ウイスキー グレーン。 サントリーウイスキー 知多をレビュー!知多半島で作られるシングルグレーンウイスキー!

WHISKY MUSEUM ウイスキーを知る ブレンドの話 モルトとグレーン:2つのウイスキーが出会うとき

ウイスキー グレーン

com グレーンウイスキーは、穀類を主原料としたウイスキー 「グレーンウイスキー」とは、トウモロコシや小麦、ライ麦などの穀類を主原料に、糖化のための大麦麦芽(モルト)を加えて造られるウイスキーのこと。 モルトを主原料とした「モルトウイスキー」に比べて、クセが少なくて飲みやすくなる傾向があります。 グレーンウイスキー躍進のきっかけは産業革命 グレーンウイスキー造りには、多くの場合「連続式蒸溜器」が用いられます。 これは、蒸溜するたびに中身を入れ替える「単式蒸溜器」をいくつも並べたようなもので、アルコール度数の高いウイスキーを効率的に造ることができます。 連続式蒸溜器が誕生したのは18世紀後半のイギリス。 技術革新を背景とした産業革命のただなかのことで、これがグレーンウイスキーを大量生産するきっかけとなりました。 グレーンウイスキーが大量生産された背景には高額の酒税も グレーンウイスキー造りが発展した要因は、技術の進歩だけでなく、経済的な理由もありました。 当時、イングランドによる併合にともない、スコットランドのウイスキー造りに高額の酒税が課せられるようになりました。 これを逃れるために、スコットランド北部のハイランド地方では密造が活発化。 一方、南部のローランド地方では生産コスト削減を目的に、効率的に造れて、モルトウイスキーに比べて原料費を抑えられるグレーンウイスキーの製造が盛んに行われるようになったのです。 com グレーンウイスキーの性格は? グレーンウイスキーは、ウイスキー好きのあいだで「サイレント(寡黙な)ウイスキー」と呼ばれています。 個性の強いモルトウイスキーを「ラウド(声高な)ウイスキー」と呼ぶのに対し、グレーンウイスキーのおだやかでクセのない性質を表しています。 こうした特性の違いを活かして生まれたのが「ブレンデッドウイスキー」です。 飲みやすさと個性をあわせ持ったブレンデッドウイスキーは、万人受けする洗練された味わいで、ウイスキーを世界的に広める役割を果たしました。 グレーンウイスキーはブレンデッドウイスキーの脇役? 主役? コンセプトしだいで変わりますが、ブレンデッドウイスキーを造るとき、最初にベースとなるグレーンウイスキーを決めてから、さまざまなモルトウイスキーを組み合わせ、銘柄ごとの個性を出していく場合も多いのが実情とのこと。 つまり、グレーンウイスキーは、ブレンデッドウイスキーの骨格となる、なくてはならない存在です。 銘柄ごとの個性を彩るモルトウイスキーが主役と思われがちですが、見方を変えれば、グレーンウイスキーこそが主役とも言えるのかもしれません。 com グレーンウイスキーの魅力をダイレクトに味わう! グレーンウイスキーは、ブレンデッドウイスキーに用いられるだけの存在ではありません。 グレーンウイスキーにも独特の味わいがあり、そこに造り手の工夫や熟成を凝らせば、モルトウイスキーとはまた異なる魅力が生まれます。 「グレーンウイスキーをそのまま味わいたい」という声が出てくるのは無理からぬことであり、そんなニーズに応えるべく、近年、新たな潮流となりつつあるのが「シングルグレーン」です。 グレーンウイスキーの魅力を堪能するならシングルグレーンを シングルグレーンとは、単一の蒸溜所のグレーンウイスキーだけでできたウイスキーのこと。 素材の持ち味を活かしつつ、軽やかで飲みやすい口当たりをたのしめるのが特徴です。 ここでは、日本でたのしめるシングルグレーンの代表銘柄を紹介しましょう。 【ニッカ カフェグレーン】 早くからグレーンウイスキーに注力してきたニッカウヰスキーが造る、日本のシングルグレーンの元祖的な銘柄です。 1830年頃に誕生した旧式の連続式蒸溜器「カフェ式連続式蒸留機」ならではの、原料由来の成分が色濃く残った、蜂蜜のようななめらかな口当たりと甘さが特徴です。 製造元:ニッカウヰスキー株式会社 【サントリーウイスキー「知多」】 グレーンウイスキーを専門にする、サントリー知多蒸溜所で造られるシングルグレーンウイスキー。 ホワイトオーク樽やワイン樽など、多様な樽で熟成したグレーン原酒を組み合わせています。 すがすがしい香りとほのかな甘味が特徴で、炭酸水と合わせて「風香るハイボール」としてたのしむのがおすすめです。 製造元:サントリースピリッツ株式会社 【富士御殿場蒸溜所 シングルグレーンウイスキー AGE25YEARS SMALL BACH】 「富士山麓」のブランドで知られる富士御殿場蒸留所が造る、キリンオンラインショップDRINX限定商品です。 同蒸留所にはグレーンウイスキー用の蒸溜器が3つもあり、さまざまな風味のグレーンウイスキーを造り分けています。 この商品は、そのひとつである「ケトル」と呼ばれる単式蒸留器で造られたグレーンウイスキーだけを瓶詰めした、とてもめずらしいもので、濃厚な香りながら、さらりとした飲み口がたのしめます。 製造元:キリンディスティラリー株式会社 富士御殿場蒸溜所 グレーウイスキーは、穀物を主原料とするウイスキーです。 近年ではシングルグレーンの登場もあって、グレーンウイスキーを主役としてたのしむ機会も増えています。 モルトウイスキーとの飲み比べをたのしんでみてはいかがでしょうか。 おすすめ情報• 関連情報.

