ぜんまい の 名前 の 由来。 山菜の「ぜんまい」、名前の由来は? 【ことば検定】

薇(ぜんまい)ってどんな花?花言葉・由来・種類について!!│gma.butterscotchblankees.com

ぜんまい の 名前 の 由来

タグ all season replant language of flowers orchid party present preserved flower propose ranking spring ikebana study summer tool wedding wild flower winter work interior idea artificial flower flower arrangement autumn basic Birth flower bouquet cut flower dry flower flower flower base how to flower design flower shop flower swag funeral green Halloween herb herbarium Xmas 薇 ぜんまい の種類 切り花で出回っているゼンマイにはいくつかの品種がありますが、どれも巻いた形状をしています。 違いは色合いが茶系だったり緑色をしていたりします。 また、茎の硬さも品種によって違い、棒のように硬い品種や少し柔らかい茎のゼンマイがあります。 薇 ぜんまい の品種• ゼンマイ• ゼンマイ 新芽• コシダゼンマイ• シンゼンマイ• ヘゴゼンマイ• ホンゼンマイ など さいごに ゼンマイと聞くと山菜のイメージがあると思いますが、切り花で観賞用としても流通しています。 他の切り花にはない個性的な形が意外に人気あり素朴な和の雰囲気にはぴったりな切り花です。 水揚げがしっかりしてなかったり、水が切れてしまうと水下がりしてしまう品種があるので、水換えはこまめにすることで保ちもよくなります。 一度、水下がりしたゼンマイはなかなか元に戻らないので気をつけてください。 フラワーデザインで使う際には、意外に使いやすく、個性的な形なので作品の雰囲気を一味変わった感じにしてくれます。 ただ茎が硬いゼンマイは茎のラインが直線的になるので作品よっては使いづらいということもあります。 また、ゼンマイの見え方を同じにすると変な感じがしてしまうのである程度向きを変えて使うといいかなと思います。 おすすめ書籍.

次の

ぜんまいって漢字でどう書くの?その由来も調べてみた!

ぜんまい の 名前 の 由来

ぜんまいの漢字ってどう書くの? ぜんまいの漢字は? ぜんまいの漢字を調べてみると「薇」という漢字でした。 難しい漢字ですね。 でも、どこかで見たことがある漢字ですよね。 あの「薔薇(バラ)」の「薇(ラ)」という漢字として有名です。 ぜんまいの「薇」という漢字の意味は、そのまま「ゼンマイ科多年生シダ植物」という意味です。 ちなみに、どうして「バラ」の漢字として「ぜんまい」が使われているのかは不明とされています。 棘と美しい花を持つバラと、クルクルとした穂先のぜんまいは全く似ていない植物ですよね。 花言葉を調べてみたところ、「薇」は「夢想」「秘めたる若さ」でした。 一方「薔薇」は「美」「愛情」です。 やはり共通するところはなさそうですね。 その由来は? ぜんまいの漢字「薇」は、そのままぜんまいをいう植物を表していますが、「ぜんまい」の由来は別にあります。 ぜんまいの新芽の先端部分は渦巻き状に巻いた形をしています。 きれいなまん丸ですよね。 この丸く渦巻いた形が、昔のお金「小銭」に似ているとされたのです。 そこで、小銭が巻いたような山菜ということで「銭巻」と呼ばれるようになりました。 そしてそれが「ぜんまい」と変化したと言われています。 確かにぜんまいの丸い形は小銭にソックリですよね。 しかも大きさもほぼ同じです。 Sponsored Link ちなみに機械の「ゼンマイ」はどう漢字を書くの? 最近はあまり見なくなりましたが、ぜんまいバネという機械がありますよね。 弾力性の強い素材を渦巻き状態に巻いた機械のことです。 ぜんまい仕掛けの時計やオルゴールなどがあります。 機械のゼンマイは漢字で「撥条」と書きます。 「発条」と書くこともあります。 ちなみに「撥条」は「ばね」とも呼びます。 そして、この機械のゼンマイは、山菜のぜんまいがモデルとなっているのです。 山菜のぜんまいの渦巻きが、機械のゼンマイと似ていることからつけられた名前なのです。 機械のゼンマイと似ていることから、山菜のぜんまいが「ゼンマイ」と呼ばれるようになったと思っている方が多いですが、実は逆なのですね。 薇って子供の名前につけてはいけないって本当? ぜんまいの漢字について調べていたら意外な事実がわかりました。 「薇」という漢字は子供の名前につけてはいけないのです。 どうしてなのでしょうか。 子供の名前に使えない漢字には大きく2つの理由があります。 1つ目の理由は常用漢字、人名用漢字ではないことです。 全ての漢字が子供の名前に使えるわけでなく、常用漢字、人名用漢字の中から選ぶことになるのです。 2つ目の理由は不適切な漢字だからという理由です。 名前に「悪」や「魔」など、子供の将来にふさわしくないと判断された場合には受理されないこともあるのです。 「薇」は、不適切であるという理由ではなく、常用漢字にも人命漢字にも登録されていないため、子供の名前として使うことができないのです。 「薔薇」はきれいな漢字なので、「薇(ら)」が、子供の名前に使えるようになったら人気が出るかもしれませんね。 まとめ 今回は、ぜんまいの漢字「薇」にスポットを当ててみました。 ぜんまいは、機械のぜんまいがモデルとなった名前だと思っていたのですが、実は逆でした。 ぜんまいという植物に似ていることから、機械のぜんまいという名前がつけられたのですね。 植物のぜんまいは「古銭」がモデルとなっていました。 さらに、「薇」という漢字は子供の名前につけることは出来ないという意外な事実までわかりました。 ちょっとした雑学として覚えておきたいですね。

