とりとめ の ない 意味。 「そこはかとなく」とは?意味や使い方を解説!

とりとめのないの意味とは?例文や類語・言い換えは?羅生門ででてくる?

とりとめ の ない 意味

「とりとめのない」の意味 「とりとめのない」の中の「取りとめ」というのは、要点あるいはまとめのことを指します。 ですから「とりとめのない」というのは、 要点が定まってなく、さらにはまとまりがないという意味になります。 「とりとめのない」という言葉はある意味否定的な言葉として使われることが多いようです。 本来「とりとめ」というのは「取り留め」という意味で、話の結論さらにはまとまりのことを指します。 それを「ない」ということで否定しているのです。 もっともここでいう「とりとめのない」の「とりとめ」はさして重要ではない内容となっていることが多いです。 とりとめのない話という言葉がよく用いられるのですが、この場合は否定的な意味ということでネガティブな印象を受けてしまいますが、このときの話というは、単なるおしゃべり、いわば井戸端会議的な話といった意味でつかわれることが多いのです。 職場の会議などで会議内容の要点が定まってなく、あるいはまとまりがない、というときに使うものではありません。 さして重要ではない、先述したように井戸端会議的なときに使うものと考えていいでしょう。 的がしぼられていない軽い話と考えればいいと思います。 「とりとめのない」の使い方 「近所の主婦たちのとりとめのない話に耳を傾けてみる」 ここでいうとりとめのない話というのは井戸端会議というよりも俗に言う世間話と考えてもいいでしょう。 逆に言うと世間話ということになれば、さしたる論点もありませんから、これが言いたいということもありません。 強いて言うなら「いい天気ですね」あるいは「さむくなりましたね」といった天候的なものくらいでしょう。 もっともだからといって「どうでもいいこと」というのとは意味が違いますのでそのあたりは混同しないようにしたいものです。 「とりとめのない」の例文 とりとめのない考えだ そんなことはとりとめのない話だ とりとめのない日々に飽きている とりとめのない日常が幸せである とりとめのない事など気にしない スポンサードリンク.

次の

羅生門に出てくる言葉の意味を至急教えてください!!多くて...

とりとめ の ない 意味

「子供とのとりとめのない日々日々に幸せを感じる」 若いお母さんたちにとって、子供と一緒に家で過ごす時間はなかなか大変かもしれませんね。 子育ては簡単ではありませんから、笑顔ばかりが触れるという事はなく、お母さん自身もイライラしてしまったりすることもあるのではないでしょうか。 また、なかなか自分の時間が取れないと悩む人もいるかもしれませんね。 しかし、子供が元気でいること、子供と笑顔で時間を過ごすことができるということを、それはとても幸せなのです。 なかなか予定が立たないという人もいるかもしれませんが、そんな日々であったとしても、子供と明るく過ごせるなかなか予定が立たないという人もいるかもしれませんが、そんな日々であったとしても、子供と明るく過ごせる 「とりとめのない日々」はとても重要なのです。 「そんなとりとめのない考えは時間の無駄だ」 人間は常に様々な思考を巡らせていますよね。 あれもやりたい、これをやりたい、ということもあるでしょう。 しかし同時に、考え方によってはなかなかやりたいことなどがまとまらず、考えるだけで終わってしまうということもあるかもしれません。 そんな時、あれもやりたい、これをやりたい、と誰かに話していると周りから 「そんなことを考えているなら、もっと有意義なことを考えれば」などと批判されてしまうこともあるかもしれませんね。 もちろん、まとまりのない考え方がダメというわけではありません。 しかし 「とりとめのない考えはやめなさい」と言われることもあるかもしれません。

次の

「そこはかとなく」とは?意味や使い方を解説!

とりとめ の ない 意味

「とりとめのない」の意味 「とりとめのない」の中の「取りとめ」というのは、要点あるいはまとめのことを指します。 ですから「とりとめのない」というのは、 要点が定まってなく、さらにはまとまりがないという意味になります。 「とりとめのない」という言葉はある意味否定的な言葉として使われることが多いようです。 本来「とりとめ」というのは「取り留め」という意味で、話の結論さらにはまとまりのことを指します。 それを「ない」ということで否定しているのです。 もっともここでいう「とりとめのない」の「とりとめ」はさして重要ではない内容となっていることが多いです。 とりとめのない話という言葉がよく用いられるのですが、この場合は否定的な意味ということでネガティブな印象を受けてしまいますが、このときの話というは、単なるおしゃべり、いわば井戸端会議的な話といった意味でつかわれることが多いのです。 職場の会議などで会議内容の要点が定まってなく、あるいはまとまりがない、というときに使うものではありません。 さして重要ではない、先述したように井戸端会議的なときに使うものと考えていいでしょう。 的がしぼられていない軽い話と考えればいいと思います。 「とりとめのない」の使い方 「近所の主婦たちのとりとめのない話に耳を傾けてみる」 ここでいうとりとめのない話というのは井戸端会議というよりも俗に言う世間話と考えてもいいでしょう。 逆に言うと世間話ということになれば、さしたる論点もありませんから、これが言いたいということもありません。 強いて言うなら「いい天気ですね」あるいは「さむくなりましたね」といった天候的なものくらいでしょう。 もっともだからといって「どうでもいいこと」というのとは意味が違いますのでそのあたりは混同しないようにしたいものです。 「とりとめのない」の例文 とりとめのない考えだ そんなことはとりとめのない話だ とりとめのない日々に飽きている とりとめのない日常が幸せである とりとめのない事など気にしない スポンサードリンク.

次の