太もも の 内側 が つる。 太ももがつるのが痛い!太ももがつる原因と対策から予防法まで|足から健康に!「あしカラ」

太もも裏の筋肉が痛い・つる…痛みを取るストレッチを紹介します!

太もも の 内側 が つる

スポンサーリンク 足がつる時って突然来ますよね。 何の予告もなく、急にピキッとくるから余計に痛いですよね。 なぜつるのか、つったときにはどうすればいいのか、調べてみました。 太ももがつる原因は? 太ももがつる原因として考えられるのは• 運動不足• 筋肉疲労• 血行不足 などです。 それぞれについて見ていきましょう! 運動不足 運動をしないと筋肉が減ってしまいます。 筋肉の少ない体になると少しの運動でもオーバーワーク気味になってしまいます。 また、筋肉量が足りないために筋肉に疲れが溜まりやすくなります。 激しい運動による筋肉疲労 運動中に太ももがつってしまう場合は、足の筋肉が縮んでしまって、太ももの筋肉が伸びなくなってしまうからです。 この場合は、筋肉の酵素とグリコーゲンと呼ばれる筋肉を動かす成分が足りなくなるケースと、汗で体内の水分やミネラルが不足してしまうことが原因です。 冷えによる血行不足 冷えや水分不足で血行が悪くなると筋肉を動かすのに必要なグリコーゲンなどが、正常に行き届かなくなり、筋肉が収縮して太ももの内側や表面がつります。 病気の場合 など、多くの場合一過性で治るのが普通ですが、慢性的に足がつる場合は、病気が原因になっていることがありますので、要注意です。 病気の場合は、下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などがあります。 太もものつりと共に下肢のむくみがある場合は、特に注意が必要です。 直ぐにお医者さん診てもらいましょう。 スポンサーリンク 太ももがつる時の対処法は? 病気以外の太ももがつる時の対処法としておすすめなのが、ストレッチです。 足を伸ばし、足の指を掴んで太ももを伸ばすことで、収縮してしまった筋肉を伸ばすことができます。 太ももの裏を伸ばすことで痛みを和らげることもできます。 膝をのばした状態で体を前に倒し、前屈の姿勢をとります。 前屈をすると太ももの裏の筋肉が伸びます。 ただし、勢いをつけて何度も伸ばすのではなく、ゆっくり、優しくのばすようにしましょう。 無理に負担をかけると、肉離れをおこす原因にもなります。 また、太ももを毛布等で暖めることで筋肉がほぐれ、血行もよくなり、痛みを和らげることができます。 太ももがつったときの治し方は? つった時は対処法に書いた通り、ゆっくりストレッチすることです。 習慣的にストレッチすることで、太ももの柔軟性が上がり、筋肉の収縮を防ぐことができます。 また、運動をする時にクエン酸を摂るのもいいでしょう。 クエン酸には筋肉疲労を軽減する働きを促進してくれる効果があります。 健康のため、ウォーキングを始めようと思われる方はいきなり運動を始めると、筋肉に大きな負担がかかります、太もももつりやすくなります。 準備運動やストレッチを行うことで十分に筋肉をほぐしてから運動するように心掛けましょう。 まとめ 太ももが急につると辛いですよね。 日頃から軽くストレッチをするなど心掛けたいものです。 ちなみに頻繁に太ももがつるという場合は、病院に行く必要がありますが、その場合は、先ず整形外科に行くのがいいそうですよ。 念のため。

