サギデカ ドラマ 感想。 【サギデカ】最終回5話ネタバレ感想|登場人物たちのその後

『サギデカ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

サギデカ ドラマ 感想

『サギデカ』の基本情報• タイトル:サギデカ• ドラマ公式URL• ドラマ公式Twitter• 主演:木村文乃• ジャンル:刑事ドラマ• 放送局:NHK総合• 放映日時:土曜 21:00 — 21:49• 放送開始日:2019年8月31日 概要(見どころ) 【】放送まであと一週間!振り込め詐欺組織VS警視庁捜査二課の全面対決を描く、社会派ヒューマンドラマ。 『』 の脚本、 NHK初主演。 HPとTwitterで予告動画公開中。 主人公の捜査二課・知能犯担当の女性刑事・今宮夏蓮(木村文乃)は、がむしゃらで精密な捜査をし、犯人をどこまでも追い詰めていくような女性刑事。 同僚の森安真悟(眞島秀和)らとともに振り込め詐欺のアジトに潜入し、実行犯のかけ子の逮捕に成功する。 しかし、組織の上層部の逮捕には至らなかった。 そんな中で、捜査手法を駆使して振り込め詐欺の首魁を挙げるために奔走していく今宮たち捜査官と、詐欺の被害者と加害者のリアルな姿を描いたドラマとなります。 キャスト一覧• 今宮夏蓮:木村文乃 主人公・警視庁捜査二課の知能犯担当刑事、警部補• 森安真悟:眞島秀和 今宮の同僚刑事、警部補• 手塚賢三:遠藤憲一 今宮の上司・係長、警部• 加地颯人:高杉真宙 振り込め詐欺「かけ子」の若者• 今宮しのぶ:香川京子 今宮夏蓮の祖母、焼き鳥屋を経営• 廻谷誠:青木崇高 著名な起業家、オンザホライズン代表• 戸山祐貴:清水尋也 巡査長、所轄上がりの若手• 向井有紗:足立梨花 巡査部長、子育て中の分析担当• 詐欺の店長:玉置玲央 詐欺アジトのリーダー• 詐欺の番頭:長塚圭史 詐欺組織を仕切る人物• 北原宗一郎:鶴見辰吾 管理官・警視• 詐欺の首魁・桑原傑:田中泯 今宮たちが最終目標とする人物 1話ゲスト• 三島悦子:泉ピン子 振り込め詐欺に騙された主婦• 三島和敏:金山一彦 悦子の息子 2話ゲスト• 北村徳治:伊東四朗 元・高校教師• 原田明美:筒井真理子 北村の教え子• 松澤亮治:山内圭哉 シェイドツリー代表• 志津子:広岡由里子 徳治の娘 3話ゲスト• 福田亜佐美:古川琴音 クレジットカード詐欺師 4話ゲスト• 上野:中村靖日 見当たり捜査官 スタッフ一覧• 原作:なし• 作:安達奈緒子(『透明なゆりかご』『きのう何食べた?』)• 音楽:谷口尚久• 演出:西谷真一、村橋直樹• 制作統括:須崎岳(NHKエンタープライズ)、高橋練(NHK) 各話の視聴率 『サギデカ』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。 このドラマに原作はなく、完全オリジナルドラマなので、最終回までの結末はまだ明らかにされていませんが、最終回までのあらすじと結末を予想すると、振り込め詐欺のかけ子である加地颯人(高杉真宙)を一旦は逮捕したものの、係長の手塚賢三(遠藤憲一)の指示により加地を釈放して泳がせることで振り込め詐欺の上層部と接触する機会を狙っていた今宮夏蓮(木村文乃)と森安真悟(眞島秀和)ら捜査官は、なかなか加地が上層部と接触の機会を持たないことに焦りを感じている中、加地を見張っている最中に別の振り込め詐欺事件が発生し、それは今宮の祖母である今宮しのぶ(香川京子)を狙った犯行だと判明する。 加地の捜査に気を取られて、祖母が事件に巻き込まれるのを防げなかったことに憤りを感じる今宮でしたが、粘り強い捜査のお陰で振り込め詐欺の上層部を逮捕することに成功する。 