印鑑 証明 書 取り 方。 神戸市:印鑑登録証明書

印鑑証明をコンビニで取る方法【超簡単!】

印鑑 証明 書 取り 方

2020年4月29日(水曜日) <昭和の日>• 2020年5月3日(日曜日) <憲法記念日>• 2020年5月4日(月曜日) <みどりの日>• 2020年5月5日(火曜日) <こどもの日>• 2020年5月6日(水曜日) <こどもの日の振替休日>• 2020年7月23日(木曜日) <海の日>• 2020年7月24日(金曜日) <スポーツの日>• 2020年8月10(月曜日) <山の日>• 2020年9月21日(月曜日) <敬老の日>• 2020年9月22日(火曜日) <秋分の日>• 2020年11月3日(火曜日) <文化の日>• 2020年11月23日(月曜日) <勤労感謝の日>• 2020年12月29日(火曜日)~2021年1月3日(日曜日) <年末年始>• 2021年1月11日(月曜日)<成人の日>• 2021年2月11日(木曜日)<建国記念の日>• 2021年2月23日(火曜日)<天皇誕生日>• 2021年3月20日(土曜日)<春分の日> お住まいの区に関係なく、どこの行政サービスコーナーもご利用いただけます。 証明書の受付時間とお渡し時間の一覧は、をご確認ください。 行政サービスコーナーでは、下記以外の証明書取得及び住所変更や戸籍の届出はできません。 区役所開庁時間外で請求資格などが確認できない場合は、その場でお渡しできないことがあります。 証明書の内容によっては、一部お取り扱いできない場合があります。 証明書をご請求される際、窓口に来た人の本人確認を行うため、写真付きの本人確認書類の提示が必要です。 なお、本人確認書類が、国民健康保険証など写真付きでない場合などには、さらに別の本人確認書類の提示や、ご質問をさせていただく場合があります。 詳細は「」をご確認ください。 代理人がご請求される場合には、委任状の提出も必要です 印鑑登録証明書を除く。 委任状の見本については、次の各証明書のページをご確認ください。 法人名義の納税証明書をご請求される際には、申請書に代表者印の押印が必要です。 固定資産課税台帳登録事項証明書は、納税者本人 同一世帯の親族を含みます。 、相続人 戸籍謄本など相続関係を把握できる書類が必要です。 及び納税管理人のご請求に限り取り扱います。 代理人の方がご請求される場合は、区役所での発行となります。 また、法人名義の資産を対象とする証明書は、申請書に代表者印があれば、お取り扱いできます。 また、納税通知書に添付されている課税明細書や登記済証等で資産の所在地番をご確認の上請求してください。 納税通知書はできるだけお持ちになるようお願いします。 は、行政サービスコーナーではお取り扱いできません。 区役所にてご請求ください。 受付時間とお渡し時間 受け付けた時間帯 お渡しできる時間 平日午前7時30分から午前8時45分まで 当日午前11時以降 平日午前8時45分から午後5時15分まで 受け付けたその場でお渡しできますが、午後5時15分までに手続きが完了していない場合は、その場でお渡しできません。 月曜日から木曜日の午後5時15分から午後7時まで 翌開所日午前11時以降 金曜日の午後5時15分から午後7時まで、 及び土・日曜日 翌月曜日(休所日の場合は翌月曜日以降の翌開所日)午前11時以降 PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

次の

印鑑登録証明書について|江東区

印鑑 証明 書 取り 方

文字サイズ変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま文字サイズを変更する場合には、ご利用のブラウザの表示メニューから文字サイズを変更してください。 色の変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 Windows OSをご利用で、JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま色の変更をする場合には、コントロールパネルの「ユーザ補助のオプション」(Vista以降のバージョンでは「コンピュータの簡単操作センター」)の設定で、ディスプレイ全体の色合いを変更してください。 窓口での印鑑登録証明書の請求にあたっては、印鑑が登録されていることが必要です。 印鑑登録の手続が済んでいる方には「印鑑登録証」または印鑑登録証の機能が入っている「かわさき市民カード」をお渡ししていますので、申請書とともに提示してください。 「マイナンバーカード」を利用して、コンビニ店舗内のマルチコピー機から、休日や窓口の業務時間外でも、印鑑登録証明書を取得することができます。 詳しくは、下記の関連するホームページ:コンビニ交付のご案内を参照してください。 1 提出書類 :申請書 2 申請窓口 :各区役所区民課、支所区民センター、出張所、行政サービスコーナー 3 申請人 :本人又は代理人(委任状は不要です。 ) 4 申請方法 :窓口にて直接 5 受付時間 : 1 各区役所区民課、支所区民センター、出張所 月曜~金曜 午前8時30分~午後5時 第2・第4土曜 午前8時30分~午後0時30分(支所区民センター・出張所は第2・第4土曜の受付は行っておりません。 ) 2 行政サービスコーナー 国民の祝日及びその休日(川崎行政サービスコーナー以外)、12月29日~1月3日、設備点検等で臨時休業する時 7 必要なもの:印鑑登録証または印鑑登録証の機能が入っているかわさき市民カード 8 注意事項 :印鑑登録証または印鑑登録証の機能が入っているかわさき市民カードをお持ちでない場合及び申請書に「本人の住所、氏名、生年月日」が正しく記載されていない場合は、印鑑登録証明書を交付できません。 また、マイナンバーカードでは窓口での交付はできませんので御注意ください。 参考情報 このよくある質問に対するお問い合わせ先 川崎区役所 区民課 電話:044-201-3143 大師支所 区民センター 電話:044-271-0139 田島支所 区民センター 電話:044-322-1970 幸区役所 区民課 電話:044-556-6616 日吉出張所 電話:044-599-1121 中原区役所 区民課 電話:044-744-3175 高津区役所 区民課 電話:044-861-3163 橘出張所 電話:044-777-2355 宮前区役所 区民課 電話:044-856-3144 向丘出張所 電話:044-866-6461 多摩区役所 区民課 電話:044-935-3154 生田出張所 電話:044-712-3109 麻生区役所 区民課 電話:044-965-5122 川崎行政サービスコーナー 電話:044-244-1371 小杉行政サービスコーナー 電話:044-722-8685 溝口行政サービスコーナー 電話:044-814-7500 鷺沼行政サービスコーナー 電話:044-852-8471 登戸行政サービスコーナー 電話:044-933-3000 菅行政サービスコーナー 電話:044-945-2730.

