても休みたい場合は、有給休暇を申請すると良いでしょう。 有給休暇は、社員の権利ですので、どのような理由であろうと会社を休むことができます。 基本的に有給休暇を取得する際は、理由なしでも休めるのですが、理由を聞かれた際は通院や検査、役所や銀行の用事といったような平日しか済ますことのできない用事を理由にしても問題ありません。 結婚式や法事に関しては、事前にいつあるのかわかることですので、当日や前日に言うと本当かどうか怪しまれる可能性があるので、注意しましょう。 ただし、有給休暇は社員に与えられた権利ですので、どのような理由でも休むことができるというのは頭に入れておくと良いでしょう。 関連相談• 仕事が人手不足で休めない時は では、人手不足で休めない場合、どうすれば良いのでしょうか。 なぜ人手が足りなくなる? そもそもなぜ人手が足りなくなるのかと言えば、それは単純なことです。 人手に見合わない仕事を受けているからです。 その原因は、多くの場合、会社の上層部が現場の状況をよく把握しないままに売上げだけを重視して仕事を受注してしまっていることにあります。 仕事量がいくら増えようと、給料は変わらない そうすると、1人当たりの仕事量は増える一方です。 しかし、歩合給など成果給の考え方を取り入れていない限り、仕事量が変わったとしても、給料は変わりません。 もっとも、残業をすれば確かに残業代が出ますが、微々たるものであることが多いですよね。 人手不足で休めない時の対処法は、会社を辞める そんな状況でどれだけ頑張ったとしても、休めない場合、辞めてしまうのが一番良いです。 人手不足で仕事が回らないのは、本来マネージメントをする側の上司の問題のはずです。 それにもかかわらず、休もうとすれば「こんな状況なのによく休めるな」などの威圧的な態度を取られたり、休んでいる間の責任を取らされそうになったりした場合には、会社自体に構造的な問題があると言わざるを得ません。 そんな環境の職場に居ては、自分が消耗する一方ですし、環境自体を変えることができないようであれば、すっぱりと辞めてしまい、新天地を探すのが吉と言えるでしょう 関連相談• 仕事が休めないのは労働基準法違反? 仕事を休めないのは、労働基準法上問題ないのでしょうか。 問題があるとすれば、休みを取らせてもらえないような状況に追い込まれたときに、強力な武器となりますので、ここで知っておきましょう。 体調不良によって休みを取る場合 まず、体調不良では仕事ができませんから、労働者にとって、休むための正当な理由になります。 それでも無理に働かせようとすれば、それは労働者の安全を守るという使用者としての役割を果たしていないことになります。 また、例えばシフト制の仕事で、休む代わりに代替人員を探すように命じられることがありますが、休む労働者の穴埋めは会社側の仕事であって、労働者の仕事ではありません。 休みを貰えないことは違法? では、体調不良で休みがもらえない場合、違法になるのでしょうか。 ここで、「休みがもらえない」という意味には、2パターンありえます。 つまり、違法です。 体調不良を理由とする当日の有給休暇申請を認めるか否かは、それぞれの会社の就業規則によります。 したがって、直ちに違法になるわけではありません。 ただし、有給休暇を労働者が申請した場合、「当日の申請である」ということだけを理由として会社は拒否することはできず、会社は正当な理由に基づいて「時季変更権」を使うことができるにすぎません。 ここにいう正当な理由とは、「事業の正常な運営を妨げる事由」のことで、ざっくりと言えば、休もうとする労働者のその日の労働内容が、その部署にとって必要不可欠で、かつ代替人員を確保できない場合です。 