しかし、振り込め詐欺の上層部を逮捕しても、さらに別の振り込め詐欺事件が発生し、今宮たち捜査官はまた捜査に追われることになるという結末になるのではないかと予想します。 詐欺グループのトップを逮捕しようと力を注ぐ警視庁の刑事たちのリアルな姿が描かれる作品になると思います。 『サギデカ』各話のあらすじ 2019年8月31日からNHK総合にて放送開始された木村文乃さん主演の連続ドラマ『サギデカ』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。 青年が愛聴していた曲『夜中の逃走』から静岡県山内市のインディーズバンドを特定、ライブに来ていたことを覚えていました。 関連記事 2話のあらすじネタバレ 【】今夜9時、第2話オンエア。 振り込め詐欺を追う今宮()と、投資詐欺を追う森安()。 先輩後輩のような、ライバルのような。 ふたりの独特な関係にもご注目。 関連記事 3話のあらすじネタバレ 【土曜ドラマ『』】いよいよ今夜9時、第3回『掌中の娘』オンエア!「加地」 くんと「店長」 さんのメッセージ動画です。 今夜はこの二人にもご注目を。 祖母・しのぶ(香川京子)に追い出されるように、起業家・廻谷(青木崇高)とツーリングに出かけた今宮。 パーキングエリアの公衆電話を見て、父に言われるがまま、振り込め詐欺の掛け子をしていた記憶が蘇ります。 今夜9時総合。 番頭(長塚圭史)に金を借り箱を立ち上げた加治は、短期間に1億1千2百万円の荒稼ぎをします。 しかし、長くは続かず警察に箱を発見されます。 ゴミ焼却場に逃げ込んだものの追い詰められ、今宮(木村文乃)に本当に悪い奴(首魁)の顔を見てやると語気を強めます。 関連記事 5話(最終回)のあらすじネタバレ 【今夜『』最終回】警部補・今宮夏蓮。 「警察官は、罪は徹底的に憎まなければならない」それぞれの決着とは。 そして今宮の決着とは。 夜9時総合、目撃セヨ。 望み通り首魁・桑原傑(田中泯)の顔を見た加地は、東京拘置所に居ました。 振り込め詐欺被害者の人を信じられず生きるのが辛いという声をラジオから聴き、号泣します。 関連記事 スポンサーリンク.

次の

『サギデカ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

サギデカ ドラマ 感想

憔悴して帰宅する今宮だが、表に廻谷(青木崇高)が待っていて「話がある」と言う。 再び今宮が職場に戻るとスマホが鳴る。 加地が、走る車のトランクからかけてきたのだ。 息も絶え絶えに拉致された状況を断片的に伝える加地。 そしてそのキーマンになるのが、今宮と妙な信頼関係で結ばれていた加地です。 加地は犯人グループに拉致されており、必死になって今宮に助けを求めてきます。 それを察知して助けに行きますが、今宮もなかなか助けることができません。 加地をなかなか助けることが出来ずにパニックになってしまいます。 結果他の刑事に助けられることになってしまいます。 このような状況で今宮は加地を助けることができるのか、そして犯人グループのトップを逮捕することができるのかが非常に楽しみです。 そして密かに両想いだった今宮と加地の恋の行方はどうなるのかも楽しみです。 このようにサギデカは今までの刑事ドラマとは違い、恋愛ドラマ的な要素も含まれていました。 このような点で斬新な刑事ドラマだったと思います。 特殊詐欺を取り扱っている点でも変わった刑事ドラマだったと思います。 今までの刑事ドラマと言えば殺人事件などを取り扱ったものが多かったと思いますが、そのような点でも非常に斬新だったと思います。 これからもDVDや動画サイトで配信されると思うので、繰り返し見たいと思います。 妙な展開になってきたサギデカ。 まさか首魁と廻谷とに何らかの接点があるのは驚き。 