次の

印鑑証明を代理人が取る方法3つ

印鑑 証明 書 取り 方

法人も個人の場合と同様に、印鑑証明 正確には印鑑証明書 を発行するためには、事前に印鑑登録を行った後に印鑑登録カード取得の申請、そして印鑑証明書の交付申請を行うという流れになります。 ただ、個人とは異なる箇所もありますので、その点も含めて、法人の印鑑登録の方法から、法人用の印鑑証明書の3つの取り方、印鑑登録カードの発行と紛失時の手続き、実印の変更方法まで、説明したいと思います。 すでに印鑑登録は済ませてあるという方は、「」からご覧ください。 では、早速、見ていきましょう。 法人の印鑑証明書の発行には、まず法務局で印鑑登録が必要 個人の場合は、市区町村役場で印鑑登録を行う必要がありますが、法人の場合は、法務局にて行う必要がありまして、正確には、 本店の所在場所を管轄する登記所(法人登記部門・支局・出張所)にて行う必要がありますので、くれぐれもご注意ください。 例えば、事業所が東京にあって、本店が大阪にある場合は、印鑑登録は大阪の所在地を管轄する法務局にて印鑑登録を行う必要があります。 法人の印鑑登録の登録資格 法人の印鑑登録は会社に所属している人が誰でもできるというわけではありません。 会社形態 登録資格を持っている人 株式会社 代表取締役または取締役 合名会社・合資会社 代表者 代表取締役または代表者であれば問題ありませんが、株式会社の場合は、取締役でも法人の印鑑登録を行うことができます。 法人用の代表印=実印を準備する 法人用の印鑑登録にあたり、代表印、いわゆる実印を用意する必要があります。 しかし、実印にも商業登記規則第9条第3項に定められた規定サイズがありますので、注意が必要です。 上記のイメージの通り、1辺が1cm~3cmの正方形内に収まる必要があります。 一般的には、法人設立の際に、実印の作成と一緒に、銀行印と角印をセットで用意する場合が多いです。 なぜなら、法人設立の際は、出資金の払い込みなどで取引銀行との口座開設のために銀行印が、そして業務上の取引用として、最低限、角印が必要になることが多いからです。 また、このとき注意しなくてはいけないのが、個人の実印と法人の代表としての実印は別ということです。 会社の代表印というと、まるで代表者の実印のように思えてきますが、それはあくまで法人用としての実印ということになります。 上のイメージのように、中央に役職名をそして、それを取り囲むように会社名を入れるというのが一般的です。 スポンサーリンク 法人用の実印=届出印を申請する 本人が申請する場合 「 」に必要事項を記入し、 本店の所在場所を管轄する登記所(法人登記部門・支局・出張所)に提出します。 「 」もありますので、参考にしてください。 本人が申請するときの必要書類は 〇印鑑届書 〇実印 の2つになります。 法人用の実印を申請する 代理人が申請する場合 法人用の実印の申請を代理人がする場合は、「 」に必要事項を記入し多後に、その下にある委任状の欄にも記入を行います 下のイメージの赤枠で囲ったところになります 「 」もありますので、参考にしてください。 代理人が申請を行う場合は、 〇印鑑届書 〇実印 〇委任する人 代表取締役または取締役 の個人の実印による押印と印鑑証明書 〇代理人の本人確認書類 免許証、パスポート、写真ありの住基カード が必要書類になります。 印鑑カード交付申請書で法人用の印鑑カードの発行申請をする 法人用の印鑑登録と同時に今後、印鑑証明書を発行する際に必要になるのが印鑑カードになります。 「 」に必要事項を記入し、こちらも、 本店の所在場所を管轄する登記所(法人登記部門・支局・出張所)に提出します。 「」もありますので、参考にしてください。 そして、無事、申請が終わると下記のような印鑑カードが交付されます。 上は印鑑カードのサンプルですが、このカードがあれば、全国の登記所で印鑑証明書を取得することができるようになります。 法人用の印鑑証明書の交付に必要なもの 印鑑登録申請が受理されて、印鑑カードが揃えば、後は、いよいよ法人用の印鑑証明書の交付になります。 必要なものは、本人でも代理人でも同じです。 〇印鑑カード 〇代表者などの生年月日 この2つがあれば、法人用の印鑑証明書を取得することができます。 法人用の印鑑証明書の3つの取り方 1. 