こういった理由がなければ、当日の申請であっても有給休暇の申請を認めなければなりません。 しかも、たとえ時季変更権を行使することができても、労働者は別の日に有給休暇を取得することができますので、これを拒否することは違法となります。 休んだことで解雇される? たとえ休めるとしても、休んだことによって解雇されるのではないかと心配される方もおられるでしょう。 確かに、体調不良は突発的に起こるものですから、それによって会社の事業を滞らせ、会社に損害を与えてしまうかもしれません。 しかし、労働基準法上、体調不良を理由として休んだことは、解雇の理由にはなりません。 したがって、休んだことだけを理由として解雇されることはないので、そこは安心してください。 関連相談• 仕事の代わりがいないので休めない! 休みたくても、自分の代わりをできる人間が会社にいないため、休めない場合、どうすればよいのでしょうか。 現場のことを経営陣が理解していない 前述したように、自分の代わりに仕事ができる人間がいない場合、明らかに人手が足りていません。 そして、その責任は会社側にあります。 人員不足の現場の状況を分かっていない経営陣がいる以上、その状況は変わらないでしょう。 休めない状況へ追い込まれる そのような状況では、職場内で休むことを言えない雰囲気が醸成されてしまいます。 責任感が強ければ強いほど、職場に迷惑をかけたくないという意識が働き、休めない状況に追い込まれていくでしょう。 そのような会社で働いていては、身体的にも、精神的にも、すぐにガタが来てしまいます。 そのような会社は転職を視野に入れるべき それでも、現場の状況を理解して仕事量を抑えるように申し出たり、上司に経営陣への提案をするよう説得したりという手はあります。 しかし、なかなか一社員の言葉では経営陣に伝わりません。 特に、旧態依然とした会社では、風通しが悪く、上層部とのそのようなコミュニケーション自体ができない場合があります。 このような考えられる手を尽くしても、改善が見られない場合には、自分が壊れてしまう前に、転職を視野に入れるべきでしょう。 関連相談• 仕事を休めないので辞めたい時は 仕事を休めず納得できないので辞めたいけれども、いろいろ不安があって辞める決断ができないという方も多いのではないでしょうか。 ここで、そんな会社を辞めるべき理由を整理しておきましょう。 納得できない条件があって会社にしがみつく必要はない たとえ今いる会社がやりたい仕事をできる会社であっても、休みがなく自分を壊してしまいそうな場合には、無理してしがみつく必要はありません。 例えば、給料が安くて生活がままならないのであれば、普通転職を考えますよね。 それと同様で、「休めない」というのは十分に転職を考える理由になるのです。 休めない会社は辞めるべき そもそも、休めない会社とわかったら、一刻も早く辞めるべきです。 転職できるかどうか、というリスクは確かにあります。 しかし、そのリスクを差し引いても、休めないということは、自分の生死にも関わってくることですから、辞めるべき十分な理由になるのではないでしょうか。 辞めるべき理由 また、労働者を十分に休ませない会社には、将来性もないでしょう。 休ませないということは、それだけ労働者の生産性は下がります。 そうすれば、膨らんでいくのは人件費だけで、売上げは下がる一方になることは目に見えています。 したがって、そのような会社はどこかで無理が来てつぶれてしまいますから、そのような泥船からは一刻も早く抜け出してしまいましょう。