次の

薇(ぜんまい)ってどんな花?花言葉・由来・種類について!!│gma.butterscotchblankees.com

ぜんまい の 名前 の 由来

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年12月) 山野に生える。 水気の多いところを好み、渓流のそばや水路の脇などによく出現する。 根茎は短く斜めから立つ。 葉は高さ0. 5~1メートル、新芽はきれいなうずまき状で、その表面は綿毛で覆われているが、成長すると全く毛はなくなる。 葉は2回羽状複葉。 シダとしては切れ込みが少ないタイプに属する。 栄養葉では個々の小葉は幅広い楕円形っぽい三角形で先端は丸く、表面につやがなく、薄い質である。 が独立し、栄養葉より高くまっすぐに立って棒状の小葉が並ぶ。 まれに栄養葉の一部に胞子嚢が出る場合があり、これをハゼンマイとして区別する説もあるが、偶発的なもののようである。 新芽の外観はややと似る。 北海道から沖縄まで、国外では樺太、朝鮮、中国からヒマラヤまで分布する。 近似種 [ ] 左:ゼンマイ(広い葉) 中:オオバヤシャゼンマイ(中間) 右:ヤシャゼンマイ(狭い葉) アメリカには姉妹種の レガリスゼンマイ O. regalis L. がある。 ゼンマイに似るが、胞子葉が独立しておらず、栄養葉の先端の羽片に胞子嚢がつく。 ゼンマイ属は世界に十数種、日本には5種があるが、そのうちで O. lancea Thunb. はゼンマイにごく近縁なシダで、外見は非常によく似ている。 異なる点は葉が細いことで、特にゼンマイの小羽片の基部が丸く広がり、耳状になるのに対して、はるかに狭くなっている。 また、植物体も一回り小さく、葉質はやや厚い。 日本で、北海道南部から九州東部にかけて分布する。 生育環境ははっきりしていて、必ずの脇の岩の上である。 ゼンマイも水辺が好きであるが、渓流のすぐそばには出現せず、ヤシャゼンマイとは住み分けている。 上記の特徴はいわゆるの特徴そのものであり、そのような環境へ適応してしたものと考えられる。 なお、この両種が生育している場所では、両者の中間的な型のものが見られる場合がある。 これは両者のと考えられており、 オオバヤシャゼンマイ O. その形や大きさはほぼ中間であるが、やや変異が見られると言う。 また、胞子葉は滅多に形成されず、できた場合も胞子は成熟しないらしい。 利用 [ ] 食用 [ ] 渦巻き状を呈する新芽 若い葉は、、、などにして食べる。 かつての山里では棚田の石垣に一面に生えていた。 春の芽生え前に草刈りをしておけば鎌で収穫できたという。 採りのマナーでは、ゼンマイには男ゼンマイ(胞子葉)と女ゼンマイ(栄養葉)があり、男ゼンマイを採るとその後再生しなくなるため採ってはならないとされている。 新が平面上の形(渦巻き形)になる。 その表面には綿毛が被さっている。 として食用にするには根元を折り、表面の綿毛を取り去り、小葉をちぎって軸だけにし、ゆでてあく抜きし天日に干す。 干しあがるまでに何度も手揉みをして柔らかくし、黒い縮緬状の状態で保存する。 天日で干したものを「赤干し」と呼び、松葉などの焚き火の煙で燻したものを「青干し」と呼ぶ。 また、ではの材料として使われる。 成長したゼンマイ ぜんまい織り [ ] では、ゼンマイの綿毛を使った織物もある。 ゼンマイの新芽を採取した後、食用の茎と綿毛を分離するが、その綿毛を集めておいてゴミを取り除き、天日でよく乾燥させておく。 夏頃に90度程度で蒸し上げ、それを乾燥させ、やのを混ぜ合わせて糸を紡ぐ。 縦糸・横糸のどちらかにやを用い、もう一方に前述の混合糸を使って布を織る。 ゼンマイの布は保温性や防水性に富み、また防虫・防カビ効果もある。 ただ2013年現在では織り手があまりおらず、今後ぜんまい織りの布を入手するのは困難になると思われる。 ぜんまい綿 [ ] ゼンマイの綿毛を綿として使うゼンマイの綿。 やに使われる。 その他 [ ] 大きな株ではハリガネのような黒っぽい根が塊状になる。 これをオスマンダと称し、用の培養材として用いる。 日本語における文化的側面 [ ] 新芽の渦巻から、平面の上の渦巻になっている形状のもの総じてぜんまいと称する。 がその代表例で、これのことを省略してゼンマイと言うこともある。 シダとしては名が通っているので、何々ゼンマイというふうに、シダ類の普通名詞として使われる例もある。 ゼンマイの語源としては「せんまき(千巻き)」に由来するという説、銭巻であり、巻いた姿が古銭に似るからとの説がある。 脚注 [ ].

次の