山梨コロナ女性渡辺真由。 山梨に高速バスで帰省した在京女性がコロナ感染発覚、実名など特定へ | akkiの鉄道旅行記

山梨コロナ20代帰省の女性「家族思いで優しい子」鳴沢村

山梨コロナ女性渡辺真由

帰省していた山梨県内で2日に新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。 女性が虚偽の説明を保健所にしていた。 女性は「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。 同県によると、 女性は1日に県内で検査を受け、2日午前9時ごろ、保健所から陽性との報告を受けた。 その際女性は「既に都内に帰宅している」と虚偽の説明をしたが、実際は同日午前10時過ぎに富士急ハイランドバス停から新宿行きの高速バスを利用し帰宅していたという。 2日に県の記者会見を見ていた女性の知人から保健所に情報提供があり、明らかになった。 県は感染者からの正確な情報収集を目的に特別チームを発足させているが、今回の虚偽報告については 「実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と話している。 県の担当者は「 この行為が周囲の人を危険にさらす行為だということを十分に理解してほしい。 同じバスに乗車した人で健康状態に不安がある場合は最寄りの保健所に相談してほしい」と話している。 県は3日、 女性の濃厚接触者としてPCR検査をした県内在住の20代男性が新たに陽性だったと発表した。 県内56例目。 女性とバーベキューをしていた友人4人とは別という。 【金子昇太】 毎日新聞ニュース.

次の

山梨20代帰省の女性「友達に売られてかわいそう」55号

山梨コロナ女性渡辺真由

これまでの経緯 コロナ女として騒動の渦中にいる女性ですが、まずこの女性は、コロナウイルスの症状を自覚しておきながら、山梨県富士吉田市に帰省。 山梨では友人とバーベキューなどをして過ごしたようです。 この女、感染させてやると近くのパブヘ行った男よりもさらに悪質。 断罪できないおかしな日本 — aprilaegeansea aprilaegeansea その後、職場の同僚がコロナウイルスの陽性反応が出た為、女性もPCR検査をした結果、陽性反応であることが発覚。 そして、当初この女性は、PCR検査の結果が出る前に、自宅がある東京に帰宅したと発言。 これもこれで問題だとは思いますが、その後この女性が嘘をついていたことが発覚しました。 当初この女性は陽性反応が出る前の5月1日の金曜日に、夜行バスに乗り、帰京したと発言。 しかし、実際は帰京する為にバスに乗ったのは5月2日 陽性反応が出た後 だったことが発覚。 このテロとも言える信じられないような一連の経緯により、ネット上で大炎上してしまう事態になっています。 山梨コロナ女と同乗した女性が陽性反応で怒りのツイート!「絶対許さない」 そんな中、コロナ女と騒がれている女性が乗ったバスに偶然乗り合わせてしまった女性が自身のTwitterで、陽性反応が出たと報告。 こちらがそのツイートです。 このバスに同乗してました。 そして私も本日コロナ陽性となりました。 山梨コロナ女を絶対許しません。 — まな pogy156 まなさんという女性の方のようです。 また、山梨コロナ女が乗車していたバス会社が文書を発表し、「当該バスにご乗車になったお客様におかれましては、健康状態に不安のある場合には、最寄りの保健所にお問い合わせください」と言っています。 同乗して感染してしまったこの女性は、この文書を記載したうえで、「このバスに同乗してました。 そして私も本日コロナ陽性となりました。 山梨コロナ女を絶対許しません。 」と投稿。 アカウントをよく見ると、フォロー0でフォロワーしかいないので、なりすましか?とも思いますが、どうやら怒りのツイートをする為だけにアカウントを作成したとのことです。 優しい言葉、励ましの言葉かけていただきありがとうございます。 お一人お一人お返事したいのですが、かなりの量になってしまうのと呼吸が苦しいのでこちらツイートをお返事の代わりとさせてください。 感染してしまい本当に悔しいです。 皆様のお力で山梨コロナ女を刑務所に入れてください。 お願いします — まな pogy156 May 6, 2020 「皆様のお力で山梨コロナ女を刑務所に入れてください。 お願いします」と、その恨みは尋常ではない模様です。 山梨コロナ女と同乗で陽性反応が出た女性の感染ルートや行動歴は? コロナ女と同乗して陽性反応が出てしまったまなさんという女性ですが、気になるのはその感染ルートや行動歴ですよね。 しかし、現時点で詳細なルートや行動歴は明らかになっていません。 ただ、コロナ女と同じバスに乗っていたということなので、既に発表されているコロナ女が乗っていたバスの時間を調べてみます。 まず、東京から山梨県富士吉田市にある実家に向かったのは4月29日の水曜日です。 行きか帰りのどちらかのバスにこの女性が乗っていたということです。 どのタイミングで乗ったのかは現時点では分かっていませんが、Twitterではこの女性に対するバッシングも多くありました。 それがこちら このバスに同乗してました。 そして私も本日コロナ陽性となりました。 山梨コロナ女を絶対許しません。 このような投稿に関して、まなさんはこう返信しています。 あなたは友達が死んでも見送らないで自粛するんですね… — まな pogy156 このことから、まなさんは友人のお葬式に参列する目的で、やむをえずバスに乗っていたと主張。 お葬式もクラスター発生リスクにより、中々人が集まって出来ない状況ではありますが、友人の葬式に出席する為にということを考えると、非難出来る余地はあまりないような気もします。 元はと言えばコロナ女の身勝手な行動が原因であり、この女性が非難されるのはあまり理解出来ません。 山梨コロナ女に対するネット上反応!爆サイでビッチがバレる! 山梨コロナ女 爆サイでありとあらゆる個人情報プライベートが晒されている。 こういう女こそ重症化してほしい。 ウイルスをばらまいたこの女性が罪に問われることはないようですが、その誤った身勝手な行動により、名前や住所、職場などがネット上に晒されてしまう事態となっています。 その代償はあまりにも大きく、今後はそのようなことがないように、一人一人自覚を持ち、人を殺すウイルスをばらまかないようにしていきましょう。 コロナ対策のマスクのオススメ.

