バルミューダ レシピ。 新型バルミューダ・ザ・トースターレビュー。普通のパンが焼くだけで劇的に変わる

パンを焼くだけじゃもったいない!トースターフル活用ごちそうレシピ

バルミューダ レシピ

筆者は41才独身、彼女ナシ。 そんな筆者が2017年の9月、バルミューダがオシャレな電子レンジ「BALMUDA The Range(バルミューダ ザ・レンジ)」を発売すると聞いたとき、コレは欲しい! と思いました。 私事で恐れいりますが、筆者の狭小アパートは、玄関のドアを開けると「レンジと目が合う」といったイメージで、冷蔵庫の上の電子レンジが、事実上の玄関の「顔」となっています。 現在、その「顔」となっているのが、中古5000円で買った古ぼけたモデル。 風水でも「玄関は重要」といいますから、これでは運気が上がりそうもありません。 代わりにこのオシャレンジBALMUDA The Range(以下The Range)を置いたなら、筆者宅のイメージが劇的に変わるのではないか。 もしかしたら、運気も良くなったりして…そんな妄想を働かせた筆者は「長期レビューをします」という建前でメーカーに依頼し、本機を使わせてもらうことにしました。 そして、3週間ほどともに生活して返却したいま、深刻な「ロス」に苦しんでいる状況です。 以下で「The Range」と過ごした、黄金の日々を振り返っていきましょう。 オーブンレンジも、やっぱりデザインに注目 さて、まずは本機を開発した「バルミューダ」とはどんな会社なのか、製品を知るために、少々触れていきましょう。 バルミューダは2003年、寺尾 玄(てらお・げん)氏によって創業。 オシャレなPC冷却台やLEDデスクライトなどを開発していましたが、リーマンショックの影響で倒産の危機に。 しかし2010年、自然に近いやさしい風を実現する扇風機「GreenFan」を開発し、起死回生の大ヒットを飛ばします。 基本、ジーンズに洗いざらしのシャツというスタイルです 以降は加湿器、ヒーター、空気清浄機など優れたデザインの空調家電で定評を得て、2015年、オーブントースター「BALMUDA The Toaster」で調理家電に進出。 「BALMUDA The Toaster」は2万円台という高額ながら、累計20万台以上を販売する大ヒットに。 続いて「BALMUDA The Pot」(電気ケトル)、「BALMUDA The Gohan」(炊飯器)を次々と発売し、今回、同社4番目の調理家電「BALMUDA The Range」の発売に至りました。 左からBALMUDA The Pot、BALMUDA The Gohan、BALMUDA The Range、BALMUDA The Toaster 寺尾氏がプロデュースする同社の製品は、とにかくデザインがいい。 「BALMUDA The Toaster」は、「世界一うまいトーストが焼ける」との謳い文句でしたが、筆者からすると、機能以上にトータルのデザインが印象的。 外観、質感から操作音、ツマミのアイコンひとつとっても従来の品とは一線を画していて、このチューニングが絶妙なのです。 そして、今回の「The Range」のコンセプトは、「キッチンを楽しくするオーブンレンジ」。 外観のイメージは「レストラン」とのこと。 さて実物はいかなるものか? 