冷凍 ブロッコリー お 弁当。 ブロッコリーの冷凍保存について。お弁当にブロッコリーを使うのですが、...

ブロッコリーを冷凍保存!生のままと茹でてからはどっちがいい?

冷凍 ブロッコリー お 弁当

業務スーパーの冷凍野菜「ブロッコリー」 中国産 ブロッコリー 冷凍野菜の中でも、定番と言える「ブロッコリー」はもう何度もリピート購入しています。 冷凍野菜 ブロッコリー ¥148円(税別) 500g入って148円と激安です。 ブロッコリーは、安い時は100円程度で手に入りますが、通常150円~200円ほどで販売されていることが多いです。 業務スーパーの冷凍ブロッコリーは、3~4株ほどのブロッコリーが入っているのでかなりお得な商品です。 ( 冷凍ブロッコリーに、茎は入っていません) もちろん、価格が安いのは 中国産であるから、という理由もあるとは思います。 しかし私は「中国産だから買わない」と思わず、「安かったら挑戦してみる、美味しかったらまた次も買う」というタイプなので、あまり気にせずに中国産ブロッコリーを購入しています。 どうやら、業務スーパーには中国産以外にスペイン産の冷凍ブロッコリーも売っているようです。 いつか、スペイン産も食べてみたいです。 ブロッコリーは、大きいサイズ~小ぶりサイズまでバラバラに入っています。 軽く湯通ししていますが、加熱してから食べます。 便利なので、何度も購入していますが… ちょっと柔らかめの食感な所が気になります。 調理すると、シナシナ・くたくたになりやすい。 もう少し固めの方が、食感も楽しめるのになぁー…と思ったり。 解凍方法 レンジで解凍(難しい) レンジでブロッコリーを解凍すると…水分でビチョビチョになってしまいます。 レンジで解凍すると水分が多すぎるため、キッチンペーパーで包んで水を絞り取るようにしています。 じゃないと、水が多すぎて食べれません。 もちろん、ブロッコリーはシナシナ・くたくた状態。 自然解凍(水分が多くて難しい) スーパーで購入したブロッコリーを自分で茹でて冷凍保存している場合、お弁当に凍ったまま入れています。 朝、凍ったまま入れておくと、お昼頃には良い感じに自然解凍されているんです。 しかし、 業務スーパーの冷凍ブロッコリーの場合、水分が多いからか自然解凍後はビチョビチョになります。 口に入れた瞬間、水がブワッと広がって「!!!???」と混乱した経験があります 笑 なので、業務スーパーの冷凍ブロッコリーは凍ったままお弁当に入れないようにしています。 フライパンで蒸す 業務スーパーの冷凍ブロッコリーは、 凍ったままフライパンに入れて蒸すと美味しくなります。 フタをすれば、ブロッコリーに付いている氷で十分に蒸せます。 えのき・ベーコンなどを入れて味付けするだけで立派な一品になります。 鶏がらスープの素・塩コショウだけのシンプル味付けでも美味しいです。 もうこれは、解凍というより調理ですね。 もちろん、多少はくた~としちゃいますが気にせず食べれる範囲です! 注意冷凍ブロッコリーは、水分が多いので解凍するより加熱調理した方が良いかも! 冷凍ブロッコリーのアレンジレシピ シチュー・カレー 業務スーパーの冷凍ブロッコリーで一番おすすめな調理方法は、シチューなど煮込み料理に入れることです。 凍ったまま入れるだけなので、手軽に作れます! 解凍せずに調理できる方法なので、一番多くブロッコリーを消費しているレシピかも。 ホワイトシチューや、カレー、ポトフなどとの相性は抜群です。 常備しているのは、バーモントカレーの業務サイズ。 色々なカレーにアレンジできて便利です。 参考記事 >> お弁当 お弁当に入れる場合は、 フライパンで蒸し焼きにするか、レンジで温めて水分を絞っています。 見た目的に、 水分を絞ったブロッコリーはシナシナ・くたくた…になるので…おすすめはできません。 でも、水分を絞ってからマヨネーズ・チーズをのせてトースターで加熱すると美味しいです! 緑が欲しい時に、冷凍庫にブロッコリーがあるとサッと用意できるので冷凍ブロッコリーには感謝しています! 欲を言うなら、業務スーパーの冷凍ブロッコリーは、もう少し水分少な目・固めだと嬉しいなー、という感想。 ネットショップでも冷凍ブロッコリーは便利のため人気のようです。 解凍するより、フライパンで蒸し焼きにした方が美味しくなります! 業務スーパーには、スペイン産のブロッコリーも売っているようなのでいつかチャレンジしてみよう。 ありがとうございます。

次の

ブロッコリーの作り置きおかず5レシピ。お弁当にも便利!