次の

山梨コロナ感染女性「犬を飼っていた。入院したら2週間誰も面倒見れず死んでしまうから東京に帰った」

山梨コロナ女性渡辺真由

こんにちは。 ミライです。 新型コロナウイルスに感染していることを自覚していながらも、保健所の 自粛要請を無視して身勝手な行動を続けた 20代女性(山梨)に対して 批判の声が殺到しています。 ネット上では特定作業が開始され、 真偽不明の情報が飛び交う事態となりました。 この女性が 実在するのかも疑わしい中で、義憤に駆られたユーザーが 無検証・ 無批判のまま情報を拡散。 そのため、ネット上では渡辺真由だとされている女性の顔写真などが流布しています。 彼女に関する情報は全て 出処が不明であり、到底「真実」(事実)とは言えないものばかりでした。 ところが、ここに来てネット上に流布している情報の中で 「デマ」であることが確定したものが判明したのです。 それが、 勤務先の会社に関する情報です。 一体、渡辺真由の勤務先として、 どの会社の名前が挙げられたのでしょうか? 目次• 渡辺真由(まゆ)の勤務先(会社)に関する情報はデマ確定 渡辺真由の勤務先に関するデマ情報について「デイリー」は次のように報じています。 東京都に本部を置く会社が、 公式ホームページに 「SNS事実無根情報について」 と題した4日付文面を掲載し、 新型コロナウイルス感染症に関連して 事実無根の情報が流されているとしたうえで、 同日時点で同社関係者に感染者は確認されていないと説明した。 そのうえで 「弊社と致しましては、 この風評被害に関しては、 法的措置も視野に厳正に対応していくとともに、 一方で、 万が一当社関係各位に新型コロナウイルス感染が確認された場合は、 こちらのページにてお知らせさせて頂きます。 」 「どうかご安心してご来店、 ご依頼いただければと存じます」 と記している。 (2020年5月6日配信) 上記の通り、名指しされた会社はネットの噂を 真っ向から否定したのです。 さらには、風評被害を受けたことに関して 法的措置を示唆。 この声明により、「渡辺真由の勤務先」として名前が挙げられた会社が 無関係であることが確定したというわけです。 渡辺真由に関する噂は 「爆サイ」を中心にリークされ、それが5chや各SNSに拡散されていきました。 つまり、ネット上に流布されている真偽不明の情報の大半は爆サイに書き込まれたものなのです。 ただ、爆サイは匿名掲示板であるため、 情報の出処は不明であり信憑性はゼロです。 つまり、渡辺真由の出身校と、マリアージュフレールの採用校が 一致しているという理由で問題のデマが発生したというわけです。 しかし、冷静になって考えれば、この理屈は 穴だらけです。 そもそもの問題として、ネットで吊るし上げられている「渡辺真由」という人物が、騒動の発端である 20代女性本人であるのか分からないのです。 ところが、爆サイを中心とするネットユーザーは 「20代女性=渡辺真由」という前提で証拠探しをしていたのです。 「渡辺真由=犯人」だと決めつけた上で証拠探しをしているため、「渡辺真由= 犯人ではない」という可能性には一切見向きもしないのです。 そのため、今回のように全く無関係なマリアージュフレールが風評被害を受けることになったというわけです。 マリアージュフレールは法的措置を検討していることから、今後は デマの発信者や 拡散した人間に対して刑事・民事の両面で法的責任を追及していくと思われます。

次の