首魁が廻谷の笑った顔がお母さんにそっくり、という話からどうやら廻谷の母親が首魁と関係していることもわかる。 首魁は間違いなく詐欺グループの元締めであり、番頭や亡くなった店長を上手く利用し、首魁自身は手を下さずにのうのうと生きてすごしている。 だがそんな首魁も「金と力は水もの」という例えには妙な説得力があった。 おそらく詐欺もここまでか。 しかし、昔から手広くしていただろう詐欺という仕事。 ひょっとして今宮の両親も首魁たちの手口に利用されていたのではないか。 考えすぎだが、廻谷も似たような境遇で母親との接点を持っているのではないか。 謎ではあるが、そんな闇でつながっていそうな共通点が最終回で見え隠れしそうな気がする。 おそらく店長を陥れたのは番頭。 そして加地が仕込んだワナに気づき、加地を気づつけたのも番頭だろう。 おそらくこのまま闇に葬って、なかったことにしようとする首魁と番頭。 しかし、サギデカは絶対に許さないはず。 詐欺の証拠立件は難しくても、店長や加地傷害・殺人では十分証拠がそろうはずだろうから、そこからなんとしても番頭と首魁を引っ張り上げて欲しい。 ますます気になる最終回。 どうか悪は正義が成敗して欲しい。 北村徳治という元教師の老人が教え子の原田明美と名乗った女性と再会して、地面師達による特殊詐欺に巻き込まれ、手を貸してしまいパラックスホームズという会社から8億5千万円を騙し取る話も、巧妙な手口があるんだなと、その特殊詐欺について参考になり、気を付けようと考えさせられました。 原田明美を名乗った女性が実は組織的な犯罪に絡んでいるが表には決して出て来ない詐欺師の広瀬藍子だったと分かる展開も、結局、彼女を逮捕するに至らず悔しがる夏蓮を見て、なかなか思い通りにならない所も描いたリアルな刑事モノのドラマだなァとも感じました。 それ故に何とか詐欺グループを逮捕しようと奔走するヒロインを応援したくなり、ついついドラマに見入ってしまいました。 そんな原寸大な感じのヒロイン夏蓮の活躍を楽しみに見ています ドラマ挿入歌にもなっている、加地が少年時代にはまたインディーズのバンドの楽曲。 主に加地がイヤホンで聞いている時に流れるのですが、「どこまで走ればいいの」「どこまで埋めればいいの」「どこまで堕ちればいいの」「どこまで逃げればいいの」と子守唄のような優しいサウンドですが、歌詞が見事に加地の心境と重なっており、前回に引き続くまた加地が怪しい仕事を裏で仕掛けられて仕事をしているのかな、と感じてしまいます。 店長がなくなる前に話していた、「手をひくべきだった」ということはこのことで、もう一度踏み込んだ詐欺グループから出たくて出れない、出たとしても居所がないから舞い戻るという悪循環がこの社会の闇の構図だと感じます。 また大きな動きとしては、首魁と呼ばれる老人が廻谷と会っているシーン。 なんと詐欺の次の手はないのか?と大胆な会話。 確か廻谷は治験のベンチャーの人だったのに、どうして闇とつながっているのか。 もしかして大きなお金の流れとは、単なる反社会勢力でなく、治験に費やす膨大な費用を稼ぐためのものだったのか。 深読みしすぎると一体、何が詐欺を起こしているのか見当を失いそうな展開。 どうか、加地だけにはまともに構成して欲しいと願っています。 捜査二課の森安がメンバー総動員で加地の行方を追うが、消息が途絶えてしまうという経緯も、加地の命の危険もあるのでは?と凄く気になるなァと思いました。 そんなストーリーとは別に、戸山が被害額1000万円以上ばかりの振り込め詐欺の動きを察知して、ソレを精査した夏蓮がある事に気づくという内容にも、何やらキナ臭い驚きの展開が予想され、そのサブストーリーにも注目して見たいなと思いました。 