年賀状 コメント。 2020年(子年)年賀状 一言メッセージ

年賀状で一言友達に添え書きする文例は?同僚や友人へのおもしろ言葉

年賀状 コメント

ビジネスマン200名を対象にした年賀状についての意識調査の結果を見ると、次のような「一言メッセージ」が効果的なようだ。 その1:感謝の言葉 25~39歳の45. 0%、40~60歳の37. 0%が「好印象」と回答。 (例)いつもお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。 その2:仕事に関する目標 25~39歳の22. 0%、40~60歳の34. 0%が「好印象」と回答。 (例)今年は毎月、売り上げ目標を達成したいです! その3:健康を気づかう言葉 25~39歳の32. 0%、40~60歳の19. 0%が「好印象」と回答。 (例)風邪に気をつけて、どうかご自愛ください。 その4:プライベートな提案 25~39歳の23. 0%、40~60歳の18. 0%が「好印象」と回答。 (例)今度、ゴルフを教えてください! 【あ】「ありがとう」は何度言っても良いこと 【い】「忙しい」と言う人は頼りにならないこと 【う】運を引き寄せるためには努力し続けること 【え】笑顔は最大の武器であること 【お】お礼はすぐにすること 【か】学生時代の友人を大切にすること 【き】今日から始めること 【く】苦しいときこそ諦めないこと 【け】健康を当たり前と思ってはいけないこと 【こ】心を鍛えるには体を鍛えること 【さ】最低限のお金がないと自信を失うこと 【し】叱られるのは20代の特権であること 【す】素直になること 【せ】成功談よりも失敗談から学ぶこと 【そ】外に目を向けること 【た】他人の意見は無責任であること 【ち】小さなことで大騒ぎしないこと 【つ】強がらなくて良いこと 【て】できないと言う人は必要ない人であること 【と】どんな状況でも家族は裏切らないこと 【な】涙を流すのは恥ずかしくないこと 【に】人間は弱いこと 【ぬ】抜かりなく準備すること 【ね】熱意があれば、人は動いてくれること 【の】残り時間を意識すること 【は】早く失敗して、早く改善すること 【ひ】一人で頑張るのには限界があること 【ふ】プライドなんて持っても意味がないこと 【へ】偏見に出会ったら断固として戦うこと 【ほ】本当にやりたいことに集中すること 【ま】迷ったらすぐにやってみること 【み】みんなという言葉に安心しないこと 【む】群れずに「違い」を意識すること 【め】目上の人に甘えてもいいこと 【も】目的がない行動は無駄であること 【や】やり直すのに遅いことはないこと 【ゆ】勇気は体験から生まれること 【よ】余裕がないと人を傷つけること 【ら】ライバルがいたほうが良いこと 【り】リラックスを心がけること 【る】ルールを破っても良いこと 【れ】冷静になって考えること 【ろ】ロマンを忘れないこと 【わ】わかっているのとできるのは違うこと.

次の

年賀状の一言コメント文例!【上司・ビジネス・親戚など目上の方へ】

年賀状 コメント

昨年中はお世話になりました。 今年もどうぞよろしくお願いいたします 旧年中はお世話になりました 本年もよろしくお願い申し上げます お互い良い一年になりますように お互いにとって幸せな年になりますように お互いにとって実りの多い一年になりますように お互いにとって充実した一年になりますように 〇〇さんにとって良い一年になりますように 〇〇さんにとって幸多き一年になりますように 笑顔いっぱいの一年になりますように 笑顔が溢れる一年になりますように 明るく楽しい一年でありますように 楽しいお正月をお過ごしください 素敵な一年になりますように 素晴らしい一年になりますように 幸せいっぱいの毎日になりますように 日頃から親しくしている友達に伝える一言 日頃から頻繁に会ったり連絡を取り合っている友達であれば改まって書くこともないかもしれません。 しかし、年賀状って特別ですよね。 やっぱり気持ちのこもった一言が書いてあるのは嬉しいものです。 新年の最初のご挨拶ですから大切なお友達に心を込めて一言書いておきましょう。 お元気ですか?連絡ください。 お元気ですか?また久しぶりに会いたいですね。 ご無沙汰しています。 お元気でしょうか? すっかりご無沙汰しております、お元気ですか? お久しぶり!元気に頑張ってますか? お互い忙しいけど頑張ろうね! お仕事は順調ですか?またこちらから会いに行きますね。 あれから〇年ですね。 今年こそ再会しましょう! 元気ですか?久しぶりに会いたいな! 今年こそ一緒に遊びに行きましょう! 今年こそ皆で集まりましょう! 今年はみんなで会いたいですね! 彼氏できた?? もう結婚した!? お子さんは大きくなりましたか? 友達の健康を気づかう一言 相手の健康を気づかう一言は締めくくりにも使えます。 忙しい友達であれば健康への気遣いも友達として当然の役目です。