次の

モルトとグレーンの特徴と原料の違い!ウイスキーのカスク/バレルも紹介

ウイスキー グレーン

穏和な性格のグレーンウイスキー 知多蒸溜所の連続式蒸溜機。 何塔もの塔からなる蒸溜マシーンだ。 今回は、グレーンウイスキーとバーボンウイスキーの話をしよう。 前回の入門編、でモルトウイスキーの製造方法を述べた。 もうひとつ、グレーンウイスキーというのがある。 モルトウイスキーとこのグレーンウイスキーをブレンドしたものがブレンデッドウイスキーである。 かつてという記事で、連続式蒸留機の話やグレーンウイスキーについては詳しく述べているので、一度そちらをお読みいただきたいのだが、一応ここでも簡単に述べておく。 グレーンウイスキーがモルトウイスキーと大きく異なるのは、原料にとうもろこしや小麦といった穀類を用いること、蒸溜においてはモルトウイスキーが単式蒸溜器を使用するのに対して連続式蒸溜機を用いる点だ。 そして酒質が穏和で軽やか。 モルトウイスキーにブレンドすることにより、モルトウイスキーの強い個性を和らげ、口当りの良いなめらかな飲みやすさを生む。 では、モルトウイスキーとブレンドすることなく、連続式蒸溜機を使ったウイスキーで有名なものは何かというと、とうもろこしを主原料にしたバーボンウイスキーがある。 アメリカのケンタッキー州でつくられていて、独特の暖かな日なたのような香り、バニラのような甘い味わいのウイスキーだ。 いま人気の飲み方、ハイボールで味わっても旨い。 バーボンウイスキーのこの香味特性は使っている貯蔵樽に由来する部分も大きいのだが、バーボン樽については今後の貯蔵熟成の話で述べたいと思う。 単式蒸溜器で蒸留するバーボン ウッドフォードリザーブ 750ml/43%/¥5,400 ただし、バーボンウイスキーでも、モルトウイスキーと同じように単式蒸溜器で蒸溜するブランドもある。 ウッドフォードリザーブ。 バーボンで唯一スコットランド製の銅製ポットスチル(単式蒸溜器)で3回蒸溜をおこなっている。 これは他のバーボンウイスキーと飲み比べていただくのがいちばんだ。 ウッドフォードリザーブは樽香と柑橘系の香りが特長的な芳醇なバーボンだ。 かすかにスモーキーさもあり、まろやかでスムーズな味わい。 バーボンウイスキーにもいろいろあるから、是非試していただきたい。 関連記事.