更に新薬の開発の承認に行き詰まった廻谷が、とある人物に会いに行くという展開も、予告編を見ると、振り込め詐欺グループの首魁と呼ばれる人物と接触していましたので、どんな関係があるのか?非常に気になってしまいました。 その首魁なる人物から振り込めの次の手を考えて欲しいと頼まれた廻谷が、果たして手を貸すのか?それとも既に手を汚しているのか? そんな廻谷の本当の正体にも興味深いなと感じました。 夏蓮の周りに現れる男性がことごとく犯罪者ばかりなのも、何かの因縁かとも感じていますが、夏蓮が刑事としてどう立ち直るのかも楽しみに見たいなと思っています。 相反する2人とつながる廻谷は善人なのか、それとも悪人なのか。 どちらが本当に姿なのかがさっぱりわからないけれど、今宮の祖母のお店では思わず本音が漏れる場面が見えたり、番組のラストでは廻谷が苦虫を噛んだかのようなビルの上層にいるシーンがあったり、と番組内でキーを握っているのは確かでしょう。 でも廻谷は詐欺には加担せず、首魁が主な実行指示役で現場指揮の全体が番頭の役目。 詐欺で得た大金もおそらくは番頭や首魁が握っているが、ひょっとしたら廻谷の新薬の開発にもそのお金が今まで流れていたのか?あまり深読み過ぎると一体何が真実なのか、ウソなのか見失いそうで怖い気持ちです。 一方、加地が詐欺の上の人の顔を直接見てやるという気持ち。 その意気込みには頑張れと思う一方でやはり犯罪には加担して欲しくないし、まっとうに生き抜いて欲しい。 最後におそらく、番頭にやられてしまうのだが、これもいつかはこの時がくるはずだったと思う。 所詮詐欺で大儲けするのはほんのわずかな人間。 でものうのうと手放ししてくわけにはいかない。 どうか、警察の手で捕まえてほしい。 サギデカは基本的には特殊詐欺専門の刑事である今宮が主人公の刑事ドラマです。 これまでは特殊詐欺の事件の解決が主なストーリーの内容でした。 しかし今回はかなり違って起案す。 それは特殊詐欺だけでなく、殺人事件も関連するという今までにない展開が待っています。 そのため今までは特殊詐欺グループしか出てきませんでしたが、今回からは凶悪犯罪の捜査半も登場してくると思います。 そのため、今までにはない展開が想像されます。 中には命を懸けた犯人との攻防も期待できると思います。 そのため今宮の演技も拍車がかかるものと思われます。 また警察内部ではあるあるのような、刑事課と特殊詐欺捜査グループの考えの違いなども詳細に表現されると思われます。 このような点も普段生活していたら見ることは絶対にできないので、非常に楽しみな点です。 また今宮と加地との関係にも大注目です。 今宮と加地は刑事と犯人でありながら、信頼関係を築きつつあります。 そしてその関係は、恋愛関係に発展していくのではないかと思われます。 もしかしたら禁断の恋愛関係になっていくのではと期待してしまいます。 総括 サギデカの第5話は、ついに特殊詐欺グループのトップに迫っていく戦いになります。 そこでキーマンになるのが、特殊詐欺グループの一味で今宮と恋仲になりつつある加地です。 しかし加地は犯人グループに拉致されてしまいます。 急遽加地の救出に向かう今宮。 しかし犯人グループも強者でなかなか加地の救出を許しません。 百戦錬磨となった今宮でもパニックになってしまいます。 仲間の刑事に助けられる今宮。 このような状況で今宮達、特殊詐欺グループの刑事達は犯人グループのトップにたどり着けるのか、大注目です。 最後の最後に拳銃を用いた銃撃戦が行われる可能性もあります。 そして忘れてはいけないのは、今宮と加地の関係です。 もはや今宮と加地は恋仲になりつつあります。 加地を救出したのちに今宮と加地は恋愛関係に発展していくのか、非常に楽しみです。 