ローマ 教皇 ミサ。 【詳報】ローマ教皇「平和の巡礼者として」 被爆地訪問 [ローマ教皇]:朝日新聞デジタル

見逃し組に朗報!ローマ法王(教皇)の長崎/東京ドームミサライブ配信はアーカイブで見られる!

ローマ 教皇 ミサ

ローマ教皇は、世界に13億人いるカトリック教徒の最高指導者。 フランシスコ教皇は11月、ローマ教皇として38年ぶりに訪日した。 困難に直面する子どもたちも クリスマス・イブのミサには、ヴェネズエラやイラク、ウガンダなどの子どもたちも参加。 これは、移民や戦争の犠牲者の苦難を繰り返し取り上げるとともに、世界の隅々までカトリック教会を浸透させようと努めるフランシスコ教皇の姿勢を明確に示したものだと、BBCのマーク・ロウエン・ローマ特派員は説明した。 フランシスコ教皇は25日に再び大聖堂で、クリスマス恒例の教皇メッセージを世界に向けて発信する。 性的虐待で改革打ち出す フランシスコ教皇は先週、教会において性的虐待がはびこる原因となった、「教皇の秘密」と呼ばれる規則を廃止する改革を打ち出した。 カトリック教会は、犠牲者のプライバシーと告発された側の名誉を守るためとして、性的虐待の事案を秘密にしてきた。 フランシスコ教皇は、虐待を報告したり、被害を訴えたりする人に対する守秘義務を廃止した。 教皇はまた、ヴァチカンにおける「児童ポルノ」の定義を変更。 これまで14歳以下が対象だったのを、18歳以下に引き上げた。 (英語記事 ).

次の

ローマ教皇フランシスコ台下 東京ドームミサ 説教全文

ローマ 教皇 ミサ

2019. 25 17:00 ローマ教皇5万人ミサ 現在の東京ドームの様子です。 来日中のローマ・カトリック教会フランシスコ教皇が大規模なミサを開いています。 およそ5万人が集まった・カトリック系の学校に通う学生や教会関係者などが出席・抽選などでチケットが割り振られた・ミサは最初に聖歌が歌われ日本語に加えてラテン語、英語、スペイン語など8ヵ国語で聖書を朗読など今回、実に38年ぶりの来日となった教皇が、日本から世界に向けて伝えたかったメッセージとはなんだったのでしょうか。 【ローマ教皇スピーチ】 「三大災害から8年、日本は連携し、根気強く、粘り強く、不屈さを持って一致団結できる人々であることを示してきました」 都内できょう、フランシスコ教皇は東日本大震災の被災者と面会し、復興への努力をたたえました。 その後、皇居へ移動し、天皇陛下と面会。 およそ20分にわたり会談し、陛下は長崎・広島への訪問などに感謝を述べられました。 そして先ほど午後3時半すぎ、およそ5万人の信者たちが待ち構えるなかフランシスコ教皇が東京ドームでのミサにのぞむため会場に到着。 さらに、会場の外にも信者たちの姿が 【信者コメント】 「抽選に外れた。 グッズだけ買いに来た」 「息子と一緒に平和を祈る」 ミサの冒頭、フランシスコ教皇は、今回の来日で感じたある思いを口にしました。 【ローマ教皇スピーチ】 「日本は経済的には高度に発展した社会ですが、今朝の若者たちとの集いの中で気づかされたことがあります。 それは、社会的に孤立している人が決して少なくなく、いのちの意味がわからず、自分の存在の意味を見いだせず、社会からはみ出していると感じていることです。 」 ローマ教皇は世界におよそ13億人の信者がいるキリスト教最大の教派、ローマ・カトリック教会のトップ。 国際社会に大きな影響力を持つといわれています。 日本の信者はおよそ44万人で人口のわずか0. 4%ほどです。 それにもかかわらず、ローマ教皇はとりわけ日本を訪れることを強く望んでいたといいます。 それは... ローマ・カトリック教会 フランシスコ教皇 「ここは核兵器が人道的にも環境的にも悲劇的な結末をもたらすことの証人でもある町です」 今回の訪日、目的の一つは被爆地から核兵器廃絶のメッセージを世界に発信するため。 きのうは長崎、広島を訪れ、被爆者と言葉を交わしました。 フランシスコ教皇 「現在と将来の世代がここで起きた出来事を忘れるようなことがあってはなりません」「核戦争の脅威で威嚇することでどうして平和を実現できるでしょうか」 核兵器を保有すること自体を倫理に反すると批判しました。 また、死刑制度に反対の立場を表明している教皇。 きょうのミサには、静岡県で一家4人が殺害された「袴田事件」で死刑が確定し、再審請求中の袴田巌さんが招待されていて、 この後予定されている安倍総理との会談で死刑制度廃止を働き掛けたりするのではないかと注目されています。

次の

見逃し組に朗報!ローマ法王(教皇)の長崎/東京ドームミサライブ配信はアーカイブで見られる!