期待が高まります。 バルミューダのレンジを置いただけで空気が変わった とある休日、筆者宅に「The Range」が到着。 本体カラーは一番高い「ステンレス」でお願いしました。 箱から出してみると…おお、意外にデカイですね。 ネットで見た上の写真(写真はブラック)では引き締まった印象で、トースターくらいの大きさかと思っていたのですが……。 意外に「ハコ」感があり、奥行きも結構あります。 ただ、設置してみると、う~ん、やっぱりたたずまいが違う。 置いただけで明らかに空気感がシックに変わりました。 新しいのに、ずっとそこにあるかのような……。 表面の微妙なシボ(凹凸)加工、真鍮を思わせる温もりのあるカラーリング、黒みがかった取っ手の渋い光沢に、なんだか品格が感じられます。 本体の下にはスカートのような黒い土台が。 操作音がギターの音だそうだけど、実際どんな感じ? とモードスイッチ(モード切替のレバー)をいじってみると…ジャララン、ジャララン、ポロロン…という音が。 「OVEN」のときだけくぐもった音になるのも小憎らしいです。 元ミュージシャンという寺尾氏のこだわりが見てとれます。 うん、これは楽しい。 子どもが夢中でレバーを回す姿や、思い悩んだ大人がぼんやりとレバーを回して癒される…といったシーンも目に浮かびますね。 ちなみに、温めたものを庫内に放置しておくと、1分ごとにギター音が鳴ります。 通常のレンジの、あおるような警戒音に比べて、やさしく促してくれるのがうれしいです。 温めが始まると、レンジからツッツッ…カッツ、ツッツカカッ、とリズムを取る音が聞こえてきます。 このときは、必要に応じて、指パッチン(フィンガースナップ)を織り交ぜるのもオススメ。 気分が盛り上がりますよ。 なお、このリズム音は30秒経つと消えるので、無人の台所でずっとリズムを刻んでいる…ということもありません。 ちなみに、ギター音がイヤだという方は、通常の「BEEP」音に設定することが可能。 音量は無音を含む4段階で調整できます。 ちなみに、オペレーションが終わると、ディスプレイには「ENJOY」(楽しんで)の表示が出ます。 「good luck」や「bon voyage」に通じる粋な計らいに、ちょっぴり心が温かくなりますね。 さて、ご飯の仕上がりはというと、まだ温めが足りない印象。 冷凍ご飯の「1杯」は150gが目安で、今回、それよりは少ないと思うのですが……。 おそらく、長期間の冷凍でカッチカチになっていたためでしょう。 もう一回「1杯」で温めるとちょうどよく温められました。 そして、冬の楽しみといえば、日本酒の熱燗ですね。 その点、本機はドリンク用のモードとして「コーヒー」と「ミルク」のほかに、「アツカン」を用意しています。 さすがオトナのレンジ、わかっている! なお、この「アツカン」は「1杯」(1合目安)のみ選択可能。 徳利に日本酒1合を入れ、「アツカン」モードで温めたところ…徳利がちょっと大きかったからでしょう、ややぬるめの仕上がりに。 もう一回「アツカン」で温めると、ちょうどいい熱さになり、まろやかでおいしく仕上がりました。 とはいいつつ、やっぱり手軽で楽しいので、従来は湯せんしていたところを、本機で温めることが多くなりました。 コーヒー、ミルクは3杯まで選択できます.