次の

太ももの内側がつると激痛!原因と治し方、予防法を徹底紹介

太もも の 内側 が つる

4 一時的に太ももがつる、慢性的に太ももがつる、それぞれの場合について原因を見てきました。 対処法としては、その原因を潰す形となります。 一過性の場合、まずは、筋肉量を増やす様にしましょう。 筋肉の絶対量が多ければ、ある程度疲労が蓄積されてもつりにくくなります。 エレベーターを使わず階段を利用するとか、毎日の通勤で歩く距離を増やすとかで大丈夫です。 日常生活の中で足腰が動く動作を増やしていくようにしましょう。 また、一度つってしまった場合は、ゆっくり太ももの裏の筋肉を伸ばす形のストレッチをしてみましょう。 太ももがつった状態は、太ももの裏の筋肉が強い収縮を起こしていますので、これをゆっくりと伸ばしてあげることで解消します。 頻繁につってしまう場合は、毎日ストレッチを行うことで予防が可能です。 両足を伸ばし、前屈の体勢を取ります。 そのままゆっくりと手を足先まで伸ばし、太ももの裏の筋肉を伸ばしていきます。 これだけで一過性の太もものつりは大きく改善されます。 学校の体育の授業で行われていたアキレス腱を伸ばす準備運動も非常に効果的です。 ただしこの時に注意していただきたいのが、急に伸ばさないようにするということです。 勢いよく急に伸ばしてしまうと、肉離れの原因になってしまいます。 ストレッチを行う際にはゆっくりとを心掛けて行うようにしましょう。 また、骨盤が歪んでしまった場合は、整骨院等で骨盤矯正治療が受けられますので、焦らずゆっくりと時間をかけて治療されることをおすすめします。 一方で、慢性的に太ももがつってしまう場合は、まず整形外科を受診しましょう。 太ももが慢性的につってしまう原因としては、椎間板ヘルニアや腰痛が関わっていることがありますので、その有無を調べてもらうことができます。 整形外科で特には異常が無いと診断された場合は、内科的な原因が考えられます。 その場合は内科や神経内科を受診してみて下さい。 5 太ももがつってしまう原因とその対処法について見てきました。 いかがだったでしょうか。 つってしまう現象には一過性のタイプと慢性的なタイプの二種類あり、それぞれで原因と対処法が違うということでした。 足首やふくらはぎはよく疲労を感じやすい箇所ですが、太ももはなかなか感じることができません。 日頃から足腰を使う動作を増やしていくように心掛けたり、毎日のストレッチを日課にしたりするだけで、一過性の原因の多くを潰すことができます。 日常生活の中で急に足がつるとつい慌ててしまいますが、落ち着いてゆっくりと太ももの裏の筋肉を伸ばしていけば大丈夫です。 皆さんも是非、自分の場合のつり方がどちらのタイプなのか考え、それに合わせた対処法を取ってみて下さい。