冷凍 ブロッコリー お 弁当

解凍すればすぐに使える冷凍食品のメリットの数々 皆さん、冷凍食品は使っていますか。 毎日のお弁当作りや食事の彩りに、ブロッコリーなどの冷凍食品を活用されている方も多いのではないでしょうか。 そもそも冷凍食品は、色々な食品の品質を新鮮に、かつ、作りたての状態を維持するために生まれました。 そんな冷凍食品の、沢山のメリットについて見ていきましょう。 頻繁に買い物に行かなくて済むので、時間と手間が省けます。 冷凍食品を使うことで、調理の際に出てしまう生ごみの量も減らすことができます。 ブロッコリーの栄養&選び方 解凍すれば、すぐに使うことができるので、冷凍食品でもよく販売されている「ブロッコリー」の栄養について見ていきましょう。 ブロッコリーは美味しいだけでなく、栄養的にも優秀な緑黄色野菜です。 生のブロッコリーのビタミンCは、なんとレモンの2倍も含まれているのです。 ビタミンCの含有量は、抜群に多いです。 そのほかにも、ビタミンA・ビタミンB1・B2・カリウム・リンなども沢山含んでいます。 よく食べられるのは花蕾(からい)という、つぼみが集合した部分です。 しかし、茎や葉の部分にも栄養がしっかりとあり、つぼみに負けないくらい美味しく食べられるので、廃棄しないで食べていただきたいです。 美味しいブロッコリーの選び方についても、知っておきましょう。 つぼみの色を、まずチェックしてみてください。 鮮やかな緑色で、開いていなく、中央がこんもりと盛り上がっているものが良いでしょう。 茎の切り口のチェックも忘れずに。 茎の切り口が茶色く変色しておらず、みずみずしくて、割れていないものを選ぶようにしましょう。 ブロッコリーは、新聞紙でつぼみを包んでから、全体をラップで包んで保存しましょう。 さらにポリ袋に入れて口を軽く閉じ、深めの容器に軸を下にして立てておきます。 冷蔵室での保存期間は、約2日間です。 ブロッコリーのゆで方 生のブロッコリーは鮮度が落ちやすいので、購入したらすぐに食べてしまうのが一番です。 アメリカなどでは、生のままサラダとして食べていますが、日本ではゆでて食べるのが一般的ですよね。 美味しいブロッコリーを選んで、その美味しさを味わうためにも、上手なゆで方をマスターしましょう。 ブロッコリーを、よく洗っておきましょう。 茎の硬い部分を切り落とし、皮をむいたら、食べやすいサイズにカットします。 ブロッコリー1株につき、塩小さじ1杯をしっかり溶かします。 ブロッコリーを冷凍するには、硬めにさっと塩ゆでしましょう。 硬めにゆでないと、解凍した際に、歯ごたえがなくなってしまいます。 次は、冷凍食品のブロッコリーの、上手な解凍方法についてご紹介します。 冷凍食品のブロッコリーの上手な解凍方法 冷凍食品のブロッコリーを使ったときに、焼いたら水っぽくてべちゃべちゃになったり、煮込んでも全然美味しそうじゃないという経験はありませんか。 ブロッコリーが水っぽくなる原因は、冷凍されたブロッコリーについている大量の霜にあります。 ゆで過ぎると、ブロッコリーの穂の部分がさらに水を吸収してしまい、その結果、ふにゃりとなってしまうのです。 冷凍されたブロッコリーは、一度ゆでてから冷凍しているので、加熱をいっぱいする必要はないのです。 美味しく食べるためにも、冷凍ブロッコリーの上手な解凍方法を覚えておきましょう。 といっても、冷凍ブロッコリーの解凍方法は実に様々です。 皆さんの用途に合わせた解凍方法を選んで、やってみましょう。 ・冷凍ブロッコリーを和え物やサラダに使う場合 お湯に、さっとくぐらせるようにゆでましょう。 または、電子レンジで1分程度、軽く熱を加えます。 どちらの場合も、霜が溶けるくらいに、少しだけ加熱するようにしましょう。 さっとゆでた後に、よく水を切って冷やすと、キレイな緑色のまま仕上がりますよ。 冷凍食品のブロッコリーは解凍するだけで簡単!色々な使い方 冷凍食品のブロッコリーの、用途に合わせた解凍方法はまだあります。 自然解凍でもオッケーなので、凍ったまま使えて便利です。 アルミカップの中にマヨネーズを入れて、その上に凍ったままのブロッコリーを置いたり、ひと口サイズのグラタンの上にトッピングとして使ってみましょう。 夏場は特にお弁当が傷みやすいので、ちょっとした保冷剤代わりにもなりそうですね。 解凍に費やす時間が省けるので、調理の時間も短縮できて一石二鳥ですね。 時間があるときは、この方法をおすすめします。 少量を使いたい場合は、冷凍食品のブロッコリーを活用するのも経済的です。 ブロッコリーの冷凍食品を解凍して「アンチョビ和え」を作ってみよう 色々なビタミン・ミネラル・食物繊維を含み、腸内環境を整え、老化防止にも期待ができるブロッコリー。 冷凍ブロッコリーを上手に解凍すれば、生から茹でたものと変わらない食感にできます。 冷凍食品のブロッコリーを使って、アンチョビ和えを作ってみましょう。 沸騰したお湯に入れたら、煮立たせずに、煮立つ直前に火からおろします。 流水で手早く冷ますことで、シャキっとしたブロッコリーの歯ごたえを残すことができます。 水にさらすと、べちゃっとした水っぽさが残ってしまうので気をつけましょう。 便利な冷凍ブロッコリーを活用しよう いかがでしたか。 ブロッコリーは栄養豊富で、食べ合わせによっても健康増進や美容効果のアップも期待できます。 ゆでて冷凍保存しておけば、毎日の食事に手軽に使えるので、とても便利ですよ。 冷凍食品を上手に活用してみましょう。