次の

バルミューダのオーブンレンジこれほんまにすごい!レンジあるあるな話も添えて : LIVE LOVE LAUGH

バルミューダ レシピ

トーストが感動するほど美味しく焼けると話題のオーブントースター「BALMUDA The Toaster」。 2015年の発売以来、「究極のトースター」として人気を博しています。 その高精度な温度制御機能とスチーム機能は、パン以外の食材も美味しく焼き上げてしまうってご存知でしたか? 今回はWEB FOODIE編集部で発見したパン以外のおすすめ食材をご紹介! 購入したけれどパンしか焼いていなかったという方は、ぜひ一度試してみてください! から、各食材に合ったものをセレクトしていますので、ご紹介しているモードでお試しください。 【焼きおにぎり】高温でバリッと焼き上がる! まず1つめは、おにぎりです。 強い火で焼かれた外側はカリッと香ばしく、内側はしっとりと水分を保ったまま。 しっかり焼き固められているので、半分に割ると熱々の湯気とともに、ふわっとご飯の香りが広がります。 オーブントースターでおにぎりを焼くと、ドアを開けて醤油を塗るたびに庫内の温度が下がってしまいますが、BALMUDAは設定温度に到達するスピードが早いので、表面がしっかりと焼き上げられている印象でした。 調理方法:チーズトーストモードで3分、醤油を塗ってさらに3分、裏返して醤油を塗ってさらに3分 【コロッケ】揚げたてのサクサクがよみがえる! 2つめは、コロッケ。 焼き上がり、特に色味は変わっていませんが、箸で持ち上げてみるとサクッと心惹かれる音が! 冷たいコロッケをトースターで温めると「外は温まったけど、中は冷たいまま」ということもありますが、BALMUDAで調理したコロッケは、中心まで均一に火が入っていて、ほくほくの仕上がりです。 ここでは、表面を焦がさずサクサクに仕上げることが得意なクロワッサンモードで加熱しました。 フライの温めにはクロワッサンモードがおすすめです! 調理方法:クロワッサンモードで5分 【お餅】外はパリッと&中はふっくらもちもち 3つめは切り餅。 トースターでお餅を焼くと、中央が膨らむ頃には、角の部分が固くなってしまいがち……という心配をよそに、ダイナミックに膨れるお餅。 香ばしい香りがしてきます。 焼き上がりはというと、外側のパリッと感が絶妙! 角も固くはなっておらず、まるでおかきのような軽やかさで、新体験の美味しさです。 内側のお餅はしっとりふっくらとしています。 5分 【冷凍ピザ】キツネ色の耳があつあつカリカリ! 最後は、冷凍ピザです。 上火が強いチーズトーストモードで焼いたところ、耳がカリカリに! 中側はふっくらしていながらも、外側がカリカリに焼けるところが、パンが得意なBALMUDAらしい仕上がりです。 冷凍ピザは場合によっては、焼きすぎて硬くなってしまったり、一部が焦げて一部が冷たいということもあり、意外に加熱具合が難しいものですが、BALMUDAは具材部分も耳の部分もほどよい加減で火が入るので、放っておいても美味しくできました。 調理方法:チーズトーストモードで5分 ちなみに、今回使用したのはBALMUDA The Toasterの2017年春モデル。 操作部のモードと数字の表示が大きくなり、使いやすくなっています。 さらなる美味しさを求めていろいろ焼いてみても楽しいかもしれません。 BALMUDAの5つのモード トーストモード 食パン、ベーグル、イングリッシュマフィンなどに適したモード。 スチーム機能でサクっとした食感とふわふわとした中身のコントラストが生まれます。 チーズトーストモード 上火が強く、具材をのせたメニューに適したモード。 上面の具材にしっかり火を通します。 フランスパンモード バゲットをはじめとした固いパンから、ロールパンやコッペパンなどのやわらかいパンまでの温めができます。 「リベイク」機能で表面に焼き色をつけずに中まで温め可能。 クロワッサンモード クロワッサンやスコーンのようなバターや砂糖たっぷりのパンをサックリ温めるのに適したモード。 「リベイク」機能で中までしっかり温め、表面をサクサクに仕上げます。