窓口で取得する方法 登記所がコンピュータで事務処理を行っていれば、全国どこでも印鑑証明書を取得することができます。 仮に本店が九州にあり、東京で取得する場合は、最寄りの登記所に印鑑登録カードを持参し、代表者などの登録者の生年月日を登記所に備え付けてあるコンピュータに入力すれば、印鑑証明書を受け取ることができます。 「 」 印鑑証明書の発行手数料は450円になります。 郵送で印鑑証明書の発行を依頼する方法 「 」に必要事項を記入し、「印鑑カード」と手数料450円分の「収入印紙」「返信用切手と封筒」を同封して、法務局へ郵送します。 「」もありますので、参考にしてください。 印鑑カードの紛失などがあると、再発行の手間やセキュリティ上のリスクもありますので、郵送で依頼する場合は、万全を期すために書留などで送ることをおすすめします。 最寄りの登記所は下記よりお探しください。 「 」 なお、「印鑑証明書」と「登記事項証明書」を同時に申請する場合は「」も利用できます。 「」もありますので、参考にしてください。 インターネットで法人用の印鑑証明書を取得する方法 インターネットで法人用の印鑑証明書を取得することもできます。 まず、「」に進みます。 サイトのトップのサイドバーにある操作手引書をクリックすると、下記のようなダウンロード画面に進みます。 そして、操作手引書をダウンロードして、PDFファイルを開きます。 上の申請までの流れから、専用ソフトのインストールの手順通りに進んだ後、印鑑証明書をオンラインにて申請できるようになります。 しかし、上記をご覧いただきますとお分かりの通り、上記の登記・供託オンライン申請のサイトは、どちらかといいますと、登記や供託のためのサイトとなっておりまして、印鑑証明書を発行するためだけに、このサイトを利用するのは、かなり時間と手間がかかりすぎ・・という感は否めません・・。 窓口か郵送をお使いいただく方が効率的だと思います。 法人用印鑑証明書の交付の手数料 法人用印鑑証明書の手数料は平成平成25年4月1日から,450円になっています。 種別 単位 金額 会社・法人の登記簿謄抄本又は登記事項証明書(代表者事項証明書を含む)の交付 1通 600円 (1通の枚数が50枚を超えるものについては,600円にその超える枚数50枚までごとに100円を加算した額) 登記事項要約書の交付 1通 450円 (1通の枚数が50枚を超えるものについては,450円にその超える枚数50枚までごとに50円を加算した額) 登記簿又は登記申請書の閲覧 1登記用紙(1社)又は1事件(1申請) 450円 資格証明書(登記事項に変更がないこと及びある事項の登記がないことの証明)の交付 1件(1通) 450円 印鑑証明書の交付 1通 450円 法人用の印鑑や印鑑カードの紛失と再発行について 法人用の印鑑カードを紛失したり、破損した場合の手順について説明させていただきます。 「 」に必要事項を記入し、 本店の所在場所を管轄する登記所(法人登記部門・支局・出張所)にて、印鑑カード廃止の届出を行う必要があります。 ただ、届け出にも、印鑑だけの廃止届出、印鑑カードだけの廃止届出、印鑑および印鑑カードの廃止届出の3種類がありますので、先に確認しておきましょう。 そして、再交付のために、印鑑だけ廃止届出を出すときは、新しい印鑑届書を、印鑑カードの廃止届出を出す場合は、新しい印鑑カード交付申請書を、印鑑、印鑑カードの2つの場合は、両方の書類が必要になります。 なお、「」もありますので、参考にしてください。 【代表者などの本人が申請するときに必要なもの】 〇印鑑・印鑑カード廃止届書 〇印鑑カード交付申請書、 印鑑届書のどちらか、あるいは両方 〇本人確認書類 免許証、パスポート、写真ありの住基カード 〇実印 の4つになります。 【代理人が廃止申請を行うときに必要なもの】 〇印鑑・印鑑カード廃止届書 〇印鑑カード交付申請書、 印鑑届書のどちらか、あるいは両方 〇実印 〇委任する人 代表取締役または取締役 の個人の実印による押印と印鑑証明書 〇代理人の本人確認書類 免許証、パスポート、写真ありの住基カード が必要書類になります。 まとめ 「法人の印鑑証明を取得する方法と必要なものについて」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。 法人用の印鑑登録や印鑑証明書の取得の参考になれば、幸いです! スポンサーリンク.

次の