次の

知っておくと便利!ブロッコリーの冷凍食品の上手な解凍方法

冷凍 ブロッコリー お 弁当

解凍すればすぐに使える冷凍食品のメリットの数々 皆さん、冷凍食品は使っていますか。 毎日のお弁当作りや食事の彩りに、ブロッコリーなどの冷凍食品を活用されている方も多いのではないでしょうか。 そもそも冷凍食品は、色々な食品の品質を新鮮に、かつ、作りたての状態を維持するために生まれました。 そんな冷凍食品の、沢山のメリットについて見ていきましょう。 頻繁に買い物に行かなくて済むので、時間と手間が省けます。 冷凍食品を使うことで、調理の際に出てしまう生ごみの量も減らすことができます。 ブロッコリーの栄養&選び方 解凍すれば、すぐに使うことができるので、冷凍食品でもよく販売されている「ブロッコリー」の栄養について見ていきましょう。 ブロッコリーは美味しいだけでなく、栄養的にも優秀な緑黄色野菜です。 生のブロッコリーのビタミンCは、なんとレモンの2倍も含まれているのです。 ビタミンCの含有量は、抜群に多いです。 そのほかにも、ビタミンA・ビタミンB1・B2・カリウム・リンなども沢山含んでいます。 よく食べられるのは花蕾(からい)という、つぼみが集合した部分です。 しかし、茎や葉の部分にも栄養がしっかりとあり、つぼみに負けないくらい美味しく食べられるので、廃棄しないで食べていただきたいです。 美味しいブロッコリーの選び方についても、知っておきましょう。 つぼみの色を、まずチェックしてみてください。 鮮やかな緑色で、開いていなく、中央がこんもりと盛り上がっているものが良いでしょう。 茎の切り口のチェックも忘れずに。 茎の切り口が茶色く変色しておらず、みずみずしくて、割れていないものを選ぶようにしましょう。 ブロッコリーは、新聞紙でつぼみを包んでから、全体をラップで包んで保存しましょう。 さらにポリ袋に入れて口を軽く閉じ、深めの容器に軸を下にして立てておきます。 冷蔵室での保存期間は、約2日間です。 ブロッコリーのゆで方 生のブロッコリーは鮮度が落ちやすいので、購入したらすぐに食べてしまうのが一番です。 アメリカなどでは、生のままサラダとして食べていますが、日本ではゆでて食べるのが一般的ですよね。 美味しいブロッコリーを選んで、その美味しさを味わうためにも、上手なゆで方をマスターしましょう。 ブロッコリーを、よく洗っておきましょう。 茎の硬い部分を切り落とし、皮をむいたら、食べやすいサイズにカットします。 ブロッコリー1株につき、塩小さじ1杯をしっかり溶かします。 ブロッコリーを冷凍するには、硬めにさっと塩ゆでしましょう。 硬めにゆでないと、解凍した際に、歯ごたえがなくなってしまいます。 次は、冷凍食品のブロッコリーの、上手な解凍方法についてご紹介します。 