マツダ 3 セダン 中古。 マツダ3セダン「間違いなく、いまもっとも美しいセダン!」 エンジンはSKYACTIV

マツダ3 セダンに試乗。内外装の質感と乗って気になった点(carview!)

マツダ 3 セダン 中古

発表から納車までの期間がエンジンタイプによりまちまちなのは困る エンジンはガソリンが直列4気筒1. 5リッターと2リッター、2リッターで圧縮着火方式を使うスカイアクティブXも選べる。 これに1. 8リッターのクリーンディーゼルターボを加えた。 注意したいのはスカイアクティブXで、納車を伴う発売が2019年12月に延期された 発売当初は10月の予定だった。 2019年8月下旬時点でも、メーカーのホームページに掲載されるスカイアクティブXの主要諸元は空欄だ。 マツダ3は2019年5月に発売されたのに、半年以上もグレードを選びにくい状態が続いてしまう。 売り方がいまひとつ分かりにくいマツダ3だが、ガソリンの2リッターエンジンを搭載する4ドアセダン20S・Lパッケージを試乗した。 有段式の6速ATで、メリハリのある運転感覚 2リッターエンジンの動力性能は、ミドルサイズハッチバックの平均水準だ。 車両重量が1350kgと少し重いので、パワフルな印象は受けない。 トランスミッションが有段式の6速ATになることも影響した。 無段変速のCVTであれば、アクセルペダルを軽く踏み増した時など、CVTが適度な無段変速を行って相応に加速させる。 しかし有段式の場合は、高いギアに入っていると走行状態によっては加速が緩慢になる。 有段式には、実用回転域の高い駆動力が求められるわけだ。 その代わり有段ATは、CVTのような走行状態に合わせた無段階の微妙な変速をしないから、運転感覚がダイレクトになる。 メリハリがあり、アクセル操作による細かな速度調節もしやすい。 6速MTがあればなお良い 2リッターエンジンの性格は、パワフルではないものの素直で扱いやすい。 1600回転付近から駆動力が立ち上がり、2500~4000回転の常用域では粘りがある。 4000回転を超えると速度上昇が活発になり、フル加速を試すと、ATがDレンジに入った状態で6400回転まで引っ張ってシフトアップした。 このエンジン特性なら、6速MTがあると良いだろう。 マツダCX-3の2リッターガソリンエンジンと同様、マツダ3にも6速MTを設定して欲しい。 挙動は緩やか、マツダらしい運転の楽しさを味わえる 操舵感は、今のマツダ車らしく正確に仕上げた。 車両が機敏に向きを変える感覚はないが、操舵に対する正確性は高く、カーブをドライバーの意思通りに回り込んでいく。 車線変更なども含めて、車両の動きの唐突感を抑え、挙動の変化が穏やかに進むから運転しやすい。 走行安定性は、輸入車を含めたライバル車と同様、後輪の接地性を優先させている。 それでも峠道などでは旋回軌跡が拡大しにくく、確実に車両を内側へ向ける。 また後輪の安定性を高めながら、カーブを曲がっている時にアクセルペダルを故意に戻すと、車両を緩やかに内側へ向けるコントロール性も併せ持つ。 このあたりのセッティングは絶妙で、車両との一体感を得やすく、マツダらしい運転の楽しさに結び付けた。 乗り心地は硬いが、それでも不快感はない 乗り心地は硬い。 時速50キロ以下で街中を走ると、路上の細かなデコボコを乗員に伝える。 上下動も気になる。 それでも不快な印象はない。 いわゆる角の丸い乗り心地で、バタバタした粗っぽさとか、痛みに似た突き上げ感、ユサユサと揺すられる印象は抑えた。 後席の足元空間が狭い代わりに、トランクスペースの奥行寸法には余裕を持たせた。 後席の背もたれを前側へ倒すと、ファストバックのように荷室の床面積が広がり、長い荷物も積載できる。 側方視界に注意 視界にも触れておこう。 前方はおおむね良好だ。 右斜め前も、フロントピラー(柱)とドアミラーの間に適度な間隔があって見通しが利く。 ボンネットは手前の部分が見えて車幅の目安になる。 側方視界はあまり良くない。 サイドウインドーの下端が高く、ウインドーの上下寸法は乏しく感じる。 サイドウインドーの下端を後ろに向けて持ち上げたから、斜め後方も見にくい。 5ドアのファストバックほど悪くないが、セダンも視界に不満を感じる。 購入する時は、縦列駐車や車庫入れなどを試したい。 マツダ3のファストバックは外観のデザインに特徴があるが、これに対しセダンは普通のクルマという印象だ。 しかし、運転感覚が体に馴染みやすいという持ち味がある。 ドライバーが予想した通りの挙動を示すから、裏切られることがなく安心できるのだ。 グイグイと良く曲がるとか、ビンビンと鋭く吹き上がるといったアミューズメント的な要素は希薄だが、長く使っても飽きのこないクルマになっている。 この持ち味を、車内がもう少し広く、明るい雰囲気のクルマで再現して欲しい。 マツダ3は、運転するのが好きなユーザーには良くできたクルマだが、日本では実用性に不満を感じる人も少なくないだろう。 価格は高めに思えるが、安全装備を充実させたことでミドルサイズセダンの平均水準に収まる。 ただし最も買い得なのは、実用回転域の駆動力が高く、燃料代の安い1. 8リッタークリーンディーゼルターボだ。 価格は2リッターガソリンに比べて27万円高いが、税額の違いで差額は実質17万円前後に縮まる。 クリーンディーゼルの税額の安さは、2019年10月に実施される消費増税後も継続するから、ガソリンと購入予算や運転感覚を比べて選ぶと良いだろう。 [筆者:渡辺 陽一郎] マツダ MAZDA3セダン 2. 0 20S Lパッケージ 主要スペック比較表 車種名 MAZDA3セダン グレード名 2.