次の

太ももの裏がつるのは意外な原因かも!?正しい対処・予防方法とは

太もも の 内側 が つる

足がつる原因は知ってる? 治し方も知っておくといざっていう時に楽よ~。 足・太ももがつる原因と治し方。 それから、マッサージ法やストレッチなどの対処法を紹介するわね。 足がつる原因は、足がつる状況などでも違ってくるから、 状況別に説明するわね。 夜中(寝ているとき)に足がつる 夜中や朝方など、寝ているときに足がつる方は、 食生活に原因があるのかもしれないわね。 ビタミンやミネラルが不足していると、足がつりやすくなるみたい。 また、夜間の気温低下や、布団の重み、日中の足の疲労などが原因になることもあるみたいね。 運動中に足がつる サッカー選手が試合中に足がつっているのを見たことがない? 運動中に足がつるのは、 筋肉疲労が原因。 その他にも、汗をかくことにより水分やミネラルが急激に不足することも原因と言われているわ。 また、日ごろ運動をしていない方も、筋肉疲労などで足が攣ることも多いみたいよ。 冷え 体の冷えは血行不良を引き起こすの。 血行が悪くなると筋肉が収縮し、それが足のつりの原因になるのよ。 血流が悪くなるとミネラルバランスも悪くなるから、足がつりやすくなるんですって。 妊娠中 妊娠中に足がつるって話もよく聞くわよね。 妊娠すると骨盤がゆがんだり、鼠蹊部を圧迫されることで足の血流が悪くなって、 足がつりやすくなるみたい。 ふとももがつる原因は? 足がつると言えばふくらはぎなどを想像する方も多いと思うけど、 ふとももがつることもあるの。 ふとももがつるとかなりの激痛があるのよ!! ふとももがつるのは、ほかの部分がつるのと同じく、 運動不足や過度な運動、栄養不足、水分不足、冷えなど、いろいろな原因があるのだけど、 このほかにも、「骨盤の歪み」が考えられるわ。 骨盤がゆがむことで、大腿骨(だいたいこつ)が外側にずれることが原因と言われているの。 またからひざにかけての骨である大腿骨は、 毎日体重が乗る部分で、姿勢が悪いことでバランスが崩れ、歪みになってしまうの。 それを無意識にかばうことで筋肉が常に緊張状態となり、 「筋肉疲労」へとつながることで、ふとももがつっちゃうみたいね。 腰痛がある方も要注意! 坐骨神経痛などの場合、その影響で坐骨神経が圧迫され、 太ももがつりやすくなってしまうの。 坐骨神経痛がひどくなると、ふくらはぎや足の甲などにも影響を与えちゃうみたい。 腰痛があって太ももがつりやすい時には、医師に相談しているのもいいかもしれないわね。 ふとももは体の中で一番、筋肉量が多いと言われているの。 足がつるのは、痛みを伴う筋肉の痙攣。 筋肉量が多い太ももはそれだけ痛みも多いってわけ。 足、太ももがつらないようにするには? ストレッチをする ストレッチを普段からしておくことは、足がつる予防になるわよ。 ストレッチをすると血流がよくなるから、代謝もアップするし、 冷えの対策にもなるの。 冷えも足がつる原因になるから、ストレッチはとても効果的な予防法よ。 筋肉疲労の回復 運動のし過ぎなどで筋肉を使いすぎた場合、 筋繊維が損傷し、乳酸菌が溜まってしまうの。 その状態では足がつりやすくなるから、 筋肉をできるだけ回復させることが大切よ。 効果的なのは、「クエン酸摂取」や「タンパク質摂取」。 どちらも、筋肉の疲労回復に効果的な栄養素だから、 筋肉に疲労がたまっているかもと感じた時には、 意識的に摂取を心掛けてみてね。 タウリン 筋肉疲労には「クエン酸」や「タンパク質」が効果的なのだけど、 もうひとつ、効果的といわれているのが「タウリン」。 イカやタコ、サザエ、牡蠣、ホタテなどの魚介類に多く含まれているタウリンは、 不足すると筋肉が疲れやすくなるの。 足がつる予防にためには、意識的にタウリンを摂取するといいみたいよ。 温める 一番手っ取り早いのは、お風呂に入ることね。 お風呂に入り体を温めることで血流も良くなるし、 筋肉の疲労回復にも効果的なの。 入浴剤を使うことで、体液の循環がよくなる効果もあるので、おすすめよ。 坐骨神経痛を改善する 坐骨神経痛などが原因で足や太ももがつりやすい場合、 坐骨神経痛を改善することが予防にもなるわ。 整骨院やカイロプラクテイックなどで、坐骨神経の圧迫を改善してもらえると、 太もももつりにくくなるみたいよ。 直ぐに改善するものではないと思うから、 焦らずじっくりと根本から改善するのがおすすめ。 ふくらはぎがつったらどうすればいい? ふくらはぎがつったら、つったほうの足の指を全部手のひらで包んで、 足の裏をそらせるようにグッと手前側に倒してみて。 いっきに引っ張ると痛みが強くなってしまったり、筋肉を傷めたりしてしまうこともあるので、 ゆっくりと落ち着いてやってね。 体が固くて手が届かないなんて場合には、タオルを使ったり、 誰かに手伝ってもらうといいわよ。 ちょっと痛みが落ち着いたら、温めるのも効果的。 ふくらはぎの痛い部分を温めることで、痛みがグッと和らぐのよ。 足の指がつったときの対処法は? 足の指がつったとき。 指だけじゃなくて、膝から下の部分も突っ張るような感覚があるわよね。 それは足の指を動かすための必要な筋肉なの。 足の指がつったら、痛い部分の筋肉を伸ばすのはもちろん、膝から下の足を動かす筋肉をほぐすことも大切よ。 足の指がつった場合も、足の指を手で包み込んで、 足の裏をそらせるように手前に倒してね。 それから足の指近くから筋肉をほぐしていくのよ。 太ももがつったときの対処法は? 太ももがつったとき、太もものどの部分がつっているのかで対処法も違ってくるの。 ふとももの前側 ふとももの前側が痛い場合、痛い部分を伸ばすように、 足首をもって、ふくらはぎを太ももの裏側にくっつけてみて。 出来るだけふくらはぎと太ももの裏を密着させてね。 そして、ポイントは、痛みが治まるまでそのまま固定しておくこと。 ふとももは筋肉が多く、すぐには痛みが治まらないことも。 治るまでしっかり固定して、筋肉の緊張をほぐしてね。 ふとももの裏側 ふとももの裏側がつった場合、痛い部分を伸ばすように、 足を少し高い所にあげて膝を伸ばし、 その状態でつま先をもって太ももにおなかを近づけてみて。 かかとは地面につけておくのがポイント。 この場合も痛みが治まるまで固定しておいてね。 足のつり、痛みが治まってきたらマッサージ 足がつったとき、つった部分を伸ばして痛みが引いて来たら、 マッサージをしてみて。 マッサージっていっても、強くもみすぎると筋肉を傷めてしまう可能性もあるの。 マッサージをするときは、もむというよりもさするような感じで ゆっくりと筋肉をほぐしていってね。 血行が悪く冷えていると、足がつりやすくなるの。 マッサージをすることで凝り固まっている筋肉をほぐすことになるから、 マッサージをすることは、足のつりの予防にもなるわよ。 足のつりの予防には、足の裏のマッサージもおすすめよ。

次の