アルコール ボトル 容器。 アルコール液のメーカーに聞いてみた!100円容器に入れていい?ないときの代わりは?

100均のスプレーは「アルコール消毒液」の容器に使える?入れ物がないときの代用品!

アルコール ボトル 容器

アルコール消毒液の容器の選び方!100均で売られている容器の「PET」とは? アルコール消毒液の容器の選び方についてお伝えします。 もちろん容器の素材や材質さえ大丈夫なら、100均で売られている物でも使用できます。 ただし、材質や素材の確認が必要になります。 アルコール消毒液の市販の容器の素材や材質 市販のアルコール消毒液の容器の素材や材質を確認してみますね。 アルコール消毒液の容器を確認すると。 キャップは、PP「ポリプロピレン」でパッキンはPE「ポリエチレン」とPP「ポリプロピレン」。 ボトルは、PE「ポリエチレン」になっています。 アルコール消毒液保存するために必要な素材になっているようです。 つまりアルコールへの耐性があるということですね。 ちなみにアクリルやPS「ポリスチレン」にアルコールを入れると容器が白くなったり、膨張したりします。 また、お醤油やお酒など食品で使用されている容器はPET(ポリエチレンテレフター)と呼ばれているものが多く使用されています。 PETは、低濃度のアルコールに対応している物もあるようですが、 高濃度のアルコール には対応していないため溶けてしまいます。 100均で売られている PETは、アルコール消毒液の詰め替えには使えない場合があるということですね。 100均で売られている多くの詰め替え用のボトルやスプレーボトルは、PETです。 そのため購入の際には、細心の注意が必要になります アルコール消毒液の容器!市販の100均で代用できる?PETでも使用できる? 復習しておきますね。 現在、プラスチック容器の材質や素材に使われている、プラスチックには5種類あります。 PE(ポリエチレン)• PP(ポリプロピレン)• PET(ポリエチレンテレフタレート)• PVC(ポリ塩化ビニル)• PS(ポリスチレン) この中で安心してアルコール消毒液の詰め替え用に使用できるのは、PE・PPです。 しかしPE・PPと表記されていても、中にはアルコール消毒液には使えないと書かれている物やアルコールの濃度によっても使えないものもあります。 アルコール消毒液の詰め替え容器を買うときは、容器の素材や材質だけでなく容器の使用上の注意も必ず読み、高濃度アルコールを入れても大丈夫か確認することが必要ですね。 市販されている アルコール消毒液が入っている容器と同じ素材を選ぶということですね! 100均で売られている容器でも「アルコール液 対応」と書かれている物もありますが、容器の確認は忘れず行いましょう。 中にはPETでもアルコール対応と書かれたものもあります。 PETでも使用できる理由が知りたいですよね。 実はPETでも素材の表面をコーティングすることによって、アルコール保存できるようになります。 しかし、購入の際には 「アルコール対応」と記載がなければなりませんので、注意しましょう。 ちなみにダイソーで売られているアルコール対応の容器の素材や材質にはPPとPEが記載されていました。 100均で売られている容器でもキチンと確かめれば使用できそうです。 こまめにチェックする必要がありますね。 高濃度アルコールとは? 高濃度アルコールとは、80%以上の濃度があるアルコールのことを指します。 つまり、78%とか77%は、対応可能範囲なんですね。 例えば、1000mlのうち約780mlがアルコール分だと78度のアルコールということになります。 78%のアルコール度数ですね。 アルコール消毒液や次亜塩素酸水の業務用はどこで買える?通販ショップは? アルコール消毒液や次亜塩素酸水の業務用を探してみました。 次亜塩素酸水も優れもだと話題になっていますね。 ちなみに次亜塩素酸ナトリウムとは違います。

次の

【除菌アルコール】セリアのアルコール対応スプレー容器を購入!

アルコール ボトル 容器

アルコール消毒液の容器の選び方!100均で売られている容器の「PET」とは? アルコール消毒液の容器の選び方についてお伝えします。 もちろん容器の素材や材質さえ大丈夫なら、100均で売られている物でも使用できます。 ただし、材質や素材の確認が必要になります。 アルコール消毒液の市販の容器の素材や材質 市販のアルコール消毒液の容器の素材や材質を確認してみますね。 アルコール消毒液の容器を確認すると。 キャップは、PP「ポリプロピレン」でパッキンはPE「ポリエチレン」とPP「ポリプロピレン」。 ボトルは、PE「ポリエチレン」になっています。 アルコール消毒液保存するために必要な素材になっているようです。 つまりアルコールへの耐性があるということですね。 ちなみにアクリルやPS「ポリスチレン」にアルコールを入れると容器が白くなったり、膨張したりします。 また、お醤油やお酒など食品で使用されている容器はPET(ポリエチレンテレフター)と呼ばれているものが多く使用されています。 PETは、低濃度のアルコールに対応している物もあるようですが、 高濃度のアルコール には対応していないため溶けてしまいます。 100均で売られている PETは、アルコール消毒液の詰め替えには使えない場合があるということですね。 100均で売られている多くの詰め替え用のボトルやスプレーボトルは、PETです。 そのため購入の際には、細心の注意が必要になります アルコール消毒液の容器!市販の100均で代用できる?PETでも使用できる? 復習しておきますね。 現在、プラスチック容器の材質や素材に使われている、プラスチックには5種類あります。 PE(ポリエチレン)• PP(ポリプロピレン)• PET(ポリエチレンテレフタレート)• PVC(ポリ塩化ビニル)• PS(ポリスチレン) この中で安心してアルコール消毒液の詰め替え用に使用できるのは、PE・PPです。 しかしPE・PPと表記されていても、中にはアルコール消毒液には使えないと書かれている物やアルコールの濃度によっても使えないものもあります。 アルコール消毒液の詰め替え容器を買うときは、容器の素材や材質だけでなく容器の使用上の注意も必ず読み、高濃度アルコールを入れても大丈夫か確認することが必要ですね。 市販されている アルコール消毒液が入っている容器と同じ素材を選ぶということですね! 100均で売られている容器でも「アルコール液 対応」と書かれている物もありますが、容器の確認は忘れず行いましょう。 中にはPETでもアルコール対応と書かれたものもあります。 PETでも使用できる理由が知りたいですよね。 実はPETでも素材の表面をコーティングすることによって、アルコール保存できるようになります。 しかし、購入の際には 「アルコール対応」と記載がなければなりませんので、注意しましょう。 ちなみにダイソーで売られているアルコール対応の容器の素材や材質にはPPとPEが記載されていました。 100均で売られている容器でもキチンと確かめれば使用できそうです。 こまめにチェックする必要がありますね。 高濃度アルコールとは? 高濃度アルコールとは、80%以上の濃度があるアルコールのことを指します。 つまり、78%とか77%は、対応可能範囲なんですね。 例えば、1000mlのうち約780mlがアルコール分だと78度のアルコールということになります。 78%のアルコール度数ですね。 アルコール消毒液や次亜塩素酸水の業務用はどこで買える?通販ショップは? アルコール消毒液や次亜塩素酸水の業務用を探してみました。 次亜塩素酸水も優れもだと話題になっていますね。 ちなみに次亜塩素酸ナトリウムとは違います。