次の

グレーンウイスキーってなんだ?[入門篇] [ウイスキー&バー] All About

ウイスキー グレーン

ウイスキー造りに使用される原料は1種類とは限らず、それによって種類が分かれることもあれば、産地により呼び名が変わることもある。 とくにウイスキーは種類や名前がたくさんあるため、いまひとつ違いがわかりづらいと思っている人もいるだろう。 ウイスキーに限らずアルコールをより美味しく味わうためには、ある程度の知識があったほうが、より一層楽しめるに違いない。 ウイスキーの原酒は大きく分けてグレーンウイスキーとモルトウイスキーの2種類があり、それぞれ使用する原料や製法が違うため、異なる個性を持っている。 グレーンウイスキーは小麦やとうもろこしのような穀類と麦芽を原料に発酵させ、連続式蒸留機で蒸留するのが特徴だ。 こうして作られるグレーンウイスキーは、風味が軽く穏やかな味わいに仕上がるため、サイレント(寡黙な)スピリッツとも呼ばれている。 一方のモルトウイスキーは大麦の麦芽を発酵し、単式蒸留器のポットスチルで蒸留して造られるのが特徴だ。 グレーンウイスキーとは逆に風味の個性が強く、ラウドスピリッツと呼ばれている。 オークの樽で熟成すると深みが増し、樽由来のいろいろな特徴が加わり複雑で豊かな原酒になる。 次に具体的なグレーンウイスキーの製法について紹介しよう。 今回はある飲料メーカーの公式サイトに掲載されているグレーンウイスキー造りの方法を例に挙げる。 そのメーカーでは3種類のグレーン蒸留器を使用している。 ひとつめは五搭式の連続式蒸留機を使用し、スッキリとライトタイプのグレーン原酒が造られている。 特徴は穏やかな味わいでブレンドするほかの原酒の長所を引き立てるところだ。 たとえるならブレンド全体をまとめるような縁の下の力持ち的存在といえる。 熟成することで華やかな香りが出るが、控えめな香味になるよう落ち着いた古樽でじっくり熟成されるという。 ふたつめは単式蒸留器でミディアムタイプのグレーン原酒が造られている。 連続式蒸留と比較すると手間がかかるようだが、甘く芳醇な香りと適度なボディ感がありバランスのよい原酒ができるという。 最後はビアカラムとダブラーの連続式蒸留で、味わい豊かで重厚なグレーン原酒が造られている。 原酒のパワフルさを活かしつつ独特の華やかさを引き出すよう、内面を焦がしたホワイトオークの新しい樽で熟成させる。 このように、一口にグレーンウイスキーと言ってもその製法は様々で、出来上がる原酒も千差万別の味わいに仕上がる。 「ニッカ カフェモルト」は、グレーンウイスキーの中でも少し趣が異なる。 というのも、通常は大麦麦芽(モルト)以外を原料にするグレーンウイスキーだが、この銘柄では大麦麦芽を原料に使用したうえで、通常グレーンウイスキーの蒸溜に使用される連続式蒸留器で蒸留されているのだ。 連続式蒸溜の中でも「カフェスチル」とよばれる独特の方式で蒸溜されることで、原料のクセや特長がほんのりと残り、モルトウイスキーとグレーンウイスキーの中間のような繊細な味わいが楽しめる。 モルトの甘さと香ばしさが感じられ、また世界的な酒類品評会のインターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2017で、グレーンウイスキー部門カテゴリー最高賞「トロフィー」を受賞している。

次の