次の

話題のバルミューダのトースター!サイズは?おすすめレシピは?口コミも紹介

バルミューダ レシピ

はい、どうも。 あけましておめでとうございます。 はいどうも、いらんくないか 年末にはSNSの中で 温かいコメントをたくさん頂きまして 本当にありがとうございました。 お正月は帰省しておられる方や 親戚一同で集まっておられる方が 多いんじゃないかなと思って 今日は、そんな折にピッタリの バルミューダネタでいきたいと思います。 そんな今日も こちらと、 こちらを、 押していただけますと 大変、有り難いです。 今日も面倒くさい ひと手間、 ありがとうございました。 *--------------------------------------* いや、こんな時にDIYハウツーを 上げても、いまいち響かんかなーと 思ったもんで、それやったら ずっと前から書きたいと思ってた のオーブンレンジのことを 書いたらええんちゃうかな、思って。 どのタイミングで どのネタをぶち込んでいくのか、 こう見えても結構考えてんねんで? 言い方、腹立つ えっと、私がやってるSNSの中に RoomClipていうのがあって そこの中での オーブンレンジのモニターを 募集してたから応募してん。 そしたら、当たってん。 文字にすると淡々としてるけど 当選の通知が届いた時の私ときたら びっくりし過ぎてスマホが手から 滑って、ウナギ捕まえてるみたいに なったもんね。 アタフタして。 私だけちゃうわ。 夕飯食べてた父ちゃん 主人 に 『バルミューダ、当たったで』 て言うやん。 そしたら父ちゃん 飲んでた味噌汁を吹き出す ぐらいの勢いやったわ。 吹き出してはないけど。 あ、ってなに? ていう方に超短縮で説明しておくと インテリア好きたちにとっては 今やトップブランドとも言える 家電の会社です。 ということで、届きました。 段ボール箱からして もうオシャレ。 ほんで箱を開いてみたら 箱の蓋の内側のところに こんなカードみたいなのが ついてて。 カードの中には -------------------------------- 製品について困ったことや わからないことは どんなことでも聞いてください。 製品について熟知したエキスパートが あなたの疑問にお答えします。 安心して製品をお使いいただくことが 私たちの使命です。 --------------------------------- ていうメッセージと共に フリーダイヤルの番号が 書いてあって。 なんやこれ。 礼儀と誠意と情熱の塊やないか。 封筒の中には こんなんが入ってました。 今回はオーブンレンジを 戴いたんやけどの 代表商品の一つでもある トースターのパンフレットとかも入ってて。 グッドモーニング! カタカナ て 書いてあるヤツは、 広げると でっかいポスターで トースターのレシピカードも まーオシャレ。 随所まで手をかけてるのが ひしひしと伝わってくる感じ。 私はお菓子作りは苦手やから あんませんけど こんなオーブンレンジが やって来た日には そら、 パウンドケーキでも 焼いてみようかなってなるわ。 庫内がねー 完全フラットとは言わんけど それくらい突起物が最小限に 抑えられてるから とにかく掃除がしやすいのなんのって。 掃除のしやすさに関しては 使えば使うほど猛烈に痛感してます。 温めるものによっては ソースが庫内で飛び散ったりすること、 あるやん。 そんな時のお掃除が ウエットティッシュで サッと拭き取るだけで オッケーなんやもん。 ま、正確に言うたら ウエットティッシュではなくて 赤ちゃん用のおしり拭きやけど。 お尻を拭いた後の ウエットティッシュでは無いからね 言わんでも分かるわ お尻を拭いた後の ウエットティッシュで庫内を 拭いてたとしたら、 まあまあ事件やわ で、このオーブンレンジ。 使い始めとか仕上がった時に鳴る お知らせ音が全部、 ギターとかピアノの音なんやわ。 気になった方は公式HPの中の ていうところから 聞けます。 どお?どお? お聞きになられましたか。 気になった方、と言いながら 聞かせる方向で推す この音がねー めちゃめちゃ いいです。 ほんまに いい。 今まで使ってたオーブンレンジは 温めが終わったら ピーピーって鳴る一般的な ヤツやってんけど 中のものを取り出さずに そのままにしてたら なんべんもピーピーピーピー 鳴るんやわ。 くそ忙しい料理の最中に ピーピーピーピーと 急かされる あの感じ。 イラっとしてくるやん。 『わかってるー、ちゅーに。 今 取り出すー、ゆーねん。 』 て心の中で思いながら 揚げ物やら なんやらを ガチャガチャとしてるやん。 ほんでレンジもレンジで ある一定の時間を過ぎたら 鳴り続けることを諦めるから ピーピー鳴らんようになるんやわ。 『もう知らせたからな。 分かってんねやろ。 ほなもう言わんからな。 』 て感じで存在を消す。 そしたらこっちは 見事にキレーに忘れる。 