刑事と特殊詐欺グループの犯人との恋愛という前代未聞の関係に大注目です。 恋愛関係になっていくのか、あくまで刑事と犯人という関係で終わるのか、注意して見ていく必要があります。 パニックになった今宮を周りの刑事仲間はどう助けていくのかにも着目する必要があります。 このように見どころが非常に多い楽しいドラマです。 サギデカ 動画 4話感想 殺されてしまったのかと思われた加地が、なんとトランクの中に閉じ込められていたとは・・・、かなり重症のはずなのに今宮に連絡を入れ、意外な展開になりそうです。 加地は今宮に特別な感情を抱いているのか、今宮と加地には引きあう何かがありそう。 今後、二人の繋がりはどう展開していくのか気になります。 詐欺グループの中心人物首魁まで行きつけるのか、今宮と加地、警察との連携でどういう形で追い詰めていけるのか、先がとても楽しみです。 また加地が詐欺に加担していた頃、どういった感情を持っていたのか、その後警察と協力するようになり、慕っていた店長が殺され、感情がどう変化していったのか、非常に気になります。 そして主人公の今宮と廻谷はどういう付き合いになっていくのか、廻谷はどうも詐欺の中心人物である首魁と過去に関わりがありそうですが、どんな関わりなのだろうとか気になるところがいっぱいです。 今宮と上司がどうして別れたのかも気になるし、様々な人間関係が絡み合っていて、どう発展していくのか気になるところばかりです。 、加地と廻谷と今宮の人間関係をもっと複雑に絡ませていってほしいし、それぞれの過去をもっと詳しく描写してほしいですね。 サギデカ 動画 3話感想 店長の不審な死を発見した加地は警察におわれないように、番頭の元で知恵をだし新たな詐欺を始めます。 今宮が「ピンポイントで狙え」という言葉通りに狙った、示談を成立させた家族員を持つお金持ちへの詐欺の数々。 数日で10億超えの詐欺の手腕に番頭もびっくりします。 でもどうしてそんな詐欺を働ていてしまったのかが不思議。 もうお金には振り回されない、まっとうな人生を歩みたいはずだろうに、店長の不審な死を目撃したのなら尚のこと、グループから脱退すてまっとうな市民生活を送ってもらいたいところです。 そして気になる首魁と廻谷の2人だけの対面の話。 廻谷は取り掛かっている新薬の承認が下りないことから焦っている様子。 首魁が口利きできる議員を探すということで決着するが、問題は首魁の申し出た内容。 力と金は消えもの、頭がよくないから廻谷に知恵を出して欲しい、て。 詐欺以上の何が荒稼ぎのできる仕事なのでしょうか。 答えが廻谷からでなかったので、これが最終回へ渡される課題だと思います。 ひょっとして首魁ではなく、廻谷が詐欺のシナリオに加担していたのか?という錯覚に陥りそう。 だけど、廻谷は何かと警察の身分の今宮を気にっている様子。 これは何か作戦があるのか? サギデカ 動画 2話感想 オレオレ詐欺に地面師詐欺、カード詐欺とあらゆる詐欺事件が登場する度にこれが現実社会で起きていることの一部なのだと実感もわかないままの私。 だけどこれがドラマだけど現実の世界だと感じなくてはなりません。 そして加地は回を追うごとにどんどん詐欺の手口を巧妙かつ大胆になり、首魁近づこうとしていきます。 しかしそうはさせない番頭。 番頭には警察と加地に接点があることを知られているので、かなり警戒されています。 また加地が頼っていた店長が不審な死を遂げている上に、加地自身も首魁を追うことで身の危険にある羽目に。 さてこのままでは加地の確保どころか、命が危ないところ。 どうか、警察に早く見つかり、これ以上の事件の拡大や被害が出ないことを願っています。 一方、怪しい影がする廻谷。 新薬の開発というまっとうな仕事をこなし、警察という身分もわかったうえで今宮に接近する展開。 