花園 グリーン センター。 花園グリーンセンター|水草水槽リースと観賞用えびのOne Leaf

花園グリーンセンターの天気

花園 グリーン センター

先日、 花園グリーンロードを端から端まで歩いてきました。 花園グリーンロードというと、おたる潮まつりの潮ねりこみのスタート地点になっていたりして、市民にはお馴染みの通りですが、市の中心部のちょっと外れにあるので、説明するとなると、やや分かりにくいですね。 花園公園通りと平行して、入船町よりにあり、山側(小樽公園側)が花園小学校から始まり、海側は花園銀座三丁目商店会の通りまで続いています。 両側の道路に挟まれるように、中央部には遊具のある公園やちょっとした広場などのスペースが設けられ、全体としてはかなり幅広の通りになってますね。 この花園グリーンロードは、昔は花園スポーツセンターと呼ばれていたというのは、ご存知の方も多いでしょうが、ごめんなさい、私はそう呼んでいた記憶がないんですよね。 で、特に過去に体育館のような施設があったわけではないそうで、何故そのように呼ばれていたのかは、ちょっと分かりませんでした。 この花園グリーンロード(花園スポーツセンター)については、調べてみても詳しいことがよくわからなかったのですが、たまたま目にした、「小樽なつかし昭和アルバム」という以前の北海道新聞の折込紙の第2号に、ちょっとだけ記載がありました。 それによると、花園グリーンロードの通りは、古くは「花園学校通り」とも呼ばれ、戦時中に防火帯とするために一部の家屋を撤去し、広い道幅が生まれたのだそうです。 さらにその記載によると、昭和30〜40年代にここが「スポーツセンター」と呼ばれていたとのことですが、なんでそう呼ばれていたかは定かでないようです。 ちなみに、この花園グリーンロードの花園銀座三丁目商店会側には、プレートが設置されていて、それを見ると、「命名 昭和59年9月10日」という表記があるので、名称自体はそう古くはないですね(といっても31年前か…)。 花園グリーンロードを端から端まで歩いてみる では、ざっとですが、花園グリーンロードを端から端まで歩いてきた際に撮ってきた写真を掲載していきたいと思います。 スタートは花園小学校前(小樽公園側)ですが、その前に、花園小学校前の通りの様子です。 下の写真では、右側に花園小学校で、左側から花園グリーンロードが始まります。 先に見えるのは菁園中学校。 逆の市民会館方面です。 で、振り返って、真後ろの花園小学校側。 で、花園グリーンロードを歩き出すと、何やらすぐにモニュメントがあります。 これには「遊泳」というタイトルがついてます。 横の幅広の道路。 大正湯。 最初の信号のある交差点は、小樽警察署から続く通りとの交差点で、この通りは、今はほとんど聞かれませんが、第三大通りとも呼ばれてます。 この交差点を左折して、すぐ右手には、小樽市指定歴史的建造物の旧花園町会館(現花園会館)が建っています。 花園グリーンロードに戻って、山側(小樽公園側)を振り返ったところ。 途中の綺麗なトイレ。 次の大きな交差点は、国道5号線との交差点ですが、ここは地上の横断歩道の他に、地下を渡る「花園地下歩道」もあります。 (過去記事:) ちなみに、ここ国道5号線は第二大通りと呼ばれてました。 で、地下歩道を渡ります。 彫刻がありました。 台座には「春陽」と書いてます。 再び山側(小樽公園側)を振り返ったところ。 次の広場には「いこいの広場」という名前がついていました。 休憩ベンチ。 水飲み場。 そして、端までやってきました。 この突き当たりを横切る通りは、サンモール一番街〜花園銀座商店街から続く通りですが、花園銀座商店街が終わってからここまでは、花園銀座三丁目商店会になります。 で、この通りが第一大通りになるわけですね。 ということで、以上、花園グリーンロードの様子でした。 花園グリーンロードの冬の様子 花園グリーンロードは、冬の間は閉鎖されています。 というか、雪に埋もれています。 実は、冬の間に花園グリーンロードの様子を撮った写真もあるので、季節外れですが、掲載したいと思います。 (花園小学校側) (横の道路) (トイレ) ということで、冬の間はかなりの雪の量で、真ん中の公園などの部分は雪が積もり放題で、入ることができませんね。 以上、雪に埋もれる、花園グリーンロードの冬の様子でした。 【関連記事】 ・ ランキングに参加しています。 EKOさん、こんばんは。 けど、ここはEKOさんがいつも歩いていた(そして、今も歩いている)道なんですね。 いつも読んでいただき、どうもありがとうございます。 おたるくらしの記事は読ませていただいていて、実は、紹介URLの投稿も興味深く読ませていただきました。 元情報を直接確認してないので、当方のブログへの引用掲載は控えたのですが、なるほど〜の情報ですよね! これからも、当ブログをよろしくお願いします。 投稿: 2015年7月 5日 日 00時35分.

