パイ 生地 作り方。 (焼きたて最後)簡単なパイ生地の作り方/竜巻パイ/how to make easy and perfect puff pastry (how to make)/ puff tornado

パイ生地の作り方のコツ。ポイントを押さえれば失敗なし!

パイ 生地 作り方

パイ生地の作り方のコツで知っておきたいこと <道具類の準備について> パイ生地を上手に作るために、適切な道具類があると、作業もはかどります。 もし生地を手ごねで用意する場合は、ボウルの他に パイブレンダーが必要です。 小麦粉にバターを混ぜていくとき、手の指でバターをつぶしていくのは大変です。 爪の中にもたくさん入り込みますしね。 私はもっぱら フードプロセッサーを使うので、生地をこねる段階は、かなりスピードアップできます。 容器のボウルも食器洗い機で洗えるので楽です。 パイ生地が用意できたとして、それを平面でのばすときに、いちいち大きさを計測しなくてもよい、便利な 下敷きがあります。 生地がはがれやすい素材なので、パイ皿に移すときも、そんなに苦労しません。 また、のばしたい円の直径によって、あらかじめパイ皿より大きめの円になった、チャックができる ビニールの袋があります。 この中に生地を入れてのばしていくと、計測しなくても適切な大きさのものが作れて便利です。 上記の便利商品がなかったとしてもパイ生地は作れますが、 麺棒は必須です。 私は昔、木製のものを使っていましたが、今では引き出しの奥に眠ったままです。 というのは、ノンスティックのものを使い出すと、よく生地が棒にまとわりつく木製は、面倒で使えなくなりました。 「弘法は筆を選ばず」という言葉がありますが、いくらパイ生地の作り方のコツを知っていても、いい小道具があれば、使うにこしたことはありません。 <パイ生地の材料について> パイ生地のレシピにある物を混ぜるわけですが、ある程度、どうしてこの材料を使うのかという理屈をわかっていると、持っているレシピ通りにしなくても、少し応用を利かせたりして実験することもできます。 この判断をするためには、バターとショートニングのそれぞれの性質を知る必要がありますね。 どちらも同じ脂肪を与えてくれる材料ですが、バターには水分が含まれているのに対して、ショートニングは純粋に脂肪のみなのです。 パイ生地の作り方のコツとして、一番気になるのは、どうすれば適当な軟らかさに到達できるかということです。 小麦粉と水を混ぜることで、たんぱく質がくっついて、グルテンという、粘りのある性質を作り上げ、このお陰で生地がつながることになります。 ですので、水分が少ないとパサパサになるし、多すぎるとベタベタになって取扱いに困ります。 このバランスを最善に持っていくためには、バターとショートニングを両方組み合わせた方がいいのです。 難しいのは、その割合になりますが、大体成功しやすいのは、バターが3に対して、ショートニングが2と言われています。 このとき、トリックとして、水分の一部をウォッカに置き換えてみてもいいのです。 グルテンを形成するのは純粋な水なので、入れすぎるとパイ生地が固まってしまうのですが、少しアルコールを加えることで、生地を軟らかく保ったまま、適度な水分を補うことができるのです。 使用する目安としては、水とウォッカを1対1の割合で使うといいです。 いずれにしても、冷やして使うのがコツです。 <生地を混ぜるときのコツ> パイ生地を混ぜるとき、私はフードプロセッサーを使います。 そうすると、冷たい状態の脂肪や水分の温度が下がらない間に、短時間で生地を混ぜてしまうことができるからです。 急いでいるときは全ての工程をプロセッサーで終えますが、ゆっくりしていれば、粉類に小さく切ったバターやショートニングを混ぜて回し、粗い粒状になった後、ボウルに移します。 ここから、生地の様子を見ながら、少しずつ水分を補給していきます。 ボウルの周りから生地が簡単にはがれるようになったら、ひとまとめにして取り出し、ディスク状にのばしてラップで包み、最低1時間は冷蔵します。 パイ生地がパサついていると、後で全くのばすことができないので、少し緩め位の生地の方がいいです。 冷蔵している間に固くなるし、軟らかすぎるようだったら、粉をたくさん振るった上でのばせば何とかなります。 よりフレーキーなパイ生地に仕上げたければ、最初に小麦粉の半量だけを、脂肪分の全量と混ぜておいて、次に残りの小麦粉をサクッと混ぜると、グルテンが完全に形成されない部分もできて、パリッと焼き上がります。 <パイ生地をのばすときのコツ> パイ生地の作り方の中でも、多分のばし方が難しいと感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか? 道具類の準備のところで紹介したように、ある程度小道具をそろえておくと、かなり時間と労力を節約できますが、加えてコツを把握しておくと、よりスムーズに作業を進められます。 ではまず、作業を行うカウンターから入ります。 脂肪分や水分を冷たい状態にしていても、夏場や、暖房の効いた冬の部屋であれば、パイ生地をのばすときに使う平面がぬくもっているときがあります。 この問題を解消するためには、あらかじめジップロックに水を入れて凍らせておいた袋を、作業開始20分前くらいから、2つか3つカウンターの上に置いておきます。 取りかかる直前に取り除いて、タオルで水滴を拭きます。 こうすることで、冷たい平面で生地をのばすことができるので、のばしている間にも、どんどんパイ生地が緩んでしまう危険を、少しでも先延ばしできるというわけです。 私は、円周が印刷されている特製下敷きを持っていますが、何もなくても、パイ生地の左右に定規を置いてのばすこともできるし、カウンターの上にマスキングテープを貼って、それ以上はみ出ないように目印にすることもできます。 で、生地をのばすときのコツですが、まず平面に粉をまぶすこと。 次に、最終的に広げたい大きさの直径よりも長い麺棒があれば、ディスク状のパイ生地の真ん中に横に置いて、中央から上に、中央から下に動かすことです。 これを、麺棒を上下にコロコロ動かして、同じところをいったりきたりすると、グルテンが強くなりすぎて、生地が硬くなってしまいます。 少しのばしたら、スクレーパーか何かで生地を持ち上げ、円の約4分の1、つまり90度回転させ、違う方向から、また麺棒でのばします。 これを繰り返して、少しずつ円を大きくしていくのです。 長い麺棒がない場合、右利きなら、棒の端を円の中央に置いてしっかり押さえ、時計の針が進むのと同じ方向に、棒の右側を円の4分の1ずつ下にのばしていきます。 後は、その都度生地を持ち上げて回転させていけば大丈夫です。 回転させるごとに、平面に少し粉を足すことで、ほぼくっつきを防げます。 パイ皿の直径より約10cmくらい大きくなったら完了です。 以上、パイ生地の作り方のコツを、下準備からのばすところまで説明しました。 次のパイづくりに生かしていただけると幸いです。 余裕があったら、小道具もそろえてみてください。 一度使い出すと、もう後戻りできなくなります。 関連記事:.