結局、廻谷は善人なのか、悪人なのか。 いまだに正体がつかめない状態。 しかし、首魁と電話でつながっており、母親の話をするまでの間柄なので何等かの世話をされた 受けた 可能性は高い。 だけど行った廻谷って本当に何者? 最終回で「聞きたいことがある」とは何なのか? 気になりすぎる。 まず始めに「面白かった!最高です!」を言いたいです。 今回もかなり見ごたえがありましたねー!店長の死体を発見し、殺されたのだと感じた加地がフラフラになりながらも、救急車の手配をし、その後もお金がないために苦しい現実をみることになったところ、可哀想という簡単な言葉では言い表せない感じでした。 汚い漫画喫茶のようなところで、自分の現在の姿に発狂する加地。 高杉真空さんの演技力の高さに驚きました! 仮面ライダー時代からずっと追い続けていますが、スゴい成長ですね。 これからも応援したくなります!話を戻しますが、そんなどん底に落ちた加地が頼ったのは番頭だったことに驚きです。 お金が無くなった加地が助けを求めるには番頭しかいなかったということなんだと思い、悲しかったです。 今宮を頼らないんだなぁと残念に思いました。 しかし、違っていたようですね! 店長は上のものに殺された!と感じた加地は、その犯人をあげるために、上の人間の顔を見るために番頭を頼ったふりをして、のしあがろうとしているんだと分かったときには、すごく嬉しかったです!加地はやっぱり今宮が思っていた通り、良い奴なんだと思えて嬉しかったです。 しかし、加地は一人で深追いしすぎてしまいましたね。 今宮に情報を提供したのなら、一緒に犯人を挙げたらよかったのに、、。 サギデカ 動画 1話感想 高額の振込詐欺が発生していました。 その犯人は加地でした。 彼は殺害された店長の姿を見て動揺し、マンガ喫茶で震え、混乱していましたが、このまま自分が終わるわけにはいかないと番頭と連絡を取りました。 そして1件1000万以上の高額詐欺を行ったのです。 今宮は高額詐欺の対象となる人が皆お金持ちであること等から加地の捜査を行い、アジトを突き止め、焼却場で接触しました。 このときの二人(木村文乃と高杉真宙)の演技はナカナカ見応えがありました。 焼却場という場もいままでにない設定で斬新でした。 加地は今宮が躊躇したので逮捕されず、また店長と会います。 このとき店長の車に積まれている現金の入ったバッグに自分のスマホを隠し入れました。 加地は店長よりも上の人を突き止めようと思ったのです。 加地は首魁と会ったらどうするつもりなのでしょうか? 店長の仇をとるのか、警察に突き出したいのか?その後、加地は自分のスマホの動きを今宮に伝え、自分もそこを訪ねるのですが、誰かに叩きのめされてしまします。 一方、廻谷と首魁は会い、お互いの仕事に協力してくれることを要望します。 このとき首魁が廻谷の母親を知っているというのが二人の関係を匂わせました。 最終回に加地はどうなるのか、まだ涙するのか心配です。 廻谷はいい人であって欲しいのですが、無理かなぁ。 今宮にも涙して欲しくないと思ってます。 いい意味でも、悪い意味でも刑事ドラマとしては裏切られたような内容 第1・2話は振り込め詐欺や地面師詐欺など特殊詐欺にスポットが当てられて、事件が解決しながらも加地を泳がせている展開がよかったが、 第3話では、カード詐欺と今宮の闇の生い立ち、そして店長の死。 結構ハードで重たい内容だったので、刑事ドラマというよりかは、何かサスペンスのように感じてしまった。 第4話は店長の死から始まる新たな加地の犯罪と野望。 警察がこれ見よがしに加地を逮捕するのかと思いきや、今宮が加地に利用されてしまうというミスマッチな展開に加地自身もはめられて殺されそうになる。 その上に、首魁と廻谷との密会。 