次の

花園グリーンロードを端から端まで歩いてみる: 小梅太郎の「小樽日記」

花園 グリーン センター

東京地方、伊豆諸島では、低い土地の浸水や河川の増水、強風、高波、竜巻などの激しい突風、落雷、濃霧による視程障害に注意してください。 梅雨前線が東シナ海から九州を通って、東日本へのびています。 東京地方は、雨で、雷を伴って激しく降っている所があります。 28日は、前線が関東地方沿岸まで北上するため、昼過ぎまでは雨で、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。 午後は前線が伊豆諸島付近に南下するため、おおむね曇りとなりますが、雨や雷雨の所がある見込みです。 伊豆諸島では、雨や雷雨となり非常に激しく降る所があるでしょう。 29日は、梅雨前線は日本の南に南下し、日本海の高気圧に覆われますが、湿った空気の影響を受けるため、曇りで昼過ぎまで時々晴れるでしょう。 【関東甲信地方】 関東甲信地方は、雨で、雷を伴って激しく降っている所があります。 28日は、前線が関東地方沿岸まで北上するため、昼頃までは雨で、雷を伴って非常に激しく降る所があるでしょう。 午後は前線が伊豆諸島付近に南下するため、おおむね曇りとなりますが、雨や雷雨の所がある見込みです。 29日は、梅雨前線は日本の南に南下し、日本海の高気圧に覆われますが、湿った空気の影響を受けるため、曇りや晴れで、午後は雨の降る所があるでしょう。 関東地方と伊豆諸島の海上では、28日から29日にかけて、うねりを伴ってしけるでしょう。 また、所々で霧が発生しています。 船舶は高波や視程障害に注意してください。

次の

地図から検索|花園グリーンセンター(園芸店,ガーデニングショップなど)

花園 グリーン センター

2015年10月12日 地元は深谷市の へやってきました。 母と姉、そして姉の息子の4人で伺いました。 私の目的は観葉植物です。 皆さん植物が好きなんですね。 優しそうな顔をしている方がほとんどでギラついた眼をしている方は1人も居ませんでした。 私は食虫植物が置いてあるのかと、あるいはギラついていたのかもしれませんけれども。 先日、 さまからご連絡がありAEDが無事に設置されたようです。 なのでおよそ ができそうです。 納品日は10月16日(金)です。 そういったことで、花園グリーンセンターへ観葉植物の選択にぬかりは無いかを確認に伺った次第です。 選んだ植物は最後の方に載せるとしてアクアネタを少し。 沼エビと書かれています。 しかしどこかで見たことのあるフェイス。 スジエビですね。 えびフリークの私からすればたわいもないこと。 眼球が飛び出た感じがスジエビで間違いございません。 ほかには鯉の幼魚なども。 サイズは2~3cmほどです。 この幼魚が60cmくらいになるにはどれくらいの期間がかかるのでしょうか。 3年くらいですかね。 ちょっと欲しくなりました。 タナゴも売られていました。 こちらは特に興味はありません。 何が何だかわかりませんよね。 私も肉眼で見ても何が何だかわかりませんでした。 めずら しいメダカで2500円もすることだけはわかります。 最終的に選んだ植物がコチラ。 多肉植物は母と姉のもので、残りが船橋へ使用する予定の観葉植物です。 向かって右側のヤマゴケは1つ1つの塊になっています。 850円と書いてあるので1個あたりかと思ったらトレイ1つでその値段でした。 軽く30個以上の塊なのですが安いのですかね? 滝の脇に付ける予定ですがこんなに使わないでしょう。 どうしましょう。 なんとなく姉を撮ってみました。 するとマザコンの息子が抱きついてきました。 母に甘えていた自分の小さい頃を思い出しました。 なんだか複雑な気分になりますね。 前回揃えておいた分と今回購入した分をまとめてみました。 このほかにモスやクリプトなんかを入れる予定です。 最後にオマケを。 メダカの幼魚用のえさとして販売されていました。 200円というシール以外、成分がなんだとかは一切記載されていません。 こういう詳細不明なものに心惹かれます。 2つ買い ました。

次の