次の

アルコール消毒液をプッシュ容器に入れたい!詰替え方法をご紹介!

アルコール ボトル 容器

アルコール消毒液を入れる容器はなんでもいいの? アルコール消毒液を入れる容器は決まっています。 それは ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル(硬質のみ)の3種類です。 この3種類がどう違うのか表にしてみました。 記号 メリット デメリット 用途 ポリエチレン PE 形成しやすい 薬品に強い 水に強い 印刷できない 接着剤使えない 灯油缶 食品容器 袋など ポリプロピレン PP 薬品に強い 熱に強い 強度アリ 低温に弱い 膨張しやすい 接着できない 電子レンジ用食品とトレイ 哺乳瓶 玩具など ポリ塩化ビニル PVC 薬品に強い 気候の変化に強い 着色OK 安い 接着剤OK 高温低温に弱い 溶剤に弱い 水道管 ラッピングフィルムなど 3つのプラスチックに共通しているのは、どれも 薬品に強いということですね。 なのでアルコール消毒液には適しているといえます。 ボトルのパッケージに PE, PP, PVCの表示がされているのでよく確認しましょう。 アルコール消毒液はなんでも入れていいわけではありません。 メモ ボトルを購入するときには表示の説明書きと記号をチェックしましょう。 アルコールプッシュ容器を詰替えるときの注意点 手ピカジェルとかが売り場になくても詰め替え用は各種たくさん売ってるので100均でポンプやワンプッシュ容器を買えばOK。 出かける方は小さいスプレーを持ち歩くぐらいの感覚でもいいのではないかと。 — LaRicetta99 LaRicetta99 アルコール消毒液を詰め替え容器にただ入れるだけではありません。 ちょっと気をつけて頂きたいことがあります。 もしPE, PP, PVC以外の表示のボトルにアルコール消毒液を入れると、 素材が溶けて穴があいたりしますので要注意です。 それと、PE, PP, PVC素材であっても アルコール溶液使用不可と書いてあるボトルもありますので、使用の際にはアルコールを入れても大丈夫なのかしっかり確認する必要があります。 ボトルの材質には注意が必要ですが、アルコール消毒液をボトルに詰替えるのはカンタンです。 Sponsored Link アルコール消毒液のプッシュ容器はどこで手に入れる? アルコール消毒液に適したボトルを確認したら、ボトルはどこで買えるのでしょうか? 雑貨店やホームセンターでも買えますしネット通販でも手に入れることができます。 いろいろな所で買えますが通販や100円ショップなどは手軽で人気ですね。 通販で手に入れる 今では通販をよく利用する人は多いのではないかと思います。 通販では一部売り切れのものもありますが、まだ十分に在庫はあります。 先ほど言ったように、アルコール対応かどうか PE、PP, PVCの表示をよく確認してから購入してくださいね。 オシャレな容器もたくさんあるので楽しく選ぶことができます。 プッシュ容器はこちらから購入できます。 アルコール対応と書かれているものがありすのでそちらを使用するといいでしょう。 大きさは500mlものから携帯に便利なプッシュ型スプレーボトルまであります。 ガラスのスプレー容器もおしゃれ ガラスのボトル容器はアルコール消毒液に対応できます。 透明のガラスボトルもありますが、カラフルなボトルに入れてもオシャレですよね。 ガラスボトルだとオシャレだしインテリアにもよく合いますよ。 ぜひお部屋にピッタリ合うものを選んでください。 香水を入れるアトマイザーを使うとかさばらずオシャレですね。 ここでもアルコールに対応できるボトルかどうかよく確認しましょう。 女性はアルコール消毒液だと分からないくらいのかわいい容器に入れて持ち歩けるとオシャレですよね。 香水のアトマイザーに除菌用アルコールいれて携帯用に。 — たこひろこ 二児の母 takohiroko また子供さんが学校などへ持っていくのにかわいい容器だと喜んで手を消毒してくれそうです! アトマイザーはこちらから購入できます。

次の