ほんで夕飯の時に 『なんか今日のおかず、 えらい貧相やなー。 もうちょい頑張ったと 思ったんやけどなー。 』 て思いながら 食べ終わった頃に ようやく、 『あ!レンジに入れっぱなしや!』 て気付くんやわ。 その時の腹立だしさときたら。 あんなにセカセカと頑張って 夕飯作ったのに、家族からは 『なんか今日おかず少なくない?』 って言われて そこでもまだ思い出せんで 皆が食べ終わった頃に 冷えたメインディッシュが 庫内で取り残されてるのを 発見した時。 そういう時って、自分の老いに 苦笑したりとか、そんな柔らかな 雰囲気では無いねん。 さっき頑張った自分の労力を 返して!って レンジに腹が立つんやわ。 無茶苦茶やけど。 これはでかい。 の会社自体が ------------------------------- キッチンは家の中で もっともクリエイティブな場所です。 そこから生み出されるおいしさは 私たちの人生を いつも豊かにしてくれます。 キッチンを、もっと楽しく。 テーブルを、もっとうれしく。 バルミューダのキッチンシリーズは そんな思いを込めて作られています。 ------------------------------- ていうコンセプトを掲げてるんやけど、 このコンセプト、 なんか涙腺に来るわ。 【テーブルを、もっとうれしく】て。 なにその素敵なフレーズは。 ほんで焼き終わったら、 ギター音と共に【ENJOY】ていう 文字が出るん。 エンジョイ! かっこいいやないか。 で、ここでカメラの充電が 無くなってしまったから 夜に飛びます。 扉を開け閉めすると 数十秒間、ライトが点くんやわ。 んもー、隅々まで にくい。 なんか、なんやろ、トースター 変じゃない? 今まではあのトースターが ちょっとレトロな感じがして 気に入ってたはずやってんけど この写真を撮った時に トースターが不釣り合い過ぎる、 と思って。 今すぐ買ってこーい! トースター、今すぐー!』 て言われたもんやから 次の日、もう転がるようにして、 ゆーか実際に 側転・側転・バク転・バク宙・ ラストはブレずに着地・をしながら 近くのホームセンターに行って 『もう、これでええわ』 て買ったのが、こちら。 山善の4枚焼けるトースター。 お値段サンキュッパ。 不具合はとくに無かったんやけど 2枚しか焼けんヤツやったから ピザを焼く時に毎回半分に切って 焼いてたのが面倒やったってことと、 パンくずトレーがコゲつき過ぎて ある時にガシガシとスチール たわしで擦って汚れを落としたら それ以来、相当な頻度で パンくずトレーがコゲつくようになって ついにはスチールたわしでも 落ちんようになったから なんと 紙やすりで擦ってコゲつきを 落としててん。 紙やすりって、あれです、 耐水ペーパーです。 水に濡らしながら やするタイプの ヤツで、もし ひどすぎるコゲつきで 悩んでる方がおられたとしたら やってみて下さい。 めちゃめちゃ落ちます。 落ちるって言うか コゲたところを削り落とすからね。 えっと、ふつーに100均で 売ってます。 で、もっ回、キッチン全体を 撮ってみたら、 あー良かった。 うん、これで絵的に大丈夫になったわ。 バルミューダのオーブンレンジが 家にやってくると、 お菓子作りの苦手な人間でも パウンドケーキを焼くし 今まで『ま、いっかー』で 済ませてたトースターまで 買い替えさせてしまうという。 この熱量ね。 しかもバク転しながら 慌てて買った割には シンプルな佇まいが ものすごく しっくり来てて、 なにより、4枚焼けるってのと ピザが丸ごと焼けるって こんなにストレスフリーに なるものなのか、と。 いやー、もっと早く買えば良かったー。 そしてカメラの電池が切れて パウンドケーキの全貌を 撮れんで残念やったところに 思いがけず『母ちゃん美味しいこれ!』 ていう声にのせられたもんやから また焼いてみました。 熱いのに中がどんなんなってるか 見た過ぎるJS 小1の次女。 オーブンの淵をJSが うっかり触ってしまうんじゃないかと 思って、こっちはJSの手を 押さえるのに必死ね。 お母さんがパウンドケーキを 焼く休日って、いいもんやわ。 のある風景。 私はステンレスを選んだんやけど やっぱ外側の拭き掃除のしやすさは 格別です。 けど、白と黒も捨てがたいなー。 王道の3色って感じやわ。 てか、楽天のポイント19倍なん? だいぶ戻ってくるやん。 はい、てことで 新年1発目から 相当しゃべり過ぎました。 今年もこんな調子でやって参りますので 引き続き何卒よろしくお願い致します。 バタバタしたお正月の最中に 最後まで読んでいただきまして 本当にありがとうございました。 お帰りの際には こちらを押していただけますと 『次の記事また頑張ろー』 とか思います。 ご面倒、重々承知の上 よろしければ こちらも押していただけますと ほんーまに有り難いです。 面倒くさい ひと手間、 ありがとうございました。

次の