次の

休みたい日に休めない!プライベートが優先できない時の対処法

会社休めない

ポイントは「標準化」「評価」「仕組み」の3つ 休暇が取りたいのに取れない……そんな職場には、休めない理由となる慢性的な問題点がいくつも存在する。 「行動科学マネジメント」を基礎に人材育成や組織改革のコンサルティングを行なう石田淳氏に、職場でよくある「休めない理由」を指摘し、改善策について教えてもらった。 《取材・構成=内埜さくら》 あなたの職場にもきっといる!「休めない職場」の問題点6 1 「休まず働くのが偉い」と思い込んでいる部長 「仕事が第一」「出世と給料アップが何より大事」という価値観で働いてきたので、会社に長時間いることが偉いといまだに思い込んでいる。 残業や休日出勤もいとわず、部下にも強制する。 2 会社にしか居場所がない中年社員 仕事以外に趣味がなく、休みを取ってもやることがない。 家族ともコミュニケーションを取ってこなかったので、家にも居場所がない。 家に帰りたくないので、残業で時間稼ぎをすることも。 3 毎日、会議の予定を入れられてしまう課長 毎日のように会議の予定を入れられてしまうせいで、休暇を取りたくても取れない。 そのための資料を作成する時間も必要で、本来の業務に支障を来し、残業続きの毎日だ。 4 部下に仕事が任せられない課長 部下に任せるべきことも、不安で任せきれない。 忙しいので、自分がやったほうが早いと考えてしまうことも。 キャパオーバーで本人は休めず、部下は仕事を覚えられず、悪いことばかり。 5 仕事を教えてもらえず、モチベーションが下がっている若手社員 上司が仕事をきちんと教えてくれず、マニュアルもないのでどう進めれば良いかわからない。 質問しても、「OJTで覚えなさい」と言われ、ムダだと感じ、モチベーションも低下。 他人に教えたら自分の仕事を取られるのでは、という恐怖心を持っている。 「休める職場」に変わる3つのステップ これらの「休めない職場」の理由、「あるある」と思った人も多いのではないだろうか。 こうした職場を改善するには「3つのステップ」が必要だと石田氏は言う。 現在、多くの企業の経営層が生産性について頭を悩ませています。 その理由は、優秀な若手社員の離職率が上昇しているからです。 長時間労働を嫌う彼らは、たとえ大手企業に就職できても、休めない環境ではあっさりと退職してしまいます。 その結果、企業側は育成コストと優秀な労働力を同時に失うことになり、現場は人手不足でどんどん疲弊してしまいます。 生産性を上げることは、企業の生存戦略の一つ。 この問題を後回しにする企業は近い将来、淘汰されていくでしょう。 では、生産性が高くきちんと休める職場はどうすれば作れるのか。 たった三つのステップを導入するだけで、それは実現します。 その3ステップとは、 1 「標準化する」 2 「評価する」 3 「仕組みを作る」です。 企業がもっとも苦手とするのが「標準化する」作業。 「標準化」とは、業務が誰でも同じように簡単にできて、最速で目的を達成できる、一番良い手順やルールを決めてしまうことです。 決めたら必ず、マニュアルや文書などで「見える化」しておきます。 標準化の対義語が「属人化」で、同じ作業をするのにも個人のやり方に委ねられている状態を指します。 「企画書を作成する」という仕事の標準化を例に挙げて説明します。 大まかに工程を分けると六つのステップになります。 1 企画書を作る目的をヒアリングする 2 チェックを受けるタイミングや完成期限を確認する 3 資料を入手し、データを集める 4 提案したいアイデアやコンセプトを練る 5 文章にまとめる 6 タイトルやキャッチコピーを考える 企画書作成は4が大きなカギを握るためクリエイティブな作業と捉えられがちですが、実は工程の8割が標準化できます。 1と2は「ヒアリング&工程シート」に書き込む形にすれば、短時間で作業が進みます。 3は、「目を通す書籍は3冊まで、ネット検索は1時間以内とする」といった共通ルールを作ります。 4は「30分考えてまとまらなかったら上司にアドバイスを仰ぐ」などと決めると解決します。 5は過去の企画書を使っていいこととし、6はキーワードだけわかればいいと決めれば、標準化の完成です。 「評価」で大事なのはお金以外の報酬 標準化の次のステップが「評価」です。 逆に言えば、良い結果(ここでは評価、報酬)を得られなければ、それ以上続かないのです。 評価には、昇給や賞与といった「金銭的報酬」と、可視化できない貢献や取り組みを賞する「非金銭的報酬」の2種類があります。 このうち、実は後者をうまく使っている会社が、高い生産性を維持しています。 今の部長・課長世代は褒めることが苦手な人が多いようですが、大げさに考える必要はありません。 「ありがとう」「よくやってくれたね」「助かるなあ」程度でも、部下は「自分を見ていてくれているんだ」と自己重要感が満たされます。 行動と評価の時間差が小さいほど効果が高いので、「すぐに」「こまめに」、気持ちを具体的な言葉で表現しましょう。 最後のステップが、「標準化」と「評価」を進められる「仕組み」作りです。 具体的な方法としては、グラフやポイントカード、これらを元にした表彰制度がお勧めです。 チーム全員の行動について棒グラフにしたり、行動した数だけスタンプを押し、グラフの優秀者や一定のポイント獲得者を、ゲームのようなノリで楽しく表彰するのです。 ここで大事なのは、売上げなどの結果ではなく、訪問軒数などの「行動」にフォーカスすることです。 ちなみにこの方法は、有給休暇を取得しやすい環境作りにも応用できます。 部署ごとに取得率をグラフ化すれば、社内での差が明らかになるため、改善のきっかけになりやすいからです。 取得率の高い部署やチームを評価する仕組みを作れば、「休めない」職場の意識は変わっていくでしょう。 石田淳 (いしだ・じゅん) 社団法人行動科学マネジメント研究所所長 アメリカのビジネス界で絶大な成果を上げる行動分析、行動心理学を軸にしたマネジメント手法を、日本人向けに改良し、「行動科学マネジメント」のメソッドとして体系化。 意志の力に頼らない再現性の高い方法論として、人材育成や組織活性化に悩む企業にとどまらず、教育、スポーツの現場でも幅広く成果を上げている。 社団法人行動科学マネジメント研究所所長。 株式会社ウィルPMインターナショナル社長兼CEO。 米国行動分析学会会員。 日本行動分析学会会員。 著書に、『教える技術』(かんき出版)、『なぜ一流は「その時間」を作り出せるのか』(青春出版社)、『行動科学マネジメント入門』(ダイヤモンド社)などがある。 THE21 購入.