次の

パイ生地の作り方

パイ 生地 作り方

材料 20cmくらい 1台分 薄力粉 100g 強力粉 100g 有塩バター 160g 冷水 100cc 【関連リンク】 ・ ・ パイ生地の作り方 バターは1cm角に切り、冷凍庫で1時間くらい冷やしておきます。 薄力粉と強力粉をボールに入れ、泡だて器で混ぜ合わせます。 混ざり合ったら、バターを入れ、泡だて器で搗くようにしてバターがポロポロになるまで混ぜ合わせます。 バターがポロポロになったら、冷水を加えます。 冷水を加え、ゴムベラで切るようにサックリ混ぜ合わせます。 大体混ざり合ったらOKです。 サランラップに取り出し、ギュッとまとめて形を整えて冷蔵庫で1時間くらい冷やします。 冷蔵庫から取り出したら、打ち粉の強力粉の上に出し、生地を麺棒などで押しながら縦長に伸ばし、三つ折にします。 もう一度同じ様に伸ばし三つ折にします。 サランラップに包み直し、冷蔵庫で30分休ませます。 冷蔵庫から生地を取り出し、同じ様に三つ折を3回繰り返します。 最後に厚さ3mmになるように伸ばし、好みの大きさに切ります。 完成 パイ生地の完成です。 焼き色を見ながら調整してください。