冷凍食品のブロッコリーの上手な解凍方法 冷凍食品のブロッコリーを使ったときに、焼いたら水っぽくてべちゃべちゃになったり、煮込んでも全然美味しそうじゃないという経験はありませんか。 ブロッコリーが水っぽくなる原因は、冷凍されたブロッコリーについている大量の霜にあります。 ゆで過ぎると、ブロッコリーの穂の部分がさらに水を吸収してしまい、その結果、ふにゃりとなってしまうのです。 冷凍されたブロッコリーは、一度ゆでてから冷凍しているので、加熱をいっぱいする必要はないのです。 美味しく食べるためにも、冷凍ブロッコリーの上手な解凍方法を覚えておきましょう。 といっても、冷凍ブロッコリーの解凍方法は実に様々です。 皆さんの用途に合わせた解凍方法を選んで、やってみましょう。 ・冷凍ブロッコリーを和え物やサラダに使う場合 お湯に、さっとくぐらせるようにゆでましょう。 または、電子レンジで1分程度、軽く熱を加えます。 どちらの場合も、霜が溶けるくらいに、少しだけ加熱するようにしましょう。 さっとゆでた後に、よく水を切って冷やすと、キレイな緑色のまま仕上がりますよ。 冷凍食品のブロッコリーは解凍するだけで簡単!色々な使い方 冷凍食品のブロッコリーの、用途に合わせた解凍方法はまだあります。 自然解凍でもオッケーなので、凍ったまま使えて便利です。 アルミカップの中にマヨネーズを入れて、その上に凍ったままのブロッコリーを置いたり、ひと口サイズのグラタンの上にトッピングとして使ってみましょう。 夏場は特にお弁当が傷みやすいので、ちょっとした保冷剤代わりにもなりそうですね。 解凍に費やす時間が省けるので、調理の時間も短縮できて一石二鳥ですね。 時間があるときは、この方法をおすすめします。 少量を使いたい場合は、冷凍食品のブロッコリーを活用するのも経済的です。 ブロッコリーの冷凍食品を解凍して「アンチョビ和え」を作ってみよう 色々なビタミン・ミネラル・食物繊維を含み、腸内環境を整え、老化防止にも期待ができるブロッコリー。 冷凍ブロッコリーを上手に解凍すれば、生から茹でたものと変わらない食感にできます。 冷凍食品のブロッコリーを使って、アンチョビ和えを作ってみましょう。 沸騰したお湯に入れたら、煮立たせずに、煮立つ直前に火からおろします。 流水で手早く冷ますことで、シャキっとしたブロッコリーの歯ごたえを残すことができます。 水にさらすと、べちゃっとした水っぽさが残ってしまうので気をつけましょう。 便利な冷凍ブロッコリーを活用しよう いかがでしたか。 ブロッコリーは栄養豊富で、食べ合わせによっても健康増進や美容効果のアップも期待できます。 ゆでて冷凍保存しておけば、毎日の食事に手軽に使えるので、とても便利ですよ。 冷凍食品を上手に活用してみましょう。

次の