次の

年賀状の一言文例集2020!友達~上司まで相手・状況別の添え書き例

年賀状 コメント

嬉しくなる年賀状の一言・添え書きのコツは相手にきちんと触れること 年賀状に添える一言メッセージの文例では「今年の抱負」や「近況報告」をよく見かけます。 これらは確かに定番のメッセージですが、ちょっと物足りない・つまらないと思ったことはありませんか? 「近況報告」ではなぜ物足りないかと言うと、報告や抱負というのは、書いている自分が発信する、あくまで自分が中心のメッセージだからです。 忙しい年末にせっかく書く年賀状。 自分のことだけではなく、相手のことを 「想っているよ」という気持ちが伝わるメッセージを書きたいと思う人は多いはず。 それに効果的なのは、 「贈る相手」をネタにした一言を書き添えることです。 今回はよくある年賀状の一言文例集ではなく、友達・親戚・上司・同僚など、誰に伝えても、もらって嬉しくなる、そんな気持ちを伝えるメッセージを厳選しました。 好かれる年賀状一言 1:相手への親愛を示す あなたは私の金メダル <文例> ・この前は会えてうれしかった。 実はすごく感謝してるよ。 ・いつも私たち家族を気にかけてくれてありがとう。 その気持ちがなにより嬉しいよ! ・近況聞くといつも元気もらえる。 ありがとう!次の朗報がガゼン楽しみ! ・こないだ誘ってくれてありがとう!嬉しかったよ。 今年も会おうね。 普段なかなか言えない感謝の気持ちを伝えましょう。 「実は」「本当は」「言えてなかったけど」といった言葉を加えると、より感謝の気持ちが深く感じられ、年賀状をもらった相手はとても温かい気持ちになります。 お父さんやお母さん、お世話になった先生への感謝の気持ちを伝えるなら、「」「」を参考にしてみてください。 最近ではSNSなどで、本人はもちろん、知り合いを通じても情報が入ってきやすいですよね。 数回の付き合いしかない知人やあまり仕事を一緒にしないビジネスパートナーの方に対しても、相手の近況のことについて触れた言葉を書き添えると、「知ってもらえてたんだ」と嬉しくなるはずです。 好かれる年賀状一言 4:相手の「今年の記念」を祝う 個展を開催 <文例> ・今年は30歳ですね!ぜひ、お祝いさせてくださいね。 ・私たち高校卒業して10年だよ!今年は卒業10年祝いしようね! ・今年はオープン5周年ですね!おめでとうございます。 ・今年は上の子の成人式ですよね。 おめでとうございます。 ぜひ写真見せてくださいね。 今年中に訪れるであろう相手の記念事を、年賀状で先取りして触れると、相手は「覚えていてくれたんだ」と、とても嬉しい気持ちになります。 もしかしたら、自分でも忘れている記念のネタをあなたが伝えることになるかもしれません。 記念事に触れた年賀状の添え書きは、相手のことを想っていることを伝えるのに大変効果的です。 好かれる年賀状一言 5:お誘いをする 遠くにいても見てるよ <文例> ・ツイッターいつも楽しみにしてるー。 今年もいろんな姿スマホから見てるねー ・実はフェイスブックで元気もらってる!今年も輝いてるとこたくさんアップしてね! ・インスタで可愛い子供ちゃんの姿に癒されてるよ!今年も素敵なパパママを応援してます! ・今年も面白すぎるつぶやきでバズってね!期待してる SNSをネタに、年賀状の一言メッセージを書くのも良いでしょう。 もらった相手は、普段から見てくれているんだという自己肯定感を得ることができます。 特に普段SNSにコメントをせずに、いいね!だけを押している相手であれば、あなたの声を知ることができ、相手はますます喜びますよ。 彼のような熱すぎるくらいのガツンとした一言を、今の時代には必要としている人が多いのかもしれません。 普段から相手の目標や大事にしているものを共有していれば、熱い一言は、より相手に響くはずです。 普段のイメージがおとなしい人も、年賀状でキャラクターを一新して、熱血キャラで言葉添えしてみてもいいかもしれません。 好かれる年賀状一言 9:本気で羨む 笑顔がすてき <文例> ・ご無沙汰しております。 抜群トーク力は健在ですか?またお会いする時のお話が楽しみです。 その素敵な笑顔で今年もみんなを幸せにしてね。 疎遠になった方、あまり親交のない方に年賀状を送る際は、ありきたりな文章になりがちです。 そんなときは、相手に以前に感じた魅力や個性を思い出すと、印象的なメッセージを作ることができます。 おまけ:最も危ない添え書き 年賀状で避けたい表現に「忌み言葉」というものがあります。 例えば、「去(る)」「失(う)」「滅(びる)」「絶(える)」「暗(い)」「病(む)」「痛(み)」といった表現です。 そう考えると、「去年」「失うものはない」「滅多に会わないけど」「明暗」「職業病」「絶好調」「痛いほど分かる」などはダメだということですよね。 <最も危ない例文> ・ 去年は明暗を分けたね! 滅多に会わないけれど、想いは 痛いほどわかる! ・今年は 失うものはない! 絶好調で頑張れ! 知らず知らずのうちに、忌み言葉が入っているかもしれません。 相手の家族が年賀状を受け取ったり、見ていることもあります。 文章はいまいちど見直して、なるべくポジティブな表現だけを心がけるようにしましょう。 「」も是非参考にしてください。 最後に 以上、好感度抜群!【年賀状一言】添え書き10選をご紹介しました。 年賀状を送る相手の性格や関係性によって例文の言い回しを変えるなどして、有効活用していただければと思います。 よくある年賀状の一言メッセージ・添え書きとは違い、かなり砕けた例文が多いと感じられたかもしれません。 ですが、年賀状の文化は多様化してきています。 慣習通りの表現も大事ですが、それよりももっと重要なのは、相手へ想いが伝わることです。 礼儀はおさえたうえで、相手の心が明るくなるような表現を目指して、年賀状作りを楽しんでみてください。 友人へ・親戚へ・同僚への「」も参考にしてください。

次の