次の

パイ生地の作り方

パイ 生地 作り方

ショートニングとバターを使ったアメリカ式パイです。 バターと生地を折り込むパイより簡単で初心者向きです。 特に夏はアメリカ式パイ皮をお勧めします。 ちょっと塩気のあるこのパイ皮に、の甘酸っぱさが最高にマッチします。 ショートニングを使わないパイ皮の作り方はです。 直径22〜23cmのパイ皮 1個 他のサイズの分量はで算出できます。 申し訳ありません。 計算スクリプトをアップデート中ですので暫くお待ちください。 2011年2月28日• 薄力粉 又は 普通の小麦粉 (強力粉以外の粉) 150グラム• 60 グラム トランスファットを避けていらっしゃる方はをご覧ください。 バター 冷蔵庫で冷やしておく ) 30 グラム• バターは冷蔵庫で冷やし薄くナイフで切っておく。 冷やしておいた方が、粉と混ぜた時にポロポロになり、層のある軽いパイ皮になります。 ボールに下記を合わせてペーストリーブレンダーでぱらぱらの状態になるまで切るように粉とショートニング、バターを混ぜる。 ここで切りすぎるとぱらぱらの状態を過ぎて、ねちっとくっついた生地になりますから、ぱらぱらになったらそこで止める事。 夏はねちっとなりやすいです。 ペーストリーブレンダー(下の左写真)がないときは泡だて器の先でバターとショートニングを小さく切る(押しつぶす)ように粉と混ぜてください。 指先でつぶすのは体温がバターを溶かしてしまいますので、避けた方がよいでしょう。 その後はスプーンやヘラで混ぜない事。 ここで混ぜると出来上がりが硬い生地になります。 水分が極端に少ないように思えますが、これで充分です。 そのまま大きく切ったサランラップに移す。 この時点では生地はまだぱらぱらです。 取り出すときに、へらで水分を散らすように心持ち混ぜながら取り出す。 ラップにひとつのボール(球)のように硬くまとめる。 これを冷蔵庫で冷やす。 (20分) ラップ(動画ではの袋を大きく四角に切ったものを使っています)をパイ皿のサイズより大きく切り平たく伸ばして粉を軽くふりかけておく。 (生地がくっつかないように)その上にパイ生地をのせて手の平で軽く押さえる。 生地の上に粉を軽く振ったプラスティックラップを覆いかぶす。 ラップの上から麺棒で丸くパイ皿より大きめに広げる。 上下のラップを利用して淵を丸くしていく。 上のラップを少しはいで(A 、下のラップを淵にかぶす(B。 上のラップを再び元に戻して、麺棒で押さえる(C。 うえのラップをはがしてその上にパイ皿を逆さにしてかぶしパイ皮ごとひっくり返す。 この状態ではまだ生地がしっかりとラップにくっついているので、生地がパイ皿の中心に来るようにする。 ゆっくり上のラップをはがす。 水分の少ないところは写真の様にくずれてしまいますが、大丈夫です。 パイ皿からとび出ている部分は、下に折り曲げて端をぶ厚くする。 それでも長過ぎる時は少し切って、足りないところに補給する。 崩れ落ちたところはぱらぱらにならない様にそっと拾い上げ、押さえてくっつけ、同じように下に折り曲げて端をぶ厚くする。 くっつけたところは写真の様に段ができても焼けば段が分からなくなりますので気にしない。 端は指先で立ててジグザグにしていきますが、スプーンの裏で押し付けるように形作ってもよいです。 焼く間に底が上がってこないように、底に5つほど切り目を入れる。 200度C(400度F で15分から18分焼く。 (こんがり焼き目がつくくらいに)は【カスタードが】熱いうちにパイ皮に流し入れること。 冷えてから生クリームで飾る. フードプロセッサーを使う時は、ショートニング、バター、塩、粉をぽろぽろになるまで攪拌した後、ボールに取り出して水分(牛乳又は水)を加えた方がよいと思います。 水分を加えてから攪拌すると捏ねすぎになってしまいます。 スーパーで買い物をするとプラスティックの袋に入れてくれますね。 あの袋を平たく切って、文字の入っていないところを四角に切り抜いて使っています。 ラップより強くて扱いやすいです。 バターを折り込んだパイ生地よりも、あっさりして、軽く仕上がり、簡単で格段に美味しいです。 パイ生地は面倒という先入観があるかもしれませんが、一度是非お試しください。 意外と簡単なんです。 第一号パイのフィリングは是非かで! 申し訳ありません。 計算スクリプトをアップデート中ですので暫くお待ちください。 2011年2月28日 このレシピでパイ皮を作られた方 お探しのレシピが見つからないときはGoogleで検索してみましょう。

次の