次の

マツダ3 セダンに試乗。内外装の質感と乗って気になった点(carview!)

マツダ 3 セダン 中古

基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の

【マツダ3 セダン 新型試乗】走りはどうってことないけど、上質感は飛び抜けている…中村孝仁

マツダ 3 セダン 中古

yahoo. 0ガソリンで十分だと思います。 それだと両方とも320万位なので、あとは中古のA3とマツダ3で悩めばいいかと思います。 もしマツダ3となったら、その時点で最終的にガソリンかディーゼルで選べばいいです。 ガソリンはちょい乗りや長時間のアイドリングを気にしないで済むのとエンジンレスポンスがいいです。 ディーゼルは距離走るほどランニングコストが安くなり、低速でディーゼル特有の音がしますが登りでも変速しないで滑らかに走ります、レスポンスも鈍くはないですが滑らかで前の車にせっついて走る人には合いませんがシートが良くてブレーキコントロールが非常にやりやすく疲れない車になってます。 ただA3がどうしても欲しいと感じるなら400万出して新車を長く乗るがいいかと思います。 yahoo. 1番近いのはUXかCT200hあたりですが、 UXはSUVでCT200hはハイブリッド車です。 「80万円の差だからこそ」中古を選ぶ方がいいです。 値引き交渉では80万円もいきませんし、そもそも輸入車は買取額がビックリするほど低いです。 マツダ3だけ4WDになっている理由が不可解です。 全てFFで統一した方がいいかと思います。 ご本人様の「覚悟」の問題なので、 コレと言えるオススメはないですが、 故障が心配のようなら「修理代を前もって持っておく」つもりで「全て中古車から」選ぶ方が良いと思います。 車は5年か7年を過ぎたらどの車も車検に必要な額が確実に増えていきますし、その期間内であれば深刻な故障もそうそうありません。 高い車ほど買取の値落ちも酷いですから。

次の