次の

会社休みたい!休めない!の葛藤から自由になるには?

会社休めない

別の社員に風邪がうつる危険がある• 組織的に問題がある人手不足• 根性や精神論が根強く効率化が考えられていない• 顧客に迷惑がかかる 日本の特徴として『他の人に迷惑をかけたくない』というのがあります。 ホワイトな会社で理解のある上司だと『風邪で出社したほうが迷惑だ』となります。 なので、体調不良なのに出社を強要する会社っておかしいんです。 マスクをしていても限度があります。 また、風邪で出社を強要された場合には病院に行っていません。 もしかしたらインフルエンザなどの伝染病の恐れがあります。 別の社員に風邪がうつれば会社的には損失です。 複数名が休む危険を考慮していないのは会社の考えがおかしいと言えます。 これは組織的に問題のある人手不足です。 組織と言うのは何があっても稼動できるようなつくりが求められます。 1人が休んだら1人が残業をしないといけない。 というのも労働力的には不足している状態です。 小さな工場なんかで多いですね。 出社しなさい。 」 という強要は根性論や精神論が根強い社風の証拠です。 人の力で効率を考えるには限界があります。 機械化が進めば少ない労力でたくさんの製品を製造できます。 体育会系の考えが根強い会社は時代遅れだと考えられます。 風邪がうつるだけでなくあなたの会社の信頼も損ねます。 「こんな体調不良なのに対応させるか? うつったらどうするんだ。 」 「よっぽど人員不足なんだな。 安定した製品の供給は難しいかもしれない。 」 というイメージですね。 サービス業のように法人ではなく個人のお客さんと会う仕事も注意が必要です。 それなのに出社させるのは会社の意識が低い証拠です。 事故やミスにつながる• 特に工場は危険ですね。 フラフラしながらフォークリフト運転とかダメです。 車の運転でも体調不良時は控えるのが普通です。 機械操作も同じですよね。 営業の外回りにしても車を運転します。 同じことです。 事故でなくてもミスにつながる可能性があります。 不良品を流してしまったり、ボーっとして違う手順を行ってしまう可能性があります。 長期的に休むことになります。 1日休めば治ったものを3日間休むことになったら叱られます。 それこそ「体調管理ができていない。 」と言われますね。 本当につらい時は『どうしてもつらいので医者に言って休みます。 』と押し通すことも必要です。 社会人のマナーとして熱があったら休むべき 体調が悪くなってきた男性 会社が何と言おうと熱が出たら社会人のマナーとして休むべきです。 会社側が休ませてくれない場合は『会社に責任を取ってもらう』くらいの覚悟が必要。 あなたには何の利益も無いためです。 極端に社員が休むことを嫌う会社があります。 それがブラック企業です。 体調不良で休むのを嫌がるだけじゃありません。 台風や雪で交通機関が麻痺している時も遅刻しなくて当然と言われます。 こういう会社にいるとあなたは『まともな評価』を受けられません。 働いても仕事量を増やされて給与は増えない状況。 大事なのは常識的な会社に勤めることです。 「俺の会社・・・。 仕事量も多いし、それが原因で体調不良になっても休めない。 そろそろ限界かも・・・。 」 と思ったら常識的な会社を探すことから始めましょう。 今の会社の異常性を気付くだけでも前進です。 当ブログではブラック企業の辞め方を全て手順化しています。 穏便に退職する方法から今より働きやすい会社を見つけるコツもお話しています。 まずは以下の記事をご覧下さい。 マスクをして出社。 この印を書くと工場長が体調について聞く決まりだったんですが、何にも言われませんでしたね。 もちろんそのまま残業。 誰かが交代することもありませんでした。 会社はあなたのことを守ってくれません。 自分の体調だけは自分で守りましょう。 以上、「熱で休めない会社が異常な4つの理由『体調不良で働かせる非効率』」という記事でした。

次の