ローマ 教皇 ミサ

バチカン(ローマ教皇庁)は13日、ローマ教皇フランシスコが11月23日から26日の日程で、東京、長崎、広島を訪問することを正式に発表した。 これを受け、教皇来日のためのも同日に公開された。 特設サイトでは、長崎と東京で行われるミサの参加申し込みを受け付けるほか、自身の顔写真と短いメッセージを寄せて、来日記念ポスターに参加できるプロジェクトの受け付けや、記念グッズの販売などを行う。 特設サイトによると、一般にも公開されるミサは、24日(日)午後1時半~同3時半に長崎県営野球場ビッグNスタジアム(収容人数2万5千人)で、25日(月)午後3時半~同5時45分に東京ドーム(同5万5千人)で行われる。 長崎のミサの参加申し込みはすでに受け付けが始まっており、締め切りは9月30日。 一方、東京のミサは、9月20日午前11時から受け付けが始まる。 その他の詳しい日程は発表されていないが、これまでの報道によると、教皇は23日午後に東京に到着。 24日は朝から長崎と広島に向かい、被爆後再建された長崎の浦上天主堂や、4月にリニューアルオープンした広島平和記念資料館を訪問する。 25日は東京に戻り、天皇や安倍晋三首相と会談、東京ドームでミサを行い、26日に離日する予定。 日本カトリック司教協議会会長の髙見三明・長崎大司教は、教皇の来日について「多くの方々の理解と協力がなければ実現できない、大きな出来事であると感じております。 数ある国々の中で、キリスト信者が極めて少ない日本に来てくださることを感謝しつつ、少しでも有意義な訪日になるよう、一層気を引き締めて準備に務めてまいりたい」と語った。 髙見大司教によると、教皇が就任した翌年の2014年7月、当時の日本カトリック司教協議会会長であった岡田武夫大司教と、副会長であった髙見大司教が、招待状を持参してバチカンを訪問。 その後も数回にわたって、来日を要請してきたという。 来日のテーマやロゴマークも決まった。 テーマは「すべてのいのちを守るため〜PROTECT ALL LIFE」。 これは、教皇が15年に発表した環境保護を主要テーマとした回勅『』に収録されている「被造物とともにささげるキリスト者の祈り」から取られている。 その祈りの中で教皇は、「わたしたち一人ひとりは、神の似姿としていのちを与えられ、すべての人とともに永遠の祖国を目指すよう導かれています。 そしてこの世界も、神によって『人の住む所として形づくられ』(イザヤ45・18)、保たれています。 ですから、『すべてのいのちを守るため』には、人間一人ひとりの尊厳はもちろんのこと、環境も大切にされなければなりません」と述べている。 教皇来日のロゴマーク。 緑の炎は自然豊かな日本を、赤い炎は日本の教会の礎である殉教者を、水色の炎は全人類を子として抱く聖母マリアを表し、3つの炎で希望の福音を告げ知らせる使命を表現している。 また太陽をイメージした赤い円は、分け隔てなく愛をもって、すべてのいのちを包み込むことを表現しており、来日テーマ「すべてのいのちを守るため」のメッセージを込めた。 日本を最初に訪れた教皇は、1981年に来日した先々代の教皇である故ヨハネ・パウロ2世(1920~2005)。 今回の教皇来日は、それから38年ぶり2回目となる。 ヨハネ・パウロ2世も来日時は、東京と被爆地である広島、長崎の計3都市を訪問しており、広島では全世界に向け「平和メッセージ」を発信した。 髙見大司教は7月に発表した談話でこのことに触れ、教皇が「新たな平和メッセージを世界に向けて発信してくださるものと期待しています」と語っている。 来日する教皇フランシスコは、カトリック教会の266代目の教皇で、本名はホルヘ・マリオ・ベルゴリオ。 1936年にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで生まれ、現在82歳。 同国のイエズス会管区長、神学院長などを務めた後、ブエノスアイレス大司教となり、2013年にイエズス会士として、また中南米出身者として初めて教皇に選出された。 皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは 月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。 記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。 また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。 支払いはクレジット決済で可能です。 申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた 申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。 サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はをご覧ください。

次の