全てのキャストが混沌としていて、誰が正義なのか、はっきり分からない。 おまけに加地が好んで聞いているインディーズの曲。 常に「逃げる」が主体となっているが、一体なにから走り逃げているのか。 ちょっとここまでブラックで重たい内容になってしまうと、最終回では加地は亡くなってしまうのではないか。 結局手がかりはつかめても証拠不十分で番頭は捉えられても首魁は運よく逃げそうな気配。 そして廻谷はブラックなお金を利用しつつ、上手く社会を渡っていく気がする。 そして今宮と廻谷はお互いがお互いを深く知り合わずに自然消滅するのかな、と予想しています。

次の

サギデカ 動画/4話3話2話,1話/無料再放送4話/pandora/Dailymotion/9tsu/b9/bilibili|VOD鑑賞館

サギデカ ドラマ 感想

— 2019年 9月月7日午前4時00分PDT 2019年8月スタートのNHK土曜ドラマ 「サギデカ」 振り込め詐欺に挑む刑事たちのドラマ 主演は木村文乃。 「振り込め詐欺」「還付金詐欺」… あの手この手で市民を騙(だま)し、大金を奪い取る『特殊詐欺』 捕まるのは「受け子」「かけ子」ばかりで、 詐欺グループのトップまでたどり着けないのか? そんなジレンマに愚直に向き合い、 詐欺犯の実態に肉薄し、 何としてでも摘発しようと心血を注ぐ、 警視庁の女性刑事を主人公とした社会派ヒューマンドラマ。 この記事では、 ドラマ 『サギデカ』 3話のザックリあらすじと SNS上での反応・感想・評判や 「放送を見逃しちゃったけど、なんとかして見れる方法はないの?」 そんなあなたのために 安全にフル動画で無料視聴する方法 を紹介しますね! Contents• 『サギデカ』3話あらすじ 【土曜ドラマ『サギデカ』】第2回をご覧下さった皆さん、本当にありがとうございました! でぜひ感想お聞かせ下さい。 次週は第3回『掌中の娘』。 今宮夏蓮の過去が明らかになります。 そこは加地の故郷だった。 一方、お年寄りから言葉巧みにキャッシュカードを奪い取る、亜佐美 古川琴音 という若い詐欺師が逮捕される。 彼女が組織的な犯罪ではなく、両親と家族三人、生活費を稼ぐための詐欺だったことを知った今宮(木村文乃)は、なぜか気分が悪くなってしまう。 nhk. html引用 スポンサーリンク 『サキデカ』3話の感想・評判・反応 まだ3話(全5話)だけど、大傑作の予感。 そして は脚本も演出も先の読めない構成も素晴らしかったなぁ。 — ミユキ Miyukikko 面白いなぁ。 泥の中を這いずり回ってる人間が、抜け出したいともがくお話。 くんいいね。 も良かったけど。 も良かったけど。 凄まじいね。 — あきごん akigon46161222 サインの真宙くんよりサギデカの真宙くんの方が好きだわ〜加地くん、、 やっぱり闇を抱えている方が良い。 あとどんどんオスオスしてきて素敵。 詐欺事件担当刑事になってるなんて皮肉すぎる。 今宮の闇もなかなか深いな・・・。 幼かったとは言え犯罪に加担させられてた記憶が蘇ったら、私なら生きていけない。 生きる意味をなくしそう。 そしてやっぱり廻谷は普通の人間じゃなかったか。 そっち側だったか。 薄々気付いてはいたけど残念だなー。 — わわ e24ocYx04NfPtg1 相関図 スポンサーリンク 『サキデカ』4話予告 【サギデカ】今夜もご覧くださった皆さん、ありがとうございました! で感想お聞かせください!次週は第4回『金と命』。 運命の歯車が容赦なく動き出します。 そんな折、戸山(清水尋也)が、被害額は1000万円以上ばかりという高額の振り込め詐欺の動きを察知する。 その被害状況を精査した今宮は、ある事に気づく。 nhk. html引用 【関連記事】.

次の